テーマ別研修

業務改善研修

業務改善研修のまとめページです。
詳細情報を確認するにはラインナップの各研修ページをご確認ください。

効率を上げミスを減らす業務改善研修

本研修の対象

若手社員 中堅社員 管理職

  • 自身の仕事の効率を上げて、より多くの業務をこなせるようになりたい若手や中堅社員の方
  • 達成すべき目的のために業務の効率化を求められているマネジャーや管理職の方
  • 部下やチームに対して業務改善や生産性向上の指導をする必要のある方

業務改善研修のラインナップ

生産性向上研修

現在の業務実績を把握して、業務成績を上げるためにどのような改善を行えるかを考え、生産性を向上させる研修です。

5S研修

5Sがどのように業務効率化に関わるのかを理解し、職場に導入・実現するための研修です。

タイムマネジメント研修

限られた時間の中で最大限の成果を出すためのポイントを理解し、行動を変えていくための研修です。

働き方改革研修

現在の業務の洗い出しや、働き方改革のためにできることは何かを理解し、会社そのものの改革に繋げる研修です。

業務効率化研修

現在の業務を見直し、業務時間の短縮・生産性を向上させるために出来る具体的な改善案を見つける研修です。

QCリーダー研修

QC活動におけるリーダーの役割を理解して、社員全体の意識を高めるための基本知識やスキルを身につける研修です。

テレワーク研修

テレワークの勤務を導入している・検討している企業に向けて、起こりうる問題や管理方法等を身につけるための研修です。

マネジメント研修

管理者として、チーム全体の目標達成や組織力を向上させるための業務改善・コミュニケーション方法等が学べる研修です。

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • 仕事の質は問題ないがタイムマネジメントが苦手で業務効率が下がっている
  • タイムマネジメントについてどのように指導した良いかわからない
  • 管理職による業務の見直しを推進して、チーム全体の生産性を上げていきたい
  • 片付けや整理整頓という観点から業務改善を進めていく方法を知りたい

業務改善研修の概要

業務改善研修カテゴリーでは、職場の環境にまつわる様々な改善・効率化の方法を理解し、業務に役立てていくための研修が用意されています。

改善や効率化を行う際には、まず現状を正しく認識した上での取り組みが必要です。その上でどういった改善が必要で、どのように実現するのか、について確認していきます。
業務改善研修イメージ

業務改善の進め方

業務改善は次の4つの段階に分けて考えます。

現在の業務把握

現状を分析します。どのように業務をしていて、どこが問題かを明らかにします。

業務改善のターゲット設定

業務改善の対象範囲・目的・目標を明確に決めます。
どの程度の改善を目指すかという目標について、関係者で共通認識をもちます。

業務改善のプランニング

問題の解決策や改善目標達成のためのアイデアをたくさん出します。アイデアを絞り込んでいき、改善案をまとめます。

業務改善プランの運用

改善案としてまとめた業務の方法が実際に行えるように計画をし、実行します。

これら4つのステップを経ることで、効果の出やすい業務改善が実行できます。

リカレント業務改善研修の特徴

リカレントの業務改善研修では次の特徴があります。

業務改善の必要性から強く意識ができる

必要性を感じなければ実行されにくいのが業務改善です。業務改善が必要とされる背景や、組織から求められる改善結果などの基礎的な事項について、理解をしていきます。

それぞれの組織の課題に最適な業務改善カリキュラム

一口に業務環境の改善、効率の向上と言っても、そのために必要なことは多々あります。業務フロー作成や標準化、PDCAサイクルの設定など組織的な体制作り、あるいはコストダウンやミスの削減のための改善など、重視する内容に応じた研修メニューが多数用意されております。

研修カリキュラムの流れ

業務改善研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。

  1. 01業務改善とは

    ゴール

    業務改善の意味を理解し、身近な業務改善について見ていく

    • 【オープニングワーク】これまでに行った業務改善の共有
    • 業務改善とは何か 
    • 業務改善の成功事例 
    • 会議の効率化 
    • 【ワーク】現在参加している会議に問題はあるか、その改善策を考える
    • 資料作成の効率化 
    • 【ワーク】現状の問題点、その改善策
    • 業務改善の進め方 
  2. 02業務改善のターゲット設定

    ゴール

    業務改善の目標を設定し、身近な事例を確認する

    • 【ワーク】業務改善のターゲット設定 
    • 改善点が見つからないとき 
    • 改善項目の選定 
    • 対象範囲・目的・目標の明確化
    • 【ワーク】書き出した改善ポイントについて、対象範囲・目的・目標を考える
  3. 03現在の業務の把握

    ゴール

    現在の業務を把握するためのメソッドを学ぶ

    • 業務把握の基本 
    • 業務把握の方法論 
    • 業務分析 
    • 【ワーク】自分の業務1つについて業務フローの作成
  4. 04業務改善のプランニング

    ゴール

    業務改善のプランニングとアイデアの出し方を学ぶ

    • 改善アイデアの出し方 
    • 【ワーク】業務の1つについて数名でアイデア出しをする
    • 改善アイデアの評価と選定 
    • 【ワーク】出したアイデアを評価する
  5. LAST業務改善策の実行

    ゴール

    業務改善の運用におけるポイントを把握する

    • 業務改善プランの策定 
    • 【ワーク】実施計画書の作成の作成

業務改善研修参加者からの声を一部ご紹介します

コールセンター運営企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 図なども載っていてとても分かりやすかったです。以前の研修なども、内容を忘れてしまったときに読み返してるのですが、この教材を見るだけで内容が理解できるので助かっています。
  • スケジュール管理は業務上欠かせないものなので、とても勉強になりました。
  • テンポよく重要なポイントを自身の具体例をあげて説明してくださったのでイメージがしやすかったです。
  • 自分の時間の使い方を考え直すと共に、部下がどう考えているのか把握する機会になりました。
  • ワークが沢山あり時間が経つのがとても速かったです。仕事をためないようにしているので時間に追われること自体基本的にあまりないのですが、感覚的にではなく今回は論理的に理解ができたのでとても良かったです。

人材関連企業様

内容: 満足・良かった

92.9 %

講師: 満足・良かった

85.7 %

研修参加者の声

  • 都度、例を出してくださりわかりやすかったです。
  • タスク管理は毎日向き合うことで、かつ生産性向上に直結する項目なので俄然やる気が出ました。学んだ知識を再現性のある知恵に昇華して良い仕事できるように勤めます。
  • 実際できていないことも多いので、良い機会になったと思います。
  • 限られた時間の中でタスク管理の全体像の理解から、タスク管理においてのポイントがよく理解できました。
  • タスク管理(特に大き目のタスク)について業務の洗い出しや、細分化など効率の良い進め方について学べたことが良かった。
  • タスク管理の課題が明確になりました。①中間報告をする②タスクを行動に落とし込むことは明日から実践していきます。

グループ間接業務受託企業様

内容: 満足・良かった

81.8 %

講師: 満足・良かった

95.5 %

研修参加者の声

  • オンライン講義であることに配慮いただき、終始聞き取りやすく助かりました。ありがとうございました。
  • 普段深く考えないが、基本に立ち返り、基本の型を学ぶことで今後に生かしていきたいと感じた
  • 薄々と思っていたことが言語化されて講義されて理解が深まりました。結論は単純だったのだと気付くとともに困難への対処方法などが理解できました
  • ケーススタディで実際に起きた事象の例が挙げられており、とても興味深く取り組めた。
  • 部門の連携のために実際にすべき行動や考え方が示されて納得感があった。
  • 他グループの方から見た自身のグループの印象を聞けたことが良かった。

配電用機器メーカー様

内容: 満足・良かった

87.2 %

講師: 満足・良かった

87.2 %

研修参加者の声

  • 他を理解する「要所」が掴めたと感じた
  • 課題認識に対し「ニーズの焦点化」という具体的な言葉を研修でき、今後の業務に生かして行きたい。
  • 全員に発言を求める進め方は、集中する事にも繋がって良かったです。
  • 他部署の意見を聞く機会が少ないので、大変興味深い内容でした。営業部と製造部の方と同じグループでしたが、営業部、製造部、品証部など、お互いの業務が親密に関係しあう立場では、相手のスケジュールや今取り組んでいる内容を共有しあうことが必要だと感じました。
  • コンフリクトマネジメントのみに限らず、あらゆる問題解決の場面で活用できる課題認識の手法でありこれを再認識し身につけることは大いに役立つと感じた。
  • 部門間の壁は以前から皆さん感じておられるところがあり、研修という俯瞰する形で思いを共有し、事象に対し改めて共通のゴールは何かを考えて調整を図っていくことの重要性を認識されたのではないかと思います。自分自身も相手の立場を尊重してWinWinの関係を作ることに気を配っていきたいと思います。有難うございました。
  • 目的に向けて部署間の壁を無くしスピーディーな達成をするためには、今までの自部署だけの都合ではなく協調していくことが大事であることが、私だけではなく、参加者全員が理解・納得でき有効な研修であったと感じます。

アイウェア販売企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 自分に対しての効率的かつ効果的に行なう為に〆切効果を利用し、優先順位をつけていくフレームワークになったと思います。ToDoリストも使っていますが、より工程を少なくすることが出来そうだと感じました。
  • 意見を全員に当てる方式だったので、様々な方からの意見を聞くことが出来ました。 また、具体例がとても良く最後まで集中してボリューミーな内容をすべて吸い上げることが出来たように思います。
  • 今までスケジュール帳、PCの付箋機能、クラウドステップカレンダーなど複数の TODO管理ツールを使用する事が効率を上げると考えていましたが、全く逆のアクションをとっていたことに普段の仕事ぶりで頭を使えていないと反省しました。
  • 「時間=コスト」時間に対する意識はしておりましたが、削減する為のスキルがまだまだ身に付いていないことを実感しました。特に店舗にいる際は接客に重きを置くなかでいかにPCの時間を少なくするかが重要だと思いました。

よくあるご質問

業務改善にはどのような方向性がありますか?

組織で取り組む改善と個人で取り組む改善のための研修を用意しています。
どちらも業務の洗い出しを行い、ムダの削減を行なっていく方向です。組織では5Sや属人化していた業務の標準化、個人ではタイムマネジメントや段取りの改善を行うことで業務の改善・効率化を進めていきます。

様々な役職や年齢の社員に一緒に受けてもらうことはできますか?

はい、一緒に受けていただけます。
管理職だけではなく、組織のメンバーも研修を受けることで共通認識を持って業務改善に取り組んで頂くことができます。
ワークにて改善できそうな点をそれぞれ考え、グループで共有して話し合ったことを職場に持ち帰って実践していただくことが可能です。

豊富な研修実績

リカレントでは様々な業種の方に業務改善研修を受講いただいています。

業務効率化や環境改善の考え方組織へスムーズに導入・浸透させるのは、市販の書籍に書かれている事を実行するだけではなかなか上手く行きません。まとまったカリキュラムと共に実践の手法を学ぶことにより、その負担を軽減することが出来ます。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

お見積もり、お問い合わせはこちらから

お見積もり、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:00-19:00/土日祝9:30-18:00

お見積り
お見積り