テーマ別研修
まとめ

タイムマネジメント研修

見積りを作成(所要時間10秒)
タイムマネジメント研修

本研修の対象
新入社員 若手社員 中堅社員 管理職

  • 新入社員、若手社員、マネージャーなど、役職や年齢層を問わず、有効な時間の使い方を学びたい方
  • 職場環境で時間の無駄を無くすにはどんなアプローチが良いのかという問題意識をお持ちの方
  • 個人、組織双方に活かせるタイムマネジメント術を身につけたい方

よくあるお悩みや課題

  • 客観的な目線で仕事の優先順位を決められるようになってほしい
  • 働き方改革にあわせて、残業せずに仕事を効率的にすすめる方法を知りたい
  • 個々人がタイムマネジメントのスキルを身に付け、計画通りに業務を進められるようになってほしい
  • 個人だけでなく、組織全体としてのタイムマネジメントをどのように行えばよいかわからない

タイムマネジメント研修の概要

タイムマネジメントとは

タイムマネジメントは時間管理です。

働き方改革が叫ばれ、長時間労働文化が継続化しにくくなることから、一定の業務時間内でこれまで同様の成果が求められます。

タイムマネジメントは成果を維持しつつ、時間を短縮するための方法論のひとつです。

タイムマネジメント研修とは

タイムマネジメント力を身につけるタイムマネジメント研修は企業に浸透してきました。

決められた勤務時間内で成果を出すための仕事習慣とはどのようなものなのかを認識し、それを実際に身につけるための研修です。

タイムマネジメントスキルを身につけて得られること

残業時間の削減や生産性の向上の観点からタイムマネジメントが注目されています。1日は24時間と決まっていて、時間そのものを増やすことはできないので、限られた時間内でどれだけ多くの業務ができるかが論点になります。

個人として

自身の仕事の中でムダな時間はありませんか。また、不必要に時間がかかってしまっている業務はありませんか。

タイムマネジメントがうまくいくためには、毎日の仕事時間での業務の実施スケジュール、かかっている時間を分析し、把握する事が必要です。

自分ひとりでは進められない仕事やお客様のペースに合わせて急遽発生する仕事、一人で集中して取り組んでいく仕事など、様々な特性を持った仕事があります。何をいつ、どのように行えばよいか整えるだけでもタイムマネジメントの実現につながっていきます。

タイムマネジメント研修イメージ

組織として

残業時間を減らしたいが、業務量が多く、時間だけ減らせと言われることに困惑してるケースが少なくありません。

チームや組織を管理するリーダーやマネージャーとして、「早く帰れ」と指示をするだけではなく、タイムマネジメントに取り組んで行く必要があります。

限られた時間の中で成果を出すために、職場の環境、仕事・作業の改善、コミュニケーションなどについて見直します。既存の仕事にかかる時間が減らせると、新しいチャレンジや組織のスキルアップに使える時間が増えていきます。

タイムマネジメント研修イメージ②

リカレントタイムマネジメント研修の特徴

リカレントのタイムマネジメント研修には次のような特徴があります。

様々な種類のタイムマネジメント・業務改善研修

ニーズに合わせたタイムマネジメント研修が実施できます。

例えば、タイムマネジメント研修 個人管理力強化編では、限られた時間の中で成果を出すために、

項目 内容
仕事の可視化 棚卸しと時間の見える化
仕事の効率化 ECRSの原則
タスク管理 タスク管理のポイント
ルール化 ルール化による思考の短縮

の4つの事項について確認していきます。

短時間で成果を出すことに注力

タイムマネジメントの目的は、個人およびチームが短時間で成果を出せるような仕事の習慣を身につけることです。

その結果として、生まれた時間で新しいチャレンジができるような職場となります。

タイムマネジメント研修のラインナップ

タイムマネジメント研修

限られた時間の中で最大限の成果を出すためのポイントを理解し、行動を変えていくための研修です。

プレイングマネージャー研修

プレーヤーとしても、マネージャーとしても活躍できる人材になるための研修です。

業務効率化研修

現在の業務を見直し、業務時間の短縮・生産性を向上させるために出来る具体的な改善案を見つける研修です。

生産性向上研修

現在の業務実績を把握して、業務成績を上げるためにどのような改善を行えるかを考え、生産性を向上させる研修です。

研修カリキュラムの一例

タイムマネジメント研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。詳細は、こちらからご確認ください。タイムマネジメント研修 個人管理力強化編【労働生産性を高める】詳細ページはこちら。

1. タイムマネジメントの必要性 【ゴール】タイムマネジメントの必要性を理解する
  • 【ワーク】時間管理について考える 
  • タイムマネジメントの原則 
  • なぜタイムマネジメントが必要か 
  • チーム全体の生産性について 
2. 仕事の分類 【ゴール】日常の業務におけるタスクやそれぞれの所要時間を見える化し、効率化する上での課題を明確にする
  • 【ワーク】今、あなたがやるべき業務 
  • タスクと時間の見える化 
  • 標準時間とは 
  • ワーク:業務棚卸シート 
  • 仕事の具体的な分類 
  • 【ワーク】棚卸しした仕事を分類する
3. 無駄をいかに減らせるか 【ゴール】無駄を減らし業務を効率化する具体的な方法について理解する
  • ECRSの原則 
  • 【ワーク】仕事の無駄を洗い出す 
  • 5Sの環境整備 
  • モノの5S 
  • 仕事の5S 
  • 習慣化している仕事を見直す 
  • 【ワーク】今ある仕事を見直す 
4. タスク管理 【ゴール】タスクを効率的に処理する方法を理解する
  • タスク管理のポイント
  • 人は忘れるものだと知る 
  • 優先順位を決める 
  • プロセス(工程)への分割 
  • 仕事の速度を上げる 
  • タスクが思い通りに進まなかった場合 
  • タスク管理ツールの活用 
  • 【ワーク】プロセスに分割し、スケジューリングを行う
5. シンプルルール化 【ゴール】タイムマネジメントに必要な仕事の進め方を判断する上での自分ルールを作成する
  • シンプルルール化の効力 
  • 仕事の順番を決めるルール 
  • 自分ルールはどのように作るか 
  • 自分のシンプルルールを作る 
  • 【ワーク】やる仕事とやらない仕事を決めるルール作り
  • 【ワーク】仕事の順番を決めるルール作り
  • 【ワーク】無駄を減らすためにどんなルールを作れるか
見積りを作成(所要時間10秒)

よくあるご質問

講師はどんな方ですか?

一般企業でマネージャー経験があるなど、自他の仕事管理の経験が豊富な講師がおります。
企業での勤務経験から得たノウハウも研修中に話すようにしておりますので、テキストを読むだけとは異なる、気付きや発見を得られるとご好評いただいております。

若手以外の社員でも受けられますか?

もちろん可能です。
中堅以上、管理職など、自分の仕事スタイルが確立している方が、
自身のタイムマネジメント方法の見直しとしてご受講いただく例もあります。
チームでの仕事を効率よくするためのタイムマネジメントの項目もありますので、
チームの方みなさんで一緒に受けていただくこともおすすめしています。

タイムマネジメント研修を活用することで残業を削減することができますか?

はい、タイムマネジメント研修を行うことで自身の業務や仕事速度を振り返り、業務改善を行うことができます。

また、仕事の優先順位を把握でき、進まなかったプロジェクトを進められるようになるなどの効果もあります。

研修参加者からの声を一部ご紹介します

アイウェア販売企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 自分に対しての効率的かつ効果的に行なう為に〆切効果を利用し、優先順位をつけていくフレームワークになったと思います。ToDoリストも使っていますが、より工程を少なくすることが出来そうだと感じました。
  • 意見を全員に当てる方式だったので、様々な方からの意見を聞くことが出来ました。 また、具体例がとても良く最後まで集中してボリューミーな内容をすべて吸い上げることが出来たように思います。
  • 今までスケジュール帳、PCの付箋機能、クラウドステップカレンダーなど複数の TODO管理ツールを使用する事が効率を上げると考えていましたが、全く逆のアクションをとっていたことに普段の仕事ぶりで頭を使えていないと反省しました。
  • 「時間=コスト」時間に対する意識はしておりましたが、削減する為のスキルがまだまだ身に付いていないことを実感しました。特に店舗にいる際は接客に重きを置くなかでいかにPCの時間を少なくするかが重要だと思いました。

豊富な研修実績

リカレントのタイムマネジメント研修は多くの企業様よりお問い合わせをいただいております。

タイムマネジメントの手法を個人・組織へ適用するにあたり、市販の書籍に書かれている事を実行するだけではなかなか上手く行きません。まとまったカリキュラムと共に実践の手法を学ぶことにより、より迅速で効果的な業務改善が実行できます。

リカレントの研修は様々な企業様に
ご利用いただいています

研修実績

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お見積り
お見積り