テーマ別研修

メンタルヘルス研修

メンタルヘルス研修のまとめページです。
詳細情報を確認するにはラインナップの各研修ページをご確認ください。

予防から対応まで、実績のメンタルヘルス研修

本研修の対象

若手社員 中堅社員 管理職

  • 社員のメンタルヘルス対策に関わる、人事労務管理スタッフ、マネージャー、管理職の方
  • 自身のストレスに適切に対応し、心の健康を保つ方法を知りたい方
  • 部下や後輩が不調にならないための予防策や、実際に不調になった際の対応方法を学びたい方

メンタルヘルス研修のラインナップ

セルフケア研修

自分では中々気づきにくいストレス要因やストレス反応に、いち早く対応し、ストレスに強いメンタルを作る研修です。

ラインケア研修

部下のメンタル不調の兆しを早期発見・対応し、休職や離職に至らないようなケアをしてリスクを予防するための研修です。

健康経営研修

職場内の環境を把握し、従業員の健康を第一に守ることで、個々人の生産性や組織の業績向上を目指す研修です。

マインドフルネス研修

マインドフルな状態を、意識的に創り出す方法を理解し、高いパフォーマンスでストレス耐性や成績向上に繋げるための研修です。

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • 社員がストレスを我慢して溜め込んでいることに問題が起きてから気づいた経験がある
  • 部下や後輩のメンタルヘルスに配慮する方法を管理職に知ってほしい
  • 企業として社員の健康を考えた取り組みを進めていきたい
  • ストレスを上手に使い、集中力を高めることで仕事の効率を上げてほしい

メンタルヘルス研修の概要

職場のメンタルヘルス問題の予防や対応方法を中心に理解する研修が多数用意されています。

メンタル不調の兆しを早期発見し、休職・離職に至らないようなケアをすることで、リスク未然に防ぎ、その影響を最小限に抑える効果を期待できます。

メンタルヘルス研修イメージ

職場におけるメンタルヘルスケアの重要性

職場のメンタルヘルス問題は年々深刻度を増しています。対応量が増えると共に、対応への知識が必要になってきています。

  • そもそもの数を減らすための予防
  • ケアが必要な人が出てきてしまったときの対応

いずれもが必要になってきています。

セルフケア

セルフケアとは自らのメンタルヘルス上のケアのことです。

全従業員がセルフケアの考え方を身につけることで、予防効果を発揮し、全体の数を減らすことができます。

ラインケア

管理職によるメンタルヘルスのケアです。

ラインケアの方法論を理解することで「メンタルヘルス問題を引き起こさない職場づくり」「ケアが必要な人が出てきてしまったときの適切な対応」ができるようになります。

リカレントメンタルヘルス研修の特徴

リカレントのメンタルヘルス研修には次のような特徴があります。

目的別の研修メニューをご用意

職場内でメンタルヘルス不調者を出さないために普段からどうするべきか、という管理者向けの学習内容を基本に、福利厚生の観点から経営者がどのような投資を行うかなど、社内・社外の両面からカバーできる研修が用意されております。離職者を減らす職場づくりへの応用が大いに期待できます。

部下育成などと複合的に実施することも可能

上長や経営者側にとっても従業員の不調が減り、生産性向上に繋がることは重視すべきです。

しかし、マイナスをゼロにすることが研修の目的となるため、参加のモチベーションが上がりにくいものとなります。

そのため、メンタルヘルス研修に部下育成やコミュニケーションのトレーニングを追加するケースが増えています。

リカレントではメンタルヘルスケアを中心とし、1ポイント加えた研修の構築もご相談に合わせて行っています。

研修カリキュラムの流れ

メンタルヘルス研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。

  1. 01メンタルヘルスケアの意義

    ゴール

    メンタルヘルスケアの重要性を理解する

    • 【オープニングワーク】現状の課題確認 
    • 職場のメンタルヘルスをめぐる問題の実情
    • メンタルヘルスとは何か
    • メンタルヘルス不調が発生する原因
    • ラインケアの目的と狙い
    • メンタルヘルス不調に対応するための構え
    • メンタルヘルス対策における「3つの段階」
  2. 02一次予防:事故管理・職場環境の改善

    ゴール

    メンタルヘルス不調を起こす「ストレス」に対して理解し、職場環境の改善方法を身につける

    • 【ワーク】自分のストレスについて知る
    • ストレスの基礎知識・職場でのストレス要因 
    • コーピング
    • 職場環境の改善
    • 心理的安全性を保つための要素
    • 【ワーク】自部門について、職場環境の問題点を洗い出す
    • 【ワーク】改善案を1つ考える
  3. 03二次予防:早期発見

    ゴール

    部下の変化を見逃さないためのスキルを身につける

    • 前提:部下と日頃からコミュニケーションをとること
    • 最重要:不調のサインに気づくこと 
    • 変化に気づいた時の初動:相談対応 
    • 積極的傾聴で求められるスキル 
    • 【ワーク】積極的傾聴の実践
    • (参考)上司自身のセルフケア 
    • 社外資源とその活用
  4. 04三次予防:職場復帰支援

    ゴール

    休職者の対応と復職までのプロセスを理解し、上司としての対応を学ぶ

    • 休職から職場復帰までのステップ
    • ①休職開始及び休職中のケア 
    • ②主治医による職場復帰の判断 
    • ③職場復帰の可否の判断及び職場復帰支援プランの作成
    • ④最終的な職場復帰の決定
    • ⑤⑥職場復帰後のフォローアップ
    • 【ワーク】休職中~復職後までに、上司としてできることを考える
    • リワークについて知る 
  5. LASTケーススタディ

    ゴール

    ラインケアの事例から学ぶ

    • 【ケーススタディ】メンタル不調のいろいろ
    • 自社にある問題と課題を考える
    • 【ワーク】自社にある問題を考える

メンタルヘルス研修参加者からの声を一部ご紹介します

電力販売企業様

内容: 満足・良かった

96.0 %

講師: 満足・良かった

92.0 %

研修参加者の声

  • 部下とどのように接するのか、どのような視点で取り組んでいくのかが非常によく理解できた!分かっているようで分かっていない部分があったので、あらてめて理解する意味でとても有意義でした!!
  • テレワークに関する管理職が注意すべき事項について非常に分かり易くご説明頂いた。テレワークに限らず部下とのコミュニケーションで管理職が留意すべき事項は、とても理解しやすい。
  • 講義の中で疑問に思ったことも回答が導かれ納得することができた。
  • 役付職新任研修の延長線上のものとなり、かつ、テレワーク時におけるスキルや注意点を学べた。研修内容を振り返り、しっかり取り組みたい。
  • 在宅導入で顔を見ての時間が減少したため、何か対策をしてコミュニケーションをとるツールまたは方法を展開を今以上に追加したいと思った。
  • 今回はラインケアの側面からの講義をいしていただきましたが、講義中にもあったように、ハラスメントの側面や業務効率化の側面など、さまざまな側面を考慮した実践に取り組んでいくことが重要と認識することができました。
  • 短時間ではあるがグループワークや講師の経験もまじえながら、要点を絞って説明いただき、非常にわかりやすかった。始めは3時間は長いかなと思っていたが、あっという間の時間で、もう少し時間があってもいいくらいと思った。

大手運送会社様

内容: 満足・良かった

98.7 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 感情と事実をわけて考えるという話がとても印象に残りました。
  • 異動したばかりでしたのでこのような研修があり非常に良かったです。
  • 具体的にどのようにセルフケアを行えばよいのか学ぶことができて、とてもよかったです。
  • 自分に優しい声をかけるという概念はなかったので、大きな気づきとなりました。
  • 記入欄も多く、自分の考えをまとめるのに役立った

デジタルコンテンツ制作会社様

内容: 満足・良かった

88.9 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 書き込みながらすすめる方式で、自分ごととして考えることができた。
  • 早期発見のために日常生活から読み取れる部分が多いことを学べだことが非常に大きいです。
  • ワークを挟み、そのワークの内容に触れながら進めていただけたので、自分ごと、自社のこととしてより捉えることができたと思っています。
  • 普段忙しさにかまけて目を逸らしている部分に向き合う、良い機会・時間になったと思います。本日学んだことを、少しずつでも実践に移していけるように取り組んでいきたいです。
  • スタッフ間で意見を共有する時間があったので、日頃からどんなことを課題と感じているか、どんな考えを持っているのかをみんなで共有できたことが大きな収穫でした。

行政機関様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 主任としての役割についての内容が具体的であり、職務に活かせる内容であった
  • ワークや発表が多く、楽しみながら研修を受けられました
  • アサーションの考え方はとても職務に活用できると思います
  • 実際に起こりうることなので、主任としてどのように対応していけばいいか勉強になった
  • 具体的な対処法を学べました

よくあるご質問

様々な役職や年齢の社員に一緒に受けてもらうことはできますか?

はい、可能です。
自身のメンタルヘルスを管理するための取り組みに関して、役職や年齢に関わらず、皆様に知ってもらうことができます。チームメンバーや部下のメンタルヘルスに気を配るラインケアについての研修は、部下や後輩を持つ方を中心に受講いただいています。

興味はあるのですが、集合研修として扱うべきテーマかどうかで悩んでいます。

集合研修としてメンタルヘルスをテーマにする企業様が増えています。
健康経営という言葉もあるように、社員の健康を守るための取り組みを行うことが企業に求められています。また、社員が健康であることは、業績の向上にも繋がり、企業にとっても良い効果があります。

メンタルヘルス不調を早期に発見するためには、どんなことに注意すればよいでしょうか?

研修の中でも確認していきますが、傾向の理解と、普段の把握が重要になってきます。ラインケアでは、ただその場の対応を確認するのではなく、普段からどのように接しているかを振り返ることが重要です。

豊富な研修実績

リカレントのメンタルヘルス研修は、様々な企業様よりお問い合わせをいただいています。

メンタルヘルスは文字通り「心の健康」であり、それにまつわる問題について書籍や社内の非スペシャリストのみでの解決を図ることは容易ではありません。本カテゴリーの研修メニューの数々が解決への大きなヒントになったという喜びの声を頂戴しております。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

お見積もり、お問い合わせはこちらから

お見積もり、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:00-19:00/土日祝9:30-18:00

お見積り
お見積り