テーマ別研修

【問題の見える化を図る】 図解思考研修

図解思考研修のまとめページです。
詳細はラインナップの各研修ページをご確認ください。

自分の考えを図で表し、わかりやすく見える化する

本研修の対象

新入社員 若手社員 中堅社員

  • 中堅社員・マネージャー・若手社員の方
  • 検討事項のためのわかりやすい資料作りを学びたい方
  • 問題を簡潔に整理するための方法について学びたい方

図解思考研修のラインナップ

図解思考研修

図で考え、表すことのメリットを理解し、現状や問題を見える化し、解決や提案への道筋が探れるようになることを目的とした研修です。

ロジカルシンキング研修

ロジカルシンキングを身につけ、論理的に問題発見・解決ができる人材になるための研修です。

デザイン思考研修

より顧客視点での課題解決するために、デザイン思考を身につける研修です。

クリティカルシンキング研修

客観的に物事を考え、課題を分析・検証する思考方法を身につけ、業務の効率促進に繋げることを目的とした研修です。

問題解決研修

一人一人が主体的に問題を発見し、解決できる組織づくりを目指すために、具体的な手順を学ぶ研修です。

企画力研修

実務レベルで使える提案書や企画書を作成する技術を身に着けて、自己成長と社内・社外のビジネス貢献度を高めるための研修です。

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • どのように図を用いることで伝わりやすさなどの効果が得られるのかが分からない
  • 現状や問題を効果的に見える化するための具体的な方法が分からない
  • 普段から文章が多くなってしまい、図解して表現するやり方に慣れていない
  • 効果的に図を用いる方法を教えられる人がいない

図解思考研修の概要

図解思考研修は図で考え、図で表すことのメリットを理解し、さまざまな図を作成することで問題を見える化できるようになるための研修です。

出来事や思考、まとめるべきことを図にすることで現状や問題を見える化し、解決や提案への道筋が探れるようになることを目的としています。

図解思考の活用方法

図解思考は皆様に身近な業務で役立つスキルです。下記のような場面で活用することができます。

資料作成

文字やデータのみで構成された資料はとても読みづらく、何が重要なのが、一番伝えたいことは何かがすぐにわかりません。
提案や報告の場では、図解化することでぱっと見てわかりやすくすることができます。

情報を整理して課題を発見する

自分用のメモであっても図解することによって情報の整理ができます。例えば業務改善の場面で現状を図解化することで仕事の構造を捉えることができます。
このように、それぞれの要素の関わりを考慮した構造化ができると物事の全体像がわかりやすくなり、課題解決が行いやすくなります。

図解思考研修イメージ②

リスキル図解思考研修の特徴

リスキルの図解思考研修では次のような特徴があります。

段階に合わせた指導がわかる

図解思考のためにパレート図やマトリクスなど、目的に合わせたさまざまな図を作成し、その有効性や内容について順次理解していきます。

研修内容が即座に応用可能

さまざまな図解方法について学習した後に、演習を通して図解による問題解決を実践します。学んだことを翌日からすぐに実務で活かせる内容になっています。

図解思考研修イメージ

研修カリキュラムの流れ

図解思考研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。

  1. 01図解思考とは

    ゴール

    図解思考について理解し、必要性を納得する

    • 【オープニングワーク】現在の図解スキル確認
    • 図解思考とは
    • 図解思考のメリット
    • 複雑な情報を理解できる
    • 情報の関連性がわかりやすくなる・抜けや漏れが発見しやすくなる
    • わかりやすく伝えることができる
  2. 02図解の基本

    ゴール

    図解の基本となる手順を理解する

    • 前提:図解する目的を明確にする
    • 物事を正しく捉える
    • 何をメインで伝えるか決める
    • 見せ方を決める(どの図で表すか)
  3. 03図解の型を身に付ける①

    ゴール

    図解の基本を理解する

    • 基本は四角形と矢印のみ
    • ツリー型
    • ロジックツリーの作り方・使い方
    • ピラミッドストラクチャーの作り方・使い方
    • 【ワーク】ロジックツリーを書き、抱えている問題の原因を考える
    • マトリックス型
    • 問題所在マトリックス
  4. 04図解の型を身に付ける②

    ゴール

    図解の基本を理解する

    • フロー型
    • フロー図作成のルール
    • サイクル型
    • 【ワーク】業務フロー作成
  5. LAST図解思考演習

    ゴール

    演習を通して図解思考を身につけていく

    • 【総合演習】情報を読み取り、図解する
    • 【ワーク】研修の気づきと振り返り

よくあるご質問

資料作成の研修と一緒に実施できますか?

資料作成の研修と組み合わせた内容の研修も可能です。
対象の方や現状の課題、研修のゴールをお伺いして、最適な研修をご提案いたします。一度ご相談ください。

聞いたことないカタカナ言葉ばかりで覚えてもらえるでしょうか?

図の名前を覚えるというよりは、どんな用途に効果的な図解方法なのかを中心に説明、実践していきます。
紙の教材もお手元に残りますので、実際に使用する際に、参考書のように使っていただくことも可能です。

よくあるご質問の一覧>

豊富な研修実績

リスキルの図解思考研修は多くの企業様にご利用いただいています。

検討資料とは名ばかりの、文字ばかりの箇条書きメモをもとに行う打ち合わせが多いという状況を改善するにあたり、大変に有意義な内容だったとご好評を頂戴しております。

リスキルの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

お見積もり、お問い合わせはこちらから

お見積もり、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リスキルのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

電話受付:月〜金 9:00-19:00(土日祝も研修実施)