テーマ別研修

【チームを活性化させる】 リーダーシップ研修

リーダーシップ研修のまとめページです。
詳細はラインナップの各研修ページをご確認ください。

リーダーシップに必要な指導力の発揮方法を身につける

本研修の対象

中堅社員 管理職

  • 管理職、マネージャー、中堅以上の社員でリーダー的な役割をお持ちの方
  • 小さなチーム単位であってもリーダーを務めている方
  • これからリーダーとして活躍していくことを希望する方

リーダーシップ研修のラインナップ

リーダーシップ研修

リーダーとしてより良い指導方法を身につけることで、チームをさらに活性化させるための研修です。リーダーの役割をしている方、管理職の方が対象です。

マネジメント研修

管理者として、チーム全体の目標達成や組織力を向上させるための業務改善・コミュニケーション方法等が学べる研修です。マネジメントの役割を持つ方が対象です。

中堅社員リーダーシップ研修

リーダーシップを立場や役割を超えた行為であると考え、中堅社員であっても組織としての成果を上げるためにリーダーシップを発揮できるようになる研修です。

社内コミュニケーション研修

仕事をよりスムーズに進めるために、社内でのコミュニケーションを円滑にする研修です。階層、コミュニケーションのシーンに応じた研修を用意しています。

事業計画研修

事業計画の立て方から、実践に移す方法を理解し、事業を前に動かしていく力をつける研修です。新規事業の計画、実行に関わる方が対象です。

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • リーダーとしてどのようにチームに働きかけていくか知りたい
  • プレイヤーとしての個人の仕事とリーダーとしての仕事のバランスが難しい
  • リーダーとして成果を上げることができるチームを作っていきたい
  • 中堅のステップアップのためにリーダーとしての意識を学ばせたい

リーダーシップ研修の概要

リーダーシップ研修とは、チームや組織のリーダーとなる人がその指導力をどのように発揮するべきか、スムーズな運用を行うために基礎的な事項を学んでいく研修です。

そもそもリーダーシップとは

リーダーシップはよくカリスマ性などと混同されがちな概念です。こういった資質が必要とされることもありますが、現在のように変化が激しく、ひとり考えだけで進むことが困難になっている現在においては資質頼りのリーダーシップで成果を上げることはできません。

リーダーシップとはカリスマ性といった資質ではなく、あくまでリーダーとしての行動を取ることです。リーダーシップは地位や特権ではなく「責任」であり、周りからの信頼です。

誰しもが身につけられる「スキル」であることをまずは理解することを研修中も強調しています。

なぜ今リーダーシップが必要なのか

多様性が求められる時代へと変化していますが、多様性のみを追求しても組織の成果に繋がることはありません。組織が成果を挙げるためには多様性を含みながら、一つの方向に向かって、全員が協力しながら進む必要があります。

リーダーシップは方向性を与え、チームを一丸となってひとつの目的に向けて進ませるための行動です

リカレントのリーダーシップ研修は、マネジメントの役割を超えて、メンバーや部下とコミュニケーションを取りながら、ひとつの目的に協調的な組織を作るリーダーを育成することに注力しています。

リーダーシップに必要な4つの行動

リーダーには4つの行動が求められています。

方向性を示す

リーダーにとって最も大切な仕事です。ひとつの方向性を示し、メンバーがそこへ向かうことがリーダーシップの基本となります。方向性がなければ、グループがチームになることはなく、協調性も発揮されません。

チームをまとめる

方向性の宣言だけではなく、その方向へ進むためのマネジメントもリーダーの役割です。正しい方向へ導くだけでなく、効率的に進むように支援する必要があります。

コミュニケーションによるエンパワーメント

コミュニケーションによりエンパワーメントを行っていきます。チームに協調性をもたらし、個々の能力を発揮するのはリーダーの役割です。

あるべき姿で信頼され、模範となる

あるべき姿で信頼されなければ、方法論が正しくとも誰も同じ方向へ進んではくれません。あるべき姿を理解し、模範となることがリーダーシップへと繋がります。

リーダー研修イメージ

リーダーシップ研修の目的

リーダーシップ研修ではそれぞれの行動の意義と方法論を理解していきます。資質などの面によらないリーダー的な行動を理解し、ワークを通じて身につけていくことでリーダーシップを育んでいきます。

研修後は、すぐにチーム内でリーダーシップを発揮できるよう、「明日から実践できる」という点を特に注視しています。

リーダーシップ研修の実施率

HR総研の人材育成(テーマ別研修)に関する調査によると、リーダーシップ研修はコンプライアンス、ハラスメントなどの研修に続いて、毎年高い実施率がある。多くの企業で注目されており、必須の研修として認識されているテーマと言える。

テーマ別研修の実施率
※出典:HR総研:人材育成(テーマ別研修)に関する調査 結果報告(2021/11)https://www.hrpro.co.jp/research_detail.php?r_no=322

リーダーは誰の仕事か

組織のメンバーは、管理職やマネージャーなどいわゆる「一番偉い人」をリーダーとして認識しています。しかし、「リーダーの仕事」はリーダーだけではなく、組織の中で様々な人が行うことが必要です。

管理職

もちろん管理職はリーダーであるべきです。ただ管理だけの管理職では成果を上げにくくなっています。管理で行ける先は、予想通りの未来だからです。予想通りの未来では、人口減少が継続的に起こる日本で良い結果には結びつかないでしょう。また、ITシステムや機械学習を行うAIがその役目を大きく代行できてしまう時代です。

管理職はリーダシップを発揮し、リーダーとしてチームの成果を追求する必要があります。

中堅社員

中堅社員は、上司と部下(後輩)の間に位置していますが、日常業務レベルでは一番状況を把握しており、リーダー的な言動が求められる場面もあります。
リーダーを支える行動と同時に、自身がリーダーとなるところでは、先導を取ってチームを動かしていく役割です。

中堅社員向けのリーダーシップ研修はこちら
→ 中堅社員向け リーダーシップ研修【チームで成果を出す】

小さな業務単位でのリーダー

役職のある無しに関わらず、「この業務はあなたが中心に進めていってね」というような指示を受けることもあるでしょう。そういった場合は、若手であってもリーダーとして一緒に仕事をする仲間とかかわっていく必要があります。すべてを決定して指示を出すということではなく、担当者皆で進めていく中で中心となるのがリーダーです。

リーダー研修イメージ②

役職や階層に関わらず受けていただける研修はこちら
→ リーダーシップ研修【チームをまとめ、成果をあげる】

リカレントリーダーシップ研修の特徴

リカレントのリーダーシップ研修には次のような特徴があります。

意識ではなく行動を変える

リーダーシップとは意識ではなく、行動です。いかにして自身の行動を変えていくかを理解し実践に移していきます。ワークも行い、自身で考えることで、使えるスキルとしていきます。

さまざまな課題解決に対応

リーダーが抱える問題、例えばチームでの業務を円滑に行いたい、あるいはもっと業務の効率化を進めたい、チームメンバーのモチベーションを向上させたい、などの課題に応じた研修メニューを用意しております。

研修カリキュラムの流れ

リーダーシップ研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。

  1. 01リーダーシップの理解

    ゴール

    リーダーシップとは何かを理解する

    • 【オープニングワーク】リーダーシップとは何か
    • リーダーシップとは
    • リーダーシップとマネジメントの違い
    • リーダーに求められる「行動」とは
  2. 02方向性を示す

    ゴール

    リーダーシップで最も重要な方向性の示し方を理解する

    • 目的の必要性
    • 目的の設定方法
    • 目的浸透のために
    • 計画立案
    • 進捗管理の方法
  3. 03チームをまとめて成果を出す

    ゴール

    チームをまとめながらも個々人が力を発揮できる状態を作る

    • まとまりながら個々人が主体性を発揮する
    • 部下の権限や責任の明確化
    • チームをまとめる会議のファシリテーション
    • 時間を管理する
  4. 04コミュニケーション

    ゴール

    コミュニケーションによりエンパワーメントを進める

    • コミュニケーションの原則
    • リーダーに求められるコミュニケーション
    • 傾聴・承認・感謝による信頼関係の構築
    • 人材育成のための褒め方
    • 人材育成のための叱り方
  5. 05模範となるリーダーとしての人間性

    ゴール

    リーダーにふさわしい人間性や資質を理解する

    • 優秀なチームの共通点
    • 安全な環境をつくる
    • 【ワーク】 現状確認と具体的な施策
    • リーダーのあるべき姿とは
    • 自分で判断の責任を持つ
    • 【ワーク】 自身のリーダーシップ振り返り
  6. LAST模範となるリーダーとしての行動

    ゴール

    リーダーに求められる行動を理解する

    • 信頼され、手本となるために
    • 「成長している人」であるには
    • 実現可能なアイディアを発想する
    • 論理的に考えて説明する
    • 【ワーク】 論理的に考える
    • 【ワーク】気づきと行動の落とし込み

リーダーシップ研修参加者からの声を一部ご紹介します

医療キット製造販売企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 非常に勉強になる研修を本当ありがとうございました。課の上の立場として、少し壁にぶつかっていた時期でしたので、本当に心強かったです。
  • とてもわかりやすく講義いただけて、改めて"これやってみようかな"と感じました
  • リーダーとして日頃から気をつけたいことや意識的にやった方が良いことなどを勉強することが出来た。月に1回は研修資料を見返し自分の行動を見直したいと思う。
  • 久しぶりに研修を受けて新鮮な気持ちを思い起こした。自己流で過ごしていたが俯瞰する機会を持てた。

医療製品生産開発企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • シンプルで良かったです。
  • 円滑なチームワークのためのヒントを頂き、気づきや改めて考える良い機会となりました。
  • リーダーとは、どうあるべきかについて分かりやすい研修だったと思います。
  • とても親近感があり、ひとつひとつの説明に、受講者として素直に聞き取ることができました。

入退室管理システム開発提供企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • ご経験豊富であり、冷静な意見をいただくことで腹落ちすることが多かった。
  • 来期体制がかわるタイミングで、体系だったリーダーシップを受けられて、非常に学びが多かったです。理想と現実のギャップが怒りになる1on1ではコーチングスキルが必要目的と目標、価値観がどうチームマネジメントに影響するか。
  • 本日はありがとうございました。テキスト内容だけでなくご自身の経験からわかりやすくコンテンツに落とし込んで頂き非常に腹に落ちました。特に弊社のフェーズに沿ったお話が多くとてもためになりました。重ねてありがとうございました。
  • これまで漠然と認識していた知識が体系的に学べた良い機会でした。リーダーシップは個人の経験に基づく内容が多いからこそ、ひとりよがりにならない様に意識をしていきます。

自動車メーカー労働組合様

内容: 満足・良かった

87.5 %

講師: 満足・良かった

97.5 %

研修参加者の声

  • リーダーシップに対して心理的安全性を構築できるよう信頼関係をきずいていきたいです。
  • リーダーシップについて改めて考えることが出来、自分に何が不足しているかを振り返るいいきっかけになりました。
  • 「職場と会社の良き通訳者となる」という言葉にとても納得しました。
  • 話が伝わりやすかったと感じました。時間も予定通りで進め方が良かったと思います。ありがとうございました。
  • 非常にらわかりやすく、リーダーに必要な要素を、今自分に足りない所を発見できる機会になりました。ありがとうございました。

エンジニア派遣企業様

内容: 満足・良かった

92.0 %

講師: 満足・良かった

92.0 %

研修参加者の声

  • 説明とワークのバランスが良いかと思います。
  • 具体的に何をどうすれば、良いのかが示されていたので共感でき良かったです。
  • 自分はリーダーとなって間もなく、いまだ何も手をつけられていない状況だが今回の研修を通じて一歩前進するためのノウハウを得ることができたと思う
  • 話しも聞きやすく、説明もとてもわかりやすかったです。発表者の話を聞く姿勢も参考になりました。ありがとうございました。
  • リーダーとしても目的をどう定めて、音頭をとっていくのかという部分がかなり響きました。業務が繁忙していてただある業務をひたすらこなしていくだけになりがちだからです。今後は、自分自身の振り返りをしながら、リーダーとしてどうあるべきか、どうしていきたいのかを改めて考えたいです。

よくあるご質問

リーダーとはどれくらいの年次を想定していますか?

チームを持ってリーダーとなると考えると5年目以上の方が大部分になっています。

チームを率いた経験があると、自身の行動を見直し、修正することができるためより効果的です。

どれくらいの人数で受講するのが良いでしょうか?

およそ40人/1クラスで受講をすることが可能です。
リーダーシップ研修では、グループでディスカッションや意見の共有をするワークを用意しております。
発表などで皆さんに発言をしていただき、講師からフィードバックをしたり、ワーク中も講師が様子を見てアドバイス等を行っていきます。

リーダーシップ研修で失敗しないためにはどんなことに気をつけるべきですか?

もっとも重要なことは意識を変えるのではなく、行動を変える研修を実施することです。意識は少ない日数の研修では変わりません。行動を変え、継続することで、リーダーシップは発揮され、結果として意識も変わっていきます。

リーダーにはどんなことが求められますか?

4つの行動、「方向性を示す」「チームをまとめる」「コミュニケーションによるエンパワーメント」「あるべき姿で信頼され、模範となる」ことが求められています。

よくあるご質問の一覧>

豊富な研修実績

リカレントのリーダーシップ研修は、繰り返し様々な企業様に実施いただいています。

リーダーシップの習得を独学で進めることは容易ではありません。研修を受講された方からは体系立ったカリキュラムで学ぶことができ、より生産性の高い集団へと変化するための大きなヒントを得られたと喜びの声を頂戴しております。

対象問わずお問い合わせいただければ、最適な提案をコンサルタントがさせていただきます。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

お見積もり、お問い合わせはこちらから

お見積もり、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

電話受付:月〜金 9:00-19:00(土日祝も研修実施)