テーマ別研修
まとめ

セルフケア研修

見積りを作成(所要時間10秒)
セルフケア研修

本研修の対象
新入社員 若手社員 中堅社員 管理職

  • ストレスが軽減できる各種の方法を学習したい方
  • 自分自身のストレスマネジメントの方法を知りたい方
  • メンタルダウンを水際で食い止められるセルフケアの方法などを模索されている方

よくあるお悩みや課題

  • 自分にとってのストレス要因を、各自が把握できるようにしたい
  • メンタルヘルス対策の基本を社員に学んでほしい
  • 上手にストレスと向き合える対処法を社員に知ってほしい
  • 不安を感じた時や問題が発生した時に我慢して、一人で抱え込む傾向がある社員が見受けられる

セルフケア研修の概要

セルフケア研修とは、職場という環境の中で、自分のストレスの要因(ストレッサー)やストレス反応に早期に気づき、自らメンタル不調に至らないように予防・対処できるようになることや、ストレスに強いこころを育てるための手法を学ぶことをその目的としています。

社員のこころの健康を守るために

会社で働いていると誰もが何かしらのストレスを抱えています。メンタル不調にならず、こころも健康な状態で働いてもらうには、まずは個人でのケア(セルフケア)を行える状態にすることが効果的です。

ストレス要因に気づいて対応できるようになる

ストレスが溜まっているかどうかは、周囲が気にかけて上げることも大事ですが、自分にしかわからないことも多くあるのが事実です。

どんな時にストレスを感じやすいのか、ストレスを感じたらどんな反応があるのかなど、自身のストレスについて考えます。そして、それを回避する、和らげるための対応を行うことが必要です。

強いこころを育てて予防する

セルフケアには、事前にわかっていると予防できるという効果もあります。

まだ大きなストレスに直面したことがない社員でも、一般にどのような状況でストレスを感じやすいのかを知っておくことで、自身がその状況下に置かれた時にどのように自分を守るかを考え、実行することができます。

セルフケア研修イメージ

リカレントセルフケア研修の特徴

リカレントのセルフケア研修には次のような特徴があります。

目的別の研修メニューをご用意

自らのメンタルヘルスの維持増進のための研修はもとより、職場環境のストレスマネジメントを改善する研修、睡眠改善や認知行動療法など具体的な内容のカリキュラムが用意されており、離職者を減らす職場づくりへの応用が大いに期待できます。

セルフケア研修のラインナップ

セルフケア研修

自分では中々気づきにくいストレス要因やストレス反応に、いち早く対応し、ストレスに強いメンタルを作る研修です。

アンガーマネジメント研修

怒りという強い感情を、分析・理解することで自分の中でコントロールし、怒りを表現せずとも気持ちを伝えられるようになるための研修です。

ラインケア研修

部下のメンタル不調の兆しを早期発見・対応し、休職や離職に至らないようなケアをしてリスクを予防するための研修です。

健康経営研修

職場内の環境を把握し、従業員の健康を第一に守ることで、個々人の生産性や組織の業績向上を目指す研修です。

ハラスメント研修

ハラスメントについての基礎的な知識を理解し、起こさない為に出来る注意、環境づくり、起こってしまった時の対応方法を身につける研修です。

パワハラ研修

パワーハラスメントについての基礎知識をつけ、起こらないために注意できること、起こってしまった時の対応方法を身につける研修です。

褒め方研修・叱り方研修

正しく、効果的な褒め方・叱り方を理解し実践することで、相手の成長やハラスメント予防を目指す研修です。

コーチング研修

部下育成にとって必要な、モチベーション管理、目標設定、行動計画の管理などコーチングスキルとして必要な要素を伸ばす研修です。

面談研修

面接の中で、相手に信頼してもらえるような話の聞き方を身につけ、部下に対して周囲への相談援助が実践できるようになるための研修です。

部下育成研修

部下が更に成長するために、部下の成長段階を理解し、割り当てるべき業務を与え、支援し、より効果的な育成を目指す研修です。

メンター研修

メンター研修では、メンター・メンティとして育成をする・される側から、メンター制度を導入、運用する方までに必要な技術を理解し、習得します。

研修カリキュラムの一例

セルフケア研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。詳細は、こちらからご確認ください。セルフケア研修【ストレスのコントロールを実践する】詳細ページはこちら。

1. メンタルヘルスケアの意義 【ゴール】メンタルヘルスケアの意義を理解する
  • 労働者を取り巻く環境
  • 職場におけるメンタルヘルスの必要性
  • メンタルヘルスケアの考え方
  • 労働安全衛生法について
2. ストレスに関する基礎知識 【ゴール】セルフケアに必要な知識を得る
  • 働く人のストレスの現状
  • ストレスとは
  • ストレス要因とストレス反応
  • 職業性ストレスモデルについて
  • 心の健康問題の正しい態度
3. セルフケアの重要性 【ゴール】心の健康づくりの重要性を理解する
  • 過重労働の健康への影響
  • 自己保健義務とは
  • 早期対処の重要性
4. ストレスへの気づき方 【ゴール】ストレスと体のつながりを知る
  • セルフケアの第一歩とは
  • 注意すべきリスク要因
  • ストレスの原因について
  • 身体面・行動面・心理面でのストレス兆候
  • ストレスに気づく感覚
5. ストレスへの対処、軽減の方法 【ゴール】メンタルヘルス維持増進のための実践法を習得する
  • 日常生活でのストレス発散
  • リラクゼーションの実践(ストレッチング・呼吸法・漸進的筋弛緩法など)
  • 良好なコミュニケーション
  • 物事の見方や考え方の偏りへの気づきと修正
  • 自発的な健康相談
6. セルフケアの応用スキル 【ゴール】セルフケアに効果的な応用スキルを習得する
  • 【ワーク】アサーティブコミュニケーション
  • 【ワーク】エゴグラムで人間関係への気づきを得る
  • 【ワーク】自律訓練法の実践
見積りを作成(所要時間10秒)

よくあるご質問

どの時期にストレスマネジメントについて考えさせるのがいいでしょうか?

ストレスによる問題が発生しやすい時期の前に予防として研修をすることがおすすめです。
客観的な立場で前向きに受け入れてもらい知識を付けることができるでしょう。実際にストレスを多く感じる場面で、その知識を生かして乗り越えてもらえることを期待しています。

セルフマネジメントの方法には正解があるのでしょうか?

研修では、セルフマネジメントの方法を複数紹介しますので、受けた結果、自分に合う方法を個々人が実践していくことになるでしょう。それぞれストレスの種類も発散方法も異なりますので、皆さん共通の正解はないかもしれませんが、研修中に他の方の意見を聞くことで自分なりの乗り越え方を見つけていく手助けができたら幸いです。

豊富な研修実績

リカレントのセルフケア研修は多くの企業様にご利用いただいています。

組織におけるメンタルコントロールはとても難しく、本来は資格を持つスペシャリストを雇用の上で自社内での対応が出来るようになるべきなのですが、企業の規模によっては非常に難しい状態です。ある程度の対応を行うことができる社内の担当者を即製するために役立つ研修となっています。

対象問わずお問い合わせいただければ、最適な提案をコンサルタントがさせていただきます。

リカレントの研修は様々な企業様に
ご利用いただいています

研修実績

関連研修カテゴリ

関連研修の中身やカリキュラムをまとめて確認できます

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お見積り
お見積り