テーマ別研修

ハラスメント対策研修【半日で集中理解する】

現代におけるハラスメントの理解と対策を短時間で学ぶ

本研修では、ハラスメントの理解と対策を半日で行います。
様々な事例をもとに、ハラスメントの定義と本質を理解することを目指します。
ハラスメントを自身が起こさないことに加えて、ハラスメントが起こらないために普段からできる対策が分かり、発生の予防となります。

リカレント研修の3つの特徴

研修準備フルサポートで良質な研修を

研修日の運用のみではなく、研修準備のサポートも受けることができます。例えば、研修で使う教材・備品は一式郵送で手元に届きます。そのため、研修の準備時間を減らしながらも良質な研修が実施できます。

明瞭価格で10秒見積り

「もっと研修を」をコンセプトとしたリカレントでは、研修がしやすい環境づくりのために一社研修であっても明瞭価格で研修ができるようにしています。

オンラインLIVE研修無料対応

研修は集合型でも、オンラインLIVE研修でも、集合型をメインとして一部オンラインLIVE配信でも、どのような形態でも対応できるようになっています。研修形態もお気軽にご相談ください。

研修コード:100278

ハラスメント対策研修 半日編とは?

ハラスメント研修とは、ハラスメントについて理解し、ハラスメントが起こらない職場にするための研修です。

ハラスメントは、やってしまっている側に自覚がないまま、相手に精神的苦痛を与えている場合も多く存在します。そのため、どのような事例おいてハラスメントとされるのか十分な理解が必要です。

ハラスメントの理解は、誰もが働きやすい環境を作る第一歩となるため、研修機会の設定が求められています。

本研修の狙い

ハラスメントを論理的に理解し、ハラスメントを防止するために必要なことが短時間でわかります。

本研修の対象

基本的な研修対象は以下のとおりです。研修によって調整できるため、まずはお問い合わせください。

部下を持つリーダーやマネージャー、管理職

本研修を実施すると

  1. ハラスメントとは何かについて理解でき、種類や定義がわかります
  2. セクシャルハラスメントとパワーハラスメントについて、その見極めと防止策を理解できます
  3. ハラスメントにならないコミュニケーション、叱責のポイントを知ることができます

研修概要

本研修では、ハラスメントの本質を理解し、自身がやらないこと、起こらない環境づくり、また、起こってしまった際の対処法を短時間で学ぶことを目的としています。

まず、ハラスメントの定義を確認し、特にセクシャルハラスメントとパワーハラスメントについて、具体的な事例も踏まえつつ、ハラスメントに当たる行為について本質的に理解します。指導との境目が曖昧な事例についても、明確な区別をできるようになり、ハラスメントの危険があるから関わらないのではなく、自信を持って指導ができるようになります。

ハラスメントにならないコミュニケーションや叱責を学ぶことにより、ハラスメントが起こらない環境づくりをすることができます。

3つの特徴

ハラスメントの定義が理解できる

受けた側の気持ちのみに依存することなく、ハラスメントとはどのようなものかを判断できるようになります。

セクシャルハラスメント・パワーハラスメントについて見極めができ、その防止法が分かる

職場で起こりがちなセクシャルハラスメント・パワーハラスメントについて、例を用いて解説します。相手の立場や気持ちを理解し、判断ができるようになります。

ハラスメントにならないコミュニケーションを身につける

指導とハラスメントの違いを学びます。ハラスメントにならないポイントをしり、必要な叱責ができるようになります

想定研修時間

3時間 (変更が可能です)

研修カリキュラム

下記、研修カリキュラムを元に、他研修を組み合わせてのアレンジにも対応しています。別途料金はかかりませんのでご安心ください。

1. ハラスメントの理解 【ゴール】ハラスメントの全体像を理解する
  • ハラスメントとは何か [良い会社をつくる上であってはならない行動]
  • 職場におけるハラスメントの種類 [〇〇ハラと言われるものを確認する]
  • 根本的な2種のハラスメント [セクハラとパワハラに分類される]
  • ハラスメントによる企業のリスク [訴訟の発生、士気の低下、人材の流出、イメージの悪化]
  • ハラスメント研修の必要性 [一人ひとりが知識を持ってハラスメントのない職場づくりに尽力する必要がある]
  • 【ワーク】職場で考えられる企業リスク [自社で起こりうるリスクを考える]
2. セクシャルハラスメント 【ゴール】セクシャルハラスメントの基本と対策を理解する
  • 【ワーク】どこまでがセクシャルハラスメントか [家族写真をデスクに飾る事例について考える]
  • セクシャルハラスメントの定義 [重要ワード(性的な言動・労働者・職場・就業環境が害される)]
  • 2種類のセクシャルハラスメント [対価型と環境型]
  • グレーゾーン [曖昧な事例を判断する基準]
  • 防止するためのポイント [加害者にならない、被害者にならないためのこころがけ]
  • ワーク:この事例はセクハラか [営業の後輩に対して「男なんだから」]
3. パワーハラスメント 【ゴール】パワーハラスメントの基本と対策を理解する
  • 【ワーク】どこまでがパワーハラスメントか [コミュニケーションを促進するために毎週の飲み会]
  • パワーハラスメントとは [職場での地位や立場を利用した嫌がらせ、トラブルが増加している原因]
  • パワーハラスメントの判断要素 [叱責がすべてパワーハラスメントになるのではない、判断のための要件]
  • パワーハラスメントに当たる・当たらない具体的な事例 [実際の事例を知り、考える]
  • グレーゾーン [曖昧だが、パワハラと認められる可能性がある例を知る]
  • 発生する可能性のある職場 [その特徴をチェックリストで確認する]
  • パワーハラスメントを防止するための対応 [環境づくり、良好なコミュニケーションの形成]
  • ワーク:この事例はパワハラか [部下をたびたび食事の場に誘い、cクレームに対する説教をする]
4. コミュニケーション 【ゴール】ハラスメントにならないためのコミュニケーションの基礎を再確認する
  • ハラスメントにならないコミュニケーション [言いたいことを言える、聴く耳を持っている風通しのよい環境]
  • ハラスメントにならない指導方法 [部下に受け入れられる対応を心がける]
  • 叱ると怒るの違い
  • 相手の立場に立った叱責が必要 [話をする環境、全てを否定しない、言い分に耳を傾ける]
  • 【ワーク】この叱責は望ましいか [部下への叱責の例が望ましいか考える]
  • 相手の価値観を理解する [相手に正しく理解してもらうために]
  • 【ワーク】ハラスメントにならないコミュニケーションを取れているか [今までの振り返りと、今後の課題への対策を考える]

研修金額

アレンジ無料の明瞭価格で一社研修を実施することができます。研修時間と概算人数の情報のみで見積りをすぐにお送りします。

参加者の必須条件

特になし

リカレントの研修は様々な企業様にご利用頂いています

研修実績

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お問い合わせ
お問い合わせ
0120-80-9217 メールでのお問い合わせ