テーマ別研修

クライシスマネジメント研修

クライシスマネジメント研修のまとめページです。
詳細情報を確認するにはラインナップの各研修ページをご確認ください。

クライシス(危機的状況)が起きた時も、素早い対応ができる

本研修の対象

  • 実際に危機に直面した際の対応方法について、対策を立てておきたい方
  • 自組織を取り巻く環境により、危機的状況に陥った場合の対応スキルを学びたい方
  • 危機的状況に陥った場合の初期対応と被害軽減方法を学びたい方

クライシスマネジメント研修のラインナップ

クライシスマネジメント研修

未然に防ぐことができないクライシスに対しての最善の対応方法を理解し、危機的状況に直面した際に素早い対応ができるようになるための研修です。

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • 大規模自然災害やパンデミックなど、自組織を取り巻く環境への対応方法を学ばせたい
  • 有事の際の対応方法についてルール作り・初期動作を決めておきたい
  • 危機に直面した際に、事故・事件・不祥事につながらない適切な対応方法を蓄積しておきたい

クライシスマネジメント研修の概要

クライシスマネジメント研修は、クライシス(危機的状況)が起きた際、被害を最小限にするために行う対処法を学び、適切で素早い初期対応ができることを目指す研修です。

不測の事態に備える

クライシスマネジメントはコンプライアンスやハラスメントなどのリスクマネジメントに加えて、企業が検討するべき重要事項です。準備をしておくことで不測の事態においても落ち着いた行動ができます。

従業員を守る

人材を「人財」と表す企業も多いように、企業にとって従業員は大切な財産です。自然災害等の発生そのものを完全に防ぐことはできなくとも、事前の準備によって従業員を守ることを考えておく必要があります。
もし、勤務時間中に災害が発生したら、どうやってビルから出るのか、どこに避難するのかなど初動を決めておくことだけでも従業員の安全確保に効果があります。

お客様・地域社会を守る

お客様へどのように対応するかという観点でも準備が必要です。すべての対応を事前に想定することは難しいとしても、例えば、連絡方法や判断方法などについて定めておくことで安心感を持っていただけます。また、地域社会への貢献についても考えておくことが望ましいです。社会への責任を果たす意識をもって準備ができれば、危機を乗り越えたあとにも良い影響があるかもしれません。

リカレントクライシスマネジメント研修の特徴

リカレントのクライシスマネジメント研修には次のような特徴があります。

不測の事態に直面した際のスキルを蓄積する

リスクマネジメント研修とは異なり、クライシスマネジメント研修は「実際に危機に直面した際の対応方法を考える」内容です。
危機に直面した際のインシデントマネジメント(初期対応・初動)や被害軽減策を事例をもとに学んでいくことにより、組織に必要な知識を蓄積することができます。

ケーススタディで当事者意識を高める

危機を想定したケーススタディを行うことで、自組織・自部門ならどうするか、時間外に起きた際にどうするか等、より自分ごととして考えることができ、当事者意識を高めます。危機的状況を自分ごととしてとらえることで、不測の事態に対して適切に対処する心構えを持たせることができます。

研修カリキュラムの流れ

クライシスマネジメント研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。

  1. 01クライシスマネジメント

    ゴール

    危機的状況について理解を深める

    • クライシスマネジメントとは 
    • 危機的状況の種類と特徴 
    • 危機的状況への対応の基本 
  2. 02インシデントマネジメント

    ゴール

    危機に対する準備と初期対応がわかる

    • インシデントマネジメントの基本 
    • 【ワーク】これまでに体験・見聞きした災害への準備や対応で足りないと感じた点を挙げる
    • 準備と対応に関する課題 
    • 初期対応の模範的事例とそのポイント
  3. LAST災害への備え・対応

    ゴール

    大地震や洪水など、具体的な災害に対する準備や直面後の対応を考える

    • 【ワーク】災害発生時、現状企業側で行う対策を書き出す
    • 減災のために 
    • 自社への対処 
    • 地域への対処 
    • 【ワーク】東日本大震災の際の各企業の対応 
    • 豪雨などによる洪水 / ハザードマップの確認
    • 【ワーク】ケースごとに最初にすべきことを3つ考える
    • 【ワーク】研修を踏まえ、明日からら行うことを書き出す

よくあるご質問

クライシスマネジメント研修はオンラインでも可能でしょうか?

はい、実施可能です。現地での研修とほぼ同質の感覚で研修は実施できています。

大きな問題が起きたわけではないため、当事者意識を持って受講してくれるでしょうか?

クライシスマネジメント研修は、「危機的状況に直面した際に必要な知識やスキルを身に付ける」という視点で授業を行います。そのため、問題が起きていない場合に関しても、リスクマネジメントとして必要な知識と技術を備えておくというとらえ方で、どなたにも受講いただける内容となっております。

よくあるご質問の一覧>

豊富な研修実績

リカレントのクライシスマネジメント研修は、様々な企業様よりお問い合わせをいただいております。

大規模な自然災害やパンデミックなど、危機的状況は多岐にわたります。適切に対応するには知識やスキルの蓄積が不可欠です。文献を読むだけでは身に付けることができないスキルを具体的なケーススタディを用いて実践することで、不測の事態に適切で素早い初期対応ができる人材を育てます。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

お見積もり、お問い合わせはこちらから

お見積もり、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

電話受付:月〜金 9:00-19:00(土日祝も研修実施)