テーマ別研修
まとめ

フレームワーク研修

見積りを作成(所要時間10秒)
フレームワーク研修

本研修の対象
若手社員 中堅社員 管理職

  • 若手~管理職の方までビジネスシーンにおいて高いレベルの論理的思考力を身に着けたい方
  • 事業全体の理解やマーケティングに特化したフレームワークを学びたい方
  • 目的にたいして客観的に課題を導き出し、常に考えて動けるようになりたい方

よくあるお悩みや課題

  • そもそもどのような考え方をすればよいのかわからず非効率的になってしまう
  • 社員全員が考えて仕事をする姿勢を身につけることで、課題発見や解決能力の底上げをしたい
  • フレームワークを使い分け、効率的に論理的な企画や戦略を立案できるようになってほしい
  • 論理的思考を身に着け、客観的目線で企画提案や業務改善案などの意見を出せるようになってほしい

フレームワーク研修の概要

フレームワーク研修とは、物事を整理して考えるために必要なフレームワークの基礎を理解し、客観的かつ検討必須事項が揃った企画や戦術、戦略を立案するための基盤を作っていくための研修です。

目的に対して何が必要で何が課題なのか、それをフレームワークの使い分けによって論理的に導くことを目的としています。

フレームワーク研修イメージ

ビジネスフレームワークの種類

フレームワークは様々な業務で活用することができます。
有名な例だと、目標設定にもちいるSMARTや物事の計画・実行に用いるPDCAもフレームワークです。

フレームワークを使うと、何かを考えるときにゼロから始めるのではなく、既存のノウハウに当てはめることで素早く最適な仕事をすることができます。

思考に関するフレームワーク

物事を洗い出したり、まとめたりする際に活用します。
思考に関するフレームワークは【考え方研修】でも学ぶことができます。

戦略策定に関するフレームワーク

自社事業の理解や競合との比較の際に活用します。
戦略策定に関するフレームワークは【事業計画研修】でも学ぶことができます。

マーケティングに関するフレームワーク

対象とするマーケットや自社の立ち位置について調査する際に活用します。
マーケティングに関するフレームワークは【マーケティング研修】でも学ぶことができます。

フレームワーク研修イメージ②

リカレントフレームワーク研修の特徴

リカレントのフレームワーク研修には次のような特徴があります。

しっかりとした基礎学習を

主たるフレームワークを一通り把握し、どういった際にどのフレームワークを使うのが適切か全体感を掴んだ上で、よく使用されるものを中心にその使い方を実際に体験し、運用方法を身につけます。

実践のための学習を

一度フレームワークの運用方法を会得することで、必要に応じたフレームワークを取り入れながら業務を遂行することができるようになります。

幾つかのフレームワークが扱えるようになれば、それ以外の新たなフレームワークについても学習しながら自走することができるようになります。

フレームワーク研修のラインナップ

ロジカルシンキング研修

ロジカルシンキングを身につけ、論理的に問題発見・解決ができる人材になるための研修です。

クリティカルシンキング研修

客観的に物事を考え、課題を分析・検証する思考方法を見につけ、業務の効率促進に繋げることを目的とした研修です。

問題解決研修

一人一人が主体的に問題を発見し、解決できる組織づくりを目指すために、具体的な手順を学ぶ研修です。

マーケティング基礎研修

マーケティングにおいて必要な戦略の知識と同時に、自社の分析、提案書の作成など幅広いスキルを身につける研修です。

研修カリキュラムの一例

フレームワーク研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。詳細は、こちらからご確認ください。マーケティングフレームワーク研修【実践的な活用を目指す】詳細ページはこちら。

1. フレームワークとは 【ゴール】フレームワークの存在意義を理解し、役立つものだと理解してもらう
  • フレームワークとは何か
  • なぜフレームワークは有用か
  • フレームワークを用いた戦略実例
2. 思考フレームワーク 【ゴール】フレームワークの基礎を理解して、具体的なフレームワーク理解につなげる
  • MECE
  • ロジックツリー
  • SMART目標設定
3. 事業フレームワーク 【ゴール】事業全体を理解するためのフレームワークを学習する
  • 3C / 4C
  • SWOT
  • ファイブフォース
  • PPM
4. マーケティングフレームワーク 【ゴール】マーケティング特化のフレームワークを理解する
  • マイケル・ポーターの3つの基本戦略
  • STP
  • 4P / 5P
  • AIDA
5. 実践演習 【ゴール】実践を通してフレームワークの使い方を学習する
  • 個別演習
  • ワーク:フレームワークの立案
  • 講師からのフィードバック
見積りを作成(所要時間10秒)

よくあるご質問

フレームワークはどんな業務で役立ちますか?

行動計画の策定、企画提案、業務改善など幅広い業務で役立つ考え方の型がフレームワークです。
問題解決やロジカルシンキング、クリティカルシンキング等に含まれているフレームワークも多くあり、型を使うことで、誰でも簡単に最適な思考が実践できます。
マーケティングでも多く取り入れられています。

どの階層に学ばせるのがいいでしょうか?

考えて動く仕事が増えてきた階層、さらに役職がついてより一層考える意識が必要になった階層が特におすすめです。
考え方の型を使って、誰でも簡単にレベルの高い思考ができるようになります。若手から管理職まで幅広い方々にご受講いただいています。

豊富な研修実績

リカレントのフレームワーク研修は多くの企業様よりお問い合わせをいただいております。

実際に研修を受講された方からは、習った知識や指導方法をすぐに実践することが出来るような、体系的なカリキュラムで学習出来たとご好評を頂いております。

対象問わずお問い合わせいただければ、最適な提案をコンサルタントがさせていただきます。

リカレントの研修は様々な企業様に
ご利用いただいています

研修実績

関連研修カテゴリ

関連研修の中身やカリキュラムをまとめて確認できます

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お見積り
お見積り