テーマ別研修
まとめ

パワハラ研修

見積りを作成(所要時間10秒)
パワハラ研修

本研修の対象
新入社員 若手社員 中堅社員 管理職

  • パワーハラスメントについて基本的な知識を学びたい方
  • 職場において指示や指導を行うにあたり、その手法について問題がないか確認を行いたい方
  • 部下を持つリーダーやマネージャー、管理職の方

よくあるお悩みや課題

  • 会社内でパワーハラスメントに対する認識を同一にしたい
  • 指導とパワーハラスメントとの境界がわからない
  • どのような行為がパワーハラスメントにあたるのか論理的に知りたい
  • 社員により身近に感じてもらうために、具体的な事例を学べる機会がほしい

パワハラ研修の概要

パワハラ研修とは、パワーハラスメントを正しく理解し、どのような行為が該当するのか、問題を生じさせないためにはどうすればいいのかを知っていくための研修です。

正しくパワハラについて知ることで指示・指導をする際に適切な対応ができるようになり、結果的に部下の育成や業績向上に繋がっていくことをその目標としています。
パワハラ研修イメージ

効果的な研修のために

ハラスメントについての研修は適切な職場環境を作るために重要な研修ですが、受ける側から見ると、形式的でつまらない、関係ないと感じられ軽視されてしまうことがあります。大切な学びの機会を効果的にするために下記のポイントを重要視します。

何がパワハラなのか論理的に理解する

「パワハラになるから、このような発言はしてはいけない」というような内容では、どうしてだめなのか、必要な指導はどうすればいいのかがはっきりせず、モチベーションが上がらない研修となってしまいます。また、管理職がパワハラと言われるのを恐れて、部下とのコミュニケーションが停滞するでしょう。

研修を効果的にするためには、パワーハラスメントの定義を理解し、問題にならないためにはどんな行動をすれば良いのかがわかる、ポジティブな内容であることが必要です。「明日から」の行動の指針が立てられることで、パワハラを過度に恐れずにコミュニケーションを活性化させることができます。

ケーススタディで実例を学ぶ

論理的にとは言いつつも、理論だけではピンとこない面もあるでしょう。その場合には、ケーススタディで「これはパワハラなのか、なぜパワハラなのか」を具体例と合わせて学ぶことが有効です。

実例に沿うことで、自身が体験した、起こしてしまっていた経験と結びつき、より身近に感じることができます。

パワハラ研修イメージ②

リカレントパワハラ研修の特徴

リカレントのパワハラ研修には次のような特徴があります。

ゴールを明確に

パワーハラスメントの定義について理解するために、様々なケースにおけるパワーハラスメントついて学びます。また、パワーハラスメントのグレーゾーンについて学ぶことで、一般的に考えられているパワーハラスメントとのギャップを理解します。その上で実際にパワーハラスメントを防止するための個人・組織での対策について学んでいきます。

パワハラ研修のラインナップ

パワハラ研修

コンプライアンス研修

セクハラ研修

ハラスメント研修

研修カリキュラムの一例

パワハラ研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。詳細は、こちらからご確認ください。パワーハラスメント対策研修【短時間集中】詳細ページはこちら。

1. ハラスメントの理解 【ゴール】ハラスメントの全体像を理解する
  • ハラスメントとは何か
  • ハラスメントの種類
  • 根本的な2種のハラスメント
  • 組織のリスク
  • 研修の必要性
2. パワーハラスメント 【ゴール】パワーハラスメントの基本と対策を理解する
  • パワーハラスメントとは
  • ワーク
  • パワーハラスメントの経緯
  • 職場のパワーハラスメントの定義
  • 職場のパワーハラスメントの整理
  • 具体的な事例
  • パワーハラスメントの判断基準
  • パワーハラスメントにならない事例
3. コミュニケーションと環境づくり 【ゴール】パワーハラスメントにならない環境づくり
  • ハラスメントにならないコミュニケーション
  • ハラスメントと指導
  • 叱ると怒るの違い
  • ケーススタディ:これはハラスメントになるか
  • 上司の問題点
  • 相手の立場になった叱責を
  • 価値観のすり合わせ
  • ハラスメントが起こらない職場づくりのために
見積りを作成(所要時間10秒)

よくあるご質問

パワハラが起こらないような方法を具体的に教えてもらうことはできますか?

パワハラにならないコミュニケーションや社内の環境づくりなど明日からできる対策を研修内で取り扱っています。
特にコミュニケーションに問題があるためにパワハラが起こってしまう例が多いため、その改善に向けてワーク盛り込んだ内容になっています。

管理職やマネージャーだけが研修を受ければパワハラ問題が解決するのでしょうか?

社員の皆様で受けることで、状況が良くなることもあります。
パワハラの場合は、上司から部下へといった方向性ではない場合もあります。何がパワハラにあたるのか、部署の皆さんで共通認識を持っていただき、職場全体の改善に努めるのも1つの方法です。現状の課題を聞かせていただき、最適な研修をご提案いたします。

豊富な研修実績

リカレントのパワハラ研修は多くの企業様にご好評をいただいています。

近年、従業員一人ひとりが働きやすい職場環境を作るためにパワハラ対策が必須のものとなっていますが、その理解と対策について体系的なカリキュラムが用意されており、業務への応用がすぐに可能だという点でご好評を頂いております。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お見積り
お見積り
0120-80-9217 見積りを作成(所要時間10秒)