パワハラ研修 【パワハラを徹底防止する】

パワーハラスメントについての基礎知識をつけ、予防と発生時の対応の両面からスキルを学びます。適切な叱り方についても扱っていきます。

パワーハラスメントが起こらない、起こさせない組織に

本研修の対象

新入社員 若手社員 中堅社員 管理職

  • パワーハラスメントの基本的な知識を学びたい方
  • パワハラにならない指示や指導の仕方を学びたい方
  • 部下を持つリーダーやマネージャー、管理職の方

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • 会社内でパワーハラスメントに対する認識を同一にしたい
  • 指導とパワーハラスメントとの境界がわからない
  • どのような行為がパワーハラスメントにあたるのか論理的に知りたい
  • 社員により身近に感じてもらうために、具体的な事例を学べる機会がほしい

パワハラ研修の概要

パワハラ研修とは、パワーハラスメントを正しく理解し、予防・発生時の対応の両面から必要なスキルを身に付ける研修です。

正しくパワハラについて教育し、社員一人ひとりが理解することで指示・指導をする際に適切な対応が可能となります。
結果として、部下の育成や業績向上に繋がっていくことを目的としています。

パワーハラスメント研修の概要

ハラスメントとは何か

ハラスメントとは、他者を困らせる「嫌がらせ」や「いじめ」などの行為をすることです

他者に対する発言や行動等を相手が不快に感じ、もしくは発言や行動等が原因で相手の尊厳が傷ついた場合は、ハラスメントに該当します。
(本人が意図的に行ったものでなくとも、ハラスメントと受け取られる場合がある)

ハラスメントには様々な種類がありますが、特に注意していきたいものとして「セクシャルハラスメント」「パワーハラスメント」があります。

パワーハラスメントとは何か

パワーハラスメントとは職場内での地位や立場を利用した嫌がらせのことであり、それにより相手が肉体的・精神的苦痛を受け、あるいは職場環境を悪化させてしまうことです。
労働施策総合推進法上は、以下①~③までの3つの要素を全て満たすものがパワーハラスメントに該当するとされています。

<労働施策総合推進法(抄)>
(雇用管理上の措置等)第 30 条の2事業主は、①職場において行われる優越的な関係を背景とした言動であって、②業務上必要かつ相当な範囲を超えたものにより③その雇用する労働者の就業環境が害されることのないよう、当該労働者からの相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備その他の雇用管理上必要な措置を講じなければならない。

法律により、パワーハラスメントへの対策が義務化

改正法により、パワーハラスメントに関する防止措置などが、事業主側(企業側)に義務付けられるようになりました。いわゆる「パワハラ防止法」と呼ばれるものです。

大企業では2020年6月、中小企業では2022年4月から施行されています。具体的には、事業主(企業側)は以下の措置を必ず講じなければならないとされています。厚生労働省から示されているものは以下の通りです。

項目 詳細
事業主の方針等の明確化及びその周知・啓発 ① 職場におけるパワハラの内容・パワハラを行ってはならない旨の方針を明確化し、労働者に周知啓発すること
② 行為者について、厳正に対処する旨の方針・対処の内容を就業規則等の文書に規定し、労働者に周知・啓発すること
相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備 ③ 相談窓口をあらかじめ定め、労働者に周知すること
④ 相談窓口担当者が、相談内容や状況に応じ、適切に対応できるようにすること
職場におけるパワーハラスメントに関わる事後の迅速かつ適切な対応 ⑤ 事実関係を迅速かつ正確に確認すること
⑥ 速やかに被害者に対する配慮のための措置を適切に行うこと
⑦ 事実関係の確認後、行為者に対する措置を適切に行うこと
⑧ 再発防止に向けた措置を講ずること
その他併せて講ずべき措置 ⑨ 相談者・行為者のプライバシーを保護するために必要な措置を講じ、その旨労働者に周知すること
⑩ 相談したことなどを理由として、解雇その他不利益な取り扱いをされない旨を定め、労働者に周知・啓発すること

厚生労働省「職場における ハラスメント防止対策が強化されました!」より引用

義務化された内容についても概要を理解しておくことが重要です。リスキルのパワーハラスメント研修では改正により義務化されたこれらの内容についても扱っていきます。

研修頻度は年1回が理想

企業様の状況にもよりますが、基本的には社員一人ひとりのパワハラにおける意識を高めるために、研修は1年に1回実施するのが望ましいでしょう。その他、中途採用など年度の途中で入った方に対しては資料を渡すなどのフォローも必要です。

パワハラ研修のラインナップ

パワハラ研修

パワーハラスメントについての基礎知識をつけ、予防と発生時の対応の両面からスキルを学びます。適切な叱り方についても扱っていきます。

研修タイトル想定研修時間
パワハラ研修 一社研修 パワーハラスメント対策研修【半日研修】 3時間 (変更可)
パワハラ研修 一社研修 セミナー型 パワーハラスメント防止研修【職場でのパワハラを未然に防ぐ】 2時間 (変更可)
パワハラ研修 一社研修 パワハラが起こらない職場づくり研修【半日で集中理解する】 3時間 (変更可)
パワハラ研修 一社研修 ハラスメント防止のためのアンガーマネジメント研修【感情を管理し、指導に繋げる】 4時間 (変更可)
パワハラ研修 eラーニング動画講座 パワーハラスメント対策研修 19分

セクハラ研修

セクシャルハラスメントについてのリスクを理解し、自身の考え方を振り返りながら、社内で起きないようにするための研修です。

研修タイトル想定研修時間
セクハラ研修 一社研修 セミナー型 セクシャルハラスメント防止研修【セクハラ防止のために】 2時間 (変更可)

ハラスメント研修

ハラスメントについての基礎的な知識を理解し、起こさない為に出来る注意、環境づくり、起こってしまった時の対応方法を身につける研修です。

研修タイトル想定研修時間
ハラスメント研修 一社研修 ハラスメント対策研修 半日編【半日で集中理解する】 3時間 (変更可)
ハラスメント研修 一社研修 ハラスメント対策研修【職場での被害を防止するために】 6時間 (変更可)

コンプライアンス研修

コンプライアンスを遵守するために注意すべき点を理解し、万が一トラブルが起きてしまった際の対応方法を身に付ける研修です。

研修タイトル想定研修時間
コンプライアンス研修 一社研修 セミナー型 コンプライアンス研修【2時間集中】 2時間 (変更可)
コンプライアンス研修 一社研修 不祥事を防ぐ社内風土づくり研修【良い社風を上から作る】 4時間 (変更可)
コンプライアンス研修 一社研修 コンプライアンス研修【基礎からまとめて学び、違反を防止する】 3時間 (変更可)
コンプライアンス研修 一社研修 内部統制研修【不祥事を起こさないためのリスク管理】 6時間 (変更可)

リスキル研修の特徴

リスキルのパワーハラスメント研修には次のような特徴があります。

パワーハラスメントの定義を明確にし、応用できる知識とする

厚生労働省から示されている上記のような形で、「パワーハラスメントとは何か」を理解することで、そのような行為や発言を防ぐことができます。意味や定義の正しい理解は、今後の判断にも活用できるため、問題意識を持ちながら行動することができるようになります。

研修内では、様々なケースにおけるパワーハラスメントも確認し、知識を使えるものへ磨いていきます。

ケーススタディを通して学びを深める

ケーススタディを通して、パワーハラスメントと受け取られないアプローチ方法や、万が一発生した場合の対処法を学びます。

例えば「このケースはパワーハラスメントに当たるか」という事例検討から
「パワーハラスメントと受け取らせないための適切な指導方法」というものまで、様々なケースを用意しております。

パワーハラスメント研修の流れ

パワーハラスメントが起こらない職場づくりについて考えることができる

風通しの良い職場環境は、パワーハラメントが発生しづらく、お互いを尊重した上で建設的な意見を交わすことが可能です。現状の職場状況を振り返った上で、パワーハラスメントが発生しないために「誰もが働きやすい職場」を作るためにはどうすれば良いかを考えます。

職場づくりは管理職や上司ばかりが行うものではないということを理解してもらい、メンバーレベルの方でも考えられるような内容になっています。

目的・ニーズに合わせて、他研修と組み合わせ可能

パワーハラスメント研修とコンプライアンス、リスクマネジメント、セクシャルハラスメントなど、様々な関連研修と組み合わせることも可能です。

特に、パワハラは上司や管理職側で気をつけなければならない部分も多いため、部下育成や指導方法、マネジメント系と組み合わせを希望される企業様が多くいらっしゃいます。企業様の目的やニーズをヒアリングさせていただいた上で、おすすめの組み合わせや研修カリキュラムをご提供します。ぜひお気軽にご相談ください。

見積りを10秒作成 お問い合わせはこちら 研修資料を請求する

研修カリキュラムの例

次のカリキュラムはパワハラ研修に属するパワーハラスメント対策研修【半日研修】のカリキュラムです。研修の流れの例としてご参考ください。

  1. 01ハラスメントの理解

    ゴール

    ハラスメントの全体像を理解する

    • ハラスメントとは何か
    • 職場におけるハラスメントの種類
    • 【ワーク】ハラスメントを放置するとどうなるか
    • ハラスメントは組織にとって大きなリスク
    • ハラスメント研修の必要性
  2. 02パワーハラスメント

    ゴール

    パワーハラスメントの基本を理解する

    • パワーハラスメントとは
    • パワーハラスメント防止措置
    • パワーハラスメントの具体的な事例
    • パワーハラスメントには当たらない事例
  3. LASTコミュニケーションと指導

    ゴール

    ハラスメントにならないコミュニケーション・指導がわかる

    • コミュニケーションが必要な理由
    • ハラスメントにならない指導方法
    • 価値観を理解する
    • 【ワーク】この事例はパワーハラスメントか
    • 指導のケーススタディ
    • (参考)ハラスメントが起こらない職場作り

パワハラ研修参加者(受講者)の声

研修を受講した方から、研修後のアンケートにて以下の感想を頂いております。

物流企業様

内容: 満足・良かった

91.7 %

講師: 満足・良かった

88.9 %

研修参加者の声

  • ハラスメントに関して、発信者の気持ちではなく、受け取り方になるので、今後の言動にを付けなくてはならないともいます。業務遂行を優先しすぎるとハラスメントに繋がりやすいので、質疑応答で確認した通り、何を優先し、注意をするのか明確にするよう注意していく。
  • グレーゾーンが多いなと感じ、受け取る側の判断でハラスメントに当たってしまうので考えて言動を行わないといけないと感じました。
  • 安全・安心に働ける環境作りの重要性を感じた。指導方法については、相手との関係性や相手がどう捉えるのかを考えながら今後の業務に活かしていきたい。

外資系不動産開発企業様

内容: 満足・良かった

85.7 %

講師: 満足・良かった

92.9 %

研修参加者の声

  • 怒りの要因とそのコントロールについて学べたことは、今後も実践していきたいと感じました。
  • 今までの経験から、またいろいろ見聞きして得た知識を、理論的に改めて認識できました。6秒ルールはずいぶん以前から知っていましたが、怒りが6秒で消えてなくなるわけでなく、反射的行動を抑制する時間、ということをはじめて理解できたのでよかったです。
  • ハラスメントについては様々な種類があることを知り、大変興味深かったです。アンガーマネジメントについては、怒りの矛先をどう処理するのかを教えていただき、とても勉強になりました。
  • 講師のお話を分かりやすくまとめてある、優れた教材だと思いました。

石油化学・エネルギー関連企業様

内容: 満足・良かった

95.5 %

講師: 満足・良かった

95.5 %

研修参加者の声

  • 3部構成で整理されていたのが良い。また、事例が多いので具体的に理解しやすかった。
  • ケース例など交えてのプレゼンテーションとなっており、一見構えるテーマであるが引き込まれ内容の充実した研修であったと考える。
  • 今回ハラスメントだけでなく、マネジメントに関する説明もあり、部門長としての心構え、役割をあらためて認識でき、良い機会となった。
  • 他の業界の事例やご自身の体験談もあり参考になりました。説明も明瞭で分かりやすかった。ありがとうございました。

グループ管理部業務担当企業様

内容: 満足・良かった

93.9 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 考える時間を研修内で頂いたので、最後まで集中して臨むことが出来ました。どうもありがとうございました。
  • ご自身の経験談もたくさん交えていただきわかりやすかったです。明るい雰囲気も良かったです。スライドを表示するのではなく先生のお顔をメインにされることで実地に近い雰囲気を感じまして、また参加者が積極的に参加する機会もいただけて我々の説明会の参考になりました。
  • ハラスメントかどうかは自分の基準ではなく、相手の判断であること。ゆえに日々の関係性が大事であることを改めて学ばせていただきました。
  • ふだん自分では大丈夫だろうと思ってやっていることもNGだということを知ることが出来て意識を変えるきっかけが出来てとても良かったです。
  • 柔らかく、ゆっくり丁寧に、具体的な事例を挙げてご説明くださったので大変聞き易かったです。ありがとうございました。

工業資材販売企業様

内容: 満足・良かった

89.9 %

講師: 満足・良かった

93.6 %

研修参加者の声

  • 実例を多く出していただき、とてもわかりやすかったです。
  • 気付かされる事柄が多くありました。とても良かったです。
  • ある程度は理解してはいたが、自身を振り返ると改めて考えさせられてよかった
  • 一人一人が考えて行動していかないと解決にならないと思いました。少しでも良くなるよう考えて行動していきます。
  • どういった行為がハラスメントに該当するのか、どのようにハラスメントを受けることを避けるべきかを具体例を交えて説明していただき、大変勉強になりました。
  • 問いかけが多くオンラインでも飽きずに受講できました。ありがとうございました。

大手運送企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 普段気を付けていることもありましたが、改めて気づかせていただいたこともありました。
  • ハラスメントの考え方や対応方法が明確になり、大変為になりました。
  • 自分のコミュニケーション力をもっと高めたいと思った
  • 世代に応じた内容で良かった。
  • グループ討議も適度に盛り込まれており飽きずに受講できた

パワハラ研修に関するよくあるご質問

パワハラ研修ではどのようなことを学べますか?

リスキルのパワハラ研修は、具体的な事例を用いてパワーハラスメントの基本を理解することだけでなく、ハラスメントにならない指導方法も学べる内容となっています。

厚生労働省から示されている法改正の内容にも触れ、企業に所属する一員として必要な考え方を醸成します。

具体的な研修内容やカリキュラムについて、無料でご相談をお受けしております。ぜひお気軽にお問合せください。

パワハラと指導の違い(線引き)はなんですか?

パワハラとは、自分の権力を振りかざして相手へ苦痛を与える行為を指し、指導とは相手のことを思いながら伝える行為を指します。

リスキルラボのパワハラと指導の違い【社内でパワハラを防ぐ】にて詳しく解説しておりますのでご覧くださいませ。

また、厚生労働省のページでも詳しい内容が記載されています。併せてご確認ください。(厚労省のサイトに飛びます)

管理職やマネージャーだけが研修を受ければパワハラ問題が解決するのでしょうか?

リスキルのパワーハラスメント研修の対象者は、全社員の皆さんです。昨今のパワハラとして、上司から部下というもの以外にも、部下から上司によるもの(年次や部署内で経験の長い部下から)もあり、誰もが学ぶ内容といえます。

部署の皆さんで共通認識を持っていただき、職場全体の改善に努めるのも1つの方法です。現状の課題を聞かせていただき、最適な研修をご提案いたします。

研修前や研修後に、レポートやアンケートなどの提出は求められますか?

レポートの提出はございません。アンケートについては企業様のニーズにより研修後に実施する場合があります。

リスキルのパワーハラスメント研修については、事前学習や事後のレポート・報告書・感想文の提出などはございません。講習時間内で完結する内容です。なお、研修後、3-5分で終わるアンケートにご協力いただく場合がございます。なお、企業様のニーズに合わせてアンケートを実施しないことも可能です。詳細はお問合せください。

他研修と組み合わせて、複数日程で研修を行うことはできますか?

はい、可能です。

リスキルの他研修と組み合わせることができます。ご希望の研修日数(2日間で行いたい、など)と研修の目的やニーズをヒアリングした上で、適切な内容をご提案いたします。なお、オンライン・講師派遣型いずれもご対応可能です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

動画・ビデオ・eラーニングなどで短く学べる内容はありますか?

はい、ございます。

ハラスメント研修という形で、セクハラ・パワハラに関する知識をまとめて理解することができます。時間は61分ですのでお忙しい方に動画を通して学びを促すことができます。ハラスメント対策研修【eラーニング動画講座】よりご確認ください。

パワハラ研修の費用を知りたい・見積りを取りたいのですが、どうすれば良いですか?

パワハラ研修のお見積りは各研修ページより請求できます。簡単な情報だけ入力いただければ、メールアドレス宛にすぐに届くため、手軽に利用できます。
なお、研修時間や日程を増やした場合の費用感や短くした場合の価格については個別にお問い合わせください。

よくあるご質問の一覧>

豊富な研修実績

リスキルのパワハラ研修は多くの企業様にご好評をいただいています。

近年、従業員一人ひとりが働きやすい職場環境を作るためにパワハラ対策が必須のものとなっていますが、その理解と対策について体系的なカリキュラムが用意されており、業務への応用がすぐに可能だという点でご好評を頂いております。

リスキルの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

お見積もり、お問い合わせはこちらから

お見積もり、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リスキルの社員研修に関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-299-194

0120-299-194

電話受付:月〜金 9:00-19:00(土日祝も研修実施)