テーマ別研修

コンプライアンス研修【一人ひとりの意識が変わる】

従業員一人ひとりの行動が変わるコンプライアンス研修を

本研修では、社員一人ひとりがコンプライアンスへの意識を高く持ち、遵守できるようになるためのカリキュラムを扱います。
実践のための体制・環境整備はもちろんですが、コンプライアンス違反によるマイナス影響が出た実際の事例を確認することで、他人ごとではなく自分ごととしてコンプライアンスを捉られるようになります。

リカレント研修の3つの特徴

研修準備フルサポートで良質な研修を

研修日の運用のみではなく、研修準備のサポートも受けることができます。例えば、研修で使う教材・備品は一式郵送で手元に届きます。そのため、研修の準備時間を減らしながらも良質な研修が実施できます。

明瞭価格で10秒見積り

「もっと研修を」をコンセプトとしたリカレントでは、研修がしやすい環境づくりのために一社研修であっても明瞭価格で研修ができるようにしています。

オンラインLIVE研修無料対応

研修は集合型でも、オンラインLIVE研修でも、集合型をメインとして一部オンラインLIVE配信でも、どのような形態でも対応できるようになっています。研修形態もお気軽にご相談ください。

研修コード:100100

コンプライアンス研修とは?

コンプライアンス研修とは、従業員一人一人のコンプライアンスの意識を高め、不祥事を未然に防ぐための取り組みや、トラブルが発生してしまったときの、とるべき対応を学ぶ研修です。

近年、企業の不祥事が相次いで報道されています。偽造表示や個人情報流出などのさまざまな不祥事がなぜ発生してしまうのか、その背景にはコンプライアンス意識の低下があります。コンプライアンスを意識することで社員一人ひとりから発生してしまう不祥事を避けることができます。

また、コンプライアンスには「法令遵守」だけではなく、法令以外にもCSR(企業の社会的責任)や倫理などさまざまなものが含まれています。そのため、法令さえ守ればいいというのはコンプライアンス遵守にはなりません。法令順守はもちろん、社会から求められている責任を理解することも、企業にとって必要なことになっています。

企業内で研修がしにくいテーマでもあることから、企業研修として導入する企業が近年増加傾向にあります。

本研修の狙い

コンプライアンスの基本理解だけでなく、遵守のために押さえておくべきポイント、トラブルが発生してしまったときの対応を学び、コンプライアンスに対する意識を高め、正しい行動がとれるようになります。

本研修の対象

基本的な研修対象は以下のとおりです。研修によって調整できるため、まずはお問い合わせください。

すべての従業員

本研修を実施すると

  1. 自社のコンプライアンスについて正確に把握することができるようになります
  2. コンプライアンス遵守のために必要な行動を実践することができます
  3. トラブルを正しく対処することができ、フィードバックを行い再発防止策を組み立てることができます

研修概要

本研修は、コンプライアンスについて正しく理解し、社員一人ひとりが正しく行動し、コンプライアンスを遵守できるようになることを目的としています。

コンプライアンスには大きく「法令遵守」と「社会的責任」という考え方があります。はじめに、法令以外の部分で企業が社会にどのようなことを求められているのかを再度認識してもらいます。続いて、コンプライアンス実践のための体制や環境を整備して、具体的な行動パターンを身につけます。

コンプライアンスは「なぜ学ばなければいけないか」がわかりにくいテーマです。自分事であると認識してもらうために、コンプライアンス違反が原因で倒産してしまった事例や、業績が急激に下がってしまった事例をもとに、コンプライアンス違反に対する危機感を醸成します。

3つの特徴

コンプライアンスの本質を理解できる

コンプライアンスが重視されるようになった背景を理解することで、コンプライアンス遵守のための意識を高めます。

業務の中でコンプライアンスを実践する

コンプライアンス実践のためのトップダウンや、新入社員やアルバイト・パートといった層も巻き込む体制整備はもちろん、実践後の改善まで落とし込むことができます。

事例から対応方法を学ぶことができる

事例から、コンプライアンス違反になるのかどうかの判断や、起こってしまった場合の対応について学ぶことで、具体的な行動をとることができるようになります。

想定研修時間

3時間 (変更が可能です)

研修カリキュラム

下記、研修カリキュラムを元に、他研修を組み合わせてのアレンジにも対応しています。別途料金はかかりませんのでご安心ください。

1. コンプライアンスの概要 【ゴール】コンプライアンスの本質を理解する
  • 【オープニングワーク】コンプライアンスとはなにか考える
  • コンプライアンスとは [常識に従って行動すること]
  • コンプライアンスがなぜ重要なのか [情報の拡散力の違い、企業に与える影響]
  • コンプライアンス違反がもたらすリスク・過去の事例から見る社会的制裁 [コンプライアンス違反の実例とその影響を知る]
  • 【ケーススタディ】ありえるコンプライアンス違反について話し合う [ありがちな例に対してどのように対応したら良いか]
2. コンプライアンス違反への対処法 【ゴール】コンプライアンス違反が発生したときにやるべきことを理解する
  • コンプライアンス違反への考え方
  • コンプライアンス違反への対処 [対応の基本を確認する]
  • 他者のコンプライアンス違反 [隠蔽をしない]
  • 社内通報の重要性 [社内の不正に気づいた時の行動]
  • 報告しやすい環境を作る [コミュニケーション、社内通報者の保護、事実を確認する姿勢]
3. コンプライアンス違反の予防 【ゴール】コンプライアンス違反について考える
  • コンプライアンス違反の種類と原因理解 [一般的な種類と各業界で事例として扱われる問題を取り入れられます]
  • コンプライアンス違反の再発防止対策 [意識してやっていきたいこと]
  • 身近なコンプライアンス違反 [小さいことではあるが、自身も行っていないかを確認する]
  • コンプライアンス違反の再発防止策 [ルール決め、倫理観を高める]
  • 【ケーススタディ】コンプライアンス違反への対応と再発防止策を話し合う
  • 【ワーク】自分の行動について振り返ってみる

研修参加者からの声

サービス系企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

コンプライアンス研修 参加者の声

  • ポイントがまとまっていてわかりやすかったです。
  • 日頃の当たり前と考えていた常識の理念が再認識される機会を持てました
  • 簡単な例を取り、コンプライアンスを守ることがいかに大切であるかよく理解できた
  • 難しい議題でありながら楽しい研修でした

交通系企業様

内容: 満足・良かった

93.8 %

講師: 満足・良かった

81.3 %

コンプライアンス研修 参加者の声

  • 理解を深められた
  • 具体的でわかりやすかった
  • 長すぎず、コンパクトにまとまっていた
  • 聞き取りやすい、端切れが良かった

機械系企業様

内容: 満足・良かった

94.1 %

講師: 満足・良かった

82.4 %

コンプライアンス研修 参加者の声

  • 「常識」についてであるが、それを改めて認識し直すことで今後の役に立つと思う
  • 講話だけでなくケーススタディを中心に行われたので理解しやすかった
  • ケーススタディで具体例を話し合うことで現実的に問題が捉えられてよかった
  • 実際の報告が正しいかわからない中で上司や人事に報告するというのは、勇気がいることでしたが、今後は躊躇なくしようと思います。

建設系企業様

内容: 満足・良かった

95.7 %

講師: 満足・良かった

95.7 %

コンプライアンス研修 参加者の声

  • 事例が多く理解しやすかったです。
  • 考えさせる手法なので自分のこととして考えることができます。
  • コンプライアンスについて漠然として持っていたイメージが明確化されて良かった。
  • 考える時間やグループワークで意見を出し、答えを求めることで身についた。

電気工事企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

コンプライアンス研修 参加者の声

  • 新人もベテランも一緒に考える機会になったと思う
  • 硬い内容だと思ったら、身近にある物事で説明をしてくれてよかった。ディスカッションも多くてよかった
  • いままで感じられなかったことを自分自身で深く考えるきっかけになりました。
  • 小難しいと思っていたコンプライアンスが、一人ひとりの意識の持ち方によって、難しいものではなくなる気がしました

研修金額

アレンジ無料の明瞭価格で一社研修を実施することができます。研修時間と概算人数の情報のみで見積りをすぐにお送りします。

参加者の必須条件

特になし

リカレントの研修は様々な企業様にご利用頂いています

研修実績

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お問い合わせ
お問い合わせ
0120-80-9217 メールでのお問い合わせ