フォロワーシップ研修 【上司やチームに貢献する力を磨く】

フォロワーシップについての基礎的な知識を取得し、メンバーとしてリーダーをしっかり支えるための研修です。

メンバーとしてリーダーを支援できる人材になる

本研修の対象

中堅社員 管理職

  • リーダーをフォローする役割を担う方
  • フォロワーの役割も必要とされるマネジメント層の方
  • フォロワーとしての役割に必須のスキルを見つめ直す必要性を感じていらっしゃる方

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • リーダーとメンバーの間で溝が生まれている
  • 上司と若手を繋ぐ役割を中堅社員やベテラン社員や初級管理職に期待したい
  • リーダーの指示を待ち、それをこなすだけのメンバーが多い
  • フォロワーとしての自律的な行動を促して、チーム全体の成果を上げていきたい

フォロワーシップ研修の概要

フォロワーシップ研修とは、中堅以上の社員がリーダーを支援できる人材になることを目的としています。自身の仕事だけではなくチームや上司をフォローしていくことを重要視した内容です。

フォロワーシップ研修の概要

フォロワーシップとは何か

フォロワーシップとは、フォロワー(部下)がリーダー(管理職)を補佐することです。

リーダーは、チームの目標を達成するために方向性を示していきますが、リーダーが方向性を示してどれだけ頑張ったとしても、チームメンバーの力がなければ目標を達成することはできません。

フォロワー同士が協力・支援し合ったり、リーダーに改善を提案したり、間違いを指摘したりするなど、「組織全体としてより良い成果を出すために貢献する」ことで、目標達成を目指す、それがフォロワーシップです 。

研修内ではフォロワーシップを身に付けるための手法を確認していきます。

フォロワーシップに必要な「貢献力」「批判力」

フォロワーシップに必要な能力は、貢献力と批判力です。

貢献力とは

貢献力は自らの実力を発揮して、リーダーを支援し、組織の目的達成に貢献する力のことです。
「積極的に組織に関与し、組織に対する貢献ができているか」がポイントとなります。

批判力とは

批判力とは、会社や上司を批判する力ではありません。
指示を受けるだけではなく、自らの意見を述べたり、よりよい提案を提示できる能力のことを指します

「建設的な批判であるか」「批判をしただけではなく、それを改善するために主体的に行動しているか」ということがポイントとなります。

フォロワーシップで目指すべきは「協働者タイプ」

貢献力×批判力により、フォロワーシップは5つのタイプに分かれます。目指すべきは「協働者タイプ」です

フォロワーシップのタイプ

協働者タイプとは

リーダーや上司、後輩や部下に対して「自身の立場や意見を明確に伝え、一度同意したら貢献度高く活躍する人のこと」を指します。

批判力だけ高い「評論家タイプ」や、貢献力も批判力も低い「ただ働いているだけの人」になることは絶対に避けるべきです。貢献力だけ高いイエスマンタイプも一見良いフォロワーに見えますが、組織は発展していきません。

自身の意見を明確に伝え、自ら主体的に動き、実行していくフォロワーを目指す必要があります。これは性格やセンスによるものではなく後から誰でも身に付けられるものです。研修内では協働者タイプのフォロワーになるための考え方やスキルを確認していきます

リーダーとフォロワーの相互作用

フォロワーシップとリーダーシップには相互作用があります。良いリーダーには良いフォロワーが付くというような形で、お互いがお互いを高めていくことが可能です。

もし、組織のリーダーに足りないところがあり、不満を感じていることがあったら、フォロワーの態度についても振り返ってみるといいでしょう。悪影響を及ぼし合うことがないように、どちらも求められている力を正しく把握し、磨いていくべきです。研修内ではリーダーシップについても改めて理解し、よいリーダーを支えられるフォロワーとなることを目指します。

リーダーとフォロワーの相互作用

フォロワーシップ研修のラインナップ

一社研修  自由度が高い一社で実施する研修
eラーニング動画講座  見る時間が自由な動画研修

フォロワーシップ研修

フォロワーシップについての基礎的な知識を取得し、メンバーとしてリーダーをしっかり支えるための研修です。

研修タイトル想定研修時間
フォロワーシップ研修 一社研修 フォロワーシップ研修【リーダーを支援する社員を】 6時間 (変更可)
フォロワーシップ研修 eラーニング動画講座 フォロワーシップ研修 63分
フォロワーシップ研修 eラーニング動画講座 速習版:フォロワーシップ研修 29分

次世代リーダー研修

リーダーシップに必要な管理能力・チーム全体を進化させる力を身につけるための研修です。

研修タイトル想定研修時間
次世代リーダー研修 一社研修 次世代リーダー育成研修【必要なスキルを強化する】 6時間 (変更可)

中堅研修

中堅社員が会社に求められていることを理解し、会社の課題について考え行動すると共に、部下の育成の方法論を習得していくための研修です。

研修タイトル想定研修時間
中堅研修 一社研修 中堅社員向け コミュニケーション研修【チームを助ける】 6時間 (変更可)
中堅研修 一社研修 中堅社員向け 仕事の進め方研修【業務スピードを上げる】 6時間 (変更可)
中堅研修 一社研修 中堅社員向け セルフマネジメント研修【目標管理と業務遂行スキルを磨く】 6時間 (変更可)
中堅研修 一社研修 中堅社員向け 課題解決研修【課題解決のプロセスを理解する】 6時間 (変更可)

中堅社員リーダーシップ研修

リーダーシップを立場や役割を超えた行為であると考え、中堅社員であっても組織としての成果を上げるためにリーダーシップを発揮できるようになる研修です。

研修タイトル想定研修時間
中堅社員リーダーシップ研修 一社研修 中堅社員向け 周囲を巻き込む影響力研修【チームの中心に】 6時間 (変更可)
中堅社員リーダーシップ研修 一社研修 中堅社員向け リーダーシップ研修【チームで成果を出す】 6時間 (変更可)

若手研修

業務の中で出てきた様々な課題への対応方法を学び、今後主体性を持って行動しもらうための研修です。

研修タイトル想定研修時間
若手研修 一社研修 利益意識強化研修【若手社員向け:利益の必要性を再確認する】 3時間 (変更可)
若手研修 一社研修 若手社員主体性発揮研修【目的意識を持った行動を促す】 6時間 (変更可)

リスキル研修の特徴

リスキルのフォロワーシップ研修には次のような特徴があります。

企業様のニーズや目的に合わせたカスタマイズができる

企業様のニーズや研修を実施する目的に合わせて、フォロワーシップ研修で扱う内容や事例などを変更することができます

中堅社員向けに事例内容を変更することやワークを多くした内容にするなど、ご希望に沿った研修プログラムをご提案いたします。お気軽にお問合せください。

フォロワーシップを身に付けるために必要なスキルをまとめて学べる

フォロワーシップを磨いていくために必要なスキルを1日の研修で網羅的に学ぶことができます。
ポイントを押さえて学び、自身がどのフォロワーであるかを理解した上で、磨くべき箇所を洗い出すことが可能です。

明日からの職場で活かすことができる。

フォロワーシップは現場で実践していくことでより磨かれていきます。今までの上司やチームメンバーへの接し方を振り返った上で、改善すべき点を洗い出し、明日からどう行動にうつしていくかアクションプランを立ててもらいます。

研修内で概念を理解するだけではなく、明日から何を行動すべきかを明確に考えることで、実務に活かすことが可能となります。

見積りを10秒作成 お問い合わせはこちら 研修資料を請求する

研修カリキュラムの例

次のカリキュラムはフォロワーシップ研修に属するフォロワーシップ研修【リーダーを支援する社員を】のカリキュラムです。研修の流れの例としてご参考ください。

  1. 01フォロワーシップの理解

    ゴール

    フォロワーシップの全体像を理解する

    • 【ワーク】フォロワーシップとは 
    • フォロワーとしての役割 
    • フォロワーの重要性 
  2. 02フォロワーシップのタイプ

    ゴール

    フォロワーシップのタイプを理解し、役割を明確にする

    • フォロワーに期待される2つの力 
    • 【ワーク】自身の立ち位置確認 
    • 消極型-逃避者
    • 孤立型-破壊者
    • 順応型-従事者
    • 実務型-実践者
    • 模範型-協働者
    • 【ワーク】フォロワーシップの確認 
  3. 03リーダーシップとの関係性

    ゴール

    リーダーシップとの関係性を理解し、フォロワーシップの効果について学ぶ

    • リーダーシップとは 
    • マネジメントとリーダーシップの違い 
    • リーダーに求められる役割とは 
    • 方向性を示す 
    • リーダーシップとフォロワーシップ 
    • リーダーの特徴 
    • 組織やチームの方針の具体的落とし込み 
    • 現状の確認と改善 
  4. 04自己責任の理解

    ゴール

    自責の考え方を再確認することでフォロワーとして力を発揮する

    • 【ケーススタディ】他責と自責 
    • フォロワーシップにおける自責の必要性 
    • 周りから信頼される 
    • 自責で考えるためには 
  5. LASTフォロワーシップ実践

    ゴール

    フォロワーシップの具体的なプロセスを習得する

    • リーダーをサポートするために 
    • 危機管理 
    • 集団思考の打開 
    • 迅速な提言 
    • 【ワーク】想定される場面からのケーススタディ
    • 【ワーク】目標設定 

フォロワーシップ研修参加者(受講者)の声

研修を受講した方から、研修後のアンケートにて以下の感想をいただいております。

大手信用金庫様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 身近な問題であるもののいつの日か忘れていたような内容だったので初心にもどって受講することができました。
  • 常に何かを考える時間があって、とても勉強になりました。提言力は苦手ですが、身につけて、実践できるようにがんばります!
  • 今、漠然と感じていたことを言語化し整理することが出来、非常に有意義な研修でした。
  • 意見に対してまず肯定して頂いていたところが、とても話しやすく感じました。お話もとても聞きやすかったです。ありがとうございました。

アパレル企業様

内容: 満足・良かった

91.7 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 参加者の意見を積極的に取り入れながら進めて下さったのがとても有難かったです。色々な人の考えを聞けてとても参考になりました。
  • 限られた時間の中で効果的に研修を行っていただけたと思います。自分に足りない物も発見することができ、とてもポジティブな2時間でした。ありがとうございます。
  • 今の自分やチームの状況を見つめ直し、どのような改善点があるかを考える事ができたので、とても良い研修でした。
  • お話を伺い前向きな気持ちになりました。あいさつや感謝の気持ちを伝えることの大切さをあらためて感じました

大手運輸企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

97.6 %

研修参加者の声

  • リーダーシップについていきなり考えるより、まず今の自分たちができることフォロワーシップを理解できたことが良かったです
  • 班員で意見交換しながら研修が出来て自分以外の意見をたくさん聞くことができたので良かった
  • 「自責・他責」考え方一つ違うだけで自身の成長や周りに与える影響など大きく変わると感じた。
  • 自分で考えつつ他人の意見も取り入れるというインプットアウトプットがしっかりあったのでよく頭に入りました
  • 組織の中で自分の立ち位置や周囲との関わり方について新たな発見が多く今後に活かしたいと思いました。

小売系企業様

内容: 満足・良かった

89.2 %

講師: 満足・良かった

97.3 %

研修参加者の声

  • とても話が柔らかく心に響くようなご説明でした。今後の様々なところで活かしていきたいです。
  • 自宅に帰ってからも講義内容を復習しやすいと思った。後輩指導をする際の教科書にしたい。
  • 普段自分と向き合う時間がなかったので、 このような機会を頂けて自分を見つめなおすことができました。
  • 先輩との関わり方についてとても関心を持ちました。また人生について振り返りが出来て良かったです。

大手デパート様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

96.7 %

研修参加者の声

  • 「キャリア」を難しい視点ではなく身近ですぐ実行できるようにレクチャーしてくださり気軽に興味深く研修を受けられました。
  • コミュニケーション能力向上といっても、たくさんの要素で出来上がっているということを改めて知った。一つ一つが大切でコツコツ努力が必要と痛感。
  • 適宜グループの話し合いなどを入れていたので楽しく受けられました。
  • すごく内容の濃い教材なのでしっかりと保管して今後も読み返そうと思います。

労働組合様

内容: 満足・良かった

96.2 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • ワーク中心の構成で、一方的な座学ではなく適度にリラックスしながら受講できました 。また自分だけではなく、ワーク参加者との意見交換を通して自分を省みることもできました。ありがとうございました。
  • コミュニケーション力、まず人と話すことが 接客業にもかかわらず苦手なので、今回とても勉強になりました。自分がこれから高めていかなければならないところが発見できたので良かったです。
  • 日頃業務をしていく上で気づかなかった点を多く発見させていただきありがとうございました。今後の業務に活かしながら精進して参りたいと思います。
  • 非言語メッセージなど新しく学べることも多く先生の話し方もとても分かりやすかった。

フォロワーシップ研修に関するよくあるご質問

フォロワーシップ研修で扱う「フォロワーシップ」とは何のことですか?

フォロワーシップとは、フォロワー(部下)がリーダー(管理職)を補佐することを指します。リーダーは、チームの目標を達成するために方向性を示していきますが、リーダーが方向性を示してどれだけ頑張ったとしても、チームメンバーの力がなければ目標は達成できません。フォロワー同士が協力・支援し合ったり、リーダーに改善を提案したり、間違いを指摘したりするなど、「組織全体としてより良い成果を出すために貢献する」ことで、目標達成を目指す、それがフォロワーシップです 。フォロワーシップ研修ではこれらについて、ポイントを押さえて学んでいきます。

フォロワーシップはどのようにすれば身に付きますか?フォロワーシップ研修でどのように身に付けますか?

フォロワーシップは「貢献力」と「(建設的な)批判力」で成り立っています。チームや上司に貢献するために行動し、チーム内の課題や発生した事象については建設的な意味での批判を行うことで、チームをより良い方向へ進めるサポートをすることができます。

リスキルのフォロワーシップ研修では、現状自身にどの程度貢献力・批判力があるかを確認した上で、必要なスキルについてポイントを押さえて学び、身に付けていきます。

オンラインでフォロワーシップ研修を受講することは可能ですか?

はい、可能です。リスキルのフォロワーシップ研修は、対面・オンライン・対面とオンライン同時のハイブリッド式からお選びいただくことができます。いずれも同じ研修内容でポイントを押さえて学ぶことができます。お気軽にお問合せください。

フォロワーシップ研修と関連で受けておきたい研修はありますか?

はい、ございます。おすすめは以下の2つです。いずれもポイントを押さえて学ぶことができる研修内容です。

■主体性発揮研修
主体性発揮などの研修を同時に実施する企業様が多くいらっしゃいます。主体性発揮をし、チームの中でリーダーを支援する方向で研修を実施しています。若手社員主体性発揮研修【自ら動く社員を】

■リーダーシップ研修
フォロワーシップを身に付けることが望ましいとされている中堅社員以上の方は、それと同時にリーダーシップについてもスキルを身に付けることが求められるため、おすすめの研修内容です。リーダーシップ研修【チームをまとめ、成果をあげる】

■コミュニケーション研修
フォロワーシップを進めていく中で、チームメンバーや上司に対して「言いづらいことを伝えなければならない場面」が出てきます。その際に活用できるスキルが「アサーティブコミュニケーション」です。自分も相手も良い関係を保ちながらコミュニケーションを取っていくために必要なスキルを学びます。アサーティブコミュニケーション研修【主張と尊重を両立する】

フォロワーシップとメンバーシップの違いは何ですか?

メンバーシップは自分の役割を果たして組織への貢献に努めることです。フォロワーシップは自身の役割を果たしつつ、チームのために上司や部下の間に立ってサポートをしていく動きがメインとなります。チームや組織に貢献していくためには、リーダーシップも含めて若手社員~中堅社員に求められるスキルとなります。なお、メンバーシップについて深く学びたい場合、研修をご用意しております。以下よりご確認ください。
メンバーシップ研修【組織やチームに貢献できる人材となる】

フォロワーシップを学べるビジネスゲーム研修はありますか?

現状、フォロワーシップ自体を学ぶことができるビジネスゲームはご用意しておりません。全体最適を目指したチームワークの重要性を学ぶものコミュニケーションに関するビジネスゲームについてはご用意しております。

リーダーの方に向けてフォロワーシップ研修を実施することは問題ないですか?

はい、問題ございません。一般的なリーダー・フォロワーの考え方として、組織のトップ以外は全てフォロワーです。リーダーシップを発揮しつつも、自身より役職が上の方に対してはフォロワーシップを同時に発揮する必要があります。組み合わせ方や研修時間の配分などは受ける層によって変えることも可能です(リーダーシップメインで、フォロワーシップはポイントのみ解説する、リーダーシップ研修の中に一部フォロワーについての理解を深める内容を入れるなど)。お気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問の一覧>

豊富な研修実績

リスキルのフォロワーシップ研修は多くの企業様にご利用いただいています。

その学習内容については部下を持つリーダーやマネージャー、管理職の方などにも有用なものが数多く含まれております。

リスキルの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

お見積り、お問い合わせはこちらから

お見積り、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リスキルの社員研修に関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-299-194

0120-299-194

電話受付:月〜金 9:00-19:00(土日祝も研修実施)