テーマ別研修

セルフマネジメント研修【責任と結果をもたらす】

自身で掲げた高い目標に向けて、PDCAを回す方法を身につける

セルフマネジメント研修では、自分自身で目標設定・管理をし、達成のためにアプローチしていくセルフマネジメント能力の向上を図ります。
これは、ある程度日々の業務にも慣れが生じた中堅以上の社員に必須の能力です。まずはセルフマネジメントとは何かというところを知り、ワークを通じてスキルの定着を目指します。

リカレント研修の3つの特徴

研修準備フルサポートで良質な研修を

研修日の運用のみではなく、研修準備のサポートも受けることができます。例えば、研修で使う教材・備品は一式郵送で手元に届きます。そのため、研修の準備時間を減らしながらも良質な研修が実施できます。

明瞭価格で10秒見積り

「もっと研修を」をコンセプトとしたリカレントでは、研修がしやすい環境づくりのために一社研修であっても明瞭価格で研修ができるようにしています。

オンラインLIVE研修無料対応

研修は集合型でも、オンラインLIVE研修でも、集合型をメインとして一部オンラインLIVE配信でも、どのような形態でも対応できるようになっています。研修形態もお気軽にご相談ください。

研修コード:100022

セルフマネジメント研修とは?

セルフマネジメント研修とは、入社して年月が経ち、自身の仕事にある程度慣れてきた中堅社員以上の層が、自分で目標を立て、その達成に向けて仕事を進めていくことができるようになるための研修です。

中堅以上の社員には、ただ上司に言われたことをするだけではなく、自身で責任をもって目標を立て、そこに向けて計画を立案・実行していく力が求められます。セルフマネジメント研修を行うことで、仕事へのモチベーションを高めるとともに、自身で目標を立て、目標に向けての行動を起こすことができるようになります。

本研修の狙い

セルフマネジメントについて意識的な部分について学ぶだけでなく、ワークにより気づきを促し、中堅社員として求められる行動を自ら起こしてもらえるようになります。

本研修の対象

基本的な研修対象は以下のとおりです。研修によって調整できるため、まずはお問い合わせください。

中堅以上の社員

本研修を実施すると

  1. セルフマネジメントを行う必要性、もたらされる効果を理解することができます
  2. 自身で目標を立て、その達成に向けて行動することができるようになります
  3. 部下の育成も含め、あらためて自身の仕事に責任を持つことができるようになります

研修概要

入社してから年月が経った中堅以上の社員には、与えられた仕事をただ進めるだけでなく、自身で目標を立て、その目標に向けて計画を立てて進めていくことが求められます。また、部下に教える立場として、より責任を持って仕事に取り組むことも多くの中堅社員には求められています。仕事に慣れてきた中堅社員がモチベーションを保ち、責任を持って仕事に取り組んでいくためには、セルフマネジメントをしていくことが必要になります。

本研修では、セルフマネジメントとはどのようなものか、どのような効果があるのか、というところから確認をしていきます。その後、ワークを通して、自身で目標を立てて時間管理をしながら仕事に取り組んでいく方法を習得します。

3つの特徴

セルフマネジメントの必要性が理解できる

セルフマネジメントが必要な理由や、それによってもたらされる効果を理解することができます。

目標に向け、逆算による時間管理を修得できる

自身で目標を立て、その目標を達成するための計画を立てて実行する方法を習得することができます。PDCAの回し方を確認し、計画から改善まで、自ら行うことができるようになります。

自身の仕事に責任を持って取り組むことができる

部下に仕事を教える立場となったことを踏まえ、あらためて責任を持って働く姿勢を確認することができます。

想定研修時間

6時間 (変更が可能です)

研修カリキュラム

下記、研修カリキュラムを元に、他研修を組み合わせてのアレンジにも対応しています。別途料金はかかりませんのでご安心ください。

1. セルフマネジメントの理解 【ゴール】セルフマネジメントの必要性と効果を理解する
  • セルフマネジメントとは何か
  • セルフマネジメントが必要な理由
  • セルフマネジメントの効果
  • ワーク:求められている役割とは
2. 仕事への姿勢 【ゴール】求められる仕事への姿勢を理解する
  • 仕事の責任感
  • メディテーション
  • ストレスコントロール
  • ABCモデル
  • ターゲット行動とライバル行動
  • ワーク:ターゲット行動の分析
  • 習慣化
3. 目標設定 【ゴール】目標設定の方法と自身が立てた目標への責任を確認する
  • 目標の立て方
  • ワーク:今までに立てた目標
  • 目標の数値化(具体化)
  • MORSの法則
  • 感情の整理
  • 自己効力感
4. PDCA(1)Plan・Do 【ゴール】PDCAの回し方と、計画の立て方を習得する
  • PDCAの回し方
  • ワーク:PDCAをうまく回した事例・回せなかった事例
  • タイムマネジメント
  • 計画の数値化
  • ワーク:計画の具体化
  • 劣後順位
5. PDCA(2)Check 【ゴール】結果の検証・評価の仕方を習得する
  • 結果の見方
  • WHYの繰り返し
  • 事実に焦点を当てた分析
  • 失敗への評価
  • 認知のゆがみ
  • マインドトーク
  • バイアス
  • ケーススタディ:客観的な評価
6. PDCA(3)Action 【ゴール】結果を受けて、改善に向けて自ら行動する方法を習得する
  • 課題の改善策の具体化
  • 次回目標の数値化
  • ノウハウの蓄積
  • レポーティング
  • 「ほうれんそう」

研修金額

アレンジ無料の明瞭価格で一社研修を実施することができます。研修時間と概算人数の情報のみで見積りをすぐにお送りします。

参加者の必須条件

中堅以上の社員の方を対象にしておりますが、業種・職種問わず、どなたでもご参加頂けます。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用頂いています

研修実績

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お問い合わせ
お問い合わせ
0120-80-9217 メールでのお問い合わせ