テーマ別研修

研修の対象者

ソフトウェア開発をされている方、開発においてUIの担当をされる方などが中心となりますが、業種・職種問わず、どなたでもご参加頂けます。

UI/UX研修の概要

UI/UX研修はユーザー中心の考え方のもとに作られた、優れたインタフェースデザインを実現する各種ノウハウを習得するための研修です。

ワークを交えながら理解することで、心理学にもとづいた各種デザイン手法の大切さを認識することが目的となっています。

UI/UX研修の特徴

リカレントのUI/UX研修では次のような特徴があります。

段階に合わせた指導内容

高いユーザー体験をもたらすデザインを作るためにはユーザーが要求するものを正しく認識することが大事です。本研修ではユーザーに対する調査の手法も学ぶことで、インタラクティブな開発を行うスキルが身につきます。

研修内容が即座に応用可能

ユーザーの要求を調査する方法を習得した後に、実際にそれを実現するための具体的なデザイン手法をじっくり身につけることによって成果物の品質が格段に向上します。ワークを実施し、学んだノウハウを活かして成果物をつくることで、知識の定着を図ります。

関連研修のカリキュラムを確認できます

UI/UX研修のラインナップ

UI/UX研修

HTML/CSS研修

一例:研修の流れ

UI/UX研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。詳細は、こちらからご確認ください。ユーザインタフェース設計研修 | 実践的な理論を学ぶ詳細ページはこちら。

1. 入念なリサーチ 【ゴール】UI設計前のリサーチの方法とその際の注意点を学ぶ
  • ユーザーの観察
  • ジョブシャドウイング
  • コンテキストインタビュー
  • リモートのシャドウイング
  • コンテキストインタビューの限界
  • ペルソナの活用とその危険性
  • 付随資料の作成(マニュアル、ブログ投稿、スクリーンキャスト、プレリリース)
2. 実践カードソート 【ゴール】ユーザーの実際の感覚を調査する
  • 文章のユーザビリティ(文章は読まれない)
  • インターフェースデザインと階層
  • メンタルモデル(3つのモデル)
  • ワーク:「カードソートをつかってユーザーの感覚を知る」
3. 具体的なデザインの要点(1) 【ゴール】優れたデザイン理論を学ぶ(1)
  • スケッチのプロトタイプ(まずは間取りを決める)
  • ペーパープロトタイプ(初期段階でのユーザーテスト)
  • リアリズム(現実に近いデザインのわかりやすさ)
  • ナチュラルUI(ユーザーは即座のフィードバッグを求める)
  • フィッツの法則(使いやすさの定量化)
  • アニメーション(細かな視覚表現)
4. 具体的なデザインの要点(2) 【ゴール】優れたデザイン理論を学ぶ(2)
  • 一貫性(ユーザーの予測に従う)
  • 発見可能性(この機能はユーザーに見つけてもらえるのか)
  • 集中を妨げない(不要な割り込みを避ける)
  • 取り消し機能(警告するよりも取り消しを)
  • モード(現在のCaps LockはONかOFFか)
  • プレファレンスよりオプションを(迷うデザインの選択はユーザーに)
5. 具体的なデザインの要点(3) 【ゴール】優れたデザイン理論を学ぶ(3)
  • 階層化、空間、時間、外界の認知(ダウンロードファイルをどこにおいたか分からない)
  • スピード(もっとも重要な機能)
  • 機能の抑制(向くべき関心はツールではなく、ツールによってできること)
  • 機能の削除(機能削除を告げる大変さ)
  • テレビゲームに学ぶ(難易度の調整)
6. 実践インターフェースデザイン 【ゴール】これまでに学んだ理論を使ってサイトのデザインする
  • ワーク:実践、ユーザーインターフェース(お題に沿って、学んだ知識を盛り込んだページデザインをつくる)
見積りを作成(所要時間10秒)

豊富な研修実績

リカレントのUI/UX研修は多くの企業様にご利用いただいています。

開発は出来るがUIデザインが得意という人がおらず、ずっと課題として残っていたのだが、その状況改善のヒントになる内容だったというご意見を頂戴しております。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績

UI/UX研修一覧

1/1ページ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お問い合わせ
お問い合わせ
0120-80-9217 メールでのお問い合わせ