テーマ別研修

【自身とチーム全体の底上げを】 プレイングマネージャー研修

プレイングマネージャー研修のまとめページです。
詳細はラインナップの各研修ページをご確認ください。

自身のスキル、チーム全体のスキル双方を上げる

本研修の対象

中堅社員 管理職

  • プレイングマネージャーとして就業されている方
  • 業種・職種問わず、部下を持つリーダーやマネージャーの方
  • プレーヤー、マネージャー両方の責任がある業務の中で様々な問題意識、課題を持たれている方

プレイングマネージャー研修のラインナップ

プレイングマネージャー研修

プレーヤーとしても、マネージャーとしても活躍できる人材になるための研修です。

マネジメント研修

管理者として、チーム全体の目標達成や組織力を向上させるための業務改善・コミュニケーション方法等が学べる研修です。マネジメントの役割を持つ方が対象です。

部下育成研修

部下が更に成長するために、部下の成長段階を理解し、割り当てるべき業務を与え、支援し、より効果的な育成を目指す研修です。

チームビルディング研修

良いチームを作っていくための知識をつけ、グループを成果を上げられるチームに成長させるための研修です。

ファシリテーション研修

会議時間を効率よく使うため、会議において重要なファシリテーターとしてのスキルを身につける研修です。

アサーティブコミュニケーション研修

主張と尊重を両立するアサーティブコミュニケーションの方法を学び、社内での良好な人間関係構築を目指す研修です。

社内コミュニケーション研修

仕事をよりスムーズに進めるために、社内でのコミュニケーションを円滑にする研修です。階層、コミュニケーションのシーンに応じた研修を用意しています。

フォロワーシップ研修

フォロワーシップについての基礎的な知識をつけ、メンバーとしてリーダーをしっかり支えるための研修です。

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • マネジメント業務とプレイヤーとしての業務のバランスが悪くなっている
  • 部下に任せる前に全て自分で仕事をしてしまい部下が育たない
  • プレーヤーとして成果を上げることに精一杯で部下の指導が疎かになっているのが見受けられる
  • マネージャーの役割を意識して、より良いチームを作り上げてほしい

プレイングマネージャー研修の概要

プレイングマネージャー研修とは、プレーヤー兼管理職者としての能力を求められる管理職のための研修です。

効率的かつ効果的な業務の回し方を学習するところから始まり、チームで連携して成績を上げるための部下の指導方法などを学習することでチームの目標達成や組織力の向上を継続的なものにしていくことを目的としています。

プレイングマネージャーが抱えている悩み

プレイヤーとマネージャーを兼務しているプレイングマネージャーは下記のような問題を抱えていることが多く見受けられます。

マネジメント業務に割く時間が取れない

プレイングマネージャーであっても、プレイヤーとしての業務を多く受け持っています。能力の高さから、業務が集まってきていることもあります。その一方で、自身がプレイヤーとして成果をあげること、目標を達成することに集中しすぎてしまっている場合もあるでしょう。

その結果として、マネジメント業務に割く時間が少なくなっています。

部下に何を任せて良いのか判断できない

プレイングマネージャーはその能力の高さから任命されていることが多く、「人に任せるよりも自分で行ってしまったほうが早い」と考えやすいものです。仕事の効果的な振り方がわからず、部下育成やチームマネジメントが疎かになっている場合もあります。

マネジメント業務を意識する割合を増やすこと、自身で仕事を抱えすぎないことが部下育成のためにも重要になります。

プレイングマネージャー研修イメージ

リカレントプレイングマネージャー研修の特徴

リカレントのプレイングマネージャー研修には次のような特徴があります。

幅広い職種に対応

プレイングマネージャーが直面する業務改善・コミュニケーション・モチベーション管理・ストレス管理などといった各種事項を対象としたカリキュラム構成となっています。

アレンジへの対応

リーダーシップやチームビルディングの要素を中心とした研修への変更も可能です。

研修カリキュラムの流れ

プレイングマネージャー研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。

  1. 01プレイングマネージャーの役割と期待

    ゴール

    求められる役割と組織からの期待について理解する

    • 【オープニングワーク】プレイングマネージャーの役割
    • 組織からの期待
    • プレイングマネージャーの役割
    • プレイングマネージャーとしての業務優先順位
  2. 02コミュニケーション

    ゴール

    信頼関係を築くためのコミュニケーションの基礎を再確認する

    • 求められるコミュニケーション
    • 安全な環境を作る(心理的安全性)
    • 【ワーク】現状の確認・安全な環境づくりのためにできること
    • 安全な環境を作るには
    • 傾聴・承認・感謝による信頼関係の構築
  3. 03コーチングスキル

    ゴール

    部下を成長させるコーチングスキルを理解する

    • コーチングとは
    • コーチングにおける上司の役割
    • 質問力
    • フィードバック
    • 褒める・叱る
    • 【ワーク】コーチング実践
  4. LASTPDCA

    ゴール

    PDCAを実践し、より良いチームを作り上げる

    • PDCAを回す
    • 多くの人がPDCAを回せない理由
    • Plan:目標・KPI設定 ・タスク可視化
    • Do
    • Check
    • 【ワーク】部下の進捗をどのようにチェックするか
    • Act
    • ノウハウの蓄積

プレイングマネージャー研修参加者からの声を一部ご紹介します

映像コンテンツ販売企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 考えることと話し合えることがうまくミックスされており、飽きること無く参加できました
  • コミュニケーション方法やプレイングマネージャーとして目標に向かってメンバーを巻き込む行動の必要性を学べてよかった
  • 聴くだけではなく、積極的傾聴によってお互いに納得してコミュニケーションを終えることが目的、というのが印象に残りました。聴くことの重要性を学べて良かったです。
  • ポイントを分かりやすく丁寧に説明してくれているのでよく理解できました。ワークを通じて考えながら学べるのも良かったです。

よくあるご質問

課長・主任・係長など、異なる役職者が混在しても効果的な研修はできますか?

はい、可能です。

グループワークを通じて、部門横断的にベストプラクティスを共有することができるため、より学びを深めていただくことに繋がります。

自己の振り返りや新たな視点の開拓ができると好評です。

具体的なカリキュラム内容は、対象者やゴール設定に応じて調整しております。弊社コンサルタントに一度ご相談いただけますと幸いです。

丸1日、現場を離れることができないのですが、短時間で研修はできますか?

はい、可能です。

午前3時間や午後4時間など、いただけるお時間に合わせてカリキュラムの調整ができます。

終日用のカリキュラムをベースに、必要なトピックを選んで研修を組み立てることが可能です。

短時間でも効果的な学びに繋がるよう、研修に取り組んでおります。

よくあるご質問の一覧>

豊富な研修実績

リカレントのプレイングマネージャー研修は様々な企業様に利用いただいています。

プレイングマネージャー以外の方への同カリキュラム研修につきましても、お問い合わせいただければ、最適な提案をコンサルタントがさせていただきます。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

お見積もり、お問い合わせはこちらから

お見積もり、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

電話受付:月〜金 9:00-19:00(土日祝も研修実施)