テーマ別研修

パワーポイントプレゼンテーション研修

パワーポイントプレゼンテーション研修のまとめページです。
詳細情報を確認するにはラインナップの各研修ページをご確認ください。

効果的なパワーポイントの使い方を理解する

本研修の対象

新入社員 若手社員 中堅社員

  • 資料作成のためのスキルについて初歩から学びたい方
  • 営業や広報など、外部へ向けて自社の商品・サービス説明を行う業務に従事していらっしゃる方
  • 自己流ではなくより訴求力のある資料を作成したい方

パワーポイントプレゼンテーション研修のラインナップ

パワーポイントプレゼンテーション研修

プレゼンテーションでより効果的にパワーポイントを使うために、作成方法を理解し表現力を伸ばす研修です。

プレゼンテーションスキル研修

人前でプレゼンテーションを行う方が、より相手にわかりやすく、伝わるための実践力を身につける研修です。

企画力研修

実務レベルで使える提案書や企画書を作成する技術を身に着けて、自己成長と社内・社外のビジネス貢献度を高めるための研修です。

営業力強化研修

営業職としてさらに結果を出すために、本質的な営業の基本の技術を身につけるための研修です。

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • 社員に資料作成の基礎を学んでもらいたい
  • 分かりづらい資料を作成する社員が年代を問わず見受けられる
  • 資料作成のポイントを学び、わかりやすいプレゼンテーションができるようになってほしい
  • パワーポイントの使い方を学んでもらう機会をつくりたい

パワーポイントプレゼンテーション研修の概要

パワーポイントプレゼンテーション研修とは、プレゼンテーションに必要なパワーポイント資料の効果的な作成方法を知り、表現力を高めるための研修です。

直感的に伝わる、見やすくわかりやすいプレゼンテーションを行なうために必要な事項についてしっかり理解し、実際の発表場面を想定したワークを行い、研修直後から応用可能な技術の習得を目的としています。

パワーポイントを活用するために

パワーポイントを使用すると、スライドによって視覚に訴えるプレゼンテーションの実施が可能です。下記の点を意識して作成することで自己流ではなく、より効果的に活用することができます。

まずは構成を考える

いきなりPCを開いて頭から作り始めるのではなく、まずは構成を考えます。

「誰に、どんな行動をしてもらうために、どのような状況で伝えるのか」を考えます。

これらを定めた後、資料に落とし込む内容、順番を決めてから作成に入ります。

デザインは相手視点で

デザイナーでなくとも、シンプルでわかりやすいデザインにすることができます。

アニメーションやワードアートなど様々な機能がありますが、自分の好みで過剰なデザインを施しても、相手視点のスライドにはなりません。聞き手を想像してわかりやすい、見やすいデザインにする必要があります。

パワーポイントプレゼンテーション研修イメージ

リカレントパワーポイントプレゼンテーション研修の特徴

リカレントのパワーポイントプレゼンテーション研修には次のような特徴があります。

伝わることに重点を

意思が伝わる資料作りのためには理論的な土台が必要です。基礎編ではプレゼンテーションの基本原則・基本構成の理解から開始し、構成を意識したパワーポイント資料の作成へと続きます。応用編として資料デザインに特化した研修も用意されており、いずれも即実戦に投入可能なスキルを伸ばす内容になっています。

パワーポイントプレゼンテーション研修イメージ②

研修カリキュラムの流れ

パワーポイントプレゼンテーション研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。

  1. 01プレゼンテーションの基本

    ゴール

    プレゼンテーションの基本とテクニックを理解し習得する

    • 【オープニングワーク】現在の課題確認
    • プレゼンテーションの目的とは 
    • プレゼンテーションの目的 
    • ターゲットの確認 
    • コンセプトの確認 
    • 構成の作り方 
    • PREP法 / SDS法 / 問題解決の構成例
  2. 02話し方のポイント

    ゴール

    行動してもらえるために有効な話し方を学ぶ

    • 「コミュニケーション」を取るプレゼンであること
    • 具体的に話す 
    • 話しかけるような口調 
    • 【ワーク】製品について伝える
    • 対話をする 
    • ジェスチャー 
  3. 03パワーポイント基本スキル

    ゴール

    パワーポイントの基本スキルを再確認する

    • パワーポイントの概要 / 画面構成 
    • スライド作成 
    • 【ワーク】文字の入力/箇条書き
    • 全体設定 
    • 図形 
    • 【ワーク】図形を使ったスライド作成
    • 画像・表・グラフ / スライドマスター
    • プレゼンテーションの実行 
  4. 04わかりやすいスライド

    ゴール

    わかりやすいスライドのための工夫・デザインを学ぶ

    • 1スライドに言いたいことは1つ
    • 文字はなるべく減らす
    • 色選びの基本
    • 色のバランス
    • 図形の注意 
    • 【ワーク】資料作成実践
  5. LASTプレゼンテーション実践

    ゴール

    プレゼンテーションを実際に行う

    • 【ワーク】プレゼンテーション実践
    • フィードバック

パワーポイントプレゼンテーション研修参加者からの声を一部ご紹介します

電子部品関連企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • プレゼンテーションの流れ、パワポ作成の原理原則が分かった
  • 基本がわからないまま 単に本などを見て 作製してきたので 参考になりました
  • 本日は貴重なお時間を頂きありがとうございました。初めて聞く内容が多く身になる内容だったため、非常に有意義な時間でした。機会が有れば他の講義などにも参加してみたいと思いました。
  • 後から見返しても内容を理解しやすい表現方法になっているため今後も活用していきたい。
  • 直ぐに使える技術が多く、自分の欠点が解りやすかったので、非常にためになった。
  • パワーポイントを使用したプレゼンテーション研修は初めて講義として受けてみて、営業活動、社内資料作成に活かせる部分が大きいと感じました。
  • PowerPointの見せ方・プレゼンの本質等、今後非常に重要となる事を勉強出来たと思います。特にPowerPointにおいては、「1スライド1メッセージ」を心掛け作成していきます。また、「目的・ゴール」「メインターゲット」「コンセプト」を意識して作成の上 プレゼンしていきたいです。

自動車関連法人様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

87.5 %

研修参加者の声

  • 一方的に聞く講義だと、話の内容を忘れてしまうことがあるが、この度は参加型の研修だったことに加えて、資料を事前にデータでいただくことができたため手元で見ながら話を聴くことができた。この資料があれば、今後もパワーポイント作成にあたって参考にすることができるため、とてもありがたい。
  • 理論的な部分は職場内でほとんど勉強してこなかったので、一般セオリーを学ぶことができ今後に大いに生かせる内容だった。
  • パワポを作成する際、やはり「なんとなく」で作成している部分が多いことが改めて実感しました。まずは、このなんとなくを減らしていきたいと思います。
  • パワーポイント資料の作成について新たな知識を得ることが出来た。今後の業務において役立てたいと思います。

よくあるご質問

パワーポイントの操作になれていない人でも受けられますか?

はい、操作に慣れていない方でも抵抗なく参加できます。
基本スキルの再確認も行うので、経験に依存せずに研修を進めていきます。また、デザインやレイアウトについてもデザイナーが使うような難しいものではなく、専門家でなくても実践できるスキルを紹介しています。

デザインセンスを1日の研修で身につけることはできるのでしょうか?

はい、身につけていただけます。
パワーポイントのデザインで重要なポイントは、感覚ではなく、理論的に説明することができます。
効果的な見せ方や訴え方を意識した手法を学び、その後の資料作成にすぐ使うことができます。

豊富な研修実績

リカレントのパワーポイントプレゼンテーション研修は多くの企業様にご好評をいただいています。

一つのページに文字や情報を詰め込みすぎるような、見やすさとは正反対の資料が溢れる中で、簡潔に物事を伝えるための「絞り、削ぎ落す力」がついたというご意見を頂戴しております。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

お見積もり、お問い合わせはこちらから

お見積もり、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:00-19:00/土日祝9:30-18:00