テーマ別研修

本研修の対象
新入社員 若手社員 中堅社員 管理職

  • 多様な人材の活用が必要な職場の方
  • 様々な人材と触れ合う機会のある人事制度に携わる方
  • 働き方を含めた、広い意味での多様性について学びたい方

よくあるお悩みや課題

  • 言葉が曖昧であるがゆえに、会社の中の多様性を高めるために必要なアクションが分からない
  • 会社として様々な価値観を受け入れる体制を構築したいが、具体的な方法が分からない
  • 社員全員のダイバーシティに対する意識を高めたい
  • 会社として多様性を高めるメリットを、社員全体で共有したい

多様性研修の概要

多様性研修とは、ダイバーシティの基礎知識を習得して、価値観の異なる多様な人材がわかり合える組織作りを構築するための研修です。

互いの違いを認めることからコミュニケーション・サイクル理論を理解して各々がダイバーシティ・マネジメントに取り組み、業績を最大限伸ばすことをその狙いとしています。

組織のダイバーシティを高める

昨今の社会では、様々な価値観を持った方々との関わりが必須になっています。同様に、企業においても女性活躍を筆頭に組織のダイバーシティを高めることが重要なテーマとなっています。

組織の多様性とは

ダイバーシティと横文字にすると、性別や国籍といった、外からわかることをイメージしがちですが、働き方に関する考えなど内面的な多様性も含まれます。

女性活躍を例にとっても、結婚した女性が活躍するためには、女性だけに働きかけるだけでは不十分です。活躍したい女性をパートナーにもつ男性への働きかけやチーム全体に対しての心理的な安全性を保った環境づくりにも配慮して行く必要があります。

多様性を高めるメリット

多様性を高めることによって、下記のような効果により組織の成長が期待されます。

働き手の確保

フルタイムで働く方だけが戦力になるわけではなく、それぞれの事情や考え方にあった働き方があります。多様な働き方を認めることで、能力を持った方々を戦力にすることができます。

新しい視点を得る

多様な価値観を持った人が集まることによって、今までにはない新しい視点が増えます。それぞれが出すアイデアレベルだけでなく、それらを掛け合わせることで広がっていきます。

多様性研修の特徴

リカレントの部下育成研修には次のような特徴があります。

明確な目標を持ったカリキュラム

ダイバーシティの考え方に沿った組織の構築と活性化を目標として、そのために必要な準備と計画、働きやすい環境づくりまでを含めた実践のノウハウを学習します。

研修内容が即座に応用可能

多くの事例を使って、ディスカッションや経験の共有を行い、自社では何を目標にどのような取組みをどこから始めたらいいのか、何が課題なのかなどを検討します。

よくあるご質問

ダイバーシティという言葉をどのような意味で理解するのが良いのでしょうか?

弊社のダイバーシティ研修では、「多様な価値観」という意味で使用しています。
障がいや性的マイノリティだけではなく、子育て中の女性、定年後のセカンドキャリアを歩むシニアの方々などをはじめとした、多様な働き方を実現することが現在の会社には求められています。そのような考え方を知っていただく場として研修を利用していただいています。

研修1つで多様性について理解してもらうことは可能でしょうか?

研修では、様々な価値観があること、そして、その価値観を活かしていく方法について例を挙げてお伝えしていきます。
職場では様々な価値観持った方とお会いすることがあり、すべて理解するというのはなかなか難しいと思いますが、「研修が事前に知っておく場になり、職場でそういった場面になった時のための準備になった」というお声もいただいています。

関連研修のカリキュラムを確認できます

多様性研修のラインナップ

多様性研修

社内コミュニケーション研修

アンコンシャスバイアス研修

育児・介護・病気対応研修

外国人活躍推進研修

LGBT研修

障がい者活躍推進研修

女性活躍推進研修

リーダーシップ研修

一例:研修の流れ

多様性研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。詳細は、こちらからご確認ください。ダイバーシティ基礎研修【組織を活性化する】詳細ページはこちら。

1. ダイバーシティとは 【ゴール】ダイバーシティの基礎を理解する
  • ダイバーシティとは
  • ダイバーシティの誕生と性格
  • ダイバーシティとインクルージョン
  • 働き方のダイバーシティ
  • 経営戦略としてのダイバーシティ
2. 属性について 【ゴール】それぞれの属性について理解する
  • ダイバーシティの属性
  • 女性
  • シニア
  • 障害者
  • 外国人
  • LGBT(性的マイノリティ)
3. 多様性を踏まえた従業員の働き方 【ゴール】それぞれの属性が抱える課題を理解し、対応を検討する
  • 働き方のダイバーシティ
  • 属性による当事者たちの悩み
  • 属性による周囲や職場の課題
  • インクルージョンという考え方
4. 経営戦略としてのダイバーシティ 【ゴール】ダイバーシティの推進の価値と方法を知る
  • 経営戦略としてのダイバーシティの効果
  • 多様性の価値を知る
  • 労働力の確保
  • イノベーションに活用
  • ダイバーシティの実現に役立つ制度や研修
5. ケーススタディ 【ゴール】取り組み事例から推進の取り組み方を学ぶ
  • 経済産業省の取り組み
  • ケーススタディ:企業の取り組み事例のいろいろ
  • ディスカッション:成功の要因を分析する
6. ダイバーシティの導入 【ゴール】自社で導入・推進方法を検討する
  • ダイバーシティの実現に役立つ制度や研修
  • ディスカッション:自社における計画から実施のシミュレーション
見積りを作成(所要時間10秒)

豊富な研修実績

リカレントの多様性研修は多くの企業様によりお問い合わせいただいております。

実際に研修を受講された方からは、習った知識やスキルをすぐに職場で実践することが出来るような、体系的なカリキュラムで学習出来たご好評を頂いております。

対象問わずお問い合わせいただければ、最適な提案をコンサルタントがさせていただきます。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績

多様性研修一覧

1/1ページ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お問い合わせ
お問い合わせ
0120-80-9217 メールでのお問い合わせ