アンガーマネジメント研修 【怒りをコントロールする技術を】

怒りという強い感情を正しく理解した上で、自身の中でコントロールしながら上手く対応していく方法を学ぶ研修です。

怒りの気持ちを分析し、冷静に気持ちを伝える

本研修の対象

中堅社員 管理職

  • 部下がいる管理職やマネージャー層の方
  • 怒りやイライラを感じたときの対応策を身に付けたい方
  • 職場での怒りが、個人や組織に及ぼす影響について学びたい方

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • 会社としてアンガーマネジメントという概念を浸透させたい
  • 指導の際、つい大声をあげてしまうことが社内で日常になってしまっている
  • 怒りを自身でコントロールし、突発的な発言や行動を押さえられるようになってほしい
  • アンガーマネジメントで怒りの本質を理解することで、社内環境の改善に繋げたい

アンガーマネジメント研修の概要

アンガーマネジメント研修とは、怒りという強い感情を分析・理解し、コントロールする術を身に付けることを目的とした研修です

アンガーマネジメント研修とは

アンガーマネジメントとは何か

まずは、アンガーマネジメントという言葉の定義から確認します。

アンガーマネジメントとは

アンガーマネジメントとは、怒りという強い感情を上手くコントロールすることを指します。アンガーマネジメントを学ぶことにより、怒るべき部分に怒り、怒る必要のない部分には怒らない「感情を振り分ける」ことが可能となります

アンガーマネジメントとは

研修の受講対象者

アンガーマネジメント研修の対象者は、管理職やマネージャー層の方から新入社員まで幅広い層を想定しております。

「ネガティブな感情が許容範囲を超えると、「怒り」となる

「怒り」とは、不安や困惑、悲しみ、さびしさなど、ネガティブな感情(第一感情の一部)が許容範囲を超えると生じます

怒りのメカニズム

多くの人が「怒り」を「良くないもの」と捉え、怒ることに罪悪感を抱いてしまいますが、怒りの感情は「嬉しい」「悲しい」「楽しい」と同様、自然なものです。

ただし、他の感情と比べるとエネルギーが強く、誤って発信することで後悔する結果を招くことがあります
例)突発的な発言(感情的になるなど)、衝動的な行動(ものに当たるなど)

そのため、社員一人ひとりがアンガーマネジメントを身に付けることが求められるのです。

アンガーマネジメントスキルを身に付けるメリット

アンガーマネジメント研修を通して、「怒り」という強い感情をコントロールできることには多くのメリットがあります。具体的には以下の通りです。

アンガーマネジメントを身に付けるメリット

自身の感情をコントロールすることで、信頼関係が強化される

どのような状況や相手の発言に対しても、自らの感情をコントロールできることは、ビジネスシーンにおいて重要です。
強い感情を適切に処理し、伝えなければならない部分を上手く言葉にすることで、相手との信頼関係を強めることに繋がります

コミュニケーションの円滑化

怒りが強い上司に対しては、部下は萎縮し、意見の発信やコミュニケーションを避ける傾向にあります。
アンガーマネジメント研修を行うことで、コミュニケーションの円滑化を進めることができます。

部下への指導時に活用できる

育成の場面では、指示を理解してくれないなど思うようにいかないことにイライラしてしまう場面があります。
その際に、感情を直接表現するのではなく、自分で分析してコントロールができると、部下や後輩のための指導ができるようになります。

パワーハラスメントが防止される

ハラスメントの中でも、上司と部下の関係性で発生しやすいパワーハラスメントは「怒り」と強い関連性があります。
自身で感情をコントロールすることと、「怒り」を適切な「叱り」に変える手法を身に付けることで、ハラスメントと受け取られる行動や発言を避けることが可能となります。

  

アンガーマネジメントに関するコラム・記事もご用意

リスキルでは、アンガーマネジメントに関するコラムや記事を用意しております。詳しくは以下よりご覧ください。

アンガーマネジメント研修のラインナップ

一社研修  自由度が高い一社で実施する研修
公開講座  日程が決まった参加型研修
eラーニング動画講座  見る時間が自由な動画研修

アンガーマネジメント研修

怒りという強い感情を正しく理解した上で、自身の中でコントロールしながら上手く対応していく方法を学ぶ研修です。

研修タイトル想定研修時間
アンガーマネジメント研修 公開講座 アンガーマネジメント研修 - 感情をコントロールする 6時間
アンガーマネジメント研修 一社研修 アンガーマネジメント研修【怒りをコントロールしながら相手に伝える】 6時間 (変更可)
アンガーマネジメント研修 半日編 一社研修 アンガーマネジメント研修 半日編【短時間で集中理解する】 3時間 (変更可)
介護職員向け アンガーマネジメント研修 一社研修 介護職員向け アンガーマネジメント研修【現場で使えるスキルを】 3時間 (変更可)
アンガーマネジメント研修 伝える力強化編 一社研修 アンガーマネジメント研修 伝える力強化編【自身の意見を上手く相手に伝える】 3時間 (変更可)
アンガーマネジメントセミナー 一社研修 アンガーマネジメントセミナー【短時間集中で学ぶ】  2時間 (変更可)
アンガーマネジメント研修 顧客対応編 一社研修 アンガーマネジメント研修 顧客対応編【心の余裕で顧客満足を生む】 3時間 (変更可)
アンガーマネジメント研修 eラーニング動画講座 アンガーマネジメント研修 75分
速習版:アンガーマネジメント研修 eラーニング動画講座 速習版:アンガーマネジメント研修 30分

コーチング研修

部下育成にとって必要な、モチベーション管理、目標設定、行動計画の管理などコーチングスキルとして必要な要素を伸ばす研修です。

研修タイトル想定研修時間
コーチング研修 一社研修 コーチング研修【部下が育つ実践的なスキルを】 6時間 (変更可)

褒め方研修・叱り方研修

正しく、効果的な褒め方・叱り方を理解し実践することで、相手の成長やハラスメント予防を目指す研修です。

研修タイトル想定研修時間
褒め方・叱り方研修 一社研修 褒め方・叱り方研修【適切なフィードバック方法を習得する】 3時間 (変更可)

部下育成研修

部下が更に成長するために、部下の成長段階を理解し、割り当てるべき業務を与え、支援し、より効果的な育成を目指す研修です。

研修タイトル想定研修時間
部下育成・後輩指導研修 一社研修 部下育成・後輩指導研修【適切な指導ができるようになる】 6時間 (変更可)
部下育成のための指示方法研修 一社研修 部下育成のための指示方法研修【着実な成長を促す】 6時間 (変更可)
仕事の任せ方研修 一社研修 仕事の任せ方研修【部下を育成し、自身の時間をより重要な業務へ】 6時間 (変更可)

クレーム対応研修

クレーム対応のスキル向上を目指し、クレームの種類の見分け方、それぞれの対応方法を身に付けることができる研修です。

研修タイトル想定研修時間
クレーム対応研修 半日編 一社研修 クレーム対応研修 半日編【基本の流れを理解する】 3時間 (変更可)
クレーム対応研修 対面編 一社研修 クレーム対応研修 対面編【適切な対応方法を身につける】 3時間 (変更可)
ハードクレーム対応研修 一社研修 ハードクレーム対応研修【組織として取り組む】 3時間 (変更可)

リスキル研修の特徴

リスキルのアンガーマネジメント研修には次のような特徴があります。

明日から使える内容

アンガーマネジメント研修では、怒りの感情の本質を理解し、「誰もが感じてしまう怒りを、上手くコントロールする方法」を学びます

自身の怒りのタイプを知り、怒らずに上手く感情を表現する方法や、怒りが湧いたときに返す言葉のフレーズ、怒りという感情に陥った時の対処法など、わかりやすいテキストと講師の授業で、具体的な要件に沿った内容をご用意しています。

実践的に学ぶことができる

アンガーマネジメントとは何かというところから、自身の怒りの傾向を理解し、怒りを感じた際の対処方法までを網羅的に学ぶことができます。多くのワークを通して実践的に勉強することができるため「自分自身はどうだろう」と、自分ごととして考えることができる内容です。

怒りをコントロールすることをポジティブに捉えられる

上手く怒りがコントロールできない方が上司や責任者の立場でいる場合、職場ではどうしても指摘しづらい部分があります。
研修を通して以下についてマインドセットしてもらうことで、怒りをコントロールすることをポジティブに受け取れるようになります。

・部下育成や指導など、相手と関わる際に「怒り」という感情が発生することは自然なこと
・「怒り」を感じた上で、相手に上手く伝えて「相手の行動を改善してもらうこと」が最優先
・「怒り」を上手く「指導に」変えなければ、部下の行動を変えることはできず、また怒りを感じるという悪循環に陥る可能性が高い
適切に自身の感情をコントロールし、指導する方法を学ぶことも、責任者や管理者としての仕事の一つ

明日から活かすことができるスキルとして、価値のある時間を提供できます。

研修スタイルを選べる(対面・オンライン・ハイブリッド)

リスキルのアンガーマネジメント研修では、研修実施形式を自由に選択することができます。

講師と対面で実施する研修から、オンライン研修、いずれも同時に行うハイブリッドなど、企業様の状況やニーズに合わせて形式をご提案することも可能です。お気軽にお問い合わせください。

見積りを10秒作成 お問い合わせはこちら 研修資料を請求する

研修カリキュラムの例

次のカリキュラムはアンガーマネジメント研修に属するアンガーマネジメント研修【怒りをコントロールしながら相手に伝える】のカリキュラムです。研修の流れの例としてご参考ください。

  1. 01「怒り」とは何なのか

    ゴール

    「怒り」という感情とアンガーマネジメントの基礎を理解する

    • アンガーマネジメントとは
    • 怒りの原因
    • 怒りをコントロールする
    • 予防する:許容範囲を広げる
    • 対処する:怒りのセルフコントロール
  2. 02怒りのセルフコントロール

    ゴール

    自分の怒りの傾向を理解し、怒りを感じた時の対処法を学ぶ

    • 【ワーク】怒りのタイプ
    • 怒りの性質
    • 注意したい怒りの傾向
    • 怒りの自己コントロール
    • 【ワーク】スケールテクニックの実践
    • 【ワーク】怒りを4つに振り分ける
    • 相手への期待値を調整する
  3. 03アサーティブに感情を伝える

    ゴール

    アサーティブな考え方を身につけ、怒るべき場面でストレスなく叱ることができる

    • 【ワーク】感情を上手く伝える要素を書き出す
    • アサーティブとは
    • 適切な叱り方のための基礎知識
    • 自分の感情を適切に伝える
    • 叱り方のポイント
    • 部下に合わせた叱り方 
    • 【ワーク】自分の部下をタイプに当てはめて考える
    • 【ワーク】ミスが多い部下の事例を見て、指導方法を考える(叱り方)
  4. LASTアンガーマネジメントの実践ワーク

    ゴール

    ケーススタディを用いてアンガーマネジメントを実践する

    • 【ケースワーク】新規獲得してからの仕事が雑な部下
    • 【ケースワーク】同じ部署の1年目を指導しない部下
    • 【ケースワーク】打ち合わせより自身のアポイントを優先する部下
    • 【ケースワーク】マニュアルを重視する部下
    • 【ワーク】気づきと行動の落とし込み

アンガーマネジメント研修参加者(受講者)の声

研修を受講した方から、研修後のアンケートにて以下の感想をいただいております。

コンサルティング企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 書き出す事で意識していなかった自分の事を理解する事ができ、伝え方のパートをすんなり理解する事ができた。
  • 今回研修に参加させていただき本当に有意義な時間を過ごすことができ、すぐに実践できるスキルを学ぶことができました。また次回も機会がありましたら参加させていただきたいです。ありがとうございました。
  • 今まで知らなかった自分のタイプを知ることが出来た。怒りの感情について勉強する機会はこれまでなかった為、興味深い内容だった。

IT関連企業様

内容: 満足・良かった

89.1 %

講師: 満足・良かった

92.2 %

研修参加者の声

  • 他人のタイプと自分のタイプを考慮したコミニュケーションをすることで、感情的な言い合いにならないように心掛け、業務をより円滑に進められると感じた。
  • 普段怒りを感じても、自分が悪いと思うことでやり過ごしてきたところがあったので、今回適切に怒りを発散したり相手に伝える術を知ることができて良かったです。
  • 自分が考えたことのある内容の再確認や、新しい考え方を知る機会になりました。
  • 感情の問題について分析手法やコントロールする技術があるということを知ることができてよかったと思います。

社会福祉法人様

内容: 満足・良かった

95.0 %

講師: 満足・良かった

96.7 %

研修参加者の声

  • イライラや怒りの抑え方など実践してみたい事柄を学ぶことが出来た研修でした。
  • 私は受け身の傾向があると気づけたので、自分の意見を言えるようにしていきたい。
  • 怒りがあることが当たり前という前提で、その具体的な対処方法を教えていただき、職場や家庭で実践できそうだと思いました。
  • 自分の怒りのコントロールの仕方や怒りを感じた時の対処法などを学べて良かった。

電化製品リサイクル企業様

内容: 満足・良かった

89.7 %

講師: 満足・良かった

89.7 %

研修参加者の声

  • 自分分析をする時間があったため、自分の性格を把握することができた。自分の性格と相手の性格を考慮してコミュニケーションをとることを意識することが大事だと理解できた。
  • 講師に説明して頂きながら、ワークにも取り組めた事で、理解が深まり良かったです。人は4つのパターンに分類され、パターンによってアクションを変えたアプローチが必要だという事が、非常に勉強になりました。
  • 基本的な部分から実践的な内容まで教えていただいたため、短い時間でありながら勉強になることが多くありました。ワークも十分にあったため、ただの知識にとどまらず、明日以降すぐに活かせる学びであったと思います。

自動車部品メーカー様

内容: 満足・良かった

87.1 %

講師: 満足・良かった

86.2 %

研修参加者の声

  • 今後、講習の内容で行かせる部分を活用していきたいと思います。特に怒りが起こるプロセス等は、聞けて良かったと思いました。
  • 日頃の自分を振り返りながら研修を受けることができるような内容でしたので、非常に有効な研修でした。
  • 怒りの点数付けや、自分の怒りのタイプなど、あまり考えたことが無かったので参考にしてみたいと思いました。
  • アンガーマネジメントについての内容がよく理解できました。自分のとらえ方を変えることで、怒りの感情コントロールできることが学べてよかった。

Webメディア運営・動画コンテンツ作成企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 具体的に日常業務で応用できる手法を学べた点がとても良かったと感じました。
  • 本日はありがとうございました。フランクな雰囲気の中、しっかり学ぶべきポイントを抑えて進めて頂き、とてもよい研修だったと感じております。
  • 分量やケースワークなどバランスが良く、楽しく学ぶことができました。

アンガーマネジメント研修に関するよくあるご質問

アンガーマネジメント研修ではどのようなことを学べますか?

リスキルのアンガーマネジメント研修では、「怒り」という感情とアンガーマネジメントの基礎知識、アンガーマネジメントのテクニック、怒りを感じた時の対処法、適切な叱り方のための基礎知識などをワークを交えて実践的に学べる内容となっています。

カリキュラムの詳しい内容や費用については、お気軽にお問い合わせください。(無料でご相談お受けしております)

アンガーマネジメント研修を受けることで、どのような効果が期待できますか?

アンガーマネジメント研修を受けることで、自身の怒りを上手くコトロールできるようになります。

怒りという強い感情は、基本的に0にすることはできません。しかし、自身の感じた感情を上手く管理した上で、伝え方に工夫してコミュニケーションを取っていくことは可能です。自制が効くようになり、社内コミュニケーションの不全やパワハラを避けることに繋がります。感情のコントロールと上手くコミュニケーションを取ることを目的に講習を実施される企業様も多くいらっしゃいます。アンガーマネジメント研修のカリキュラム内容や実施に関するご相談があれば、お気軽にお問い合わせください。(無料でご相談お受けしております)

アンガーマネジメント研修をオンラインで開催することは可能ですか?

はい、可能です。リスキルのアンガーマネジメント研修は、対面・オンライン・対面とオンライン同時のハイブリッド式からお選びいただくことができます。お気軽にお問合せください。(無料でご相談お受けしております)

興味はあるのですが、会社の研修として扱うべきテーマか悩んでいます

職場の良い雰囲気作りの一環として、アンガーマネジメント研修を実施することをおすすめします。怒りの感情からチーム内のコミュニケーションが滞ったり、パワハラにつながったりすることがあるのも事実です。成果を出せる職場にすることを目的とした研修としてご利用いただいています。加えて、日常生活に役立つ知識でもあるので受講された方々にも喜ばれています。

お客様へのクレームに対しての感情に、上手く対応していくための研修はありますか?

はい、ございます。アンガーマネジメント研修でも扱っていきますが、「お客様のクレーム」に特化した内容もご用意しております。以下が概要です(研修名をクリックすることで、該当ページをご覧いただけます)
クレーム研修一覧

カスタマーハラスメント(お客様からのハラスメントに対応する)

リスキルのアンガーマネジメント研修では、事前学習や研修報告書の提出などは求められますか?

いいえ、ございません。リスキルのアンガーマネジメント研修では事前の課題提出・資料作成や、事後の感想・レポート・報告書の提出などはございません。研修時間内で完結します(研修内で使う資料への事前記入なども不要です)。なお、研修終了後3~5分で終わるアンケートについては実施いたします。

介護(福祉)・看護(医療)・保育業界向けにもアンガーマネジメント研修は対応していますか?

はい、対応しております。介護職員、医療従事者、保育士などは、対人でのサービス提供がメインの仕事であり、そこには自身の感情を適切にコントロールすることも求められています。アンガーマネジメント研修について、業界独自の事例に変更したい場合はご相談ください。

アンガーマネジメント研修を、eラーニング動画講座で学ぶことは可能ですか?

はい、可能です。アンガーマネジメント研修動画をご覧いただくことで、隙間時間でも学びを深めることができます。特に、「全社員に実施しなければならない」という企業様におすすめです。アンガーマネジメント研修【eラーニング動画講座】より詳細をご覧ください。

アンガーマネジメント研修の費用はいくらですか?見積りを取りたいのですが、どうすれば良いですか?

アンガーマネジメント研修のお見積りは10秒見積り(見積り作成ページ)より請求できます。簡単な情報だけ入力いただければ、メールアドレス宛にすぐに届くため、手軽に利用できます。 なお、アンガーマネジメント研修の研修時間や日程を増やした場合の費用感や短くした場合の価格については個別にお問い合わせください。

アンガーマネジメントの欠点と言える部分は何かありますか?

感情をコントロールしていくために効果的なアンガーマネジメントですが、以下の2点において欠点と言える部分があります。

- 人により効果が異なる:どの研修テーマでも言えることですが、ある人には効果的な方法も、異なる方には効果を感じづらいという場合があります。リスキルのアンガーマネジメント研修では、一般的な手法を多くご紹介した上で、「自分に合ったアンガーマネジメント方法を探す」という形でご案内しております。

- 環境要因によるものの場合:自身で感情をコントロールしていたとしても、外部環境が大きな要因である場合、どうしてもコントロールしきれない部分があります。企業としては「誰もが働きやすい環境づくり」を行うことでこの部分を解決することができます。労務管理研修 職場づくり編などをおすすめしています。

アンガーマネジメント研修でよく扱われる、「イライラした時の6秒ルール」とは何ですか?

アンガーマネジメント研修などでよく扱われる手法です。「怒りを感じた時に6秒待つ」ということが注目されがちですが、それは「怒りを突発的な行動や発言に変えることを避ける」という効果があるだけで、怒りそのものがなくなるわけではありません。怒りに対してのコントロール方法は一人ひとり異なります。その場を離れたり一旦状況を整理するなど、研修内では「6秒待った後に、どうコントロールするか」についても踏み込んで扱っていきます。

他研修とアンガーマネジメント研修を組み合わせて、複数日程で研修実施することは可能ですか?

はい、可能です。リスキルのアンガーマネジメント研修は組み合わせ自由です。
- 何日間の研修を実施したいか
- 学習させたい研修内容は何か(例:アンガーマンネジメント研修+アサーティブコミュニケーション研修 など)
- 受講生(従業員様)はどの層か
など、ヒアリングさせていただいた上で、適切な研修をご提示いたします。

アンガーマネジメント研修では、グループワーク・個人ワークなどワークを中心にしていただくことは可能ですか?

はい、可能です。リスキルのアンガーマネジメント研修では、グループワークや個人ワークの他にも、よくある事例を交えたケースワーク・部下とのコミュニケーションを想定したロールプレイングなども対応可能です。ぜひどのようなワークをご希望とされているか、営業窓口までご相談ください。

よくあるご質問の一覧>

豊富な研修実績

リスキルのアンガーマネジメント研修は多くの企業様によりお問い合わせいただいております。

実際に研修を受講された方からは、習った知識やスキルをすぐに職場で実践することが出来るような、体系的なカリキュラムで学習出来たご好評を頂いております。

対象問わずお問い合わせいただければ、最適な提案をコンサルタントがさせていただきます。

リスキルの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

お見積り、お問い合わせはこちらから

お見積り、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リスキルの社員研修に関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-299-194

0120-299-194

電話受付:月〜金 9:00-19:00(土日祝も研修実施)