テーマ別研修

コーチング研修【部下が育つ実践的なコーチングを】

「背中を見せ育てる」から脱却し、部下が育つコーチングスキルを学ぶ

本研修では、自分自身で考え、行動できる部下を育成するためのコーチングスキルを習得します。近年問題となっている離職率の高さを改善するためには、育成方針の見直しが肝要です。部下の現状を理解し、状態に応じた効果的なコーチングを身に付けることで、離職を防ぐだけでなく、生産性向上も図れます。

リカレント研修の3つの特徴

研修準備フルサポートで良質な研修を

研修日の運用のみではなく、研修準備のサポートも受けることができます。例えば、研修で使う教材・備品は一式郵送で手元に届きます。そのため、研修の準備時間を減らしながらも良質な研修が実施できます。

明瞭価格で10秒見積り

「もっと研修を」をコンセプトとしたリカレントでは、研修がしやすい環境づくりのために一社研修であっても明瞭価格で研修ができるようにしています。

オンラインLIVE研修無料対応

研修は集合型でも、オンラインLIVE研修でも、集合型をメインとして一部オンラインLIVE配信でも、どのような形態でも対応できるようになっています。研修形態もお気軽にご相談ください。

研修コード:100107

コーチング研修とは?

コーチング研修とは、マネージャーやリーダーが部下を育成していく上で必要とされるコーチングスキルを習得する研修です。

近年、多くの企業で離職率の高さが大きな問題となっており、その改善を図るために育成方針の見直しが行われています。
まず、部下の現状を理解し、それに対して効果的な育成をしていかなければなりません。

部下が自分自身で考え、行動し、生産性を上げるために、育成を担当するマネージャーやリーダーは、部下のモチベーション、目標設定、行動計画の管理ができるコーチングスキルが必要です。

本研修の狙い

部下がコーチとのコミュニケーションを通じて自分自身で考え、意欲を持って設定目標に向かって主体的に行動することを促します。部下が短期間で強力な戦力となるほど、みるみるうちに育つコーチングの知識と実践テクニックを習得します。

4名以下の少人数であれば「【公開講座】コーチング研修」も便利にご利用いただけます

本研修の対象 管理職

基本的な研修対象は以下のとおりです。研修により調整できるため、まずはお問い合わせください

部下を持つリーダーやマネージャー、管理職

本研修を実施すると

  1. コーチングを理解し、効果的に部下を育成するためのポイントがつかめます
  2. 部下が主体的に行動できるようになることを促すコーチングスキルが身につきます
  3. 管理職としてのコミュニケーション能力が向上します

研修概要

部下の育成において、相手のモチベーションを上げ、自発的に考えて行動できるように接することが求められています。

研修内では、まずコーチング全体の流れを把握します。目標設定方法から現状の把握、行動計画の作成までを流れで理解します。
その上で、コーチングの際に必要となる傾聴力、効果的な質問力、部下がやる気になるフィードバックの仕方等を学びます。

具体的なケースワークを用いてコーチングを行うことにより、すぐにでも職場で実践できるノウハウを身に付けることができます。

3つの特徴

コーチングの概要を理解できる

これまで悩んできた部下の本音を追求し、部下は今どういった状況なのか知ることができ、今後の目標に向けてのプロセスを組み立てられるようになります。

コミュニケーションを見直し、部下の動機づけができる

コミュニケーションを通して部下との信頼関係を構築することで、積極的な問題発見、対策に対する動機づけを行えるようになります。

コーチングにより生産性を向上させる

コミュニケーションのとり方を理解することで、部下のモチベーションを上げ、自ら考え、主体的に行動できるように育成していくことができます。

想定研修時間

6時間 (変更が可能です)

研修カリキュラム

下記、研修カリキュラムを元に、他研修を組み合わせてのアレンジにも対応しています。別途料金はかかりませんのでご安心ください。

1. コーチングの理解 【ゴール】コーチングの基礎を理解する
  • 【オープニングワーク】部下を育成・指導するうえで、自分の意識や課題を振り返る
  • コーチングとは
  • 【ワーク】コーチングとティーチング
  • コーチングにおける上司の役割 [部下育成コミュニケーションの全体像/適切な質問を与える専門家/コーチングの具体例]
  • コーチングの流れ
2. コーチングプロセス 【ゴール】目標達成に向けたコーチングプロセスを理解する
  • コーチングプロセスの全体像
  • 目標の明確化 [なぜ目標設定が必要か/SMARTを用いて業務目標を決める]
  • 目標設定におけるコーチング [コーチングによる目標設定支援(want to の目標)]
  • 現状の明確化と成長目標 [前提:コンフロント(直面)を促す/現状とあるべき姿をコーチングにより引き出す]
  • 行動の把握と自身の評価
  • 行動計画の作成
  • フォローアップ
  • 【ワーク】コーチングプロセスを自分に当てはめてみる
3. コーチングスキル(双方性) 【ゴール】具体的なコーチングスキル(双方性)を習得する
  • コーチングの3原則 [双方向/継続性/個別対応]
  • 双方向のコミュニケーション
  • 【ショートワーク】部下の発言を聞き、会話を通して原因を探る
  • 信頼関係の構築
  • 傾聴 [なぜ傾聴することができないか/傾聴する際の心構え]
  • ペーシング [アイコンタクト/うなずき、相槌/ミラーリング/態度/声を合わせる]
  • 【ワーク】ペアになりペーシングを試してみる
  • 質問力 【質問する際の留意点】
4. コーチングプスキル(継続性・個別対応) 【ゴール】具体的なコーチングスキル(継続性・個別対応)を習得する
  • 継続性 [意志のの向上・ズレの修正に関わる/アグレッシブメント(承認)/継続に必要なスキル]
  • 【ショートワーク】3つの承認
  • フィードバックとフィードフォワード [フィードフォワードとは/フィードバックはYouメッセージよりIメッセージ]
  • 【ワーク】フィードフォワードでコメントする
  • 個別対応
  • 【ワーク】あなたの部下を4つのタイプに分ける
5. まとめ 【ゴール】コーチングについてまとめて考える
  • コーチング時の本質的な考え方 [対等な関係になる/ポジティブな捉え方/継続による意欲向上と軌道修正/アクノレッジメント(承認)と誉め言葉/個別対応]
  • 【重要】自責の感覚
  • 【ケーススタディ】言われたことだけしかやらない部下に対して
  • 【ケーススタディ】提出書類が必ず遅れる部下に対して

研修金額

アレンジ無料の明瞭価格で一社研修を実施することができます。研修時間と概算人数の情報のみで見積りをすぐにお送りします。

参加者の必須条件

部下を持つマネージャー層の方々を研修対象のメインとしていますが、それ以外の方々でもご参加いただけます。

よくあるご質問

コーチング研修はこちらから10秒で見積りを作成することが出来ます。
行っております。コーチング研修ではお客様のご要望や理解度に合わせ、明日から使える研修を実施することを目的としています。
コーチング研修はオンラインLIVE研修でも、集合型をメインとして一部オンラインLIVE配信でも、ご要望に合わせて研修が実施できます。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用頂いています

研修実績

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お見積り
お見積り