テーマ別研修

生産性向上研修

生産性向上研修のまとめページです。
詳細情報を確認するにはラインナップの各研修ページをご確認ください。

現在の業務実態を理解し、生産性を最大化する改善を行う

本研修の対象

中堅社員 管理職

  • 達成すべき目的や成果があり、そのために業務の効率化が必須となることを認識されている方
  • 働き方改革に合わせ、社内全体の生産性を上げ仕事量を減らさずに業務時間を短くしたい管理職の方
  • 自分や部下の働き方の改善をするために、何から始めたらよいか迷っている方

生産性向上研修のラインナップ

生産性向上研修

現在の業務実績を把握して、業務成績を上げるためにどのような改善を行えるかを考え、生産性を向上させる研修です。

業務効率化研修

現在の業務を見直し、業務時間の短縮・生産性を向上させるために出来る具体的な改善案を見つける研修です。

5S研修

5Sがどのように業務効率化に関わるのかを理解し、職場に導入・実現するための研修です。

働き方改革研修

現在の業務の洗い出しや、働き方改革のためにできることは何かを理解し、会社そのものの改革に繋げる研修です。

タイムマネジメント研修

限られた時間の中で最大限の成果を出すためのポイントを理解し、行動を変えていくための研修です。

社内コミュニケーション研修

仕事をよりスムーズに進めるために、社内でのコミュニケーションを円滑にする方法を身につける研修です。

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • 効率的な時間の使い方や、無駄のないコミュニケーションのとり方を身に付けてほしい
  • 業務の生産性が低く、一人ひとりが仕事量をこなせず社内全体の残業率が高くなってしまっている
  • コストが掛かりすぎているので、無駄な出費をできる限りなくしたい
  • 業務改善は意識しているものの、何から始めたらよいかわからず結果につながらない

生産性向上研修の概要

生産性向上研修とは、現在の業務実態を調査した上で、業務成果が上がるように業務を再構築するにはどういった改善が必要で、それをどのように実現するのか、について学習するための研修です。

現状リソースの中で「生産性を最大化する改善」を実施することを目的としています。

生産性向上研修イメージ

生産性向上のために

働き方の変化に伴って生産性向上を考える企業が多くなっています。どのような方向性で向上させていけば良いのでしょうか。

チームの生産性を上げる

チームの生産性を上げるためには、業務を整理していくことが有効です。
①今やっている業務にムダはないか
②効率的にできる方法はないか
を考えていきます。

上記への対策例として
①に対しては、業務の洗い出しをして、ムダをなくしていくこと
②に対しては、属人化する必要がない業務に関しては、業務の手順を明らかにして他の人に分けること
があります。

チームの生産性の向上に役立つ研修の例
業務改善研修 
業務フロー図作成研修

個人の生産性を上げる

「各々が仕事のスピードを上げること」当たり前ですがとても大事な観点です。タイムマネジメントが代表的な例です。また、身の回りの整理整頓によってもムダが少なくなり、仕事のスピードが向上します。

仕事のスピードアップに役立つ研修の例
タイムマネジメント強化研修
整理力向上研修

生産性向上研修イメージ②

リカレント生産性向上研修の特徴

リカレントの生産性向上研修には次のような特徴があります。

具体性を持った学習を

必要性を感じなければ実行されにくいのが業務改善です。業務改善が必要とされる背景や、組織から求められる改善結果などの基礎的な事項について理解をしていきます。

様々な状況に対応

一口に生産性向上と言っても、そのために必要なことは多々あります。業務フロー作成や標準化、PDCAサイクルの設定など組織的な体制作り、あるいはコストダウンやミスの削減など運用上の改善など、重視する内容に応じた研修メニューが用意されております。

研修カリキュラムの流れ

生産性向上研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。

  1. 01業務改善とは

    ゴール

    業務改善の意味を理解し、身近な業務改善について見ていく

    • 【オープニングワーク】これまでに行った業務改善の共有
    • 業務改善とは何か 
    • 業務改善の成功事例 
    • 会議の効率化 
    • 【ワーク】現在参加している会議に問題はあるか、その改善策を考える
    • 資料作成の効率化 
    • 【ワーク】現状の問題点、その改善策
    • 業務改善の進め方 
  2. 02業務改善のターゲット設定

    ゴール

    業務改善の目標を設定し、身近な事例を確認する

    • 【ワーク】業務改善のターゲット設定 
    • 改善点が見つからないとき 
    • 改善項目の選定 
    • 対象範囲・目的・目標の明確化
    • 【ワーク】書き出した改善ポイントについて、対象範囲・目的・目標を考える
  3. 03現在の業務の把握

    ゴール

    現在の業務を把握するためのメソッドを学ぶ

    • 業務把握の基本 
    • 業務把握の方法論 
    • 業務分析 
    • 【ワーク】自分の業務1つについて業務フローの作成
  4. 04業務改善のプランニング

    ゴール

    業務改善のプランニングとアイデアの出し方を学ぶ

    • 改善アイデアの出し方 
    • 【ワーク】業務の1つについて数名でアイデア出しをする
    • 改善アイデアの評価と選定 
    • 【ワーク】出したアイデアを評価する
  5. LAST業務改善策の実行

    ゴール

    業務改善の運用におけるポイントを把握する

    • 業務改善プランの策定 
    • 【ワーク】実施計画書の作成の作成

生産性向上研修参加者からの声を一部ご紹介します

物流関連企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 資料も見やすく、とても丁寧に説明いただき、今後の活動に活かそうと思いました。ありがとうございました。
  • ありがとうございました。グループでのディスカッションの時に、質問をすればよかったと感じております。
  • 普段の業務を通して起こる対立や折衝に対して、互いの価値観を理解して相互理解に繋げるというプロセスを理解した。
  • 普段何となく行っている事が本講義で言語化されて、また新しい発見や、復習にもなりました。本日は貴重なお時間を頂き、誠にありがとうございました。
  • これまでの自分の取り組みなどを振り返る機会になりました。振り返ってみて、どうしても組織や会社のせいにしてしまっていた部分があったなと思いました。

電機メーカーグループ保険サービス企業様

内容: 満足・良かった

92.9 %

講師: 満足・良かった

92.9 %

研修参加者の声

  • 改善内容の発見や、改善方法等、現場レベルの担当者レベルの視点でしか考えたことがなかったのですが、今回の研修でもっと広い視野で考えることができるようになったと思います。
  • 基礎的な知識であってもどのように使うのかをワークとディスカッションで実演しながらで理解度が高まった。
  • グループ討議により様々な部門の方とお話ができ、いろいろな視点で話ができたくさんの気付きがありました。
  • 資料が簡易的にまとめられており、見やすかったです。あとから見返した場合に、分かりやすいのと、量的にも丁度いいかと思います。

グループ間接業務受託企業様

内容: 満足・良かった

81.8 %

講師: 満足・良かった

95.5 %

研修参加者の声

  • オンライン講義であることに配慮いただき、終始聞き取りやすく助かりました。ありがとうございました。
  • 普段深く考えないが、基本に立ち返り、基本の型を学ぶことで今後に生かしていきたいと感じた
  • 薄々と思っていたことが言語化されて講義されて理解が深まりました。結論は単純だったのだと気付くとともに困難への対処方法などが理解できました
  • ケーススタディで実際に起きた事象の例が挙げられており、とても興味深く取り組めた。
  • 部門の連携のために実際にすべき行動や考え方が示されて納得感があった。
  • 他グループの方から見た自身のグループの印象を聞けたことが良かった。

配電用機器メーカー様

内容: 満足・良かった

87.2 %

講師: 満足・良かった

87.2 %

研修参加者の声

  • 他を理解する「要所」が掴めたと感じた
  • 課題認識に対し「ニーズの焦点化」という具体的な言葉を研修でき、今後の業務に生かして行きたい。
  • 全員に発言を求める進め方は、集中する事にも繋がって良かったです。
  • 他部署の意見を聞く機会が少ないので、大変興味深い内容でした。営業部と製造部の方と同じグループでしたが、営業部、製造部、品証部など、お互いの業務が親密に関係しあう立場では、相手のスケジュールや今取り組んでいる内容を共有しあうことが必要だと感じました。
  • コンフリクトマネジメントのみに限らず、あらゆる問題解決の場面で活用できる課題認識の手法でありこれを再認識し身につけることは大いに役立つと感じた。
  • 部門間の壁は以前から皆さん感じておられるところがあり、研修という俯瞰する形で思いを共有し、事象に対し改めて共通のゴールは何かを考えて調整を図っていくことの重要性を認識されたのではないかと思います。自分自身も相手の立場を尊重してWinWinの関係を作ることに気を配っていきたいと思います。有難うございました。
  • 目的に向けて部署間の壁を無くしスピーディーな達成をするためには、今までの自部署だけの都合ではなく協調していくことが大事であることが、私だけではなく、参加者全員が理解・納得でき有効な研修であったと感じます。

よくあるご質問

どんな職種が対象でしょうか?

様々な職種の方に受けていただいています。業務の改善は、どの部署でも必要とされてます。
同じくらいの年次で様々な部署の方に集まっていただくと、他の部署、職種の業務改善のアイデアやノウハウの共有にも役立てることが可能です。

自社の生産性向上にはどの研修メニューが最適でしょうか?

現在抱えていらっしゃる課題に合わせて、最適な研修をご提案いたします。
生産性向上には複数の方向性があります。業務全体の改善、個人の仕事効率の向上、業務の仕組み化、経費の削減といった切り口の研修をご用意しています。

豊富な研修実績

リカレントの生産性向上研修は数多くの企業様よりお問い合わせをいただいております。

業務改善とは言ったものの、どこから手を付けて良いかわからない、そのような模索段階で研修を受講することによって実際の取り組みに一歩踏み出すことが出来た、というご意見を頂いております。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

お見積もり、お問い合わせはこちらから

お見積もり、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:00-19:00/土日祝9:30-18:00