生産性向上研修 【適切な業務改善で生産性を上げる】

現在の業務実績を把握して、業務成績を上げるためにどのような改善を行えるかを考え、生産性を向上させる研修です。

現在の業務実態を理解し、生産性を最大化する改善を行う

本研修の対象

中堅社員 管理職

  • 達成すべき目的や成果があり、そのために業務の効率化が必須となることを認識されている方
  • 働き方改革に合わせ、社内全体の生産性を上げ仕事量を減らさずに業務時間を短くしたい管理職の方
  • 自分や部下の働き方の改善をするために、何から始めるかを迷っている方

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • 効率的な時間の使い方や、無駄のないコミュニケーションのとり方を身に付けてほしい
  • 業務の生産性が低く一人ひとりが仕事量をこなせず社内全体の残業率が高くなってしまっている
  • コストが掛かりすぎているので、無駄な出費をできる限りなくしたい
  • 業務改善は意識しているものの、何から始めたらよいかわからず結果につながらない

生産性向上研修の概要

生産性向上研修とは、現在の業務実態を調査した上で、業務成果が上がるように業務を再構築するにはどういった改善が必要で、それをどのように実現するのか、について学習するための研修です。

生産性とは何か

生産性とは、企業が持つ資源である「ヒト・モノ・カネ」を活用し、小さな投資で大きな成果を生み出すことを指します

生産性は、アウトプット(成果)÷インプット(生産要素)で示され、数字が大きいほど生産性高く仕事ができていると言えます 。

生産性の種類

生産性には以下3つの種類があります。ビジネスシーンにおいては、「労働生産性」に関して、企業全体・チームや部署・社員一人ひとりができることを考えていく必要があります。

生産性 3つの種類

生産性向上のための方法

働き方の変化に伴って生産性向上を考える企業が多くなっています。具体的な手法としては以下の2つに分類されます。

生産性を高める2つの方法

チームの生産性を上げる

チームの生産性を上げるためには、業務を整理していくことが有効です。チーム全体の業務を洗い出した上で以下の項目について考えていきます。

  • 今やっている業務にムダはないか
  • 効率的にできる方法はないか
  • 属人化している業務がないか

無駄がある場合は削除するかまとめる、外部に委託するなどの手法を取ります。
昔からのやり方で効率化していない部分については、より効率的な仕組みを作っていく必要があります。
「この人しかできない」という属人化されている業務がある場合、誰もができるようにマニュアル化・標準化する必要があります。

これらの手法について、研修内でも詳しく扱っていきます。

チームの生産性の向上に役立つ研修の例

個人の生産性を上げる

「各々が仕事のスピードを上げること」当たり前ですがとても大事な観点です。タイムマネジメントが代表的な例です。
また、身の回りの整理整頓によってもムダが少なくなり、仕事のスピードが向上します。

仕事のスピードアップに役立つ研修の例

その他

その他の手法として、業務のデジタル化やDXの導入などが挙げられます。
手作業で行っているものをシステム化したり、定型的な業務をAIやRPAに任せるなども一つの手段です。

  • 「この業務は本当に手作業で行う必要があるのか」
  • 「自動化できないか」

という視点で物事を考えていくことが重要です。

生産性向上研修のラインナップ

生産性向上研修

現在の業務実績を把握して、業務成績を上げるためにどのような改善を行えるかを考え、生産性を向上させる研修です。

研修タイトル想定研修時間
生産性向上研修 公開講座 業務改善研修 - 現状把握と改善のプランニング 6時間
生産性向上研修 公開講座 ナレッジマネジメント研修(半日研修) - 知的資産を理解する 3時間
生産性向上研修 一社研修 業務改善研修【目的に合わせた効率化を】 6時間 (変更可)
生産性向上研修 一社研修 PDCA研修【現場で活用できる短時間集中】 4時間 (変更可)
生産性向上研修 一社研修 インバスケット研修【案件処理能力を向上する】 6時間 (変更可)
生産性向上研修 一社研修 ナレッジマネジメント研修【知的資産を共有する】 3時間 (変更可)
生産性向上研修 一社研修 業務フロー図作成研修【フローチャートで業務を管理・改善する】 6時間 (変更可)
生産性向上研修 一社研修 管理職向け コストダウン研修【経費を削減する】 6時間 (変更可)
生産性向上研修 一社研修 部門間連携研修【連携を強化し円滑な業務を実現する】 3時間 (変更可)
生産性向上研修 一社研修 PDCA研修 半日編【限られた時間で質の高い仕事を】 3時間 (変更可)
生産性向上研修 一社研修 業務効率化研修 半日編【労働の付加価値を向上させる】 3時間 (変更可)
生産性向上研修 一社研修 生産性向上研修 コミュニケーション強化編【適量・適切な関わり方で効率を上げる】 6時間 (変更可)
生産性向上研修 一社研修 OODAループ基礎研修 【情報を集め、高速で意思決定するために】 6時間 (変更可)
生産性向上研修 eラーニング動画講座 業務改善研修 94分
生産性向上研修 eラーニング動画講座 PDCA研修 57分
生産性向上研修 eラーニング動画講座 部門間連携研修 61分
生産性向上研修 eラーニング動画講座 業務フロー図作成研修 43分
生産性向上研修 eラーニング動画講座 ナレッジマネジメント研修 47分
生産性向上研修 eラーニング動画講座 インバスケット研修 95分
生産性向上研修 eラーニング動画講座 速習版:ナレッジマネジメント研修 16分
生産性向上研修 eラーニング動画講座 速習版:PDCA研修 0分

5S研修

5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)をビジネスシーンで活用することで、業務効率化を目指す研修内容です。社内への5S活動導入方法についても扱っています。

研修タイトル想定研修時間
5S研修 一社研修 5S活動導入研修【必要性を理解し、実践する土壌をつくる】 6時間 (変更可)
5S研修 一社研修 整理力向上研修【無駄をなくす】 6時間 (変更可)

働き方改革研修

現在の業務の洗い出しや、働き方改革のためにできることは何かを理解し、会社そのものの改革に繋げる研修です。

研修タイトル想定研修時間
働き方改革研修 一社研修 管理職向け 業務効率化研修【短時間集中】 3時間 (変更可)
働き方改革研修 一社研修 ワークライフバランス研修 タイムマネジメント編【生産性向上のために】 3時間 (変更可)

タイムマネジメント研修

限られた時間の中で最大限の成果を出すためのポイントを理解し、日々の行動を変えていくための研修です。

研修タイトル想定研修時間
タイムマネジメント研修 一社研修 タイムマネジメント研修 個人管理力強化編【労働生産性を高める】 6時間 (変更可)

社内コミュニケーション研修

仕事をよりスムーズに進めるために、社内でのコミュニケーションを円滑にする研修です。階層、コミュニケーションのシーンに応じた研修を用意しています。

研修タイトル想定研修時間
社内コミュニケーション研修 一社研修 コミュニケーション基礎研修【相手との信頼関係を築く】 6時間 (変更可)
社内コミュニケーション研修 一社研修 合意形成研修【コンセンサススキルを強化する】 6時間 (変更可)

リスキル研修の特徴

リスキルの生産性向上研修には次のような特徴があります。

チーム全体から個人の生産性向上まで、ニーズに合わせた研修をご用意

一口に生産性向上と言っても、そのために必要なことは多々あります。
リスキルの生産性向上研修では、チーム内の業務フロー作成や標準化、PDCAサイクルの設定など組織的な体制作り、あるいはコストダウンやミスの削減など運用上の改善など、重視する内容に応じた研修メニューが用意されております。

明日からの業務に活用できるワーク

チーム内や自身の業務を洗い出す作業は、日々仕事に追われている中では実施することが難しい場合があります。
リスキルの生産性向上研修内では、実際に洗い出す業務や無駄がないかを確認するワークも入っています。研修を通して現状を把握した上で、改善案を出すことで、明日からの業務を効率的にこなすことができるようになります。

見積りを10秒作成 お問い合わせはこちら 研修資料を請求する

研修カリキュラムの例

次のカリキュラムは生産性向上研修に属する業務改善研修【目的に合わせた効率化を】のカリキュラムです。研修の流れの例としてご参考ください。

  1. 01業務改善とは

    ゴール

    業務改善の意味を理解し、身近な業務改善について見ていく

    • 【オープニングワーク】これまでに行った業務改善の共有
    • 業務改善とは何か
    • 業務改善の成功事例
    • 会議の効率化
    • 【ワーク】現在参加している会議に問題はあるか、その改善策を考える
    • 資料作成の効率化
    • 【ワーク】現状の問題点、その改善策
    • 業務改善の進め方
  2. 02業務改善のターゲット設定

    ゴール

    業務改善の目標を設定する

    • 【ワーク】業務改善のターゲット設定
    • 改善点が見つからないとき
    • 改善項目の選定
    • 対象範囲・目的・目標の明確化
    • 【ワーク】書き出した改善ポイントについて、対象範囲・目的・目標を考える
  3. 03現在の業務の把握

    ゴール

    現在の業務を把握するためのメソッドを学ぶ

    • 業務把握の基本
    • 業務把握の方法論
    • 業務分析
    • 【ワーク】自分の業務1つについて業務フローの作成
  4. 04業務改善のプランニング

    ゴール

    業務改善のプランニングとアイデアの出し方を学ぶ

    • 改善アイデアの出し方
    • 【ワーク】業務の1つについて数名でアイデア出しをする
    • 改善アイデアの評価と選定
    • 【ワーク】出したアイデアを評価する
  5. LAST業務改善策の実行

    ゴール

    業務改善の運用におけるポイントを把握する

    • 改善実施計画の重要性
    • ガントチャートとWBS
    • 【ワーク】業務改善プラン(実施計画書)を作成する
    • PDCAサイクルで計画を回していく

生産性向上研修参加者(受講者)の声

研修を受講した方から、研修後のアンケートにて以下の感想を頂いております。

機械部品製造企業 様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 業務内容の見直しする機会として非常に良かった。
  • ワークが多くて、眠くならずに白熱した議論が出来て脳が活性化されました。
  • 他部署の方との意見討議が出来たことで他部署の困りごとや解決策などを知ることができより実務に近い研修が出来ました。
  • 業務改善の課題設定、様々な見つけ方を学べ、参考になりました。グループワークを通じて、自身では考えつかなかった事例や課題発見ができました。

大手教育企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • ワークもあったので、知識理解だけではなくアウトプットすることができ、モチベーションまで喚起されました。ありがとうございました。
  • 自分の気づけていなかった癖に気づくことができたワークかたくさんあり、飽きることない1日でした。ありがとうございます。
  • 大変勉強になりました。自分の業務に必要な事ばかりだったので、これからもこの研修で学んだことを活かしていきたいです!
  • 仕事を進める上で必要なフレームから判断基準の理解を深めることができ、勉強になりました!

ホテル運営企業様

内容: 満足・良かった

91.7 %

講師: 満足・良かった

91.7 %

研修参加者の声

  • 業務改善するときにはどのような方向性があるか、業務改善実行に向けての計画作成はどのように進めるか、ワークやグループディスカッションで実践的に学ぶことができました。
  • 業務を離れて、日頃の業務について客観視することができ、改善点が見えました。日々感じていることを可視化できました。
  • 職場や業務の現状ついて考えるきっかけになりました。ワークに取り組む中で具体的な問題点が見えてきました。
  • とてもわかりやすく良い勉強をさせていただきました。業務改善へのいい機会になり、自分なりにできる改善を最大限に進めていきたいと思いました。

通信教育・出版企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • フロー図の作成方法だけでなく、業務改善についても多くの観点を教えていただきよかった。
  • 研修の中でも、実際の自分たちの業務について考えられることができて大変有意義な時間でした。
  • どういうものをフロー図にらすればよいのか、フロー図の書き方、業務改善の仕方がわかりました。
  • グループ全員で業務改善について主体的にとりくむことができた。

国土交通省出先機関様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 講師のまとめで説明頂いたナレッジマネージメントを実施するにあたり完璧を求めないこりすぎない、定期的な見直しと継続利用重要といった説明が組織として取り組みやすいと思えました。
  • 当所は、技術系の業務を行うことから、暗黙知が多い職場であったので講義内容は非常に役にたった
  • ポイントが短いセンテンスで記載されている事、書き込み式であり実践に使用できるといった点で優れていると思いました。ボリューム的にも良く、振り返り教材としても良かったと感じました。
  • 個人で考えた後、グループでディスカッションすると様々な意見を共有でき、より研修への理解が深まった。

人材派遣・人材紹介企業様

内容: 満足・良かった

88.9 %

講師: 満足・良かった

88.9 %

研修参加者の声

  • ムダな仕事、ムダな時間というものが予想以上に明確になりました。本当に必要なことか、意味・意図を考えて業務に移行したい。
  • 「生産性の向上」はわかっているようでわかっていない部分でした。どうしたら生産性が上がるのかと何度も考えたことがあるものの、具体的な工程や削減策がなかなか出ずにいたので、今回の研修を通して「ムダ」であり改善できる部分が何なのか明確化できてよかったです。
  • 生産性向上のために、まず自分の業務を認識すること。そして、無駄の洗い出し、5Sなどを意識することが大切だとわかりました。また、グループワークが多かったため他部署の仕事内容や業務のポイント等も聞けて勉強になりました。
  • 目的に沿って、生産性向上の基本的な知識を学べたことにくわえ、実務に直結するような知見も得られたので、非常によかったです。

生産性向上研修に関するよくあるご質問

セミナー形式など、短時間で生産性向上研修を実施することは可能ですか?

はい、可能です。研修実施可能時間に合わせて、1時間~6時間内での調整が可能です。短い時間のため、既存の研修プログラムからどれを選出し編成するか、ご相談しながら組み立てていきます。なお、短時間にしたことよる研修費用についてはお問合せください。(無料でご相談お受けしております)

他研修と生産性向上研修を組み合わせて、複数日程で研修実施することは可能ですか?

はい、可能です。リスキルの生産性向上研修は組み合わせ自由です。
- 何日間の研修を実施したいか
- 学習させたい研修内容は何か
- 受講生(従業員様)はどの層か
など、ヒアリングさせていただいた上で、適切な研修をご提示いたします。

生産性向上研修をオンラインで実施することは可能ですか?

はい、可能です。リスキルの生産性向上研修は、対面・オンライン・対面とオンライン同時のハイブリッド式からお選びいただくことができます。企業様のニーズや状況にあわせておすすめの研修形式をご提示することも可能です。お気軽にお問合せください。

よくあるご質問の一覧>

豊富な研修実績

リスキルの生産性向上研修は数多くの企業様よりお問い合わせをいただいております。

業務改善とは言ったものの、どこから手を付けて良いかわからない、そのような模索段階で研修を受講することによって実際の取り組みに一歩踏み出すことが出来た、というご意見を頂いております。

リスキルの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

お見積もり、お問い合わせはこちらから

お見積もり、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リスキルの社員研修に関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-299-194

0120-299-194

電話受付:月〜金 9:00-19:00(土日祝も研修実施)