テーマ別研修

セキュリティ研修

セキュリティ研修のまとめページです。
詳細はラインナップの各研修ページをご確認ください。

セキュリティの基礎知識を身に付ける

本研修の対象

新入社員 若手社員 エンジニア 非エンジニア

  • セキュリティ体制を策定されるエンジニアの方
  • これからエンジニアとして業務をされる方
  • 事務・管理系を含め社内のセキュリティ体制を策定される立場の方

セキュリティ研修のラインナップ

ITセキュリティ研修

情報システムを運用・利用するにあたり必要となるセキュリティ対策について、基礎的な知識を身につけるための研修です。セキュリティ上の脅威と対応について学習します。

情報セキュリティ管理研修

情報システムを運用・利用するにあたり必要となるセキュリティについて、どのような規則や手順で運用するのかについての基礎的な知識を身につけるための研修です。

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • セキュリティ上の脅威とその対策について最新の情報も交えて全体像を学びたい
  • セキュリティの厳しさと運用の円滑さのバランス取りが難しい
  • ISMSの認証取得に向けてセキュリティ対策のガイドラインや法律について理解を深めたい

セキュリティ研修の概要

セキュリティ研修カテゴリーでは、情報システムを運用・利用するにあたり必要となるセキュリティについて、規則や手順、そして運用の仕組みについて基礎的な知識を身につけるための研修です。

セキュリティの厳しさと運用の円滑さのバランスが取れるようになることを目指します。

情報セキュリティの必要性

ITの発達により、情報システムやインターネットは企業の経営に欠かせないものとなりました。しかし、情報システムはとても便利な反面、様々な危険性があります。例えば、システムの停止によるお客様への損害や、情報漏洩など広範囲の影響を及ぼすリスクが考えられます。そのため、セキュリティに対するリスクマネジメントが企業の経営にとって重要です。

セキュリティ研修の対象者

セキュリティ対策のためには、管理系担当者と開発を担当するエンジニアの両者が知識をもち、運用していくことが求められます。

管理系担当者向け

情報をどのように守るか、どのようなリスクがあり得るかなどの知識を持つための研修です。
企業や組織が持つ情報を下記3つの要素に関する脅威から守るために、何をすべきかを考えます。
情報セキュリティの3要素

システム開発担当エンジニア向け

ITシステムを開発、運用する際に必要な情報セキュリティへの対策が分かる研修です。

リカレントセキュリティ研修の特徴

リカレントのセキュリティ研修には次のような特徴があります。

良質な教材とカリキュラム構成

株式会社リカレントが運営する姉妹校、リナックスアカデミーは実践的なITエンジニアを育成するスクールとして長年に渡って運営しており、本研修ではその教材とノウハウが使用されているため、わかりやすく学習を進めることができます。

メリットが意識できる研修内容

情報セキュリティ管理基準は経済産業省によって規定されています。その要求を満たし、運用するということはISOなど各種認定にも繋がることであり、企業の社会的価値を向上し、守ることにも繋がっていきます。

研修カリキュラムの流れ

セキュリティ研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。

  1. 01情報セキュリティの基礎

    ゴール

    機密性とは

    • セキュリティの概念
    • 情報セキュリティを構成する三大要素
    • 脅威と脆弱性
    • 情報セキュリティに関する法律
    • ワーク:情報セキュリティの三大要素
  2. 02組織における対策

    ゴール

    情報を適切に管理する

    • 情報セキュリティ対策の必要性
    • 情報セキュリティポリシー
    • ISMS
    • 情報漏洩への対策
    • 【ワーク】過失による情報漏洩 , 情報漏洩によってもたらされるリスク
    • ソーシャルエンジニアリング
  3. 03サイバー攻撃

    ゴール

    サイバー攻撃の手段にはどのようなものがあるのかを理解する

    • サイバー攻撃とは
    • マルウェア
    • 特定のターゲットを狙うサイバー攻撃
    • 不特定多数を狙うサイバー攻撃
    • 【ワーク】サイバー攻撃の種類と手口
    • 負荷をかけるサイバー攻撃 , 脆弱性を狙うサイバー攻撃
    • パスワードクラッキング
    • 【ワーク】最近のサイバー攻撃事例についてまとめる
  4. LASTセキュリティを高める技術

    ゴール

    安全な情報のやり取りに必須となる技術について理解する

    • 暗号化と復号
    • 暗号技術
    • デジタル署名と認証局
    • さまざまな認証技術
    • ファイアウォール
    • WAF
    • IDS / IPS

よくあるご質問

エンジニア以外の受講もできますか

はい、可能です。
情報セキュリティに関する知識はエンジニアなど開発を担当する方以外にも社内の情報の管理をする方が持っておくことが必要です。
情報セキュリティの基礎的な内容から理解していただける研修をご用意しております。

情報漏洩の事例などを研修に取り入れられますか

触れてほしい事例について、ご相談可能です。個人情報の漏洩やその対策に関しては、個人情報保護研修としても取り扱いがあります。研修のゴールや対象者に合わせて最適なカリキュラムをご提案いたします。

よくあるご質問の一覧>

豊富な研修実績

リカレントのセキュリティ研修は非常に多くの企業様よりお問い合わせをいただいております。

実際に研修を受講された方からは、社内の情報セキュリティ体制の構築にあたってどのように手を付けるべきかわからなかったが足掛かりとして役に立った、市販のテキストよりもわかりやすいものだった、などのご意見を頂いております。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

お見積もり、お問い合わせはこちらから

お見積もり、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

電話受付:月〜金 9:00-19:00(土日祝も研修実施)