テーマ別研修

ラインケア研修

ラインケア研修のまとめページです。
詳細情報を確認するにはラインナップの各研修ページをご確認ください。

メンタル不調の兆しを早期発見し、リスクを抑える

本研修の対象

若手社員 中堅社員 管理職

  • 部下や後輩がメンタルヘルス不調にならないための予防策を知りたい方
  • メンタルヘルス不調者への対応をする人事労務管理スタッフ、マネージャー、管理職などの方
  • 後輩がメンタルヘルス不調になった際の対応方法がよくわからないという若手社員の方

ラインケア研修のラインナップ

ラインケア研修

部下のメンタル不調の兆しを早期発見・対応し、休職や離職に至らないようなケアをしてリスクを予防するための研修です。

新任管理職研修

初めて管理職になる方向けに、部下育成方法や目標管理など必要なスキルを身につける研修です。

働き方改革研修

現在の業務の洗い出しや、働き方改革のためにできることは何かを理解し、会社そのものの改革に繋げる研修です。

コーチング研修

部下育成にとって必要な、モチベーション管理、目標設定、行動計画の管理などコーチングスキルとして必要な要素を伸ばす研修です。

面談研修

面接の中で、相手に信頼してもらえるような話の聞き方を身につけ、部下に対して周囲への相談援助が実践できるようになるための研修です。

褒め方研修・叱り方研修

正しく、効果的な褒め方・叱り方を理解し実践することで、相手の成長やハラスメント予防を目指す研修です。

部下育成研修

部下が更に成長するために、部下の成長段階を理解し、割り当てるべき業務を与え、支援し、より効果的な育成を目指す研修です。

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • 周囲のメンバーのメンタルヘルス対策について、正しい知識を社内で共有したい
  • 部下や後輩を多くもつ役職の社員に、メンタルヘルスの基本から学んでほしい
  • マネージャー業務を行う社員に、部下のメンタルケアについて知ってもらいたい
  • 多様性が求められる社会での心身良好な職場(働きやすい職場)について教えてほしい

ラインケア研修の概要

ラインケア研修とは、職場という環境の中で部下を持つマネージャーや管理職)による職場のメンタルヘルス問題の予防や対応方法を学ぶ研修です。

職場内におけるメンタル不調の兆しを早期発見し、休職・離職に至らないようなケアをすることで、リスクを防ぎ、最小限に抑えることがその目的となっています。

ラインケア研修イメージ

部下の健康を守るラインケア研修の極意

部下や組織に対して管理職が行うメンタルヘルス対策であるラインケアを効果的に行うためには、下記の点を考慮します。

問題が起こる前に対策を

こころの不調に本人が気づかず、大きな問題になってから表面化することもあります。日々コミュニケーションを取る中で、どのような点に注意すると早期発見ができるかを事前に知っておくことで活用できます。

また、職場全体に対して、環境の改善を行うこともできます。ストレス要因になりそうな点をなくしたり、相談できる環境を整えておくことで、将来の問題を防ぐことに繋がります。

起こってしまった際にも滞りない対応ができるように

起こってしまった際の対応の良し悪しは、その社員が再び健康に働くことができるかどうかに大きく影響します。

相談を受けた時の対応方法や復帰に向けた支援の方法などが事前にイメージできていると適切な行動ができ、早期解決も期待できます。

ラインケア研修イメージ②

リカレントラインケア研修の特徴

リカレントのラインケア研修には次のような特徴があります。

目的別の研修メニューをご用意

職場内でメンタルヘルス不調者を出さないために普段からどうするべきか、という管理者向けの学習内容を基本に、叱責をする立場として自らの怒りやイライラといったネガティブな感情をどのようにコントロールするか、といった対処方法など内・外の両面からカバーできるカリキュラムが用意されております。離職者を減らす職場環境づくりへの応用が大いに期待できます。

研修カリキュラムの流れ

ラインケア研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。

  1. 01メンタルヘルスケアの意義

    ゴール

    メンタルヘルスケアの重要性を理解する

    • 【オープニングワーク】現状の課題確認 
    • 職場のメンタルヘルスをめぐる問題の実情
    • メンタルヘルスとは何か
    • メンタルヘルス不調が発生する原因
    • ラインケアの目的と狙い
    • メンタルヘルス不調に対応するための構え
    • メンタルヘルス対策における「3つの段階」
  2. 02一次予防:自己管理・職場環境の改善

    ゴール

    メンタルヘルス不調を起こす「ストレス」に対して理解し、職場環境の改善方法を身につける

    • 【ワーク】自分のストレスについて知る
    • ストレスの基礎知識・職場でのストレス要因 
    • コーピング
    • 職場環境の改善
    • 心理的安全性を保つための要素
    • 【ワーク】自部門について、職場環境の問題点を洗い出す
    • 【ワーク】改善案を1つ考える
  3. 03二次予防:早期発見

    ゴール

    部下の変化を見逃さないためのスキルを身につける

    • 前提:部下と日頃からコミュニケーションをとること
    • 最重要:不調のサインに気づくこと 
    • 変化に気づいた時の初動:相談対応 
    • 積極的傾聴で求められるスキル 
    • 【ワーク】積極的傾聴の実践
    • (参考)上司自身のセルフケア 
    • 社外資源とその活用
  4. 04三次予防:職場復帰支援

    ゴール

    休職者の対応と復職までのプロセスを理解し、上司としての対応を学ぶ

    • 休職から職場復帰までのステップ
    • ①休職開始及び休職中のケア 
    • ②主治医による職場復帰の判断 
    • ③職場復帰の可否の判断及び職場復帰支援プランの作成
    • ④最終的な職場復帰の決定
    • ⑤⑥職場復帰後のフォローアップ
    • 【ワーク】休職中~復職後までに、上司としてできることを考える
    • リワークについて知る 
  5. LASTケーススタディ

    ゴール

    ラインケアの事例から学ぶ

    • 【ケーススタディ】メンタル不調のいろいろ
    • 自社にある問題と課題を考える
    • 【ワーク】自社にある問題を考える

ラインケア研修参加者からの声を一部ご紹介します

通信設備工事企業様

内容: 満足・良かった

97.4 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 具体的なお話で分かり易かったです。今後この研修を活かしていける状況が無い事を望んでいますが、いざという時に思い出して対応していきたいと思います。
  • この類の話には正解が無いようなので日頃からの接し方を考えてサインに気づけるようにしていきたい。
  • 休職前、休職中、復職と段階を踏んだ研修内容であったので理解しやすかったです。
  • 基本的な考え方や理解の仕方、対応の仕方を知ることが出来た点が良かったです
  • ZOOMで研修でも、同じ会社の中でなかなか話す機会のない他部署の方と、小ワークでコミュニケーションを図り意見も参考にできた研修だったので、とても良かったと思います。

電力販売企業様

内容: 満足・良かった

96.0 %

講師: 満足・良かった

92.0 %

研修参加者の声

  • 部下とどのように接するのか、どのような視点で取り組んでいくのかが非常によく理解できた!分かっているようで分かっていない部分があったので、あらてめて理解する意味でとても有意義でした!!
  • テレワークに関する管理職が注意すべき事項について非常に分かり易くご説明頂いた。テレワークに限らず部下とのコミュニケーションで管理職が留意すべき事項は、とても理解しやすい。
  • 講義の中で疑問に思ったことも回答が導かれ納得することができた。
  • 役付職新任研修の延長線上のものとなり、かつ、テレワーク時におけるスキルや注意点を学べた。研修内容を振り返り、しっかり取り組みたい。
  • 在宅導入で顔を見ての時間が減少したため、何か対策をしてコミュニケーションをとるツールまたは方法を展開を今以上に追加したいと思った。
  • 今回はラインケアの側面からの講義をいしていただきましたが、講義中にもあったように、ハラスメントの側面や業務効率化の側面など、さまざまな側面を考慮した実践に取り組んでいくことが重要と認識することができました。
  • 短時間ではあるがグループワークや講師の経験もまじえながら、要点を絞って説明いただき、非常にわかりやすかった。始めは3時間は長いかなと思っていたが、あっという間の時間で、もう少し時間があってもいいくらいと思った。

デジタルコンテンツ制作会社様

内容: 満足・良かった

88.9 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 書き込みながらすすめる方式で、自分ごととして考えることができた。
  • 早期発見のために日常生活から読み取れる部分が多いことを学べだことが非常に大きいです。
  • ワークを挟み、そのワークの内容に触れながら進めていただけたので、自分ごと、自社のこととしてより捉えることができたと思っています。
  • 普段忙しさにかまけて目を逸らしている部分に向き合う、良い機会・時間になったと思います。本日学んだことを、少しずつでも実践に移していけるように取り組んでいきたいです。
  • スタッフ間で意見を共有する時間があったので、日頃からどんなことを課題と感じているか、どんな考えを持っているのかをみんなで共有できたことが大きな収穫でした。

よくあるご質問

実際に社内でよく出てしまう問題について考えることはできますか?

ワークのお題として取り入れることが可能です。
受講者の皆さんで腰を据えて話し合う機会になりますので、その後の社内での対応にすぐ活かせる研修になります。お気軽にご相談ください。

ラインケアという考え方が浸透していないのですが、理解してもらえるでしょうか?

意味、必要性といった導入から丁寧に解説いたしますので心配ありません。社内で馴染みがない場合でも、集合研修によって皆さん共通の認識として理解していただくことが可能です。
これから導入したいという場合には、特に、集合型の研修が適しています。

豊富な研修実績

リカレントのラインケア研修は多くの企業様にご利用いただいています。

組織におけるメンタルコントロールはとても慎重に行う必要があり、メンタルケア資格を持つスペシャリストが不在の職場においては各個人での対応が非常に難しい状態です。本研修はその一助としてご好評をいただいております。

対象問わずお問い合わせいただければ、最適な提案をコンサルタントがさせていただきます。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

お見積もり、お問い合わせはこちらから

お見積もり、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:00-19:00/土日祝9:30-18:00