テーマ別研修

本研修の対象
新入社員 若手社員 中堅社員

  • ビジネススキルを向上させたい新入社員や若手社員の方
  • 企画や業務改善において論理的思考を活かしていきたい方
  • 物事を深く考える力を養いたい方

よくあるお悩みや課題

  • 新入社員に仮説に基づいた思考を身につけさせたいが、教えるノウハウが無い
  • 業務改善を行っても、前例に沿うばかりになるので抜本的な変化に繋がらない
  • 社内のルールに従うことに慣れ、新しいものを生み出す力が出てこない
  • クリティカルシンキングを論理的に学ぶことができる環境が整っていない

クリティカルシンキング研修の概要

クリティカルシンキング研修は、ビジネスにおいて論理的な話の展開の仕方や、仮説を立て検証をくり返し行う課題解決の手法など身につけるための研修です。

客観的に物事を考え、課題を分析・検証する思考方法を身につけることで業務の効率促進に繋げることをその目的としています。

クリティカルシンキング研修イメージ

クリティカルシンキングのポイント

直訳すると批判的という意味になりますが、何でも感でも批判するのではなく、本質を見極めるという意識が大切です。

論理的な説明ができる

ロジカルシンキングとも共通する部分です。演繹法・帰納法を中心とした論理的な思考の基本と注意点を学び、論理的な説明ができることが必要です。

論点を正しく設定する

物事の本質は何なのかを見極めます。正しく論点を設定した後に、それに対する答えである、提案を考えていきます。

クリティカルシンキング研修イメージ②

クリティカルシンキングの4つのステップ

クリティカルシンキングは基本的に次の4ステップで進みます。リカレントの各種クリティカルシンキング研修のベースも、この4ステップです。

1. ゴールを明確にする

何をするために思考するかを決めることが最も重要です。これが無くては、意味のない分析や思考となり、無駄な労力や誤った結論が導かれます。

また目的の達成のためにイシュー(論点)の設定も重要です。

2. 現状を分析する

現状を分析します。できる限り客観的に、MECEやロジックツリーと呼ばれる方法論で分析を行っていきます。

3. 課題を見つける

分析の結果を元に課題を見つけてきます。もっともありそうなイシューに対して仮説を立て、検証をしていくプロセスも重要です。

4. 課題解決のためのアクションを起こす

検証が終わったら課題解決を行っていきます。PDCAのCをしっかりと稼働させながら、課題解決アクションを起こします。

リカレントクリティカルシンキング研修の特徴

リカレントのクリティカルシンキング研修には次のような特徴があります。

実践的スキルが身につく

客観的に課題を検証できる実践スキルは誰もが取得可能であり、業種を問わず、どのような場面でも有効に活用できる力となります。

演習も豊富に実施

基本的なプロセスを理解した後は、演習を行います。論理展開の演習に加えて、考えるべき課題を押さえ、仮説を立て、くり返し検証していくことなど実践的なスキルを身につけます。

自社の課題を研修中に考えさせることも可能

自社の問題を掘り下げて考えてもらうことも可能です。例えば、「売上の伸びが止まっているが問題はどこか」「顧客満足度の向上のためにできることはなにか」などを研修中に考えさせることができます。

研修の時点では材料が不足していることもありますが、考えはじめ、材料を集め、分析し、改善を行っていくきっかけになったと言われるケースが多くあります。

クリティカルシンキング研修のラインナップ

クリティカルシンキング研修

客観的に物事を考え、課題を分析・検証する思考方法を見につけ、業務の効率促進に繋げることを目的とした研修です。

ロジカルシンキング研修

ロジカルシンキングを身につけ、論理的に問題発見・解決ができる人材になるための研修です。

問題解決研修

一人一人が主体的に問題を発見し、解決できる組織づくりを目指すために、具体的な手順を学ぶ研修です。

ラテラルシンキング研修

ラテラルシンキングを活かすことで、業務改善のみならず革新的な新しい発想やアイデアを導くための研修です。

デザイン思考研修

会議で、より多くのアイディアを出して課題解決するために、デザイン思考を身につける研修です。

研修カリキュラムの一例

クリティカルシンキング研修のカリキュラムの一例です。
研修の流れの例としてご参考ください。

1. クリティカル・シンキングの理解 【ゴール】クリティカル・シンキングとは何かを理解する
  • クリティカル・シンキングとは何か 
  • クリティカル・シンキングが求められる背景 
  • 【ワーク】ロジカル・シンキングとの違い
  • クリティカル・シンキングのための前提 
  • クリティカル・シンキングの全体像 
2. 論理的な展開をする 【ゴール】演繹法と帰納法を理解し、論理的な説明ができるようにする
  • 論理的な思考の基本 
  • 【ワーク】論理的でない思考の例 
  • 帰納法の使い方
  • 帰納法をビジネスで使う際の注意点 
  • 【ワーク】軽率な一般化の例 
  • 演繹法の使い方
  • 演繹法をビジネスで使う際の注意点 
3. イシューと提案を考える 【ゴール】考えるべきことを明確化し、提案を可視化する
  • イシューとは 
  • 悪いイシューの設定 
  • 良いイシューの設定 
  • 提案 
  • 構造化とピラミッドストラクチャー 
  • 【ワーク】ピラミッドストラクチャーを書く 
4. 状況を分解する 【ゴール】大きな問いを分解することで解決できるようにする
  • 分解の重要性 
  • MECE 
  • 【ワーク】MECEかの判断 
  • ロジックツリーの活用 
  • ロジックツリーにおけるMECE 
  • 【ワーク】ロジックツリーによるイシューの具体化 
  • フレームワークを使うための基礎知識 
  • (参考)3Cや5フォース分析紹介 
5. 仮設を作り検証する 【ゴール】仮説の立て方や検証の方法を理解する
  • 検証する 
  • 仮設とはなにか 
  • 仮説の立て方と検証の仕方 
  • 仮説を立てるメリット 
  • 良い仮説 
6. クリティカル・シンキング実践 【ゴール】実践を通してクリティカル・シンキングを身につける
  • 【ワーク】ロジックツリーとピラミッドストラクチャー 
  • まとめ
見積りを作成(所要時間10秒)

よくあるご質問

様々な役職や年齢の社員に一緒に受けてもらうことはできますか?

はい、可能です。
思考法の研修は皆さんの共通認識を作るという意味でも役職年齢問わず、一緒に受けていただくのが効果的です。チームで何かを考える際の基準となります。
クリティカル・シンキングは批判的思考と直訳されますが、実際には客観的に検証することが大切な思考法です。

どんな内容のワークがありますか?

学んだ考え方をその後のワークで確認できます。
最終章では、全体を通したワークを行い、思考法を実践します。例えば、大きな問いを分解したり、ロジックツリーやピラミッドストラクチャーといった構造図を用いて考えたりする練習が研修内で可能です。

ロジカルシンキングとクリティカルシンキングは何が違いますか?

「物事を批判的に捉え、判断する」ことがクリティカル・シンキングです。「批判的」というと強すぎる訳となり日本では誤解されがちになるので、「ものごとの本質を見極め、論理的に思考すること」と捉えるとより近いものになります。

本質的な意味としてロジカルシンキングと大きく異なる点はありません。

クリティカルシンキング研修で物事の本質を見抜く力を鍛える事はできますか?

はい、どのように思考していけば本質を見抜くことができる可能性が上がるのかをプロセスに則って確認できます。

研修参加者からの声を一部ご紹介します

企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 分解の軸や分析の軸については自分が知りたかったところです。考える上での参考にさせていただきます。
  • 本日は研修ありがとうございました。具体例で理解が深まりました。
  • 知りたいことが網羅されてました。先生が仰ることや研修中に板書してくださったことの中に大事なポイントも多くありました

企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • スピード感もよく、無駄なく進められたと思います。
  • テキストも順を追って説明いただき、ポイント欄もご教示いただきましてとても分かりやすかったです。ありがとうございました。

製造メーカー様

内容: 満足・良かった

94.1 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 提案が考える思考方法に使え、さらに、論理的に思考することで導きだした結論を、論理的思考にそって表現することで提案のプレゼや文書による提案の効果につながると感じました。
  • 通常の業務で、不確かな一般論の多用や論理の飛躍が多いと、自分のやり方を振り返ることができました。
  • 多くの研修で帰納法、演繹法というのが出てきていて何度も聞いているつもりではありますが、実際に例題としてた考える・試してみると簡単にできるモノではないということを改めて実感できる研修でした。日頃から意識して帰納法・演繹法を使うことで無意識的に使えるよう取り組んでいきたいです。
  • 自分が普段行っている思考がいかに曖昧かに気が付かされた。論理的に、本質を見るようにと努力をしてはいるものの、物事を客観視することの難しさを感じた。

食品製造販売企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 休憩を適宜はさんでもらえて、休み休みできた・小ワークが多く入っていて、アウトプットの機会が多かった
  • テキストが構造的でコンパクトにまとまっていた・ワークが適宜含まれていて良かった
  • 基本的な内容が詰まっていたので、初心者の私としてはありがたかったです。批判的なものの捉え方、客観的な判断が苦手だったのですが、論理的に学べたことで今後に活かせそうです。

通販物流関連企業様

内容: 満足・良かった

90.5 %

講師: 満足・良かった

95.2 %

研修参加者の声

  • 全体を通して満足です。グループワークも多くアウトプットが多い内容で良かった。
  • 分かりやすくお話いただいて内容をしっかりインプットできた
  • 文と図のバランスが見やすくわかりやすかった
  • 分解して考えることで問題を解決していくことが重要だと感じました
  • 使い続けることで身につくようにしていきます。考えを改める大変良い機会でした。
  • 例を示して話をしていただいたので納得して進めることができました。

豊富な研修実績

課題に直面した時にどのように効率的に切り崩していくのか、その方法を市販の書籍のみで学習することは容易ではないため、体系的なカリキュラムによって学習できる研修として、多くの企業様よりお問い合わせをいただいております。

リカレントの研修は様々な企業様に
ご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

関連研修カテゴリ

関連研修の中身やカリキュラムをまとめて確認できます

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:00-19:00/土日祝9:30-18:00

お見積り
お見積り