テーマ別研修
まとめ

プレゼンテーションスキル研修

見積りを作成(所要時間10秒)

本研修の対象
新入社員 若手社員 中堅社員

  • プレゼンテーションについて初歩から学びたい方
  • 営業や広報など、外部へ向けて自社の商品・サービス説明を行う業務に従事している方
  • 現状より更に効果を出せる応用的な内容を学びたい方

よくあるお悩みや課題

  • 内容を整理しながら話すことがうまくできず、相手に意図を伝えられない社員が多い
  • 結局何が言いたかったのか分からない発表をしている社員がいる
  • 説明を聞く側の反応がいつも薄く、ただ話しているだけになっている
  • お客様の心を動かすプレゼンテーションで営業成績を伸ばしてほしい

プレゼンテーションスキル研修の概要

プレゼンテーションスキル研修とは、企画や報告を人前で発表したり、営業を行う方向けの研修です。

「相手が知りたいことがしっかりと伝わる」わかりやすいプレゼンテーションを行なうために必要な事項についてしっかり理解し、発表の場面を想定したワークを経て実践力が身につくようにするための研修です。

プレゼンテーションスキルが必要な場面

ビジネスでは多くの場面でプレゼンテーションスキルが求められます。プレゼンテーション =「伝えること」といった認識で良いでしょう。

必要な場面

社内で

・上司への報告
・後輩への指導
・会議での発表
・他部門への仕事の依頼 など

社外で

・営業
・広報
・商品やサービスの説明 など

なぜ伝える必要があるのか

プレゼンテーションのゴールは、伝えた相手を納得させ、行動を起こしてもらうことです。相手の立場になり、「何をしたらよいかわかりやすい」ように伝えることで、目的を達成できます。

リカレントプレゼンテーションスキル研修の特徴

リカレントのプレゼンテーションスキル研修には次のような特徴があります。

実戦を想定した実践を

プレゼンテーションでどのようなことに困っているのか、何がうまくいっていないのかをしっかり見つめ直した上で、理論立てた基本原則・構成を学習し、実際に人前でプレゼン発表を行い、意見を基に改善を行うなど実践力向上を見据えたカリキュラム構成になっています。

プレゼンテーションスキル研修のラインナップ

プレゼンテーションスキル研修

企画力研修

新入社員研修

ソリューション営業研修

営業力強化研修

営業新人研修

パワーポイントプレゼンテーション研修

研修カリキュラムの一例

プレゼンテーションスキル研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。詳細は、こちらからご確認ください。プレゼンテーション研修 基本編【わかりやすいプレゼンを】詳細ページはこちら。

1. プレゼンテーションの目的とは 【ゴール】プレゼンテーションの目的をクリアにする
  • 【ワーク】現在の課題確認 [自身が持っている課題を書き出し、他者との共通点を探る]
  • プレゼンテーションの本質的な目的 [主張を伝えることではない]
  • 行動を起こしてもらうために意識すること [相手が聞きたいことを問いかけながら話す]
  • プレゼンテーションの評価 [行動につながったかどうかで判断する]
2. 構想 【ゴール】最重要である構想の考え方を学ぶ
  • プレゼンテーションの3P [実施、準備、構想]
  • 構想を決めるための5W1H
  • 目的を決める [何をするためにこのプレゼンテーションがあるのか]
  • ターゲットを考える [聞き手のニーズを確認する]
  • 何をプレゼンテーションするか [コンセプトを決める]
  • いつ・どのくらい・どのように・どこで・何を使って
3. 準備(ストーリー作り) 【ゴール】全体のストーリーを組み立てる
  • 詳細の追加 [オープニング、アクションプラン]
  • 簡単に構成を作るための話法(PREP法 / SDS法 / QC法)
  • スライド作成の重要なポイント(メッセージ量、タイトル、目線、色)
  • リハーサルの実施 [本番に近い環境・機材のチェック]
4. 実施 【ゴール】【ゴール】本番のプレゼンでの話し方を理解する
  • 本番の大切さ [良い内容を発表で伝える]
  • 具体的に話す [興味を持ってもらう]
  • 話しかけるような口調で [ゆっくりと、感情を込めて]
  • 対話をする [相手が分かる言葉を使う]
  • ジェスチャー [どの程度が必要か]
  • アイコンタクト [1対1のイメージで]
  • アイスブレイク [アイスブレイクの必要性]
  • 緊張してしまうときの対応 [肯定的な態度・参加者を称賛する]
5. プレゼンテーション実践 【ゴール】プレゼン実践をして理解を深める
  • ワーク:プレゼンテーション実践演習
  • 講師によるフィードバック
  • ※テーマは打ち合わせにて調整可能です
見積りを作成(所要時間10秒)

よくあるご質問

パワーポイントなどのソフトを使ったプレゼンのみに対応しているのでしょうか?

道具を使ったプレゼンに限らず、何をどのように伝えるかがカリキュラムの中心となっています。
プレゼンテーション=報告、発表、提案と考えております。

道具の使い方についても対応した研修がありますので、研修中に貴社でよく使う資料の作成も一緒に行うことが可能です。

どんな規模のプレゼンを想定した研修ですか?

大人数の前でのプレゼンから少人数の場で行う提案まで幅広く対応しています。
貴社の中でよくあるシチュエーションをお教えいただき、そちらに合った内容の研修をご提案いたします。お気軽にご相談ください。

研修参加者からの声を一部ご紹介します

外資系通信企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 自分自身プレゼンテーションに沢山の問題を抱えているため、改善するポイントが 沢山見つかりました。
  • プレゼンテーションの3Pの大切さや考え方を沢山ご教示いただいた為、今後はその考えを大事にしていきたいと思いました。
  • 最後にワークを行うことで、自分だけでなくほかの方の意見やプレゼンのやり方を学ぶことができたことが良かった。また、一人一人のポジティブフィードバックを意識して考えることで、自身のプレゼン技術向上に繋がった。
  • 各フェーズが分かりやすくそれぞれの行動ごとにまとまっており、インプットしやすいテキストであった。
  • 長い時間とって、実際に練習できたのが良かったです。 また、失敗してもいいというお話のおかげで前向きに取り組めました。

化粧品メーカー企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 明日から使えるテクニックを習得できたと感じます。今までの自分自身の考え、やり方がいい意味で覆され、大変身になる一日でした。
  • ポイントをデータや理論で伝えてくださり、聞いた側の心理なども分かったので、今までの伝え方を変えていこうと思いました。
  • プレゼンテーション方法は全体的に伝わるように意識していました。今まで抽象的になりやすかった理由がわかり、明日から実践できると感じました。
  • プレゼンテーションは仕事内容の中でもとても重要なところで、今まで気をつけてやっていたこと、知らなかったこと、できていなかったことがとても明確となり、自身の弱みも見つけられました。

豊富な研修実績

リカレントのプレゼンテーションスキル研修は多くの企業様にご好評をいただいています。

一般的なプレゼンテーション研修は、プレゼンの基本やテクニックを学んだ後、簡単なロールプレイングを行います。しかし、演習の時間を多く確保することが難しく、実際にスキルを高められたかの確認までには至らないことも多いのですが、リカレントでは演習を重視した内容となっているため、即戦力化が可能です。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績

関連研修の中身やカリキュラムをまとめて確認できます

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お問い合わせ
お問い合わせ
0120-80-9217 メールでのお問い合わせ