リスキリング研修 【従業員への学び直しを促し、スキルを底上げする】

リスキリング(学び直し)に適切なテーマをご用意しています。

リスキリング研修に適切なテーマを紹介します。

本研修の対象

新入社員 若手社員 中堅社員 管理職 全職員

  • リスキリング研修を企業に導入しようと考えている方
  • 学び直しにおすすめのテーマを知りたい方
  • 世代別に学び直しをさせることで、企業全体のスキルアップをしたい方

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • リスキリングを社内に導入したい
  • リスキリング(学び直し)について何から手をつければ良いかわからない
  • リスキリングで扱うべきテーマの全体像を知りたい
  • リスキリング研修として、各世代(20代・30代・40代・50代以降)で何をすれば良いか知りたい

リスキリング研修の概要

リスキリング研修では、リスキリング(学び直し)としてよく取り扱われるテーマを把握した上で、企業や受けさせたい社員の層に合わせて内容を検討していくことができます。

リスキリング研修とは

リスキリングとは何か

リスキリングとは「社会人の学び直し」のことです
社会人が新しい技術やスキルを学び、習得していくことで、ビジネスシーンでのさらなる活躍やキャリアアップに役立てるという目的があります。

企業としても、社員一人ひとりが学び直しによりスキルアップするため、生産性の高い組織づくりに繋がります。

リスキリング研修の企業に導入するメリット(ポイント)

リスキリング(学び直し)の機会を社員に提供することで、以下のメリットがあります。

リスキリング研修のメリット

イノベーション力が向上する

今までの知識やスキルを活用することにとどまらず、新しい知識・スキルを得ることでイノベーション力アップに繋がります。

アイディア出しや顧客ニーズに合わせた商品・サービス提案にも豊富に行うことができるため、企業全体で底上げできるためメリットが大きい研修と言えます。

今求められているスキルを、素早く学べる状態になる

過去の知識や今までの経験によって業務や顧客のニーズに対応できる時代は終わりました。

顧客からの多様なニーズ、市場の激しい変化に対応していくためには「今求められているスキルを素早く学ぶ」ということが必要です。

リスキリング研修を定期的に実施し、その中で扱うテーマを変えていくことで今に合った適切な対応ができるようになります。

従業員のモチベーションが高まる

学びなおしの機会を社内で提供することにより、従業員のモチベーションを維持・向上する効果が期待できます

普段の業務を進めている間は、「自身のスキルに足りないものが何か」に気づくことは難しいものがあります。

例えば、クレーム対応に苦労しているためスキルアップを個人で行うというより
「部署全体において、お客様の潜在的ニーズを素早くつかむことができていないためクレームに繋がっている」ということを理解した上で
問題解決力やロジカルシンキング力の研修を学び直しさせることで、本質的な課題を改善させることができます。

できないことができることは「明日からがんばろう・やってみよう」というモチベーションにも繋がります

そのような意味でも、リスキリング研修を企業で実施する意味はあります。

離職率が低下する

リスキリング研修を実践することで、企業への帰属意識を高める効果もあります。上記の「従業員のモチベーションが上がる」ことにも繋がる部分です。

企業から期待されている役割や求められているスキルを知り、それを学びなおすことで自分にできることが増え「やりがい」「貢献したい」という気持ちが醸成できます。

リスキリング研修の導入方法

リスキリング研修として、どのような内容を学び直させるかは以下の流れで決めていきます。

企業の現状を把握した上で、「何を」「誰に優先させて」学び直ししたいかを検討する

社員個人ではなく企業として学び直しを推奨する場合、その結果が企業に戻ってくる・貢献するような内容が最適と言えます。

そのため、社内全体を見渡した上で「強化したいスキル・テーマ」と「対象者」を絞ります

基本的には全ての社員に学び直しの機会を提供させることがより良い形です。そのため、年間計画などを立てて長期的な計画を立てることが理想です。

研修内容・カリキュラム(コンテンツ)を検討・選出する

「何を学ばせるか」という部分をより具体的にするフェーズです。

例えば、マネジメント層により経営や数字に関する知識を学び直ししてほしいという場合、リスキルでは以下のように複数のテーマがあります。

どのテーマにするかを検討・選出していきます。

学びなおす内容 研修例
今の社会・部下に合ったマネジメント方法を身に付ける マネジメント研修
経営視点を持つためのスキルを学び直してもらう 管理職向け 経営視点強化研修
組織のビジョン、経営方針に合わせた判断ができる力を学びなおす 管理職向け 判断力シミュレーション研修

研修会社や社内講師の選定をする

リスキルのような研修会社に委託する場合でも、社内で講師を選出するバイアでもはやめにスケジュールを確保しておく必要があります。

上記にも挙げた通り、年間で計画をしたり対象者に合わせた内容にする必要があるため、自社におけるニーズを反映しカスタマイズできる研修会社がより良いでしょう。

リスキルでは、研修内容のアレンジやケースワーク(事例)を変更することも可能です。

社員への発信、スケジュールの案内をする

社員への発信は適切かつ早めに行います。

社員側に選ばせる場合や人事・研修担当側から指定する場合があります。

いずれも、上記で設定した「研修の目的(何のために行うか)」を一緒に記載した上で、選出してもらうようにしましょう。

実施結果やアンケートを振り返り、次年度に活かす

年度の終わりに、実施後のアンケートを振り返ります。

次年度の計画に活用し、より良いリスキリングの循環を生み出すことが狙いです。

リスキリング研修のラインナップ

一社研修  自由度が高い一社で実施する研修
eラーニング動画講座  見る時間が自由な動画研修

リスキリング研修

リスキリング(学び直し)に適切なテーマをご用意しています。

研修タイトル想定研修時間
アンラーニング研修 一社研修 アンラーニング研修【変化に対応できる学びを】 6時間 (変更可)

Python研修

Python研修とは、オープンソースの汎用スクリプト言語、Pythonを習得するための研修です。ビジネスでの応用範囲が広く、活用できるプログラミング言語です。

研修タイトル想定研修時間
PythonによるExcel操作研修 一社研修 PythonによるExcel操作研修【作業自動化・効率化】 2日間 (変更可)
Python入門研修 一社研修 Python入門研修【基礎内容を1日集中で学ぶ】 7時間 (変更可)

Java研修

システムやWeb、アプリケーションなど様々な開発に利用されている、Java言語を習得するための研修です。

研修タイトル想定研修時間
Javaベーシック研修 一社研修 Javaベーシック研修【プログラミングの基礎を学ぶ】 7日間 (変更可)
Javaマスター研修 一社研修 Javaマスター研修【ショッピングサイトを作る】 7日間 (変更可)
Java入門1Day研修 一社研修 Java入門1Day研修【1日でJavaの初歩を理解する】 7時間 (変更可)

ITセキュリティ研修

情報システムを運用・利用するにあたり必要となるセキュリティ対策について、基礎的な知識を身につけるための研修です。セキュリティ上の脅威と対応について学習します。

研修タイトル想定研修時間
セキュリティ研修 Webアプリケーション編 一社研修 セキュリティ研修 Webアプリケーション編【1日で理解する】 7時間 (変更可)
セキュリティ研修 サイバー攻撃手法全体像編 一社研修 【短時間集中】セキュリティ研修 サイバー攻撃手法全体像編 7時間 (変更可)
セキュリティ研修 サーバー・ネットワーク編 一社研修 【短時間集中】セキュリティ研修 サーバー・ネットワーク編 7時間 (変更可)

デジタル人材育成研修

DXを支える技術を学習することで、ITの全体像とともにDXに必要となる各種技術を理解し実践する研修です。

研修タイトル想定研修時間
リスキリングDX人材育成研修 一社研修 リスキリングDX人材育成研修【DXを支える技術】 5日間 (変更可)
ChatGPT研修 理解・活用編 一社研修 ChatGPT研修 理解・活用編【活用し業務効率を上げる】 2.5時間 (変更可)
DX研修 1.5時間セミナー型 一社研修 DX研修 1.5時間セミナー型【1時間半の集中セミナー】 1.5時間 (変更可)
DX研修 IT全体像理解編 一社研修 DX研修 IT全体像理解編 【DX人材として活動を推進するために】 6時間 (変更可)
ビジネス活用のためのAI基礎理解研修 一社研修 ビジネス活用のためのAI基礎理解研修【基本を理解する】 6時間 (変更可)
ChatGPT研修 理解・活用編 eラーニング動画講座 ChatGPT研修 理解・活用編 18分

ノーコード開発研修

ノーコード開発研修はプログラムを書かずともアプリケーションを開発するための方法を理解し、実践するための研修です。

研修タイトル想定研修時間
ノーコード開発研修 一社研修 ノーコード開発研修 【ノーコード開発を体験する】 7時間 (変更可)
UiPathによるRPA入門研修 一社研修 RPA入門研修【現場でRPAを導入するために】 6時間 (変更可)

リスキル研修の特徴

リスキルのリスキリング研修には以下の特徴があります。

600以上のテーマから「学びなおしに適したもの」を自由にカスタマイズできる

リスキルでは、600以上の研修テーマを用意しています。

学び直しをさせたいというご希望に沿って、それらから選出していただくこともできます。また、2つの研修内容をまとめて1日で実施するなど組み合わせることも可能です。研修期間が決まっている上で「何をすれば良いか」というご相談からもお受けできます。お気軽にお問い合わせください。

ケースワークや事例を企業様に合わせた内容にアレンジできる

研修に参加する受講者は、「結局この研修は、自分にとって役に立つものか」ということを重要視します

自分の業務に活用できると思ってもらうことで、研修や学び直しに意欲を持って参加してもらうことができるのです。

そのために、リスキルの研修では企業様からのご要望を反映したケースワークや事例を作成することができます。自社でケースワークを考えることが大変であったり、毎年の研修内容がマンネリ化しているというお悩みに効果的です。

見積りを10秒作成 お問い合わせはこちら 研修資料を請求する

リスキリング研修参加者(受講者)の声

研修を受講した方から、研修後のアンケートにて以下の感想をいただいております。

飲料販売企業 様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 経験学習や心理的安全性など学ぶことができて業務に活かせそうです。ECRSは社内で共有してみます。
  • 8割の成果が上がる2割の業務を抽出して、それに注力しようと思いました。そのためには、アンラーニング要りますよね…なるほど…と感じました。
  • 一方的な講義ではなく、適宜個人ワークやグループワークを取り入れて頂いたことで、アウトプット出しながら進められ、有意義な研修となりました。
  • アンラーニングという言葉を初めて聞き、新しい学びになりました。業務棚卸では、営業サポート業務なので優先順位「排除できるもの」を特定するのが難しいですが、大事な業務をどのように集中するかを考えることができました。
  • 対話をする事で相手の価値観を知り、アンラーニングする為の価値観の引き出しとしてストックする事が自己成長に欠かせないと学びました。

リスキリング研修に関するよくあるご質問

研修の費用を知りたい・見積りを取りたいのですが、どうすれば良いですか?

OJT研修のお見積りは10秒見積り(見積り作成ページ)より請求できます。簡単な情報だけ入力いただければ、メールアドレス宛にすぐに届くため、手軽に利用できます。 なお、研修時間や日程を増やした場合の費用感や短くした場合の価格については個別にお問い合わせください。

セミナー形式など、短時間でリスキリング研修を実施することは可能ですか?

はい、可能です。研修プログラムにおける実施可能時間に合わせて、1時間~6時間内での調整が可能です。短い時間のため、既存の研修プログラムからどれを選出し編成するか、ご相談しながら組み立てていきます。なお、短時間にしたことよる研修費用についてはお問合せください。

ビジネスシーンでの困りごとに関する記事やコラムはありますか?

はい、ございます。リスキルでは、ビジネスシーンでのお困りごとに関する記事やコラムもご用意しております。リスキルラボよりご覧いただけます。ぜひご覧ください。


- キャリア開発とは|手法・注意点を解説【社員の能力を最大限に引き出す】

-フレームワーク「Will・Can・Must」の具体例を多数紹介【キャリアデザインを成功に導く】

よくあるご質問の一覧>

お見積り、お問い合わせはこちらから

お見積り、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リスキルの社員研修に関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-299-194

0120-299-194

電話受付:月〜金 9:00-19:00(土日祝も研修実施)