テーマ別研修

研修の対象者

ハラスメント研修はどなたでも参加可能な研修です。

部下を持つリーダーやマネージャー、管理職の方を中心に、業務においてどこからがハラスメント行為なのかの線引きが曖昧な方、職場内で対策すべきリスクの一つとして考えている方にお勧めの研修内容となっています。

ハラスメント研修の概要

ハラスメント研修とは、主としてパワーハラスメント・セクシュアルハラスメントを防止するための研修です。

ハラスメントについての基礎理解だけではなく、起こさないための注意点、起こりにくい環境をつくるための考え方や、起こってしまった際の対処法を理解することで、ハラスメントへの多面的な対応ができるような最新の知識を身につけることを目的としています。

ハラスメント防止のポイント

近年は〇〇ハラスメントという言葉が様々存在し、社内で気をつけて行動しなくてはならないことが多くなっているように思えます。
会社の成長や発展のためには、「ハラスメントを恐れて関わらない」ではない意識を持って頂く必要があります。

認識を改めてもらう

性別や年齢によって、〇〇であるべきと決めつけたり、自分が若手のときは〇〇だったんだから今も同じはずだと思い込んで行動した結果、ハラスメントになってしまっていることに気がついていないという事例が多くあります。

最新の知識や世の中の動向を知ることで、自分が思っていたことと実際は異なるのだと認識を改めることが必要です。

関係構築とコミュニケーションを身につける

ハラスメントを恐れるあまり、必要な指導や助言ができなくなってしまう方もいらっしゃいます。しかし、そのような状態では、人材育成という職務を全うすることができず、個人にとっても組織にとっても不利益となります。

ハラスメントにならずにコミュニケーションをとるためには、日頃からの関係づくりが重要です。さらに、ハラスメントにならない叱り方を身につけることで、必要な指導をしていると相手にも伝わり、良好な関係が維持できます。

ハラスメント研修の特徴

リカレントのハラスメント研修には次のような特徴があります。

リスク管理の一環として認識を

ハラスメント対策はリスクマネジメントの一環と言えます。業務上必要な指導や指示を行うにあたり、その内容がハラスメントとして受け取られるかどうかはグレーな部分が多く、相手よって異なる場合もあります。あらかじめどのような行為がハラスメントにあたるかを知っておくことで大きなリスクの回避を可能とします。

よくあるお悩みや課題

ハラスメントであることの意識が足りない社員ばかりなのですが、理解してもらえるでしょうか?

ハラスメントの意識付けをゴールとした研修を実施することも可能です。
ハラスメントだと気付くことは難しいことである場合も多いので、具体例を用いながら繰り返し解説していきます。社内で起こったハラスメントの例をお教えいただけましたら、そちらも盛り込んでより身近な研修にすることができます。

本当に受けて欲しい人が研修中に離席してしまうのですが、どんな対策がありますか?

1日以下で短時間集中的にしてしまうこともおすすめです。
管理職の方など忙しい方であれば、定例の会議の後に1,2時間だけ時間を取ってもらい、そこで集中的に研修を行ったりしています。
研修のゴールをお伺いして、最適な研修をご提案いたします。

関連研修のカリキュラムを確認できます

ハラスメント研修のラインナップ

ハラスメント研修

コンプライアンス研修

セクハラ研修

パワハラ研修

リスクマネジメント基本研修

社内コミュニケーション研修

一例:研修の流れ

ハラスメント研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。詳細は、こちらからご確認ください。ハラスメント対策研修【部下とのコミュニケーションも強化する】詳細ページはこちら。

1. ハラスメントの理解 【ゴール】ハラスメントの全体像を理解する
  • ハラスメントとは何か
  • ハラスメントの種類 [職場で発生する〇〇ハラスメントの種類を知る]
  • ハラスメントによる企業のリスク [被害が発生した場合に企業に起こりうる問題を確認する]
  • ハラスメント研修の必要性
  • ワーク:自身の職場で考えられる企業リスクを挙げる
2. セクシャルハラスメント 【ゴール】セクシャルハラスメントの基本と対策を理解する
  • セクシャルハラスメントとは
  • セクシャルハラスメントの種類 [環境型と対価型]
  • セクシャルハラスメントの具体的な事例 [環境型と対価型の具体的な事例を知る]
  • セクシャルハラスメントを防止するためのポイント [加害者にならない、被害者にならない、加害者や被害者を出さないための心がけを身につける]
  • セクシャルハラスメントを構成する要素 [セクハラと言われる、3つの要素を知る]
  • グレーゾーン [ハラスメントになりそうな事例を判断するポイントを理解する]
3. パワーハラスメント 【ゴール】パワーハラスメントの基本と対策を理解する
  • パワーハラスメントとは
  • パワーハラスメントによるトラブルが増加している原因 [仕事の負荷の増大や世代間の感じ方の違い]
  • パワーハラスメントの判断要素 [パワハラと言われる、4つの要素を理解する]
  • パワーハラスメントの具体的な事例 [裁判事例を知る]
  • パワーハラスメントの加害者になる可能性の高い人 [加害者になりやすいタイプやその行動を意識します]
  • パワーハラスメントが発生する可能性の高い職場 [職場の状況を確認する]
  • パワーハラスメントを防止するための対応 [職場環境を作る、相談しやすい環境を作る、良好なコミュニケーションを形成する]
  • パワーハラスメントには当たらない事例 [当たらないと判断された裁判事例]
  • グレーゾーン [ハラスメントになりそうな事例を判断するポイントを理解する]
4. コミュニケーション 【ゴール】ハラスメントにならないためのコミュニケーションの基礎を再確認する
  • ハラスメントにならないコミュニケーション
  • ハラスメントと指導 [部下と上手に接する心得]
  • 叱ると怒るの違い
  • 相手の立場になった叱責が必要
  • ケーススタディ(この叱責は望ましいか、望ましくないか)
  • 相手の価値観を理解する
  • ワーク:ハラスメントにならないコミュニケーションを取れているか [現在の自身のコミュニケーションを振り返る]
5. 発生時の対応 【ゴール】ハラスメントが職場で発生してしまったときの対応を学ぶ
  • 取るべき対応の流れ
  • 事実関係の確認 [被害者・加害者・第三者に聴き取りを行う]
  • 聴き取りを行うときの注意点 [聴き取りの相手ごとの注意点を確認する]
  • ハラスメントの有無の判断 [調査結果を分析し、判断を行う]
  • 問題の解決を行う [被害者の不利益を回復し、今後双方が働きやすい職場環境を整える]
  • 再発防止のための対応を行う [記録の保存、ガイドラインの作成]
6. 職場づくり 【ゴール】ひとつ上の、ハラスメントのない職場づくりという視点を持つ
  • ハラスメントが起こらない職場づくりのために [他社の取り組み例を知る]
  • 相談窓口の設置 [窓口設置場所や相談対応時の注意]
  • ワーク:ハラスメントが起こらない職場づくり [自社で効果的だと思う取り組みのアイデアを出す]
  • 全体のまとめ
見積りを作成(所要時間10秒)

豊富な研修実績

リカレントのハラスメント研修は多くの企業様よりお問い合わせを頂いております。

会社の業績にも直接影響を及ぼしかねない一つの大きなリスクであるハラスメント行為の予防に対し、具体的なカリキュラムが用意されている点でご好評を頂いております。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績

ハラスメント研修一覧

1/1ページ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お問い合わせ
お問い合わせ
0120-80-9217 メールでのお問い合わせ