0120-80-9217
お問い合わせ

ハラスメント対策研修【部下とのコミュニケーションも強化する】

ハラスメントのリスクを知るだけではなく、その対処法まで短期間で理解する

本研修では、「自身がやらない」「起こらない職場づくり」「相談を受けられる上司になる」「起こってしまった際の対処法」をテーマに、ハラスメントの本質を理解していきます。
さまざまな事例を確認し、指導とハラスメントの境界を曖昧にしないことで、必要な指示を忌憚なく行うことができます。
予防や発生時の対応についても詳しく扱います。

研修コード:100095

ハラスメント対策研修とは?

ハラスメント対策研修とは、主としてパワーハラスメント・セクシュアルハラスメントを防止するための研修です。

近年ハラスメントは大きな社会問題になっており、ニュースなどで取り上げられることも多くなってきています。万が一ネガティブなニュースが拡散すると社員のモチベーション低下につながるだけではなく、会社の業績にも直接影響を及ぼします。

そのため、管理職はハラスメントを個人の問題ではなく会社の問題として受け止め、研修を通した対策が求められてきています。

本研修の狙い

ハラスメントについての基礎理解だけではなく、起こさないための注意点、起こりにくい環境をつくるための考え方や、起こってしまった際の対処法を理解することで、ハラスメントへの多面的な対応ができるような知識を身につけます。

本研修の対象

基本的な研修対象は以下のとおりです。研修によって調整できるため、まずはお問い合わせください。

部下を持つリーダーやマネージャー、管理職

本研修を実施すると

  1. ハラスメントの全体像が理解でき、セクシュアルハラスメント・パワーハラスメントの判断基準がわかるようになります
  2. ハラスメントを予防し、また発生してしまったときの対応について習得することができます
  3. 信頼して話ができる上司になるためのコミュニケーションの基本や、職場づくりについても再度認識できます

研修概要

本研修はハラスメントの本質を理解し、「自身がやらない」「起こらない職場づくり」「相談を受けられる上司になる」「起こってしまった際の対処法」について網羅的に理解することを目的としています。

まずは、セクシュアルハラスメント・パワーハラスメント、それぞれの事例も踏まえて、どのような行為がハラスメントにあたるかを考え、本質を理解します。ハラスメントにはグレーゾーンも多く、指導とハラスメントの境界が曖昧な場合があります。本質を理解することで、指導は指導、ハラスメントはハラスメントと明確に区別し、業務上必要な指導や指示を躊躇なくできるようになります。

その後、職場全体としてハラスメントが起こらないようにしていくために考えるべきこと、起こってしまった際の対応方法について学び、ハラスメントへの対応力を強化していきます。

3つの特徴

ハラスメントの本質を理解できる

ケーススタディだけではなく、ハラスメントの本質を理解することで、パワーハラスメントやセクシュアルハラスメントを避けるための判断基準がわかるようになります。

グレーゾーンへの考え方がわかる

パワーハラスメントやセクシュアルハラスメントには、そう認定されるかされないかのグレーゾーンがあります。それを見極めてしっかりと指導ができる上司になるためのポイントが理解できます。

コミュニケーションについても学び直すことができる

部下へのあるべきコミュニケーションを再認識できる内容を取り入れています。よくある注意点や叱り方の方法論を再度確認し直すことでハラスメント防止へつながります。

想定時間

6時間 (変更が可能です)

研修カリキュラム

下記、研修カリキュラムを元に、他研修を組み合わせてのアレンジにも対応しています。別途料金はかかりませんのでご安心ください。

1. ハラスメントの理解 【ゴール】ハラスメントの全体像を理解する
  • ハラスメントとは何か
  • ハラスメントの種類 [職場で発生する〇〇ハラスメントの種類を知る]
  • ハラスメントによる企業のリスク [被害が発生した場合に企業に起こりうる問題を確認する]
  • ハラスメント研修の必要性
  • ワーク:自身の職場で考えられる企業リスクを挙げる
2. セクシャルハラスメント 【ゴール】セクシャルハラスメントの基本と対策を理解する
  • セクシャルハラスメントとは
  • セクシャルハラスメントの種類 [環境型と対価型]
  • セクシャルハラスメントの具体的な事例 [環境型と対価型の具体的な事例を知る]
  • セクシャルハラスメントを防止するためのポイント [加害者にならない、被害者にならない、加害者や被害者を出さないための心がけを身につける]
  • セクシャルハラスメントを構成する要素 [セクハラと言われる、3つの要素を知る]
  • グレーゾーン [ハラスメントになりそうな事例を判断するポイントを理解する]
3. パワーハラスメント 【ゴール】パワーハラスメントの基本と対策を理解する
  • パワーハラスメントとは
  • パワーハラスメントによるトラブルが増加している原因 [仕事の負荷の増大や世代間の感じ方の違い]
  • パワーハラスメントの判断要素 [パワハラと言われる、4つの要素を理解する]
  • パワーハラスメントの具体的な事例 [裁判事例を知る]
  • パワーハラスメントの加害者になる可能性の高い人 [加害者になりやすいタイプやその行動を意識します]
  • パワーハラスメントが発生する可能性の高い職場 [職場の状況を確認する]
  • パワーハラスメントを防止するための対応 [職場環境を作る、相談しやすい環境を作る、良好なコミュニケーションを形成する]
  • パワーハラスメントには当たらない事例 [当たらないと判断された裁判事例]
  • グレーゾーン [ハラスメントになりそうな事例を判断するポイントを理解する]
4. コミュニケーション 【ゴール】ハラスメントにならないためのコミュニケーションの基礎を再確認する
  • ハラスメントにならないコミュニケーション
  • ハラスメントと指導 [部下と上手に接する心得]
  • 叱ると怒るの違い
  • 相手の立場になった叱責が必要
  • ケーススタディ(この叱責は望ましいか、望ましくないか)
  • 相手の価値観を理解する
  • ワーク:ハラスメントにならないコミュニケーションを取れているか [現在の自身のコミュニケーションを振り返る]
5. 発生時の対応 【ゴール】ハラスメントが職場で発生してしまったときの対応を学ぶ
  • 取るべき対応の流れ
  • 事実関係の確認 [被害者・加害者・第三者に聴き取りを行う]
  • 聴き取りを行うときの注意点 [聴き取りの相手ごとの注意点を確認する]
  • ハラスメントの有無の判断 [調査結果を分析し、判断を行う]
  • 問題の解決を行う [被害者の不利益を回復し、今後双方が働きやすい職場環境を整える]
  • 再発防止のための対応を行う [記録の保存、ガイドラインの作成]
6. 職場づくり 【ゴール】ひとつ上の、ハラスメントのない職場づくりという視点を持つ
  • ハラスメントが起こらない職場づくりのために [他社の取り組み例を知る]
  • 相談窓口の設置 [窓口設置場所や相談対応時の注意]
  • ワーク:ハラスメントが起こらない職場づくり [自社で効果的だと思う取り組みのアイデアを出す]
  • 全体のまとめ

研修金額

アレンジ無料の明瞭価格で講師派遣型研修を実施することができます。研修時間と概算人数の情報のみで見積りをすぐにお送りします。

参加者の必須条件

部下がいるマネージャー層の方々を研修対象のメインとしていますが、それ以外の方でもご参加いただけます。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用頂いています

研修実績

見積りを作成する

送信先アドレス
会社名
名前
電話番号
研修人数の想定
名  実施二週間前まで変更可能
研修時間の想定
時間  通常6時間からアレンジ可能

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お問い合わせ
お問い合わせ
0120-80-9217 メールでのお問い合わせ