テーマ別研修

本研修の対象
中堅社員 管理職

  • 財務諸表や財務分析についてこれから触れる必要があり、基本的な事項から学びたい方
  • マネージャ・管理職・経理部・経営層などBS / PLの概要を理解している方
  • 企業会計の基本を学び、企業の課題分析手法を身に着けたい方

よくあるお悩みや課題

  • 経理関係の業務に関わらない社員にも、決算期などに自社の状況が分かるようになってほしい
  • 会社の経営に関わる話について知る機会を設けることで、日々の業務の中でも意識を高めてほしい
  • 自社と他社の経営状況を比べて改善すべき点、継続すべき点を明確にしたい
  • 財務諸表の読み方や貸借対照表等、企業会計の基本を学んでほしい

財務研修の概要

財務研修とは、ビジネスパーソンにとって必須の知識である、決算書の読み方・活用方法、財務分析の基礎知識までを、サンプルの決算書を使って学ぶ研修です。

決算書から会社の問題点を発見し、経営的な視点での業務改善に役立つ知識を習得することが目的です。

財務研修イメージ

財務・会計の知識が必要な理由

自身の売上や部署の目標数字くらいは、営業であれば誰でも把握していると思います。しかし、会社全体の会計については、経理や会計に関する部署以外で関心を持っている方はどれくらいいるでしょうか。
関係部署以外でも研修を受講する方が増えています。

ビジネスに必須の知識である

財務・会計は管理職やマネージャークラスだけでなく、若手や中堅のうちから把握が必要なビジネスの基礎知識です。経費の削減をするようにという指示が上司からあったとしても、今までなにに、どれくらいかかっているのかがわからないとどうしようもありません。財務諸表の読み取り方などを学び、自分の仕事とのつながりを理解できるようになることで、ビジネス意識が高まります。

自社だけでなく、他社にも関心をもつ

お客様の会社やライバル会社の決算公告なども読み解けるようになれば、さらにビジネスの力がつきます。経営数字と聞くと難しく、苦手意識がある方もいると思いますが、ビジネスの共通言語として、読み解けることがたくさんあります。
それによって今行っている業務での企画提案に繋げていくことができます。

財務研修イメージ②

リカレント財務研修の特徴

リカレントの財務研修には次のような特徴があります。

段階を踏んで学習を

本研修では簿記の仕組みから、財務諸表(損益計算書BS・貸借対照表PL)の読み方や活用方法、重要な財務分析の指標などを基礎編として理解していきます。BS / PLの概要を理解している方向けに応用的な内容のコースも用意されており、順を追ってステップアップが可能な構成となっています。

メリットが意識できる研修内容

財務諸表から様々な情報を読み取れるようになるということは、会社の問題点を発見し、経営的な視点での業務改善に役立つ提言が出来るようになるということです。社内にそのような人材が増えることは経営の健全化にも大いに役立ちます。

財務研修のラインナップ

財務研修

店長研修

新入社員研修

マネジメント研修

研修カリキュラムの一例

財務研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。詳細は、こちらからご確認ください。財務研修 基礎編【財務状況を把握できる知識を】詳細ページはこちら。

1. 企業会計の基本 【ゴール】企業会計の基礎について理解する
  • 【ワーク】粗利が多いのは? 
  • 企業会計とは
  • 財務会計と管理会計 
  • 決算書の役割 
  • 決算書を読みこなすためのコツ 
2. 簿記 【ゴール】簿記の基本を身につける
  • 簿記とは 
  • 単式簿記と複式簿記 
  • 仕訳のイロハ 
  • 【ワーク】基礎的な仕訳演習 
3. 損益計算書の基本 【ゴール】損益計算書(PL)が読めるようになる
  • 損益計算書とは 
  • 損益計算書の読み方 
  • さまざまな利益 
  • 【ワーク】コストによる利益の変動 
4. 貸借対照表の基本 【ゴール】貸借対照表(BS)を理解する
  • 貸借対照表とは 
  • 貸借対照表の読み方 
  • 損益計算書と貸借対照表の関係 
5. 財務分析の基本 【ゴール】簡単な財務分析ができるようにする
  • 収益性(儲ける力)分析 
  • 安全性(倒産する可能性)分析 
  • 成長性(会社がどれだけ伸びているか)分析 
  • 【ワーク】財務分析の練習問題 
6. 総合演習 【ゴール】サンプルの決算書で実際に分析をしてみる
  • ワーク:財務諸表を分析する 
見積りを作成(所要時間10秒)

よくあるご質問

どんな職種が対象でしょうか?

経理系の職種に限らず、マネージャーや管理職の方など財務分析に関わる方にも受けていただいています。
財務諸表の読み方を学ぶことにより、それを使って経営的な視点で業務改善をすることができるようになります。

若手の社員でも受けられますか?

はい、可能です。
会社の経営に関わるお金についての話は、若手の社員であっても知っておくことで、日々の業務において企業人としての意識を高めることに繋がります。基礎編は、初めての方にもイメージしやすい内容になっております。若手社員向けの研修でもご活用いただいています。

豊富な研修実績

リカレントの財務研修は多くの企業様よりお問い合わせをいただいております。

財務諸表の読み方を学んだり、財務分析の方法を知ることは、市販の書籍を読み、実行するだけではなかなか上手く行きません。まとまったカリキュラムと共に実践の手法を学ぶことにより、より迅速で効果的な実践が可能となります。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お見積り
お見積り
0120-80-9217 見積りを作成(所要時間10秒)