テーマ別研修

本研修の対象
管理職

  • 店舗の管理職、店長業務をしている/これから管理職の立場になる方
  • 自分流の管理手法を確立しているものの見直しをしたい方
  • 店舗のスタッフとより良いコミュニケーションを取りたい方

よくあるお悩みや課題

  • アルバイトやパートの離職率を下げてほしい
  • 各店舗の自己流の管理方法を企業として統一したい
  • 自己流の経営方法で売上が伸びなくなってきた
  • スタッフとの良好な人間関係が築けず、働きにくい環境になっている

店長研修の概要

店長研修とは、店舗の経営やスタッフを管理する店長のための研修です。

スタッフへの接客指導やコミュニケーションを円滑にするための方法、効率的な数字管理をどのようにするべきか、など店舗運営を行うために必須となるさまざまな技術を習得できるようなカリキュラムを用意しています。

店舗運営の課題

店長による店舗マネジメントでは以下のような課題が挙げられます。

人材が定着しない

アルバイトやパートで働く方々に対してのアプローチが難しく、人材の定着が難しいという声があります。シフト制で働くことが多いこともあり、コミュニケーションの頻度や方法などでお困りの店長が多いと考えられます。

コミュニケーションが円滑になることで、接客指導などの人材育成もズムーズに行うことができるため、サービス向上や売上増加にも繋がります。

売上管理が十分でない

店長という立場になってからも、スタッフや販売員と同じように接客をする割合が多くなってしまうことがあります。スタッフ人数が少ない中で時間を割くのは難しいですが、店長として数字管理や売上向上のための施策にも力を入れることが必要です。

数字の見方、その数字からどのように課題を見つけ出し、対策を立てるかが把握できると行動に移しやすくなります。

リカレント店長研修の特徴

リカレントの店長研修には次のような特徴があります。

目的に応じた学習に対応

複数カリキュラムの店長向け研修を用意しており、ご要望に合わせて、研修の提案が可能です。

チーム作りを意識した研修メニュー

店長向け研修となると経営管理などの数字相手のカリキュラムが中心となりがちですが、店舗スタッフとどのようにコミュニケーションを取り、どのように接客を行うかなどの指導方法についての研修もあるため、店長が店舗を引っ張るだけでなくスタッフも含めたチームとして店舗を引っ張る体制を作ることができます。

店長研修のラインナップ

店長研修

フォロワーシップ研修

中堅社員リーダーシップ研修

マネジメント研修

プレイングマネージャー研修

社内コミュニケーション研修

研修カリキュラムの一例

店長研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。詳細は、こちらからご確認ください。店長向け コミュニケーション強化研修【スタッフ離職率を下げる】詳細ページはこちら。

1. コミュニケーションとその重要性 【ゴール】コミュニケーションについて確認し、その重要性を理解する
  • 店長としての自分 [現在の状況、自身の思いを振り返る]
  • 店長の仕事 [店長の仕事とよくある悩みを知り、自身の店舗の状況を考える]
  • コミュニケーションとは [ビジネスにおけるコミュニケーションとは何かを確認する]
  • ミスコミュニケーション [ミスコミュニケーションの原因と対策を理解する]
  • ディスコミュニケーション [ディスコミュニケーションとは何か、なぜ起こるのかを学ぶ]
  • コミュニケーションとストレス [コミュニケーションがストレスの原因となることを知る]
  • 意味、考え方、思いの共有化 [共有することの必要性を学び、現在の状況を確認する]
2. モチベーション管理(褒め方) 【ゴール】店⻑として望ましい褒め方を実践し、どう感じるかを共有する
  • モチベーションの考え方 [グループディスカッションで自分とスタッフのモチベーションについて考える]
  • モチベーションをマネジメントする [スタッフのモチベーションを上げるために店長ができるコミュニケーションを知る]
  • 褒める目的 [褒めることで他者にどんな影響を与えるかを学ぶ]
  • 褒め方のポイント [褒める際のポイントがわかり、より効果的な褒め方ができるようになる]
  • タイプや対象に合わせる [性格タイプ別の褒め方を知る]
3. ノンバーバル(非言語)コミュニケーション 【ゴール】ノンバーバル(非言語)コミュニケーションの重要性を理解する
  • コミュニケーションを円滑にするスキル [円滑にするために必要なコミュニケーションの柱を学ぶ]
  • ノンバーバル(非言語)コミュニケーションの重要性 [人の印象において重要な要素を知る]
  • 声(声質・声の大きさ・話すスピード・話すペース・間)
  • 表情とパーソナルスペース
  • 動作(ジェスチャー・うなずき・身体的接触)
  • ワーク:コミュニケーションを取りやすい・表情・動作 [声や表情・動作に気をつけながらコミュニケーションをとってみる]
4. 関係構築 【ゴール】相手を知り、周囲との違いを知り、信頼関係を構築する方法を習得する
  • 関係構築の目的
  • 関係構築に必要な心構え [関係構築のために普段から心がけたいことを理解する]
  • あいさつ力
  • ペーシング [相手に合わせる]
  • ミラーリング [動作や態度を合わせる]
  • リフレクション [自己の行動を振り返る]
  • リーディング [相手が望む状態に導く]
  • ワーク:自然に相手に自分らしさを出させる [コミュニケーション技法を用いて相手がどうなりたいかを引き出す]
5. 聴くスキルと伝えるスキル 【ゴール】相手を尊重しながら聴くスキルと、本質を共有するためのスキルを習得する
  • 聴くスキルとは [「聞く」ではなく「聴く」を意識できるようになる]
  • アクティブリスニング [アクティブリスニングの基本となる3つの姿勢を知る]
  • 相手の思いを引き出す聴き方 [相手が話をしたくなるような投げかけの言葉や言葉遣いを学ぶ]
  • 質問⼒ − クローズド・クエスチョン [クローズド・クエスチョンの良い点と悪い点を知り、場面ごとに有効・不向きな質問例を考える]
  • 質問⼒ − オープン・クエスチョン [オープン・クエスチョンで相手の心を開く方法をしる、質問を書き換える]
  • 伝えるスキル [聴いてもらうために、「聞く」と「聴く」の違いを再確認する]
  • ワーク:信頼関係を育てるスタッフとの対話ロールプレイ [これまで学んだスキルを用いてスタッフとの対話をする]
見積りを作成(所要時間10秒)

よくあるご質問

丸1日、現場を離れることができないのですが、短時間で研修はできますか?

はい、可能です。

午前3時間や午後4時間など、いただけるお時間に合わせてカリキュラムの調整ができます。
(平日夜や週末の研修依頼も増えています)

終日用のカリキュラムをベースに、必要なトピックを選んで研修を組み立てることが可能です。

店舗の種類(飲食店・小売店など)は問わず、研修ができるのでしょうか?

どんな商材を扱っているかに関わらず、ご利用いただけます。

普段どのような業務をされているのかお伺いした上で、業態にあったワークを含めたカリキュラムを組み立てています。

実務に活かせる研修となるよう、弊社コンサルタントが最適な研修をご提案しています。

豊富な研修実績

リカレントの店長研修は店舗の規模を問わずご利用いただいております。

店長に就任された直後の方、あるいは就任から数年が経過された方、さまざまな方が受講された結果、限られたリソースを使って売上を最大限に上げるための意識作りが出来たと喜びのお声を頂戴しております。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績

関連研修の中身やカリキュラムをまとめて確認できます

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お問い合わせ
お問い合わせ
0120-80-9217 メールでのお問い合わせ