テーマ別研修

【主張と尊重を両立する】 アサーティブコミュニケーション研修

アサーティブコミュニケーション研修のまとめページです。
詳細はラインナップの各研修ページをご確認ください。

良好な人間関係を構築するコミュニケーション方法を理解する

本研修の対象

新入社員 若手社員 中堅社員

  • 人とコミュニケーションをとることや関係を作るのが苦手な方
  • コミュニケーション能力を向上させたい方
  • 部下への接し方について改めて考えたい管理職の方

アサーティブコミュニケーション研修のラインナップ

アサーティブコミュニケーション研修

主張と尊重を両立するアサーティブコミュニケーションの方法を学び、社内での良好な人間関係構築を目指す研修です。

コーチング研修

部下育成にとって必要な、モチベーション管理、目標設定、行動計画の管理などコーチングスキルとして必要な要素を伸ばす研修です。

ファシリテーション研修

会議時間を効率よく使うため、会議において重要なファシリテーターとしてのスキルを身につける研修です。

社内コミュニケーション研修

仕事をよりスムーズに進めるために、社内でのコミュニケーションを円滑にする研修です。階層、コミュニケーションのシーンに応じた研修を用意しています。

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • お願いをされたら断れず、無理に引き受けてしまう社員がおり、業務バランスが悪くなっている
  • 伝えるべきことを臆せずに伝える力をつけてほしい
  • 上司部下の間で本音がなかなか言えない空気があると感じる
  • 相手の気持ちに配慮した発言をする力を身につけて、業務の円滑化を図りたい

アサーティブコミュニケーション研修の概要

アサーティブコミュニケーション研修とは主張と尊重を両立するためのコミュニケーションについて学ぶ研修です。

ほとんどの業務は、組織に所属する多種多様な人とのコミュニケーションの中で進みますが、その中で相手を尊重しながら、自分の気持ちや意見を率直に伝えるためのアサーティブコミュニケーションの方法について学び、社内の人々との良好な人間関係を築いていくことを目的としています。

アサーティブコミュニケーション研修イメージ

アサーティブコミュニケーションを身につけるためには

「伝え方」を変えることでアサーティブコミュニケーションに近づきます。

アサーティブとは「自己主張すること」を指しますが、自分の意見を押し通すのではありません。
相手の気持ちや状況も尊重しながら、自分の意見を率直に伝えることが大切です。自分と相手のコミュニケーションのタイプを考慮して、伝え方を工夫するなどの意識で変えることができます。考え方のフレームも活用します。

仕事では、依頼したり、要望を伝えたりする場面が多くあります。その際に、上手な伝え方ができると良好な関係が構築できます。

アサーティブコミュニケーション研修イメージ②

リカレントアサーティブコミュニケーション研修の特徴

リカレントのアサーティブコミュニケーション研修には次のような特徴があります。

業務に即時適用可能な実践を

アサーティブコミュニケーション研修では、業務がスムーズに進むような良好な人間関係を築くコミュニケーションや、ストレスを溜めない自己表現とはどのようなものかが理解できるようになります。場面ごとの演習を数多く行うことで、即座に職場で実践できるようになることを狙いとします。

研修カリキュラムの流れ

アサーティブコミュニケーション研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。

  1. 01アサーティブ・コミュニケーションの基本

    ゴール

    アサーティブ・コミュニケーションの基本とその必要性を理解する

    • 【ワーク】現状の課題
    • アサーティブ・コミュニケーションとは何か 
    • アサーティブであることのメリット
    • コミュニケーションをとる上で必要なマインド 
    • 自己チェック 
    • コミュニケーションタイプを理解する 
    • アサーティブ・コミュニケーションに必要なスキル 
  2. 02アサーティブな聴き方

    ゴール

    相手の意見 をアサーティブに聴くスキルを学ぶ

    • アサーティブな対応に必要な「傾聴」
    • 【ワーク】傾聴に関する自身の現状確認
    • 積極的傾聴(アクティブリスニング) 
    • 相手の信頼を獲得する態度とは
    • 【ワーク】傾聴の実践
  3. 03アサーティブな伝え方

    ゴール

    自分の意見を整理 し、 アサーティブに相手へ 伝えられるよう になる

    • 「伝える力」の重要性
    • 前提は相手の視点に立つこと
    • DESC(デスク)法 
    • アイメッセージで伝える 
    • 【ワーク】アイメッセージの活用
    • 【ワーク】DESC法を身に付ける 
    • 依頼する・異なる意見を伝える
    • 【ケースワーク】部下に対してアサーティブに伝える
  4. 04関係の質を向上させる

    ゴール

    関係の質を向上させるための、相手との関わり方を学ぶ

    • 関係の質の重要性
    • 上司との関係性を向上する 
    • 部下との関係性を向上する 
    • 【ワーク】部下に対するアプローチ方法を考える
  5. LASTアサーティブ・コミュニケーションの実践

    ゴール

    アサーティブ・コミュニケーション を 実践し、学んだ技法を 身に付け る

    • 【ワーク】想定される場面からのケーススタディ
    • 【ケース1】:上司の依頼を断るには
    • 【ケース2】:遅刻ばかりする部下
    • 職場で実践するために 
    • 【ワーク】気づきと行動の落とし込み

アサーティブコミュニケーション研修参加者からの声を一部ご紹介します

大手専門商社様

内容: 満足・良かった

95.7 %

講師: 満足・良かった

95.7 %

研修参加者の声

  • アサーティブ研修の方で、聴く側の意識について改めて考える機会になりました。色々と話を聞く機会が増えていくと思うので、今日学んだことを生かしていきたいです。
  • 傾聴の仕方やリフレクションのコツを学び、今後の営業活動に活かしていきたいと思います。また、自分を見つめ直す良い機会になりました。
  • コミュニケーションの取り方に関して、話す側のスキルや姿勢が注目されがちではあるが、聞く側の姿勢も非常に大切だということを感じた。

電子デバイス部品製造企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • わかりやすいご説明でした。参加型の研修は実践的でよかったと思います。
  • いくつかポイントとなるコミュニケーション方法をご教授頂きましたので少しずつ実践していきたいと思います。ありがとうございました。
  • 過去の教育も思い出した。アイメッセージとリフレクションに気をつけて傾聴したい。

レストラン運営企業様

内容: 満足・良かった

93.8 %

講師: 満足・良かった

95.8 %

研修参加者の声

  • 今後、この資料を使いながら言葉の言い回しを変えていこうと思います
  • 書籍等でコミュニケーションについて勉強していたが対人での講和で非常に有意義な内容でした。ありがとうございます。
  • 言葉も分かりやすく、常にアサーティブ、表現の特徴であるポジティブな表現だったので勉強になりました。
  • 異動直後で、クルーとのコミュニケーションと取る必要があったので、勉強できて良かったです。
  • コミュニケーションのために必要な『聞く』簡単なようでとても難しいと常日頃感じていました。まず一旦、相手の意見を受け入れる。練習していきたいです。

食料品業界団体様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • テーマが明確で、仕事に活かしやすいと思いました。
  • よみやすく、わかりやすかった。回答例も付いているので、後日自分で振り返るときに役立てられる。
  • Web研修ではありますが、話の速度、説明について解りやすかったです。
  • 円滑なコミュニケーションのスキルについて、実際のケーススタディをまじえて学ぶことができ大変有意義でした。

総合物流企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 普段意識せず行っていた先輩、上司とのコミュニケーションを見直すいい機会となった。意識せず、円滑なコミュニケーションが取れていたのはあくまで信頼関係があったからで、新たな部署に移動した際にも役立つものだと思う。
  • 大変参考になりました。相手に選択肢を与える提案など、今後のコミュニケーションツールとして、役立てます。
  • 業務が忙しいときは自分目線になりがちだが、相手のことを考えて行動・発言していくことがチームとして良い方向に進むということに気付くことができた。
  • DESC法などの演習を繰り返し行なっていただいたことで、自分の頭の中に伝え方のパターンをインプットし、アウトプットすることができた。

IT通信企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 実態は〇〇だと思うという、こちらの立場に立って頂き話して頂いており、非常にわかりやすかったです。
  • 「なぜ」から「なに」と「人」から「コト」強く印象に残った。なぜを言いがちなのでそこから改善したいと思う
  • コミュニケーションをとるうえでのスタンスや質問のしかたなど参考になることがたくさんありました。参考にしながら日々の業務で活かしてまいります
  • こちらの意図すること、やりたい方向性を押し付けるコミュケーションをとることが多かったが、パーソナリティや相手の考えを理解することが非常に重要だと感じました。また、多様な考え方、捉え方があるということも再認識致しました。今後は、相手の立場にたち、積極的に知ろうとする姿勢をもって、コミュニケーションを図って参ります。

よくあるご質問

アサーティブコミュニケーションという言葉に馴染みがないのですが、わかってもらえるでしょうか?

アサーティブコミュニケーションとは、というところから丁寧に解説いたしますので、初めてでも使えるようになっていただくことが可能です。ワークの題材で普段の業務でよくあるシチュエーションを盛り込むこともできますので、自分ごととして考えていただくことができます。

様々な役職や年齢の社員に一緒に受けてもらうことはできますか?

上司と部下のコミュニケーションにも使える考え方であるため、様々な方が一緒に受けることもおすすめしています。会話のワークでも実際の状況に近いかたちで行えるため、リアリティがあり、その後の業務に活かしやすくなります。

よくあるご質問の一覧>

豊富な研修実績

リカレントのアサーティブコミュニケーション研修は多くの企業様よりお問い合わせをいただいています。

「上司に言うべきことが言えない」「頼まれた仕事が断れなかった」などの人対人に関する具体的な悩みをお持ちの社員様に受講して頂くことにより、対処方法のヒントが数多く得られたと喜びのお声を頂戴しております。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

お見積もり、お問い合わせはこちらから

お見積もり、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

電話受付:月〜金 9:00-19:00(土日祝も研修実施)