テーマ別研修

研修内製化研修

研修内製化研修のまとめページです。
詳細情報を確認するにはラインナップの各研修ページをご確認ください。

社内での教育体系づくりに必要な方法を学ぶ

本研修の対象

中堅社員 管理職

  • オリジナルの研修によって人材育成を強化したいと考えている方
  • 社内での教育を属人化させず、業務内容を継承していくために必要な体制を構築したい方
  • 研修体系の構築や研修計画の作成をしたい方

研修内製化研修のラインナップ

研修内製化研修

社内で教育体系を作る際に必要な取り組み方、具体的な進め方・手順について学び、自社で人材を育てる環境づくりを行うための研修です。

部下育成研修

部下が更に成長するために、部下の成長段階を理解し、割り当てるべき業務を与え、支援し、より効果的な育成を目指す研修です。

OJT研修

OJTをより効果的に行うための方法論を理解し、リーダーやマネージャーが率先してより良いOJTを行うための研修です。

マニュアル作成研修

マニュアルのより良い作成方法から、継続的な更新など仕組み化されるまでの方法を理解する研修です。

コーチング研修

部下育成にとって必要な、モチベーション管理、目標設定、行動計画の管理などコーチングスキルとして必要な要素を伸ばす研修です。

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • どの階層にどんな研修をすればいいのかわからない
  • 研修体系を整えて、より効果的な人材育成をしたい
  • 前任者が実施した研修や作成した体系の記録が少なく、手探り状態になっている
  • 自社の社員の特徴にあった研修を社内で考えて運営していきたい

研修内製化研修の概要

研修内製化研修とは、社内での教育体系づくりに必要な取り組み方や具体的な進め方、そして手順について学ぶ研修です。

自社の教育体系で人材を育てていくための環境作りが具体化できることを目的としています。
研修内製化研修イメージ

内製化のメリット

研修会社の立場から見た、研修内製化のメリットを紹介します。

現場に即したノウハウの継承ができる

現場で長年培ってきたノウハウは、内部で継承していく必要があります。研修として確立できれば、これから先も長きに渡って引き継いでいくことが可能です。

職務要件などを明確にする機会を得られる

どんな人材になって欲しいかをはっきりさせるという準備を行った上で研修を企画・設計していくことが求められるため、今までお題目になっていた職務要件なども具体的に落とし込んでいくことができます。

外部の講師に依頼することで、受講者の気を引き締め、効果をより発揮するような研修もあります。それぞれの研修の特性に合わせて活用していくことがおすすめです。

研修内製化研修イメージ②

リカレント研修内製化研修の特徴

リカレントの研修内製化研修には次のような特徴があります。

段階に合わせた指導がわかる

自社の人材育成の現状確認から調査、教育体系の構想づくりまで手順に沿って策定作業を進め、教育体系の見直しのポイントなどについても学びます。研修コンテンツをどのように作成するかを具体的に学習する研修もあります。

実践のための学習を

階層別や職能別など、教育体系の設計のポイントを把握し、最後に、どの層にどのような方法の教育を実施するか、自社の教育体系内容が一目でわかる体系図を作成し、それを持ち帰ることで自社の教育体系での人材育成に活かしていただきます。

研修カリキュラムの流れ

研修内製化研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。

  1. 01教育体系とは

    ゴール

    教育体系について理解する

    • 【オープニングワーク】教育体系は何のために作るのか
    • 教育体系とは
    • 教育体系の役割と意義
    • 教育体系の構成 
    • 研修体系の作り方 
  2. 02目指すべき社員像を考える

    ゴール

    目指すべき社員像を明確にする

    • 人材育成のために要件を明確にする
    • 現状の課題の確認
    • 経営目標、ミッションと照らし合わせる
    • 環境の変化に対応する
    • 【ワーク】ミッションの達成や環境への適応ができる人材とは
    • 【ワーク】その人材に必要なスキルは何か、現状とのギャップはあるか
  3. 03教育計画の設計

    ゴール

    体系的な教育計画を構築する事ができる

    • 社員に求める能力、スキル、行動、役割の明確化
    • 【ワーク】役職や階層ごとに求められるスキルの洗い出し
    • 評価制度や等級制度と関連付ける 
    • 教育内容の体系化
    • 【ワーク】洗い出したスキルを身につけるための教育手法を検討する(現状の教育制度で足りているかどうかチェックする)
  4. 04研修計画の作成

    ゴール

    教育計画の中でどのように研修を使用するか考えられる

    • 研修の種類を知る
    • 誰を対象にするか
    • 【ワーク】洗い出したスキルを身につけるための研修の種類とその対象者を考える
  5. LAST教育体系図の作成

    ゴール

    教育体系図が作れる

    • 【ワーク】教育体系図の作成
    • 【ワーク】研修計画の作成
    • 【ワーク】グループでプレゼン、ディスカッションを行う

よくあるご質問

少人数でも参加できますか?

はい、可能です。
5名以下でのご利用もできます。講師からの個々人へのフィードバックが多く受けれられるため、おすすめです。
また、人数変更にも柔軟に対応しておりますので、別の部署で教育に携わっている方などもご都合が合いそうであれば、一緒に受講していただけます。

どんなワークがありますか?

教育体系図の作成を行うワークなどを用意しています。
設計・作成のポイント等を学んだ上で実施するため、手順を踏んで丁寧に作成ができます。
もちろん、研修内で作ったものは実際の体系図作成に応用できます。

豊富な研修実績

リカレントの研修内製化研修は多くの企業様にご好評をいただいています。

社内での研修内容は研修担当者のスキルによるところが大きく、人によって大きな差が出てしまうところです。ある一定のレベル以上を保つ教育体制構築のヒントになったというお声を頂戴しております。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

お見積もり、お問い合わせはこちらから

お見積もり、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:00-19:00/土日祝9:30-18:00