テーマ別研修

【業務を客観的に見直す】 働き方改革研修

働き方改革研修のまとめページです。
詳細はラインナップの各研修ページをご確認ください。

働き方改革のためにできることを理解し、より良い改善に繋げる

本研修の対象

新入社員 若手社員 中堅社員 管理職

  • 新入社員、若手社員、マネージャーなど、役職や年齢層を問わず、幅広い業種・職種の方
  • 職場環境の改善や効率化にはどのようなアプローチが良いのかといった問題意識をお持ちの方
  • 働き方改革の必要性やメリットを理解して、何から始めればよいのかを学びたい方

働き方改革研修のラインナップ

働き方改革研修

現在の業務の洗い出しや、働き方改革のためにできることは何かを理解し、会社そのものの改革に繋げる研修です。

生産性向上研修

現在の業務実績を把握して、業務成績を上げるためにどのような改善を行えるかを考え、生産性を向上させる研修です。

業務効率化研修

現在の業務を見直し、業務時間の短縮・生産性を向上させるために出来る具体的な改善案を見つける研修です。

5S研修

5Sがどのように業務効率化に関わるのかを理解し、職場に導入・実現するための研修です。

タイムマネジメント研修

限られた時間の中で最大限の成果を出すためのポイントを理解し、行動を変えていくための研修です。

女性活躍推進研修

女性社員の能力を生かして組織全体へ還元してもらうために、女性が働きやすい環境を作るための研修です。

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • 現在の業務や職場環境の問題点を客観的に見直したい
  • 働き方改革に合わせた業務の進め方を社内に定着させたい
  • 必要な業務、減らせる業務を明確にして社員の残業時間を削減したい
  • 働き方改革に合わせて制度の導入を行ったものの、残業時間が変わっていない

働き方改革研修の概要

働き方改革研修とは、業務の洗い出しや業務効率化、そしてタイムマネジメントなど、働き方改革のために必要な研修をまとめたものです。

研修の結果として、会社そのものの改革に繋がるきっかけとなることを目的としています。

働き方改革研修イメージ

働き方改革の背景

近年日本の生産性の低さが問題視されています。生産性は一人あたりが生み出す付加価値(粗利)です。営業利益と違い、社員の給与とトレードオフにならないため、全社一丸となって目指せる目標となっています。

生産性が低い状態では市場で競争ができません。投資に資金を回せないためです。少ない人数で、多くの粗利額を出すことが今の日本では必要になっています。

働き方改革の方向性

「働き方改革」と言われ始めて、しばらく経ちますが、どういった方向性で進めているでしょうか。

わかりやすい指標として、残業時間の削減が挙げられますが、そのためには何を行うかはそれぞれの企業で考えていかなくてはなりません。

「働き方改革」で検討・実施されている対策を課題ごとに整理していきます。

①既存の社員の労働時間のコントロール

まずは、直接的に残業時間を減らしていくための取り組みです。
現在の業務を把握し、改善を進めていきます。業務量や人員は適切か、業務フローに問題点はないかを確認し、何をどのように改善していくか、工夫するかを考えます。改善策の思考のポイントを押さえて、組織に定着させることが重要です。

②多様な人材の活用

業務の洗い出しをしていく中で、他の力を借りたいこともあるかもしれません。そういった際に、活躍するのが多様な働き方の人材です。
様々な状況を抱えながらも働くことに意欲を持っている方々の力を積極的に借りることで、WIN-WINな関係性を保ちつつ、社内の働き方改革の取り組みを進めて行くことができます。

働き方改革研修イメージ②

働き方改革に役立つ研修の例
タイムマネジメント研修 
多様性研修

リスキル働き方改革研修の特徴

リスキルの働き方改革研修には次のような特徴があります。

主張なポイントを押さえた研修内容

現在の業務の洗い出し、既存の業務からムダやムラの発生箇所を特定する方法、業務量とそこに充てる人員のバランスの考え方、業務フローのネック、会議の問題点など、働き方改革のための主要なポイントを押さえた内容で研修が進められます。

働き方改革の必要性を理解し、実践の足がかりに

働き方改革の目的は、限られた人的リソースを用いて労働生産性を最大限に上げていくことです。本研修で働き方改革の必要性を強く理解し、実践の足掛かりとします。

研修カリキュラムの流れ

働き方改革研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。

  1. 01現状把握 / 研修の全体像理解

    ゴール

    管理職の役割理解をし、研修の全体像を把握する

    • 【オープニングワーク】現状の業務時間を振り返る
    • 業務において、管理職が対応すべきこと
    • 本研修で扱うこと
  2. 02労働時間に関する制度を理解する

    ゴール

    時間外労働の上限について正しく理解する

    • 働き方改革とは
    • 働き方改革による長時間労働の是正
    • 労働時間・休日・時間外労働に関する基本
    • 36協定とは
    • 特別条項付き36協定に、時間外労働の上限が設けられる
  3. 03現在の業務を洗い出し、分析する

    ゴール

    自身の管理するチームについて業務を洗い出し、現状を把握する

    • 限られた時間内で成果を上げる仕組み作り
    • 業務の棚卸
    • 業務分析
    • 【ワーク】階層に沿って業務の棚卸をする
    • 【ワーク】業務量調査を行う
    • 【ワーク】業務の棚卸し・分析結果を振り返る
  4. LAST業務を改善する

    ゴール

    業務を改善する手法を学び、自チームについて対策を検討する

    • 無駄を省く
    • 【ワーク】仕事の無駄を洗い出す
    • 標準化する
    • 仕事の属人化を防ぐ
    • チームメンバーへの意識強化
    • 【ワーク】業務改善策を考える

よくあるご質問

どんな方向性の働き方改革でしょうか?

リスキルの研修では、仕事効率のアップによる、時間削減
を行うことで、働き方改革を行います。
早く帰らなくてはならない、という促しだけでは、本質的な働き方改革は実現できません。残業がより少なくなるように業務の見直しや改善を行うことで、結果的に働き方改革となると考え、研修カリキュラムを作成しております。

どの階層に適した研修でしょうか?

中堅社員以降に特におすすめしている研修です。
仕事にも慣れ、幅も広がってきた時期、また、プライベートでもライフイベント(結婚、子育てなど)が増えてくる時期です。
そのような時期に一度、仕事の仕方について振り返ってみることでその後の働き方への意識が高まり、会社にもプラスになります。

よくあるご質問の一覧>

豊富な研修実績

働き方改革と一概に言ってもさまざまな関連事項があり、どこから手を付けて良いのか、そして改革の内容を個人や組織に対してどのように実行していくべきなのか、などの決定すべき事項があります。

その決定について、本研修を受講することにより第三者的な視点で行うことが出来たというお声を頂戴しております。

リスキルの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

お見積もり、お問い合わせはこちらから

お見積もり、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リスキルのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

電話受付:月〜金 9:00-19:00(土日祝も研修実施)