0120-80-9217
お問い合わせ
テーマ別研修

PDCA研修【現場で活用できる短時間集中】

「現場で活用できる」PDCAサイクルを理解し、実践に移せる人材を育てる

本研修では、自分で考え、行動に移して成果を上げられる人材になるためにPDCAサイクルへの理解を深めます。
短期間で成果を形にする人や、継続的に成果を挙げられる人はPDCAを上手に回しています。
PDCAを理解し、その実践ノウハウを身につけることで、明日からより良い形で業務を取り進めることができるようになります。

研修コード:100141

PDCA研修とは?

PDCA研修とは、現場で活かせるPDCAの基本や考え方を理解し、PDCAを継続して回し習慣化していく方法を身につける研修です。
PDCAとは「PLAN(計画)」、「D0(実行)」、「CHECK(評価)」、「ACTION(改善)」の頭文字を並べた言葉です。計画から改善までを一つのサイクルとして行い、業務の改善や効率化を目指していきます。
また、PDCAはPDCAサイクルとも呼ばれるように、繰り返し回していくことが重要です。一方で、多くの人や組織は繰り返し回すことができていません。
PDCA研修では、PDCAを継続して回し、習慣化していくための方法を学ぶことで、実践に移し活用できるようにしていきます。

本研修の狙い

職場で求められるPDCAを理解し、方法論を身につけることで、継続的に成果を出せるようになることを目的とした研修です。PDCAの基本にとどまらず、活用方法や成功例などを含めて学ぶことで、必要性を強く理解し、実践していく人材が育ちます。

本研修の対象

基本的な研修対象は以下のとおりです。研修によって調整できるため、まずはお問い合わせください。

新入社員、仕事のやり方を体系的に見直したい若手社員や中堅社員

本研修を実施すると

  1. 今、職場で求められている人材とPDCAサイクルの重要性を、さまざまな観点から理解することができます
  2. 明日から実践できるPDCAサイクルを立案するため、短期間でPDCAを回し、成果を上げられる人材を目指せます
  3. PDCAを継続的に回すだけではなく、習慣化していくためのノウハウがわかり、組織に仕組み化していくことを目指す行動ができるようになります

研修概要

同じ業務を行っても、短期間で成果を上げられる人や、継続的に成果を上げ続けられる人もいます。成果を上げることができたり、成果を上げ続けることができる人には、共通している行動があると言われています。それを体系的にしたのがPDCAサイクルです。

今、職場で求められているのは、自分で考え行動し、成果を上げられる人材です。

この研修では、PDCAを理解し、PDCAを回せるようになるためのノウハウを、講義とワークを通し習得できます。また、PDCAは継続して回していくからこそ、大きな成果を上げることにつながります。PDCAを習慣化し、組織に仕組み化していくコツも理解することで、職場に貢献できる人材を目指せます。ワークでは、自分の業務を振り返りPDCAを実際に作成することで、明日からPDCAを実践に移せる人材を目指すことができます。

3つの特徴

PDCAサイクルの重要性を理解できる

今、職場で求められているPDCAとは何か。PDCAを回すことで、成果を出している事例などを通じて、職場におけるPDCAサイクルの重要性がわかるようになります。

PDCAのポイントと回すコツがわかる

多くの人がPDCAを「回さない」のではなく「回せない」のには理由があります。PLAN→DO→CHECK→ACTIONの、それぞれの押さえていくべきポイントと知っておきたい知識を習得します。

PDCAを習慣化し、仕組み化するためのノウハウがわかる

PDCAサイクルは継続して回していくからこそ、効果が期待できます。PDCAを習慣化していくためのポイントやコツ、次のPDCAへつなげていくための方法を学びます。

想定研修時間

6時間 (変更が可能です)

研修カリキュラム

下記、研修カリキュラムを元に、他研修を組み合わせてのアレンジにも対応しています。別途料金はかかりませんのでご安心ください。

1. PDCAサイクルの理解 【ゴール】PDCAサイクルの重要性を理解する
  • 職場で求められるPDCAとは何か
  • なぜ同じミスや同じ問題が多いのか
  • 多くの人がPDCAを回せない理由
  • 回せない人から回す人になるためのコツ
  • 成果を出しているPDCAの事例
2. 成果を上げるためのPD 【ゴール】PLAN→DOのポイントを理解する
  • PLAN(計画)
  • 逆算
  • 仮説を立てる
  • 問題点はどこか
  • DO(実行)
  • いかに早く回すか
  • ワーク:仮説提案
3. 成果を上げるためのCA 【ゴール】CHECK→ACTIONのポイントを理解する
  • CHECK(チェック)
  • 目標の定量化
  • KPIマネジメント
  • ACTION(改善)のポイント
  • ワーク:失敗したPDCAの事例から考える
4. PDCA実践 【ゴール】成果を上げるためのPDCAサイクルを立案する
  • ワーク:自分の業務のPDCAサイクルを立案する
  • ケーススタディ:PDCAを回し改善できた事例から学ぶ
5. PDCAの習慣化 【ゴール】PDCAを習慣化し、仕組み化するコツを理解する
  • PDCAを継続して回し習慣化するためのコツ
  • 次のPDCAにつなげるには
  • システム化の方法論
  • ワーク:PDCAのシステム化

研修金額

アレンジ無料の明瞭価格で講師派遣型研修を実施することができます。研修時間と概算人数の情報のみで見積りをすぐにお送りします。

参加者の必須条件

特になし

リカレントの研修は様々な企業様にご利用頂いています

研修実績

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お問い合わせ
お問い合わせ
0120-80-9217 メールでのお問い合わせ