テーマ別研修
まとめ

モチベーションアップ研修

見積りを作成(所要時間10秒)
モチベーションアップ研修

本研修の対象
新入社員 若手社員 中堅社員

  • 入社数年から定年間近のベテランの方まで、幅広い年齢層の方
  • 会社全体の活力や生産性につながる、モチベーションの向上のために必要な行動を知りたい方
  • どういった施策を取れば良いのか、などの意識をお持ちの方

よくあるお悩みや課題

  • 目標や計画を立てただけで終わってしまい、なかなか実行に結びつかない社員が見受けられる
  • 若手の社員に対して決めたことをうまくやりきる力を身につけてほしい
  • 中堅社員やベテランの社員に対して継続して実行する力を身につけてほしい
  • 社内全体の雰囲気を良くするために個々人のモチベーションを高めたい

モチベーションアップ研修の概要

モチベーションアップ研修とは、自分自身でモチベーションをコントロールし、活躍できる人材になるための研修です。

リカレントでは、自己理解を深め、自分自身の軸を把握し、継続的にモチベーションをあげるのための成長目標を設定し、自身でモチベーションをコントロールできることを目的として研修を行っています。

モチベーションアップ研修イメージ

生産性が向上する

生産性の直接要因となる付加価値向上は「考える」ことが必要です。モチベーションが低い状態では作業はできても、考えることはできません。

自身でモチベーションをコントロールしてもらうことにより、会社全体としての生産性が上がっていきます。

魅力的な職場になる

モチベーションは会社の雰囲気に直結します。全員が少なくとも仕事場では自身をコントロールできることで、良質な職場を維持することができます。

社員のモチベーションをあげるには

モチベーション、やる気と聞くと個人の問題かと思われるかもしれませんが、仕事のパフォーマンスと大きな関わりがあるという点で重要であり、会社として取り組むべきテーマと言えます。

コントロールする方法を身につける

外部的な要因に影響を受けた時に、モチベーションを保ってくれるのは、内部的な要因です。自身はどんな時にモチベーションが下がるか、上がるかを学び、コントロールできるようにします。

チームや部下のモチベーション管理

自身でコントロールすることが基本であっても、チーム全体として同じ方向を向いていなければ、大きな成果を上げることはできません。中堅以上には、周囲への働きかけを通して全体のモチベーションを上げることも求められます。

モチベーションアップ研修イメージ②

リカレントモチベーションアップ研修の特徴

リカレントのモチベーションアップ研修には次のような特徴があります。

広い世代で受講可能

一般的にモチベーションは「人が何かをする際の動機づけや目的意識」として知られており、更に一言で「やる気」として認識されている言葉ですが、その向上方法についてを学ぶ機会はあまりないのが実情です。

若手社員から定年退職間近の方まで、広い年齢層の方を対象として様々な研修が準備されています。

セルフモチベーションマネジメント

自身でモチベーションを管理する方法を理解してもらえる研修が揃っているのも特徴です。

チームモチベーションマネジメント

チームが高いモチベーションで仕事をするために、上司ができることを理解する研修も多数用意されています。

モチベーションアップ研修のラインナップ

モチベーションアップ研修

自身でモチベーションをコントロールし、より良い目標設定、成長を目指すための研修です。

中堅社員リーダーシップ研修

リーダーシップを立場や役割を超えた行為であると考え、チームで成果を上げるためにはどうすればよいのか原理原則を知り、リーダーシップを磨く研修です。

マネジメント研修

管理者として、チーム全体の目標達成や組織力を向上させるための業務改善・コミュニケーション方法等が学べる研修です。

ファシリテーション研修

会議時間を効率よく使うため、会議に置いて重要なファシリテーターとしてのスキルを身につける研修です。

チームビルディング研修

良いチームを作っていくための知識をつけ、グループを成果を上げられるチームに成長させるための研修です。

研修カリキュラムの一例

モチベーションアップ研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。詳細は、こちらからご確認ください。若手社員モチベーションアップ研修【意欲的に働く社員に】詳細ページはこちら。

1. モチベーションの基本 【ゴール】モチベーションとは何かを理解する
  • モチベーションとは
  • 【ワーク】モチベーションとデモチベーション
  • モチベーション向上のための基本
2. モチベーション向上につながる自己理解 【ゴール】やる気の量・質の観点から、自己理解を深め、モチベーション向上につなげる
  • やる気の量とは
  • 【ワーク】過去現在未来のモチベーション曲線を描く
  • ディスカッション:モチベーション曲線の共有
  • やる気の質とは
  • 【ワーク】やる気のもとリストを作る
3. モチベーションのセルフコントロール 【ゴール】内的動機づけによるモチベーションのコントロール方法を理解する
  • 内発的動機と外発的動機
  • 内的動機づけのために
  • 主体性による動機づけ
  • 有能感による動機づけ
  • 関係性による動機づけ
4. ケーススタディ 【ゴール】ケーススタディから、モチベーション向上方法を学ぶ
  • 【ケース1】周りの上司や同僚は自分の気持ちをわかってくれない
  • 【ケース2】周りの同期と比べて、先輩に何も教えてもらえない
  • 【ケース3】「上司のせい」「お客様がよくない」と考えてしまう
  • 【ケース4】重要な部署に配属された
  • 【ケース5】希望とは異なる部署に配属された
5. モチベーションを上げるための今後の目標 【ゴール】現在の立ち位置や周りの状況から、モチベーションを高める目標を設定する
  • ワーク:自分が置かれている立場、現状を振り返る
  • 部署の人はどのような状況で、どのような役割を担っているか
  • 目標と主体性との関係性
  • 目標設定方法
  • 今後のアクションプランを考える
見積りを作成(所要時間10秒)

よくあるご質問

モチベーションを上げてほしいと社員に言いづらいのですが、前向きに研修を受けてくれるでしょうか?

モチベーションが不足しているから、ということではなく、今よりもっと主体的に、自律的に働いて成果をあげていくためにモチベーションアップの方法を学ぶといったような捉え方はいかがでしょうか。
受講者の方が前向きに取り組めるような雰囲気作りについては講師が得意としていますのでご安心ください。

様々な役職や年齢の社員に一緒に受けてもらうことはできますか?

モチベーションについては社員の皆様共通で通じるテーマですので、様々な方が一緒に受けることが可能です。
意見交換やコミュニケーションの機会になるため、階層や職種を混ぜてご利用いただいています。
若手向け、ベテラン向けと2種類に分かれていますが、その他にも対象の方に合わせて最適な研修をご提案いたします。

研修を受けるだけでモチベーションはあがるのですか?

研修で短期的にモチベーションを上げることはできますが、それほど意味のあることではありません。

長期間に渡り自身もしくは部下をマネジメントし、モチベーションをコントロールできるようになることに主題を置いています。

研修参加者からの声を一部ご紹介します

不動産企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 気づきがある研修で良かった。明日から目標を持ってやっていこうという自信になりました
  • 改めて今の職級でやるべきことを考える機会をいただけました
  • 改めて会社での自分の立場や求められていることを自覚する機会になった
  • セルフモチベートについて考える事ができてよかったです

豊富な研修実績

リカレントのモチベーションアップ研修は、様々な企業様よりお問い合わせをいただいています。

「社員にやる気を出させるのが難しい」「どうすれば良いかわからない」「自分自身の意識も変えたい」そういった課題を抱えていらっしゃっる方が受講されることで、解決への大きなヒントになったという喜びの声を頂戴しております。

リカレントの研修は様々な企業様に
ご利用いただいています

研修実績

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お見積り
お見積り