0120-80-9217
お問い合わせ
テーマ別研修

研修の対象者

部下を持つリーダー・マネージャー・管理職・評価者の方が主な対象となりますが、それ以外の方でもご参加いただけます。

目標の設定から達成の過程、成果の評価までの管理サイクルなど、評価をする上で正しい手順を踏めているか、見直しの必要はないのか、など問題意識を持たれている方にお勧めです。

評価者研修の概要

評価者研修とは、目標の設定から達成の過程、成果の評価までの正しい管理サイクルなどを学ぶ研修です。

評価者に求められる仕事の基本的な原則や行動指針を理解し、職場の業績を高めるとともに部下の育成を図り、業績と成長を含めた個々人のやりがいの両立を目指せるようになることを目的としています。

評価者研修の特徴

リカレントの評価者研修には次のような特徴があります。

状況別の研修メニュー

評価者として押さえるべき基礎的な事項について学習する基礎編に始まり、評価制度を学ぶ制度理解編、目標管理編や面談力の強化など、必要とされるスキルを伸ばすためのカリキュラムが一通り用意されています。

よくあるお悩みや課題

基礎編、制度理解編など様々ありますが、全てを受けることが必要なのでしょうか?

もちろん複数日に渡ってすべてを受けていただけますが、対象の方々に必要な部分を選択して受けることも可能です。
初めて評価者の立場になる方への研修であれば、基礎編をおすすめしています。

自社の評価項目や面談目的に合わせて、質問をする際のポイントを教えてもらえたりしますか?

教材作成前の打ち合わせにてご共有いただき、それを盛り込んだ教材を作成することができます。
面談の目的を達成るためにをするためにはどんな問いかけをしたら良いかなどをプロの講師よりお伝えいたします。

関連研修のカリキュラムを確認できます

評価者研修のラインナップ

評価者研修

面談研修

新任管理職研修

課長研修

マネジメント研修

一例:研修の流れ

評価者研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。詳細は、こちらからご確認ください。評価者研修 基本編【モチベーションと成果を上げる】詳細ページはこちら。

1. 組織における評価管理 【ゴール】組織における評価管理の全体像を理解する
  • 組織の仕組み [部門化、階層化]
  • 評価管理とは [成果が出ているか会社が把握する必要がある]
  • 組織における評価者の位置づけ [組織を連結する役割を持つ]
  • 評価者に期待される役割 [組織やメンバーに求められる役割を意識する]
  • 評価者に求められる基本スキル [コミュニケーション能力、状況分析力、計画管理能力]
  • 評価すべきこととは [業績面と人間面]
  • 評価の基準とは [標準化された基準が必要]
  • 評価制度の考え方 [何に対して、誰が、どのような方法で行うのか]
  • 【ワーク】自社ではどのような評価管理の仕組みがあるのか
2. 会社の目標・方針についての理解 【ゴール】会社の目標・方針を職場や部下に適切に落とし込めるように深く理解する
  • 企業活動における目標とは [どのような結果を実現することを目指すのか]
  • 目標の設定の要件 [成長していく過程で問われる成果]
  • 目標と方針 [どの課題に対して目標を設定するか]
  • 達成期限や対象期間について [年間、半年、四半期、一ヶ月]
  • 達成基準 [客観的である必要がある]
  • 職場における目標による管理サイクル [成果の実現と部下の成長を目指す]
  • 目標に取り組む過程での上司の役割 [動機づけ、能力向上、調整、状況の把握、助言]
  • 目標達成への評価 [成果を測定・分析・評価、指導と助言]
  • 【ワーク】現在の目標管理について振り返る
3. 職場の方針・目標と部下の目標設定 【ゴール】職場が進むべき方向を見定め、そこに部下たちを効率よく進ませるために必要なことを理解する
  • 職場の方針・目標を明確にする [定期的に明確にする、方針目標の構造]
  • 部下を個人の目標設定へと誘う [一人ひとりの役割を明確化、あるべき姿を目標化]
  • 上下間の双方が納得できる目標設定とは [方針・本人の役割に対する相互理解]
  • 部下に目標を自己設定をさせるには [成果の実現のプロセス、メリットを実感させる]
  • 部下に達成過程を自己管理させる環境づくり [計画を立て、自己評価する仕組みを作る]
  • 目標の達成に向けた部下に対する必要な支援 [自己管理を促す、アドバイス・情報を提供する、調整に協力する]
  • 目標の達成過程における管理の仕方 [中間面談を実施するなど報連相の仕組みを作る]
  • 【ワーク】部下の目標に対する対応方法を考える
4. 部下の評価と評価に関係する課題への対応 【ゴール】評価の仕組みや評価を行う時に直面する課題への解決策を学ぶ
  • 評価とは [結果をもとにその後の処遇を決めるだけでなく、働き方に対するメッセージを伝える手段]
  • 評価の目的 [報酬決定、適材適所、教育ニーズの顕在化、モチベーションアップ]
  • 何を評価するのか [成果、能力、勤務態度]
  • 評価の進め方 [情報収集、実施、決定、結果の説明]
  • 評価情報の収集に関する課題への対応 [特別な印象、最近の結果]
  • 評価の実施に関する課題への対応 [寛大化、厳格化、対比誤差]
  • 評価結果の説明に関する課題への対応 [モチベーション低下、他人のせいにする]
  • 目標未達成な時に部下のやる気を失わせない対応 [原因を一緒に考える、説明する]
  • 【ワーク】評価者としての傾向とその対策
5. 面談について 【ゴール】部下に伝え、部下を動かすことのできる面談での対応力を養う
  • 面談の目的と種類 [目標設定、中間、評価面談]
  • 面談を行うにあたっての評価者の心構え [話のテーマを整理しておく、話しやすい場所で行う]
  • 評価車に求められる面談スキル [話を聴く、伝える、動かす]
  • 部下の話を聴くスキル [相手の立場にたって耳を傾ける]
  • 部下に伝えるスキル [結論から伝える、客観的な内容]
  • 部下を動かすスキル [コーチング]
  • コーチングでの対話事例
  • 【ワーク】部下へのコーチング [実績が上がらず落ち込む部下に対して]
6. 部下の育成について 【ゴール】管理職の役割を理解した上で、部下育成に関する対応力を養う
  • 評価者に役割と部下の育成 [育成を行いながら、目標を達成する]
  • 部下の育成方法 [OJT、Off JT、自己啓発]
  • OJTによる部下の指導法 [間接指導を織り交ぜる]
  • 目標の管理とOJTの実施 [目標の設定時、達成過程、評価におけるOJT]
  • 【ワーク】間接指導における部下の育成 [どのような間接指導をおこなうことができるか具体案を出す]
見積りを作成(所要時間10秒)

豊富な研修実績

リカレントの評価者研修は、繰り返し様々な企業様に実施いただいています。

評価者へのトレーニングを自社内のみで研修を実施することは容易ではありません。体系立ったカリキュラムで結果が即時出るようになるため、評価者への指導を課題としていらっしゃった企業の方からの喜びの声を頂戴しております。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績

評価者研修一覧

1/1ページ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お問い合わせ
お問い合わせ
0120-80-9217 メールでのお問い合わせ