0120-80-9217
お問い合わせ
テーマ別研修

評価者研修 基本編【モチベーションと成果を上げる】

「目標設定・評価・面談・育成」の管理サイクルを理解し、業績と個々人のやりがいの両立を実現する

本研修では、「目標設定・評価・面談・育成」といった評価者が担う管理サイクルをしっかりと理解し、各フェーズに応じた実務においての重要ポイントを押さえていきます。
前半では目標や評価の基本を再確認し、後半では評価者に想定される問題への対処を身につけます。
人間面・仕事面のどちらも深められるカリキュラムです。

研修コード:100069

評価者研修 基本編とは?

評価者研修とは、目標の設定から達成の過程、成果の評価までの正しい管理サイクルの基本を学ぶ研修です。

業績と個々人のやりがいは、いずれもビジネス上重要な要素です。業績が上がらなければ企業は存続できず、やりがいがなければ離職やモチベーション低下を招きます。しかし、業績を重視すればやりがいが犠牲にされ、やりがいを重視すれば業績が疎かになるという実感を持つ管理者も多いものです。

この2つを両立するためには、企業が設定する目標達成に向けて職場のメンバーに成長などのやりがいを持ってもらい、一丸となって目標達成に向かってもらう必要があります。そのために、まずは評価者自身が会社の目標・方針を把握し、職場、部下への目標・方針として落とし込みができるように深く理解することが必要です。そして、部下の能力と意欲を高めるための積極的な働きいかけや面談、正しい評価の在り方を学び、指導・育成することが重要になります。

本研修の狙い

評価者に求められる仕事の基本的な原則と行動指針を理解し、職場の業績を高めるとともに部下の育成を図り、業績と成長を含めた個々人のやりがいの両立を目指せるようになります。

本研修の対象

基本的な研修対象は以下のとおりです。研修によって調整できるため、まずはお問い合わせください。

部下を持つリーダー・マネージャー・管理職・評価者

本研修を実施すると

  1. 業績を上げるための基礎となる目標設定と、達成するためのガイドラインがわかるようになります
  2. 部下との良好な人間関係を築け、部下自身も自分の頭で考える人間になります
  3. 企業の業績と個々人のやりがいの両立を実現することができます

研修概要

本研修では、「目標設定・評価・面談・育成」までの管理サイクルを概要から学び、各項目の実務におけるポイントまで落とし込みをするため、効率よく習得することができます。

優れた管理実務や人事評価をこなすためには、豊富な知識と技能と態度を求められますが、そのためには、人間面と仕事面の両方の理解を深めること、そして、問題対応力が必要になります。

本研修の前半では、目標や評価などの基本を網羅していることで、評価者の日常業務の指針として役立つ内容となっています。実践的なワークでは、傾聴力や洞察力、対話スキルなどの技能を学びます。後半では、評価者が実際に直面する主要な問題点を明らかにし、それぞれの問題点への対応のあり方を理解することができます。時代や環境により状況は変化しますが、評価者自身が基本的な原則と行動指針を理解し、部下を育成をすることによって、柔軟に対応できる企業にすることを目的としています。

3つの特徴

業績を上げるための基礎となる目標を設定できるようになる

目標を達成するためにはどうすればよいのかを理解し、仕事の分担や円滑に行うための調整、ルールによっての組織化を行えるようにします。

部下が自分の頭で考える人間になる

部下の自発性や意欲は上司による命令では向上しません。傾聴によって潜在する可能性を引き出し、能力開発のための指導法を持って、部下が自らの成果を測定・分析・判定し、まとめて報告できるようにします。

企業の業績と個々人のやりがいの両立を実現できる

部下やチームの力を結集・育成し、職場の目標達成に結びつける方法を学びます。目標による管理サイクルで、業績とやりがいの両立を目指します。

想定研修時間

6時間 (変更が可能です)

研修カリキュラム

下記、研修カリキュラムを元に、他研修を組み合わせてのアレンジにも対応しています。別途料金はかかりませんのでご安心ください。

1. 組織における評価管理 【ゴール】組織における評価管理の全体像を理解する
  • 組織の仕組み [部門化、階層化]
  • 評価管理とは [成果が出ているか会社が把握する必要がある]
  • 組織における評価者の位置づけ [組織を連結する役割を持つ]
  • 評価者に期待される役割 [組織やメンバーに求められる役割を意識する]
  • 評価者に求められる基本スキル [コミュニケーション能力、状況分析力、計画管理能力]
  • 評価すべきこととは [業績面と人間面]
  • 評価の基準とは [標準化された基準が必要]
  • 評価制度の考え方 [何に対して、誰が、どのような方法で行うのか]
  • 【ワーク】自社ではどのような評価管理の仕組みがあるのか
2. 会社の目標・方針についての理解 【ゴール】会社の目標・方針を職場や部下に適切に落とし込めるように深く理解する
  • 企業活動における目標とは [どのような結果を実現することを目指すのか]
  • 目標の設定の要件 [成長していく過程で問われる成果]
  • 目標と方針 [どの課題に対して目標を設定するか]
  • 達成期限や対象期間について [年間、半年、四半期、一ヶ月]
  • 達成基準 [客観的である必要がある]
  • 職場における目標による管理サイクル [成果の実現と部下の成長を目指す]
  • 目標に取り組む過程での上司の役割 [動機づけ、能力向上、調整、状況の把握、助言]
  • 目標達成への評価 [成果を測定・分析・評価、指導と助言]
  • 【ワーク】現在の目標管理について振り返る
3. 職場の方針・目標と部下の目標設定 【ゴール】職場が進むべき方向を見定め、そこに部下たちを効率よく進ませるために必要なことを理解する
  • 職場の方針・目標を明確にする [定期的に明確にする、方針目標の構造]
  • 部下を個人の目標設定へと誘う [一人ひとりの役割を明確化、あるべき姿を目標化]
  • 上下間の双方が納得できる目標設定とは [方針・本人の役割に対する相互理解]
  • 部下に目標を自己設定をさせるには [成果の実現のプロセス、メリットを実感させる]
  • 部下に達成過程を自己管理させる環境づくり [計画を立て、自己評価する仕組みを作る]
  • 目標の達成に向けた部下に対する必要な支援 [自己管理を促す、アドバイス・情報を提供する、調整に協力する]
  • 目標の達成過程における管理の仕方 [中間面談を実施するなど報連相の仕組みを作る]
  • 【ワーク】部下の目標に対する対応方法を考える
4. 部下の評価と評価に関係する課題への対応 【ゴール】評価の仕組みや評価を行う時に直面する課題への解決策を学ぶ
  • 評価とは [結果をもとにその後の処遇を決めるだけでなく、働き方に対するメッセージを伝える手段]
  • 評価の目的 [報酬決定、適材適所、教育ニーズの顕在化、モチベーションアップ]
  • 何を評価するのか [成果、能力、勤務態度]
  • 評価の進め方 [情報収集、実施、決定、結果の説明]
  • 評価情報の収集に関する課題への対応 [特別な印象、最近の結果]
  • 評価の実施に関する課題への対応 [寛大化、厳格化、対比誤差]
  • 評価結果の説明に関する課題への対応 [モチベーション低下、他人のせいにする]
  • 目標未達成な時に部下のやる気を失わせない対応 [原因を一緒に考える、説明する]
  • 【ワーク】評価者としての傾向とその対策
5. 面談について 【ゴール】部下に伝え、部下を動かすことのできる面談での対応力を養う
  • 面談の目的と種類 [目標設定、中間、評価面談]
  • 面談を行うにあたっての評価者の心構え [話のテーマを整理しておく、話しやすい場所で行う]
  • 評価車に求められる面談スキル [話を聴く、伝える、動かす]
  • 部下の話を聴くスキル [相手の立場にたって耳を傾ける]
  • 部下に伝えるスキル [結論から伝える、客観的な内容]
  • 部下を動かすスキル [コーチング]
  • コーチングでの対話事例
  • 【ワーク】部下へのコーチング [実績が上がらず落ち込む部下に対して]
6. 部下の育成について 【ゴール】管理職の役割を理解した上で、部下育成に関する対応力を養う
  • 評価者に役割と部下の育成 [育成を行いながら、目標を達成する]
  • 部下の育成方法 [OJT、Off JT、自己啓発]
  • OJTによる部下の指導法 [間接指導を織り交ぜる]
  • 目標の管理とOJTの実施 [目標の設定時、達成過程、評価におけるOJT]
  • 【ワーク】間接指導における部下の育成 [どのような間接指導をおこなうことができるか具体案を出す]

研修金額

アレンジ無料の明瞭価格で講師派遣型研修を実施することができます。研修時間と概算人数の情報のみで見積りをすぐにお送りします。

参加者の必須条件

部下を持つ評価者・管理者。人事・労務スタッフをメインとしていますが、それ以外の方でもご参加いただけます。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用頂いています

研修実績

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お問い合わせ
お問い合わせ
0120-80-9217 メールでのお問い合わせ