ファシリテーション研修 【価値ある会議を実践する】

会議時間を効率よく使うため、会議において重要なファシリテーターとしてのスキルを身につける研修です。

ファシリテーターとして求められるスキルを身につける

本研修の対象

新入社員 若手社員 中堅社員

  • 異なる意見を持っている際の合意形成までの無駄が多いのを変えていきたい方
  • 組織・集団内の話し合いや議論において、成果が最大となるように変えていきたい方
  • 会議やファシリテーションに関わる問題意識を持っていらっしゃる方

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • 自分の意見を言うことはできるが、相手を納得させることができない
  • 異なる意見をうまくまとめることができず、話し合いがスムーズに進まない
  • 業務改善のために、効率的で効果的な会議の運営方法を知りたい
  • 様々な立場の人が参加する会議において、若手にも意見を出してほしい
  • 会議でファシリテーターに求められる役割やスタンスがわからない

ファシリテーション研修の概要

ファシリテーション研修では、ビジネスシーンで行われる会議を上手く進め、参加者から話を引き出すことで成果を出すことを目的としています。

ファシリテーションとは何か

ファシリテーションとは、会議などの進行をより良くする支援するスキルのことを指します。ファシリテーションを行う人のことをファシリテーターと呼びます。ファシリテーションスキルを身に付けることで、会議を「成果を出せる場」とすることができます

良い会議の条件

ファシリテーターが目指すものは、良い会議です。良い会議の定義としては以下の通りです。これらを満たす会議が毎回実施できるように準備を行い、会議を進行していく必要があります。

良い会議の特徴 具体的内容
目的(ゴール)が明確である                     何についてを決めるための会議なのか、目的が明確になっていることが重要です
何が決まったら終わるのかが明確である とりあえず会議で話し合うということではなく、何が決まったら会議が終わるのかという終結点が見えていることが良い会議です
コントロールできる範囲の話をしている 自部署での問題であるにもかかわらず、「A部署がなんとかしてくれるだろう」という結論で会議が終わることは良くありません。参加者や参加者が受け持つ範囲内でコントロールできる話をしていく必要があります
時間を決めた上で、メインとなる話をしている 終了時間を決めておき、時間内にできるだけ話をまとめることを参加者全員が意識している会議は良い会議です
決定事項とタスクの確認がされている 話し合ったが次までに誰が何をしておくか決まっていない会議は意味がありません。タスク管理や決定事項が会議の最後に整理されている状態が理想です

ファシリテーターに求められるスキル

良い会議にしていくために、ファシリテーターには以下の役割が求められています。ファシリテーション研修では、これらを身に付けていくことが目的です。

中立的な立場で会議を管理する

ファシリテーターとしての定義の基本は、会議の場において中立的な立場に立ち、進行をサポートすることとされています。

しかし、ビジネスシーンにおいて「完全に中立な立場でチーム内の会議に参加すること」は現実的に難しいものがあります。
そのため、ファシリテーター自身も意見を持ち、ときには発言しながらもできるだけ中立な立場で進行を支援していきます

人はつい自身の意見を伝えてしまいたいと思いがちですが、自身の意見を明確に伝えることと会議を円滑に進行させること、その2つのバランスを取っていくことが、ファシリテーターに必要なスキルの一つです。

適切な会議の準備を行う

会議当日にいきなり上手く進行しようとしても上手くいきません。良い会議のためには、ファシリテーター側である程度準備をしていく必要があります。忙しい日々の中でも、ポイントを押さえて会議の準備できる方法を確認していきます。

例)
・会議準備シートの作成
・参加者の選択
・会議の目的を記載し、参加者に共有・リマインドを行う
・グランドルールを設定する(会議上でのルール) など

上手く会議を進める

会議は、基本的に以下の流れで進んでいきます。ファシリテーターとして覚えおきたい、必要なアプローチ方法を確認していきます。

・発言を引き出す
・発言を理解し、共有する
・議論を方向づける
・結論づける

参加者から発言を引き出す

会議を上手く進める際に、ファシリテーターとしてのスキルが必要とされる箇所が「発言を引き出す場面」です。

全員が積極的に意見を言うことができれば問題ないのですが、そのような場でない場合、発言をしていない・しづらいメンバーに対しても発言を促す・引き出すことが求められます。

そうしなければ、声の大きい・よく意見を言う人ばかりが有利に動いてしまい、メンバーを集めて会議を実施する意味がなくなってしまうためです。

例えば、以下のようにファシリテーター側から促すだけで発言し辛いメンバーも意見を言いやすくなります。研修では発言を引き出す・曖昧な発言を明確にするための問いかけ方を確認していきます。

悪い例:チームの現状についてどう思いますか
良い例:チームの現状について、今日は認識を揃えることが目的です。そのために考えられる可能性を全員でざっと挙げてみましょう

会議を上手く結論づける(終わらせる)

会議は何かを決める場であることがほとんどです。何も決まらない会議ほど意味のないものはありません。(アイディア出しだけの場などは例外)
そのため、ファシリテーターとして「どのように会議を終結させるか」「落とし所をどこにもっていくか」などの手法を身に付ける必要があります

合意形成の仕方や、結論づけの仕方を学びます。

5つのファシリテーションスキル

ファシリテーションスキルを身に付けるメリット

ファシリテーションスキルを身につけることは、個人にも組織にも大きなメリットがあります。

個人のメリット

場を活性化することでチームビルディングが可能となり、リーダーシップが発揮できます。
また、自身が主催者であるファシリテーターではなくともファシリテーションは可能であり、実施することでその場その場を有意義な環境へと変化させていくことができます。

組織のメリット

効果的な会議や研修が実施できるようになり、時間帯効果が変わってきます。それらの場が活性化することでモチベーション向上にも繋がります。
ファシリテーション研修を実施することで特定の人物だけではなく、多くのメンバーがファシリテーションスキルを身につけられ、全員で会議を作り上げていく姿勢を作ることができます。

リスキルファシリテーション研修の特徴

リスキルのファシリテーション研修には次のような特徴があります。

ゴールを明確にできるようになる

例えば、合意形成のための会議において、無駄なく、効率的に、かつ論理的な進行を行うことが重要ですが、論点がずれてしまったり意図がわかりづらい発言が出てしまったりと、ゴールに行き着かないケースがよくあります。

リスキルの研修ではゴールへの道筋を構築し、話をリードするための方法論を理解することができます。

納得感を持ってもらえる

ファシリテーターとしてただ話をリードするだけではファシリテーションになりません。

一人ひとりの力では行き着かなったような結論を導き、参加者に納得感を持って会議を終えてもらえてこそ、多人数での集まりに意味があります。

合意形成しやすい部分から話していくなど、順番の工夫や問いかけの工夫をすることで全体的には同じ話であっても、個々人の納得感を上げることができます。
さらに、よくあるシチュエーションへの対処法を知っておくことで、問題への対処もスムーズに実施できます。

リスキルのファシリテーション研修の特徴

オンライン会議への対応スキルも身に付けられる

テレワーク・在宅勤務を活用する企業も増えているため、オンラインでの会議に必要なスキルについても触れることができます。
オンライン会議でのルールづくりから、オンライン上でも意見を適切に交わすためのファシリテータースキルまで網羅的に学ぶことができます。

見積りを10秒作成 お問い合わせはこちら 研修資料を請求する

ファシリテーション研修のラインナップ

ファシリテーション研修

会議時間を効率よく使うため、会議において重要なファシリテーターとしてのスキルを身につける研修です。

研修タイトル想定研修時間
ファシリテーション研修 公開講座 ファシリテーション研修 - 会議のホストでなくても使えるスキルを 6時間
ファシリテーション研修 一社研修 ファシリテーション基礎研修【チームを活発化させる】 6時間 (変更可)
ファシリテーション研修 一社研修 ロジカルファシリテーション研修【納得感のある会議を行う】 6時間 (変更可)
ファシリテーション研修 一社研修 Web会議ファシリテーション研修【オンライン会議に対応する】 6時間 (変更可)
ファシリテーション研修 一社研修 ファシリテーション研修 実践編【繰り返し実践しスキルをあげる】 6時間 (変更可)
ファシリテーション研修 一社研修 リーダー向け ファシリテーション研修【チームミーティングに活かす】 6時間 (変更可)
ファシリテーション研修 一社研修 ファシリテーションセミナー【1時間半の集中セミナー】 1.5時間 (変更可)
ファシリテーション研修 eラーニング動画講座 ファシリテーション研修 68分

交渉力研修・ネゴシエーション研修

相手との間に確執を残さずに、自社の求める利益を得るための交渉の準備や進め方を身につけるための研修です。

研修タイトル想定研修時間
交渉力研修・ネゴシエーション研修 一社研修 コンフリクトマネジメント研修【社内調整力を強化する】 6時間 (変更可)

社内コミュニケーション研修

仕事をよりスムーズに進めるために、社内でのコミュニケーションを円滑にする研修です。階層、コミュニケーションのシーンに応じた研修を用意しています。

研修タイトル想定研修時間
社内コミュニケーション研修 一社研修 上司とのコミュニケーション強化研修【フォロワーシップを活かす】 6時間 (変更可)
社内コミュニケーション研修 一社研修 ロジカルコミュニケーション研修【実践重視】 6時間 (変更可)
社内コミュニケーション研修 一社研修 合意形成研修【コミュニケーションで目的を達成する】 6時間 (変更可)
社内コミュニケーション研修 一社研修 コミュニケーション基礎研修【良好な人間関係を築く】 6時間 (変更可)

社外コミュニケーション研修

社外の取引先やお客様とのより良い関係づくりのためのコミュニケーション方法を身につける研修です。

研修タイトル想定研修時間
社外コミュニケーション研修 一社研修 顧客対応力強化研修【顧客と適切なコミュニケーションが取れる】 6時間 (変更可)
社外コミュニケーション研修 一社研修 エンジニア向け 対人力強化研修【ニーズを適切にヒアリングする】 6時間 (変更可)
社外コミュニケーション研修 一社研修 雑談力強化研修【お客様との仲を深めるコミュニケーションを】 2時間 (変更可)

研修カリキュラムの例

次のカリキュラムはファシリテーション研修に属するファシリテーション基礎研修【チームを活発化させる】のカリキュラムです。研修の流れの例としてご参考ください。

  1. 01会議の現状把握

    ゴール

    現状の会議における課題点を把握する

    • 【オープニングワーク】現在の課題確認
    • 集団思考のデメリット
    • 【ワーク】集団思考のデメリット回避方法
    • ファシリテーションとは
    • 会議の種類
    • 良い会議の特徴
  2. 02会議の流れと準備

    ゴール

    会議の流れを理解し、準備方法を確認する

    • 良い会議の基本的な流れ
    • 終了状態の確認(重要ポイント)
    • 【ワーク】終了状態の案
    • 進め方の確認
    • 準備における現実的な対応/ 準備シートの利用
    • 「お客さん」の意識をなくす事前準備
    • グランドルールを設定する
  3. 03会議の進め方

    ゴール

    会議の場のコントロール方法を理解し、身に付ける

    • 議論を活かすファシリテーション
    • ① 発言を引き出す 
    • ② 発言を理解し、共有する
    • ホワイトボードの使い方
    • ③ 議論を方向づける
    • ④ 結論づける
    • 合意できなかった場合
    • 決定事項とタスクの確認
  4. 04会議中困ったことに対応する

    ゴール

    会議を進める上でよく起こる事例について対応方法を学ぶ

    • 対立に対するマネジメントを行う
    • 会議の問題児に対応する 
    • アイディア出しの会議でアイディアが出ない
  5. LAST実践ファシリテーション

    ゴール

    事例をもとにファシリテーションを実践する

    • 【ワーク】会議を行う
    • 【ワーク】気づきと行動の落とし込み

ファシリテーション研修参加者(受講者)の声

研修を受講した方から、研修後のアンケートにて以下の感想を頂いております。

システムメーカー兼コンサルティングファーム企業様

内容: 満足・良かった

92.3 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 日々のアイディア発送に使えそうな方法をたくさん知ることができてよかったです。
  • 新たな気づきなど、これまでこのような研修を受講した事がなかったので有意義な研修でした。
  • 非常に参考になりました。普段、自分では心がけているつもりでしたが、足りない点も見つかり、今後に生かします。
  • 考え方について様々な手段を教えていただき、大変参考になりました。また、ワークの機会も多く、他参加者の意見を聞くことができて勉強になりました。
  • グループワークが各章ごとに設けられていて、実際に議論を交えることで、アイディアの発想方法などを体感することができてよかったです。
  • アイディアの出し方のフレームワークを実践する事で、より理解を深める事ができました。

食品加工企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 会議の進め方については課題に思う部分もあり、どう進めるのが正しい/効率的なのかが明確ではなかったので、講師の方に教えていただいた内容はためになりました
  • 分かりやすいフレーズ、イメージしやすいケースで教材を作成いただいたので良かった
  • 専門書での理屈ばかりかと思っていたが、ワークがあったり、他の参加者の意見を聞けたことで認識が広がり刺激になった

製造・販売企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • なんとなくで会議を行い、散会していた点があり、意識が変わった
  • ファシリテーションの考えからの構造をしることができた。今まではある程度自分なりの工夫で何とかしてきたので、知識を付けられてよかった
  • 自分自身が会議の進め方に、自信がなかったためとても役に立つ内容だった

大手鉄道会社様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • さまざまなパターンが想定されており、あまり会議等がない現場社員も活用できる内容だと思った。
  • 講義と個人ワーク、グループワークがバランス良く配されていて飽きずに最後までフレッシュな気持ちで受講できました。
  • 明日から使える有用な技術を学習出来ました。本当に感謝致します。
  • ファシリテーターをやる時以外にも、普段の会話などでもファシリテーション力を磨けるような、役に立つような話をしていただいたので、すぐに実践できて良かったと感じた。

ソフトウェア・システム開発企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • ファシリテーションに関するテクニックを知ることができ、すぐに実践ができる内容でとても良かった
  • 双方向的な研修で一方的に聞くだけでなく、非常に効果を実感することのできる学びの多い研修でした。
  • ワークが多く盛り込まれており、実際に考えしゃべる時間がしっかりあり、座学のみにならず良かったです。頂いた資料も今後見直すことで会議の質を上げていきたいと思います。
  • ファシリテーションの基礎を再確認する意味で有意義だったと感じました。事前準備シート等、凝りすぎず有効に使えるツールが付属していたのもありがたいです。演習時間が多く取れたのも大変よかったです。

ソフトウェア活用支援企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 議論が発散することや、意見がまとまらないケースがあるのですが、その際のテクニックや考えの整理の手法をご教示頂いたと思います。ご対応ありがとうございました。
  • 普段当たり前に参加している会議でも見直す点は多々あると感じていたが、具体的にどんな点を注意して会議を進めるべきかを学ぶことができ、大いに役立ちました。
  • 教材もポイントが整理されていてわかりやすかったです。後から見返して活用していきたいと思います。
  • 情報量的にも多くなく、読みやすかったです。ポイントポイントで重要な部分が記載あり、「自身が足りていない部分はここだ」とポイントを押さえやすかったです

ファシリテーション研修に関するよくあるご質問

ファシリテーションのスキルとは具体的にどのようなものですか?

細かいノウハウは多数ありますが、本質的には「ゴールに向かって一直線に進むことを支援するスキル」です。

議論を進ませて、行動に移すことがゴールであれば、議論を先へと進ませ、枝葉に話が行かないように調整していきます。

反対に議論をふくらませることがゴールであれば、否定的な発言をやんわりと咎め、話をできる限り膨らませやすい環境を構築します。

センスではなく誰もが身に付けられるスキルとして研修内では学びを深めていきます。

ファシリテーション研修はどんな人に向いていますか?

ファシリテーション研修は会議や研修などの場において、「うまくリードできない」「どうしても議論が進まない」などの悩みを抱えている人におすすめの研修内容です。議論を前に進ませ、結論を出し、実行をする組織を作ることができます。

【研修例】
ファシリテーション基礎研修【チームを活発化させる】
合意形成研修【コミュニケーションで目的を達成する】

現時点でファシリテーターを担当しない人には役立ちますか?

はい、役立つ内容となっています。

ファシリテーション研修は会議の進行を務める方々に限らず、会議に参加するメンバーが知っておくべき内容が多く含まれているためです。

会議以外でも、社外や社内のメンバーと話をする際や意見をまとめたいときなどに活用できるスキルを磨くことができます。

ファシリテーション研修はオンラインでの開催は可能ですか?

はい、オンラインでの実施可能です。

オンラインでの研修に慣れていない・初めて実施する企業様についてもサポートいたしますのでお気軽にご相談ください。(オンライン+対面を同時に行う形式も可能です)

また、ご要望に合わせてカリキュラムをカスタマイズすることもできます。弊社のコンサルタントが最適なご提案いたしますので、お気軽にお問合せください。(無料でご相談をお受けしております)

他研修と組み合わせて、複数日程で研修を行うことはできますか?

はい、可能です。

リスキルでご提供している他研修と組み合わせて、2日間・3日間などの日程で研修を実施することが可能です。(研修会場が同じ場所で、複数日程、合宿講習のような形で実施される企業様もいらっしゃいます)

組み合わせる研修内容により、日ごとに研修講師が変わる場合がございます。同じ講師が良いなどご希望が個別でご相談お受けしております。ぜひお気軽にお問い合わせください。(無料でご相談をお受けしております)

よくあるご質問の一覧>

豊富な研修実績

リスキルのファシリテーション研修は多くの企業様にご利用いただいています。

会議で行われる議論が適切にコントロールされた結果、結論までに要する時間が短縮されたため、参加者それぞれが他の業務に割り振れる時間が増えたという喜びのお声を頂戴しております。

対象問わずお問い合わせいただければ、最適な提案をコンサルタントがさせていただきます。

リスキルの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

お見積もり、お問い合わせはこちらから

お見積もり、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リスキルの社員研修に関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-299-194

0120-299-194

電話受付:月〜金 9:00-19:00(土日祝も研修実施)