テーマ別研修

LGBT研修

LGBT研修のまとめページです。
詳細情報を確認するにはラインナップの各研修ページをご確認ください。

LGBTについての基礎知識をつけ、多様性を受け入れる

本研修の対象

若手社員 中堅社員 管理職

  • LGBTに関する正しい知識を身につけたい方
  • 多様な人材の活用が必要な職場で働くリーダー、メンバーの方
  • 多様な人材と関わる人事制度に携わる人事・総務・労務管理担当の方

LGBT研修のラインナップ

LGBT研修

LGBTについての理解を深め、当事者にとっても周りにとっても働きやすい環境を作るための研修です。

アンコンシャスバイアス研修

自分では中々気づきにくい偏見などのバイアスパターンを理解することで、バイアスが発生してもすぐに気がついて対応できるようにするための研修です。

多様性研修

様々な価値観を受け入れるという意識を持ち、多様な人物が活躍できる組織づくりを行うための研修です。

女性活躍推進研修

女性社員の能力を生かして組織全体へ還元してもらうために、女性が働きやすい環境を作るための研修です。

セクハラ研修

セクシュアルハラスメントについてのリスクを理解し、自身の考え方を振り返りながら、社内で起きないようにするための研修です。

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • LGBTに関する正しい知識を学ぶ機会がなく、社内のダイバーシティ向上を妨げている
  • LGBTの方が働きやすい会社づくりについて社内で認識を共有したい
  • 他社の具体的事例を学び実際の業務で参考にしたいが、知る機会が無い
  • LGBTの方を、社員が無意識に差別してしまうことが起こってしまいそうで不安

LGBT研修の概要

LGBT研修とは、LGBTについての基礎知識を習得し、当事者の内的世界を知った上で、企業として、また個人としての適切な対応を学ぶための研修です。

職場の課題に対して具体的に検討ができるようワークなども行い、LGBT人材が働きやすい職場、多様性を受け入れる土壌を作ることをその目的としています。

LGBT研修イメージ

職場におけるLGBT

ダイバーシティ推進の新しい切り口としてLBGTが注目されています。LGBT研修を行うことは企業にとってどのような意義があるのでしょうか。

既存の社員のため

LBGTを含めたセクシャルマイノリティの方は、全体の8%の割合でいらっしゃいます。13人に1人、つまり1000人の社員のうち76人いらっしゃる計算になります。

当事者が「隠している」ため、そんなに周りにはいないと思われる方も多いでしょう。隠しているために、気づかず、無意識に差別や偏見を行ってしまっていることが危惧されます。
LGBT研修は積極的に迎えた方々のためだけでなく、既存の社員の方々が働きやすい環境を作るためにもなります。

会社としての対応を確立する

採用を強化しようにもどのように対応したらよいか、どのように環境を整備したらよいかを考えるのは難しいものです。

起こりうる課題に対しての対応を学んだり、ワークで考えることで、実際の場で考える時の方針がわかり、スムーズに対応ができます。

LGBT研修イメージ②

リカレントLGBT研修の特徴

リカレントのLGBT研修には次のような特徴があります。

具体性を持った学習を

本研修では、誰もが働きやすい職場環境を実現することで生産性の向上と、貴重な人材の確保・維持をそのゴールとして、正しくLGBTを理解する内容となっています。

研修内容が即座に応用可能

多くの事例を基にディスカッションや経験の共有を行い、望ましい対応を検討することで多様性を受け入れる組織作りに具体性を持って取り掛かれるようにします。

研修カリキュラムの流れ

LGBT研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。

  1. 01LGBTQの基礎理解

    ゴール

    LGBTQの基本知識を理解する

    • 【オープニングワーク】職場で起こりそうな課題を議論する
    • LGBTとは
  2. 02当事者の悩みを知る

    ゴール

    セクシャルマイノリティの状況を理解する

    • 【ワーク】当事者はどのような悩みを持っているか
    • セクシャルマイノリティは「いないこと」とされる
    • 差別的発言を受ける(直接的・間接的)
    • 自殺含有率が髙い
    • 誰にも相談できない
  3. 03適切な対応方法を身に付ける

    ゴール

    セクシャルマイノリティの方について適切な考え方や相談の受け方を理解する

    • LGBTQに該当する者がいないという思い込みをなくす
    • 差別的発言をしない
    • 決めつけず、一人ひとりと向き合う
    • 広めない・アウティングしない・カミングアウトの強制はしない
    • 適切な相談の受け方
    • 積極的傾聴で用いられるスキル
    • 【ワーク】傾聴の実践
  4. LASTケーススタディ

    ゴール

    事例を通じてLGBTへの理解を深め、対応を検討する

    • ディスカッションを行い対応を考える
    • 【ケーススタディ】手続きに関わる男女の表記
    • 【ケーススタディ】施設利用やイベントに関する配慮

よくあるご質問

初めて導入するのですが、誰を対象に受けてもらうのが良いのでしょうか?

初めての導入ということでしたら、まずは、管理職や人事制度に関わる方に受けていただくのがおすすめです。
正しい対応をしていくためには、リーダーレベルの方々が知っておくことで、チームの環境づくりに活かすことが可能です。ゆくゆくは、すべての人が知っておくことで、社内外ともに良い環境づくりに繋がります。

LGBTの方が身近には少ないと感じるために、自分ごととして真剣に聞いてくれるかどうか心配です。

リカレントの研修では、次の3つのステップで研修を実施しています。
まず、思っているほど珍しいものではない、ということを知っていただきます。周りにも公表していないだけの方がいらっしゃることを前提に、無意識に無配慮な対応をしていないか、現状の確認もしていきます。さらに一歩進んで、社内での適切な対応について事例やケーススタディで学んでいくため、自分ごととしてディスカッションに参加していただけます。

豊富な研修実績

リカレントのLGBT研修は多くの企業様によりお問い合わせいただいております。

実際に研修を受講された方からは、習った知識やスキルをすぐに職場で実践することが出来るような、体系的なカリキュラムで学習出来たとご好評を頂いております。

対象問わずお問い合わせいただければ、最適な提案をコンサルタントがさせていただきます。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

お見積もり、お問い合わせはこちらから

お見積もり、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:00-19:00/土日祝9:30-18:00