テーマ別研修

財務/法務研修

財務/法務研修のまとめページです。
詳細情報を確認するにはラインナップの各研修ページをご確認ください。

誰もが理解したい管理系基礎スキルを身につける

本研修の対象

若手社員 中堅社員 管理職

  • 財務/法務/総務部門に配属され、基礎を身に付けたい新人の方
  • 財務諸表や財務分析について学びたいマネージャ・管理職・経理部・経営層などの方
  • 業務において契約書・契約実務の知識を求められている方

財務/法務研修のラインナップ

財務研修

ビジネスパーソンにとって必須の、決算書の読み方・活用方法、財務分析の基礎知識を身につけるための研修です。

法務研修

契約に関しての基礎知識をつけ、契約書の重要性を実務視点で理解し円滑な取引に繋げるための研修です。

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • サインを貰う必要のある契約書の内容を理解しないままお客様とのやり取りをしている
  • マネージャーや管理職に財務知識をつけてもらい、営業戦略に活かして欲しい
  • 社員個々人の日々の業務で、会社全体の財政の状況を意識した行動が取れていない
  • 新人の財務/法務/総務部員が仕事の全体像を掴む機会を作りたい

財務/法務研修の概要

財務/法務研修カテゴリーでは、決算書の読み方・活用方法、財務分析の基礎知識などを学ぶ財務研修、契約締結の注意点や各種契約のポイントまで、契約に関しての基礎的な事項を理解するための法務研修などが受講いただけます。
財務/法務研修イメージ

リカレント財務/法務研修の特徴

リカレントの財務/法務研修では次の特徴があります。

段階を踏んで学習を

本カテゴリーの研修では基礎的な研修メニューに始まり財務であれば経営戦略へ、契約研修であればコンプライアンスへと、順を追ってより高度なカリキュラムにステップアップが可能な構成となっています。

メリットが意識できる研修内容

様々な財務諸表や契約書類から情報を読み取れるようになるということは、会社の問題点を発見し、経営的な視点での業務改善に役立つ提言が出来るようになるということです。社内にそのような人材が増えることは経営の健全化にも大いに役立ちます。

研修カリキュラムの流れ

財務/法務研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。

  1. 01企業会計の基本

    ゴール

    企業会計の基礎について理解する

    • 【ワーク】粗利が多いのは? 
    • 企業会計とは
    • 財務会計と管理会計 
    • 決算書の役割 
    • 決算書を読みこなすためのコツ 
  2. 02簿記

    ゴール

    簿記の基本を身につける

    • 簿記とは 
    • 単式簿記と複式簿記 
    • 仕訳のイロハ 
    • 【ワーク】基礎的な仕訳演習 
  3. 03損益計算書の基本

    ゴール

    損益計算書(PL)が読めるようになる

    • 損益計算書とは 
    • 損益計算書の読み方 
    • さまざまな利益 
    • 【ワーク】コストによる利益の変動 
  4. 04貸借対照表の基本

    ゴール

    貸借対照表(BS)を理解する

    • 貸借対照表とは 
    • 貸借対照表の読み方 
    • 損益計算書と貸借対照表の関係 
  5. 05財務分析の基本

    ゴール

    簡単な財務分析ができるようになる

    • 収益性(儲ける力)分析 
    • 安全性(倒産する可能性)分析 
    • 成長性(会社がどれだけ伸びているか)分析 
    • 【ワーク】財務分析の練習問題 
  6. LAST総合演習

    ゴール

    サンプルの決算書で実際に分析をしてみる

    • 【ワーク】財務諸表を分析する 

財務/法務研修参加者からの声を一部ご紹介します

学生向け教育企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 具体的事例や雑談などを踏まえた講義で聞きやすかった。またワークも他エリアの営業と話すことができ刺激になりました。
  • 本日はありがとうございました。ワークを含むことで、実際に考える作業で学ぶことができました。教材をさらに簡単にまとめたコメントをいただけて、理解することができました。教材は後ほど、ゆっくり拝見したいです。
  • 今年度から契約書というものが業務の中に表れたので、契約書面についてはほとんど知識がない状態であったため、非常にためになる内容であった。
  • 説明の後にそれに応じたワークがあり、インプット後にすぐアウトプット出来たため、内容の理解を深めることが出来ました。
  • 日々、契約書が発生している中で契約書の作成の意図、作成にあたっての詳細の注意事項は大変参考になりました。

飲料・医薬品メーカー様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

96.0 %

研修参加者の声

  • 内容もわかりやすく、時間配分も適切だったので終始集中して受講することができました。また、契約書の取り扱いについてはある程度わかっていたつもりではありましたが様々なケースに関する説明もあり、今後契約書を作る、見る上においていい経験になったと思います。
  • 具体例も記載がありわかりやすかったです
  • 本日はありがとうございました。今後電子契約書になったとしても基本部分は変わらないと思いますので、応用していきたいと思います。
  • 説明や質問への回答も非常に明確なのでよかったです。個人で発生する契約の例もあり、実務をやってきた方の説明は非常にわかりやすいです。
  • 日々の業務の中で気になっていた疑問がいくつか解決してよかったです。(例)契印・割印の取り扱いについて、契約書別紙の取り扱いについて
  • 途中でワークや各人の意見を求める場合があり、他の人がどのように考えてるのか、自分とどう違うのかわかってよかった。
  • ボリューム、内容の濃さは適切だったかと思います。研修の内容が契約書というお堅い内容でしたが、個人ワーク、グループ討議、トラブル事例など飽きさせない工夫を感じました。

よくあるご質問

営業など直接の業務担当ではない社員に受けてもらうことはできますか?

はい、可能です。
財務 / 法務担当ではない方には、基礎知識を付けてもらう目的で活用いただいている研修です。お客様のサインを頂く必要がある書類について内容を理解したり、会社の財政状況を知ることができる財務諸表の読み方を学んだりとビジネスパーソンとして必要な知識を身に付けることができます。

講義中心の研修ですか?

ワークも交えながら研修を進めていきます。
専門用語が多いため、講義パートもしっかり行いつつ、ワークにて簡単な計算やその項目から何が分かるかを言語化していただくなどして手を動かす時間も用意しています。

豊富な研修実績

リカレントの財務/法務研修は多くの企業様よりお問い合わせをいただいております。

財務諸表の読み方やコンプライアンスに沿った契約を行うことは、市販の書籍を読んで学習するだけではなかなか上手く行きません。まとまったカリキュラムと共に実践の手法を学ぶことにより、より迅速で効果的な実践が可能となります。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

お見積もり、お問い合わせはこちらから

お見積もり、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:00-19:00/土日祝9:30-18:00