法務研修 【社内のコンプライアンス意識を高める】

契約に関しての基礎知識をつけ、契約書の重要性を実務視点で理解し円滑な取引に繋げることを目的とした研修プログラムです。

「契約」に関しての基礎的な事項を理解する

本研修の対象

若手社員 中堅社員 管理職

  • 企業の法務・総務部門等の方
  • 営業など業務で契約書・契約実務の知識を必要とされる方
  • 管理職・マネージャーなど契約書の管理や作成等を行う方

法務研修のラインナップ

法務研修

契約に関しての基礎知識をつけ、契約書の重要性を実務視点で理解し円滑な取引に繋げることを目的とした研修プログラムです。

研修タイトル想定研修時間
法務研修 一社研修 契約書基礎知識研修【作成方法と関連するスキルを磨く】 6時間 (変更可)
法務研修 eラーニング動画講座 契約書基礎知識研修 71分

リスクマネジメント基本研修

組織を取り巻く様々なリスクを把握し、それらにどのように対応するか計画を立てるための研修です。

研修タイトル想定研修時間
リスクマネジメント基本研修 一社研修 リスクマネジメント研修【企業内外のリスクを管理する】 4時間 (変更可)
リスクマネジメント基本研修 一社研修 与信管理研修【営業・管理職向け】 4時間 (変更可)

ハラスメント研修

ハラスメントについての基礎的な知識を理解し、起こさない為に出来る注意、環境づくり、起こってしまった時の対応方法を身につける研修です。

研修タイトル想定研修時間
ハラスメント研修 一社研修 ハラスメント対策研修【職場での被害を防止するために】 6時間 (変更可)
ハラスメント研修 一社研修 ハラスメント対策研修 半日編【半日で集中理解する】 3時間 (変更可)

個人情報保護研修

個人情報についての基礎知識を身に付け、リスクへの予防・対応方法を学ぶ研修です。

研修タイトル想定研修時間
個人情報保護研修 一社研修 個人情報保護研修【漏洩しない環境づくりを】 5時間 (変更可)
個人情報保護研修 一社研修 マイナンバー研修【情報漏えいリスクを防ぐ】 4時間 (変更可)
個人情報保護研修 一社研修 個人情報保護研修 半日編【リスクを最小化する】 3時間 (変更可)

コンプライアンス研修

コンプライアンスを遵守するために注意すべき点を理解し、万が一トラブルが起きてしまった際の対応方法を身に付ける研修です。

研修タイトル想定研修時間
コンプライアンス研修 一社研修 内部統制研修【不祥事を起こさないためのリスク管理】 6時間 (変更可)
コンプライアンス研修 一社研修 コンプライアンス研修【基礎からまとめて学び、違反を防止する】 3時間 (変更可)
コンプライアンス研修 一社研修 不祥事を防ぐ社内風土づくり研修【良い社風を上から作る】 4時間 (変更可)
コンプライアンス研修 一社研修 セミナー型 コンプライアンス研修【2時間集中】 2時間 (変更可)
コンプライアンス研修 一社研修 下請法研修【下請法を短時間集中で理解する】 3時間 (変更可)

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • 契約書にサインを貰う業務があるが中身を理解していない
  • 法務・総務部門に配属される新入社員に基礎知識を付けて欲しい
  • トラブルにならないように事前の対策をきちんと行いたい
  • 管理職やマネージャーなどに契約書の知識を持ってもらい、社員に指導をしてもらいたい

法務研修の概要

法務とは、組織や企業における法律関連の業務全般を指します。

法務研修では、企業に関わる法律の理解から、契約の基本知識、契約締結の注意点、各種契約のポイントまで、「契約」に関しての基礎的な事項を理解していきます

研修の目的

法務研修を実施することで、法律や契約書の重要性を実務視点で理解することができ、トラブルを未然に防ぎつつ円滑な取引が出来るようになることが目的と言えます。特定の部署ではなく、全ての社員が身に付けておきたい知識です。

法務研修の全体像

法務研修を開催することによるメリット

法務研修を受けることで、以下のメリットがあります。

コンプライアンス違反を未然に防ぐことができる

法務研修では、企業や組織に関連する法律についての基礎知識を身に付けることができます。
正しい知識を社員全員が持っていることで、コンプライアンス違反を防ぐことができます。扱う法律はハラスメントや個人情報保護法、著作権法など様々ですが、初心者から学べる内容をご用意しています。

契約に関する基礎知識を習得させることができる

企業や組織において、様々な場面で契約を結ぶことがあります。契約書の締結時に気をつけるべき点やチェックしたい項目、反対に契約書を作成する側となった場合に入れておきたい条項などを学ぶことで、ビジネスパーソンとしての基礎を固めることができます。

契約を正しく結び、チェックができることで法務上のトラブルを防ぐことも可能です。

社員一人ひとりに責任を持った行動を促すことができる

自身の業務が法律に関わっている、という意識が薄い場合もあります。研修という場を活用して改めて確認することにより、意識を強化することができます。

リスキル研修の特徴

リスキルの法務研修には次のような特徴があります。

段階を踏んで学習を

本研修では「契約とは何か」といった基本的なことから、契約締結の注意点、各種契約のポイントまで、「契約」に関して知っておくべき基礎を丁寧に理解していきます。

研修内容やテーマが即座に応用可能

過去の事例から契約時に起こりうるトラブルの実際を知り、それを踏まえて契約書作成を練習するというワークを実施するため、学習した内容が研修の翌日から即座に応用可能です。

見積りを10秒作成 お問い合わせはこちら 研修資料を請求する

研修カリキュラムの例

次のカリキュラムは法務研修に属する契約書基礎知識研修【作成方法と関連するスキルを磨く】のカリキュラムです。研修の流れの例としてご参考ください。

  1. 01契約とは

    ゴール

    契約の基本とその重要性を理解する

    • 【オープニングワーク】契約書の必要性 / 契約とは何か
    • なぜ契約書を作成するのか
    • 契約書を作成するメリット
    • 【ワーク】契約書を作成する上での基本知識
    • 契約書を作成する上での前提となる注意事項
    • (参考)電子契約について
  2. 02契約書の作り方と各条項

    ゴール

    契約書に記載する条項を一通り把握する

    • 契約内容に入れるもの
    • 契約期間
    • 秘密保持条項
    • 【ワーク】契約の優先順位
    • 損害賠償条項 / 解除条項
    • 支払条項
    • 不可抗力 / 検収(検査・検品)条項 / 遡及効条項
    • 反社会的勢力排除条項 / 裁判管轄条項
  3. 03契約書の基本実務

    ゴール

    契約書について実務上の注意点を理解する

    • 印鑑を使う法律的な意味
    • 印鑑の押し方
    • 契約書で注意すべき言い回し
  4. 04契約トラブルを減らす

    ゴール

    契約トラブルを減らすためのチェックリストを作成する

    • 事例から学ぶ
    • 【ワーク】チェックリスト作成
    • 契約書チェック時のポイント
    • 作る側に回る
  5. LAST演習

    ゴール

    契約書のチェックを実践する

    • チェック
    • 【ワーク①】売買契約書
    • 【ワーク②】業務委託契約書

法務研修参加者(受講者)の声

研修を受講した方から、研修後のアンケートにて以下の感想を頂いております。

通信インフラ構築修理企業様

内容: 満足・良かった

87.5 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 例え話や、経験談をお話されて理解しやすかったです。
  • 本日は有難うございました。実際の事例がとてもわかりやすかったです。
  • 難しい用語も、解説を交えて進行してくださったので、とてもわかりやすかったです。契約書の内容の重要性に改めて気付く事が出来ました。ありがとうございます。
  • 言葉しか知らなかった契約という事象について、詳しく知ることができました。

学生向け教育企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 具体的事例や雑談などを踏まえた講義で聞きやすかった。またワークも他エリアの営業と話すことができ刺激になりました。
  • 本日はありがとうございました。ワークを含むことで、実際に考える作業で学ぶことができました。教材をさらに簡単にまとめたコメントをいただけて、理解することができました。教材は後ほど、ゆっくり拝見したいです。
  • 今年度から契約書というものが業務の中に表れたので、契約書面についてはほとんど知識がない状態であったため、非常にためになる内容であった。
  • 説明の後にそれに応じたワークがあり、インプット後にすぐアウトプット出来たため、内容の理解を深めることが出来ました。
  • 日々、契約書が発生している中で契約書の作成の意図、作成にあたっての詳細の注意事項は大変参考になりました。

飲料・医薬品メーカー様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

96.0 %

研修参加者の声

  • 内容もわかりやすく、時間配分も適切だったので終始集中して受講することができました。また、契約書の取り扱いについてはある程度わかっていたつもりではありましたが様々なケースに関する説明もあり、今後契約書を作る、見る上においていい経験になったと思います。
  • 具体例も記載がありわかりやすかったです
  • 本日はありがとうございました。今後電子契約書になったとしても基本部分は変わらないと思いますので、応用していきたいと思います。
  • 説明や質問への回答も非常に明確なのでよかったです。個人で発生する契約の例もあり、実務をやってきた方の説明は非常にわかりやすいです。
  • 日々の業務の中で気になっていた疑問がいくつか解決してよかったです。(例)契印・割印の取り扱いについて、契約書別紙の取り扱いについて
  • 途中でワークや各人の意見を求める場合があり、他の人がどのように考えてるのか、自分とどう違うのかわかってよかった。
  • ボリューム、内容の濃さは適切だったかと思います。研修の内容が契約書というお堅い内容でしたが、個人ワーク、グループ討議、トラブル事例など飽きさせない工夫を感じました。

法務研修に関するよくあるご質問

どんな職種が対象でしょうか?

法務系に直接関わる方以外に、営業職など契約書を業務でやり取りする方にも受けていただいています。
「契約とは」といった基礎的なところから学ぶことで、業務で使用する契約書がどんな目的で、どんな内容であるのかを理解します。普段の業務についての理解が深まることが期待されます。

半日で研修をすることはできますか?

はい、可能です。
研修にご用意いただけるお時間に合わせて、カリキュラムを調整いたします。調整にあたって、現状の課題や研修の目的等をお聞かせいただきたく存じます。お気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問の一覧>

豊富な研修実績

リスキルの法務研修は多くの企業様よりお問い合わせをいただいております。

契約書の読み方を学んだり、契約書の作成にあたって注意すべき点を知ることは、市販の書籍を読み、実行するだけではなかなか上手く行きません。目的意識を持ってまとまったカリキュラムと共に実践の手法を学ぶことにより、より迅速で効果的な実践が可能となります。

リスキルの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

お見積もり、お問い合わせはこちらから

お見積もり、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リスキルの社員研修に関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-299-194

0120-299-194

電話受付:月〜金 9:00-19:00(土日祝も研修実施)