テーマ別研修

本研修の対象
中堅社員 管理職

  • 経営層、人事部の方など採用面接を実際に行なう方
  • 応募者に魅力的な会社であることをアピールできるような採用方法に興味がある方
  • ミスマッチなく、良い人材を見極めて採用したいと考えている方

よくあるお悩みや課題

  • 人数の確保を重要するあまり、入社後のミスマッチが起こってしまっている
  • 面接の際に受講者に好感を持ってもらえるような方法を知りたい
  • 良い人材をどんな基準で選べばいいかわからない
  • 面接の際にどんな質問をすればいいか、してはいけないかを知ってほしい

採用研修の概要

採用研修とは、よい人材を獲得するために「正しい判断力」と「面接営業力」の2つの力を強化する研修です。

自社の採用基準を満たしているかの「ジャッジ」だけでなく、応募者の入社意欲を高める面接方法を身につけることをその目的としています。

採用面接で重要視したいポイント

採用面接は、2つの役割を持っています。
1つ目は企業は応募者の中から必要な人材を見極めること、2つ目は応募者が働きたいと思う企業を決めることです。売り手市場と言われている今、どちらも大切にすることで、良い人材に長くて働いてもらうことができます。

必要な人材を見極める

企業は求める人材を明らかにし、応募者の中から良い人材を見極めます。面接では、直接応募者と話すことで書類だけでは分からないパーソナリティを見ます。そして、自社に合っているか、活躍できそうかを判断します。

応募者にアピールをする

「面接してくれた社員の方、採用窓口の社員の方と一緒に働きたいと思ったので入社しました」というような理由もあるくらい、応募者は説明会だけでなく面接でも、入社するか判断する材料を集めています。売り手市場の今は、企業が応募者に選ばれている、ということを認識しておかなければなりません。
面接の場において応募者が自社の志望度を高めてくれるような振る舞いが必要です。

リカレント採用研修の特徴

リカレントの採用研修には次のような特徴があります。

実践のための学習を

面接の基礎知識を学んだ後に具体的な模擬面接や実践ロールプレイングなどを行うことで本来あるべき面接の方法を身に染み込ませ、実際に行う面接に対してフィードバックしていきます。

メリットが意識できる研修内容

売り手市場の今、採用担当者に求められる知識や能力も変化しています。どのような面接を行うと評価が落ちるのか、どのような面接をすることで自社の志望度を上げていくか、といった点も理解し、実践に移せるようにしていきます。

採用研修のラインナップ

採用研修

面談研修

評価者研修

社内コミュニケーション研修

研修カリキュラムの一例

採用研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。詳細は、こちらからご確認ください。採用研修 面接基礎編【面接の基本スキルを身につける】詳細ページはこちら。

1. 面接への基本的な考え方 【ゴール】採用面接の基礎知識と基本的な考え方を理解する
  • 【ワーク】現状の課題感を確認する [自身が行っている面接を振り返り、共有する]
  • 面接研修を始める前に [誰しも思い込みによる面接をしてしまっている可能性がある]
  • 面接をする意味と役割 [良い人材の見極めだけでなく、アピールも役割に含まれる]
  • 良い人材を見極めるためのポイント [求める人材像を明らかにする、ミスマッチを防ぐためには]
  • 【ワーク】求める人材像 [スキル・経験 / 価値観・資質においての基準を言語化する ]
  • 自社のアピール [会社と面接官に魅力を感じてもらう]
  • 【ワーク】会社に魅力を感じてもらう [アピールすべき会社の特徴を書き出し、質問し合う]
  • 新卒採用面接と中途採用面接 [見極め、アピールにおけるポイント]
2. 具体的な面接方法 【ゴール】具体的な面接の流れや質問の仕方を学ぶ
  • 面接の流れと各段階でのポイント [挨拶・アイスブレク、会社説明、経歴の聞き取り、深堀り、業務説明・勧誘、終了]
  • 事実に対する効果的な質問 [STARフレームワークの活用]
  • 面接時にすべきでない質問 [本人に責任がないこと、本人の自由であるべきことの具体的な質問例]
  • 逆質問への対応 [用意しておいた回答をスムーズに答える]
  • 【ワーク】逆質問への回答 [よくある質問に対して回答を考える]
3. 演習 【ゴール】ロールプレイングを実施し、面接の基本を実践できるようにする
  • 【ワーク】ロールプレイング(模擬面接)
  • 【ワーク】ロールプレイング(逆質問への対応)
  • 付録:質問集
見積りを作成(所要時間10秒)

よくあるご質問

一度に何人まで受けることができますか?

通常、一人の講師につき、40-50人くらいまでの方に受けていただけます。
面接練習などで多くのフィードバックが個々人にできるようにということであれば、20人くらいをおすすめしています。研修の内容な目指す姿に合わせて最適な受講方法をご提案いたします。

様々な部署から参加しても良いでしょうか?

はい、可能です。
人事部、採用担当に限らず、様々な部署、役職の方が面接を担当される例も多くあります。普段の仕事とは異なる業務のため、採用シーズンの前に皆様に集まっていただいて研修をすることにより、採用面接に対する共通認識を持っていただく事ができます。

豊富な研修実績

リカレントの採用研修は多くの企業様にご好評をいただいています。

面接の方法というのは誰かから習うことはあまり多くなく、自己流になりがちです。それは必要な人材が獲得できないリスクを抱えており、改めて面接の重要性に触れておくことがリスク回避に繋がります。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お問い合わせ
お問い合わせ
0120-80-9217 メールでのお問い合わせ