0120-80-9217
お問い合わせ
テーマ別研修

研修の対象者

文章力研修はどなたでも参加可能な研修です。

業務や日常で文章を作成するにあたり、自己流ではなくプロの手法を取り込み、よりクオリティの高い文章を作成したいという意識をお持ちの方にお勧めです。

文章力研修の概要

文章力研修とは、報告書やマニュアルから、宣伝広報・SNSでの発信に至るまで、今の時代に必要とされる文章力を身につけるための研修です。

読み手に対しての意識と構成力を養い、書き手の意図が伝わる文章を書き上げられるようになることを目的としています。

文章力研修の特徴

リカレントの文章力研修には次のような特徴があります。

伝わることに重点を

目的が伝わる文書作りのためには理論的な土台が必要です。正しい日本語の書き方などを押さえ、書く対象を分析し、モードを意識した文章の書き方を学ぶなど、即実戦に投入可能なスキルを伸ばす内容になっています。

様々な状況に対応

文章は掲載するジャンルやメディア(媒体)に応じて書き方を切り替える必要があります。ケースに応じた文書を作成する演習を行い、学んだ内容を実際にアウトプットしてみることで知識の定着化を図ります。

関連研修のカリキュラムを確認できます

文章力研修のラインナップ

文章力研修

ビジネス文書研修

ロジカルシンキング研修

ワード研修

企画力研修

社内コミュニケーション研修

新入社員研修

一例:研修の流れ

文章力研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。詳細は、こちらからご確認ください。文章力向上研修【すぐに明確に伝わる書き方を】詳細ページはこちら。

1. 文章を書く流れと準備 【ゴール】文章の優先順位を理解して、文章を書く流れと書き始める前の準備方法を身につける
  • 文章を書く上で重要なこと [ビジネス文章を書くときの優先順位]
  • 目的の明確化 [書いた文章を見て、何をすればいいかをはっきりさせる重要性]
  • 誰に書くか [ターゲットによって書き方が変わる]
  • 何を書くか [書きたいことを出して、まとめていく方法]
  • どのように書くか(核) [文章の中心になる、1番伝えたいことを決める]
  • どのように書くか(文章の種類) [文章の種類別の書く際に重視するべきもの]
  • どのように書くか(読みやすくて伝わる文章) [どう伝えるかに注目する]
  • ワーク:文章の流れ [サンプル文章から文章の優先順位に当てはまるものを見つける]
2. センテンスの書き方 【ゴール】わかりやすい一文を書けるようにする
  • 一文一意
  • 短い文章は伝わりやすい [ワーク:文章を短くする]
  • 一義的な一文を書く [誤解のない文章を書くために気をつける表現]
  • 主語を明確にする
  • 述語を明確にする
  • 主語と述語の関係
  • 修飾語の使い方
  • 一文の無駄の削り方
  • ワーク:文章を直してみる [サンプル文章をスキルを用いて直す]
3. 段落の書き方 【ゴール】意味のまとまりのある文章を書けるようになる
  • 一義的な段落を書く
  • 情報の分け方 [情報を分解して、関わりがあるものをまとめる]
  • 段落の中でのポイント [段落の中でわかりづらくなってしまう表現方法]
  • 事実と意見 [分けて書く意識をもつ]
  • 段落での無駄の削り方 [不要な接続詞を削る]
  • 段落での文末の注意 [文末を揃えない、ワーク:文末を直す]
4. 文章の構成技術 【ゴール】文章を論理的に構成できる
  • 全体から部分へ [ピラミッド構造を用いて、文章構造をつくる]
  • 見出しのつけ方 [見出しをつくることのメリット]
  • 要約文(リード文)の書き方
  • 結論の置き方 [文章の型(PREP、SDS法)を学ぶ]
  • 列挙する書き方 [箇条書きのメリット]
  • ワーク:文章を構成して書いてみる [ピラミッド構造をつくり、文章にする]
  • ワーク:文章の型を用いて書いてみる [PREP法を用いて書く]
5. 文章の表現力を上げる 【ゴール】文章の表現力を上げる
  • 【重要】書くことと編集することは別作業 [同時にはできない、分けて作業する]
  • 表現力をつけるためのトレーニング [良い文章を真似る]
  • 文章種別によるモードの使い分け [TPOに合わせて文体を選択する]
  • 言い換えでわかりやすく [TPOに合わせて言葉を選ぶ]
  • 視点の切り替え・統一 [書き手の視点を固定する]
  • 数字 [数字を入れてインパクトのある文章にする]
  • 語彙を増やす [表現の幅を広げる]
  • 推敲・校正について [ミスを見つけやすい状態でチェックする]
6. ワーク:実践演習 【ゴール】理解した内容をアウトプットし、スキルとして身につける
  • ワーク [本研修を上司に報告する目的の報告書を作成する]
見積りを作成(所要時間10秒)

豊富な研修実績

リカレントの文章力研修は多くの企業様にご好評をいただいています。

文章作成前段階に必要となる対象の分析や全体構成、段落構成などについても扱うため、読みやすいばかりではなく目的が明確で伝わりやすい文書を効率的に作るための技術が身についたというご意見を頂戴しております。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績

研修参加者からの声を一部ご紹介します

食品系企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • とても分かりやすくも身になったと思います。忘れないうちに多くの文章を作成しようと思いました。
  • 全体的に分かりやすく、楽しかったです。メール、資料作成時間が短縮できると思います。
  • 日常的に行っている文書作成がよりよくなる機会だった。新たな気づきが多かった。
  • 目的が最も重要であること、一文一意など分かりやすい(頭に入りやすいワード)がよかった、

物流企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 時間がとても長かったが、退屈することなく内容に興味を持って楽しめました。業務で使っていきます。ありがとうございました。
  • 学術的に文章表現を学ぶことは初めてで、分かりやすく新たな視点で見ることができるようになった。業務に生かしていきます。
  • 様々な事例を含めて説明をいただき、興味を持って参加できた。

文章力研修一覧

1/1ページ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お問い合わせ
お問い合わせ
0120-80-9217 メールでのお問い合わせ