0120-80-9217
お問い合わせ
テーマ別研修

新入社員向け ビジネス文書研修・ビジネスメール研修【処理速度も向上させる】

ビジネス文書とビジネスメールの特徴を理解し、場面に沿った適切な表現ができるようになる

本研修は、ビジネス文書やビジネスメールの特徴を理解し、場面に合わせて適切に運用できるようになることを目標としています。
内容としては、基本ルール、齟齬のない伝え方、好印象を与える表現などを身につけていきます。
ゼロから文章を作成する演習も実施するため、実際の仕事でもすぐに使える技術が会得できます。

研修コード:100003

新入社員向け ビジネス文書研修・ビジネスメール研修とは?

新入社員向けビジネス文書・ビジネスメール研修とは、ビジネス文書やビジネスメールを初めて書く新入社員に対して、書き方の基礎を理解してもらうための研修です。

読みやすく、わかりやすいビジネス文書やメールには、必ず「ルール」があります。このルールは読み手に失礼のない文書作成のために設けられており、社会的には「一般常識」とみなされるものです。ルールにそぐわない「誤った表現」があった場合は、その組織の印象にも関わってきます。

また、表現方法だけでなく、その対応の速さも相手に与える印象を左右する要因です。対応が早ければ早いほど、相手に良い印象を与えることができます。

社会人の必須スキルであるコミュニケーションスキル、そのうちビジネスシーンに沿った「書く」スキルを早い段階で身につけてもらうことは、顧客との信頼を保つ意味でも重要なことと言えます。

本研修の狙い

ビジネス文書・ビジネスメール作成の目的と注意点を理解し、ケース別の演習を行うことで、状況に合った文書作成のスキルを身につけてもらいます。

本研修の対象

基本的な研修対象は以下のとおりです。研修によって調整できるため、まずはお問い合わせください。

内定者、新入社員、ビジネス文書作成に不安がある方

本研修を実施すると

  1. 一般的なビジネス文書やビジネスメールの形式を学び、形式に沿った文書作成ができるようになります
  2. 場面ごとの目的を理解して、相手に伝わる文書表現ができるようになります
  3. 効率的な対応方法を学び、実務を想定した演習を通して「速く正確に対応できる」人になれます

研修概要

本研修は、ビジネス文書やビジネスメールが「いつ」「誰に」「どんな場面」で必要なのかを理解した上で、文書形式やメール表現方法を理解するための研修です。研修を実施することで、ビジネス文書・ビジネスメール作成における基本ルール、場面に合った表現、仕事の高速化を身につけていきます。

まず、実務に必要な基本的なルールとマナーを理解します。続いて、相手に伝わる表現・よい印象を与える表現を身につけてもらいます。また、特にメールにおいては素早い対応が求められる機会も多く、速く処理する方法論も学んでいきます。ワークとして、ゼロから文章を作成する演習も実施し、実際の仕事でもすぐに使える技術を身につけます。

3つの特徴

ビジネス文書・ビジネスメールの特徴と使用場面を理解できる

社会人経験のない新入社員でも、具体的な例とともにビジネス文書の特徴の説明を受けることで、イメージしながら「ビジネス文書・ビジネスメールとは何か」を理解することができます。

相手に伝わる・よい印象を与える表現がすぐに使えるようになる

形式ばった内容ではなく、場面に沿った表現を考えながら学べます。また、ゼロから書き出す演習で、この研修後すぐに使えるスキルを身につけることができます。

速く正確に処理できるようになる

スピーディな処理方法を学ぶため、結果として「正確に対応できる」「仕事が速い」ビジネスパーソンへと近づけます。

想定研修時間

6時間 (変更が可能です)

研修カリキュラム

下記、研修カリキュラムを元に、他研修を組み合わせてのアレンジにも対応しています。別途料金はかかりませんのでご安心ください。

1. ビジネス文書とは 【ゴール】ビジネス文書を理解する
  • ワーク:報告書作成と添削(現在の力を試してみる)
  • ビジネス文書の種類と特徴・書式
  • ビジネス文書の影響
  • ゴール設定と共有
2. ビジネス文書の特徴とポイント 【ゴール】ビジネス文書の種類と書き方を理解し、作成できる
  • 社内文書の種類と特徴(報告書・議事録・依頼書・案内書)
  • ワーク:作成演習
  • 社外文書の種類と特徴(送付状・FAX・お礼状・お詫び文)
  • ワーク:作成演習
3. ビジネスEメールの基本ルールとマナー 【ゴール】基本的なルールとマナーを押さえる
  • ビジネスコミュニケーション手段としてのメール
  • 件名、宛先、送信者名、宛名、署名の書き方
  • 本文の基本文形(要旨・詳細・結びのあいさつ)
  • 転送・引用の仕方
  • 添付ファイル・開封確認のマナー
  • メールがふさわしくないケース
  • SNSとの違い
4. メールによるコミュニケーション実践 【ゴール】伝わりやすい書き方、伝えにくいときにふさわしい書き方を学ぶ
  • 印象のよいメールと悪いメールの違い
  • 受信相手の時間を奪わないメール作成
  • わかりやすい件名のつけ方と用件が伝わりやすい本文
  • 好ましい言い回し・NGの例
  • お詫びの旨を伝える(相手・こちらに非がある場合)
  • お断りの旨を伝える
  • 返信期限のお願いの仕方
5. 効率的・正確・スピーディなメール処理 【ゴール】多くのメールを適切に処理するためのポイント・機能を学ぶ
  • メール処理のポイント
  • メールフィルタを活用する
  • フォルダ/タグ/ラベルの管理
  • 定型文の活用
  • メール処理において便利なツールを活用する
6. メール作成演習 【ゴール】実際に書くことで学びを定着させる
  • ワーク:初めての取引先へ営業アポイントをお願いするメール
  • ワーク:企業に見積もり書をお送りするときのメール
  • ワーク:誤った請求書を送ってしまったときのお詫び訂正メール
  • ワーク:期限が過ぎた案件について進捗をお伺いするメール
  • 模範回答と解説

研修金額

アレンジ無料の明瞭価格で講師派遣型研修を実施することができます。研修時間と概算人数の情報のみで見積りをすぐにお送りします。

参加者の必須条件

特になし

リカレントの研修は様々な企業様にご利用頂いています

研修実績

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お問い合わせ
お問い合わせ
0120-80-9217 メールでのお問い合わせ