テーマ別研修
まとめ

健康経営研修

見積りを作成(所要時間10秒)
健康経営研修

本研修の対象

  • 労働環境の改善と社員のセルフケアについて問題意識や関心のある方
  • 整えるべき労務管理や職場の環境を考える立場の方
  • 人事労務管理スタッフ、部下を持つマネージャー、管理職などの方

よくあるお悩みや課題

  • 自社の労働環境の改善を図りたい
  • メンバーやスタッフの管理をする立場になった社員に、労務管理について1から学んでもらいたい
  • 働き方改革の文脈の中で、いま求められている労務管理について把握する必要性を感じる
  • 現場で具体的にどのようにすればいいのかを教えてほしい

健康経営研修の概要

健康経営研修とは、従業員の健康が経営に及ぼす影響について理解し、健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践するための研修です。

従業員への健康投資を行うことによって、組織と個人の生産性の向上をもたらし、最終的に業績アップに繋げることをその目的としています。

健康経営のメリット

従業員が健康であることが企業に良い影響をもたらすという視点からも健康経営は、注目されています。

生産性の向上

従業員の健康を保持することは、生産性の向上に繋がります。
出勤はしているが体やこころに不調を抱えていては、十分なパフォーマンスは発揮できません。万全の体調で働くことそのものはもちろん、健康経営によって様々な業務改善が行われていくことで、生産性が向上します。

リスクマネジメント

従業員が不健康であることは、会社にとってリスクとなります。
病気になった際の医療費等のコストもありますが、人手が足りなくなってしまった場合には、他の従業員にも負担がかかり、負のスパイラルになりかねません。
また、健康状態が良ければ、不注意による事故等も防ぐことが期待されます。

企業イメージの向上

健康経営が進むと「従業員を大切にしている、良い会社」として社会からの評価、イメージも上がります。
いい会社で働きたいと誰しも思うものです。採用の場でアピールポイントとなるだけでなく、既存の従業員の定着率にも良い影響を与えます。
さらに、商品やサービスに対するイメージも向上することが期待されます。

健康経営研修イメージ

リカレント健康経営研修の特徴

リカレントの健康経営研修には次のような特徴があります。

ゴールを明確にする研修内容

まず健康経営と企業実績の相関関係をきちんと把握し、その必要性を理解することを基本とします。
具体的な事項として、健康経営のために必要な労働環境改善やセルフケアの実践、ストレスチェックについても扱うため、従業員の不調を減らし、生産性向上に役立つカリキュラム内容となっています。

健康経営研修のラインナップ

健康経営研修

セルフケア研修

マインドフルネス研修

アンガーマネジメント研修

ラインケア研修

多様性研修

女性活躍推進研修

働き方改革研修

タイムマネジメント研修

研修カリキュラムの一例

健康経営研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。詳細は、こちらからご確認ください。健康経営推進研修【具体的な取り組みがわかる】詳細ページはこちら。

1. 健康経営とは 【ゴール】健康経営の本当の意味と必要性を理解する
  • 健康経営とは何か
  • 健康関連コストの全体構造を理解する
  • なぜ健康経営が必要なのか、そのベネフィット
  • 健康経営と企業業績の相関関係
  • 健康経営の目指すもの
2. 健康経営を成功させるファクター 【ゴール】健康経営推進のポイントとなるファクターを把握する
  • 健康な身体を作るための予防医療への理解
  • 従業員の体の健康について
  • 従業員の心の健康について
  • 従業員の直面する心身を脅かす問題
  • 企業が抱えるリスク
3. 健康経営プロジェクトの準備 【ゴール】健康経営の準備に必要な内容を理解する
  • 健康経営でやるべきシンプルな内容とは
  • 健康経営プロジェクトのプランづくり
  • 健康経営の目標設定と共有
  • 健康経営宣言の社内外の周知の重要性
4. 労働環境の改善 【ゴール】労働環境の見直しと、改善点の洗い出し
  • 労働環境改善の第一歩・現状チェック
  • ディスカッション:従業員の意識している問題
  • 制度的環境・物理的環境・心理的環境の見直し
5. セルフケアの実践 【ゴール】社員自らが取り組めるセルフケアの実践方法を理解する
  • 健康診断表から問題点、課題をチェック
  • セルフケア取り組みのヒント
  • 日常における運動と食生活・マインドフルの心がけ
  • 社員にセルフケアを実践してもらうには
  • ワーク:健康経営推進に資する個人の目標設定と実行プラン(カラダ改善計画&記録シート作成)
6. 健康経営銘柄から学ぶ 【ゴール】健康経営銘柄企業の取り組みから推進方法を学ぶ
  • 健康経営銘柄とは
  • 健康経営銘柄企業の成功事例から学ぶ
  • ワーク:自社の課題を明確化し、取り組みを計画する
  • 講師によるフィードバックと共有
見積りを作成(所要時間10秒)

よくあるご質問

健康経営について今までとくに考えてこなかったのですが、受け入れてもらえるでしょうか?

必要性・意義について研修のはじめにしっかり説明し、ワークで考えてもらうことも多いため、「分かりやすい」「考えてみようと思った」という声を多く頂いています。
また、今までに馴染みがないからこそ、多くの方に一緒に受けてもらうことが効果的です。皆さんで共通認識を持つことで翌日からの業務の改善に繋がります。

具体的に何をしていこうか社内で固まってから研修をしたほうが良いのでしょうか?

社内の具体的な方針を決める方々を集めて学んでいただき、全体像を学んでもらう方法もおすすめしています。
他社事例も豊富に用意していますので、成功例についての知識をつけた上で、どんな方針で取り組んで行くか考えて実行することができます。

豊富な研修実績

リカレントの健康経営研修は多くの企業様にご利用いただいています。

健康経営のための運用は、資格を持つスペシャリストが不在の職場においては人事・産業保健スタッフや管理職などが個人個人での対応を行う以外に無い状態になっており、運用体制を作るにしても有識者が不在ではいつまでも対応ができません。本研修はその一助としてご好評をいただいております。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績

関連研修カテゴリ

関連研修の中身やカリキュラムをまとめて確認できます

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お見積り
お見積り
0120-80-9217 見積りを作成(所要時間10秒)