テーマ別研修

コーチング研修

コーチング研修のまとめページです。
詳細情報を確認するにはラインナップの各研修ページをご確認ください。

部下育成に効果的なコーチングスキルを身につける

本研修の対象

中堅社員 管理職

  • 部下や後輩など、育成対象を持つ方
  • 部下に育成を円滑に行うための基本的なポイントを知りたい方
  • 管理職としてのコミュニケーションのあり方について確認したい方

コーチング研修のラインナップ

コーチング研修

部下育成にとって必要な、モチベーション管理、目標設定、行動計画の管理などコーチングスキルとして必要な要素を伸ばす研修です。

マネジメント研修

管理者として、チーム全体の目標達成や組織力を向上させるための業務改善・コミュニケーション方法等が学べる研修です。

褒め方研修・叱り方研修

正しく、効果的な褒め方・叱り方を理解し実践することで、相手の成長やハラスメント予防を目指す研修です。

アンガーマネジメント研修

怒りという強い感情を、分析・理解することで自分の中でコントロールし、怒りを表現せずとも気持ちを伝えられるようになるための研修です。

部下育成研修

部下が更に成長するために、部下の成長段階を理解し、割り当てるべき業務を与え、支援し、より効果的な育成を目指す研修です。

OJT研修

OJTをより効果的に行うための方法論を理解し、リーダーやマネージャーが率先してより良いOJTを行うための研修です。

評価者研修

個々人のやりがい、組織の成長を目指し、目標設定から成果の評価、その過程など正しい評価方法を理解する研修です。

アサーティブコミュニケーション研修

主張と尊重を両立するアサーティブコミュニケーションの方法を学び、社内での良好な人間関係構築を目指す研修です。

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • コーチングについての基本的な知識を会社として学びたい
  • 新入社員や若手社員の育成がうまくいかない
  • 部下を育成する立場の社員が、理論的な育成方法論を身につけていない
  • コーチングスキルとして求められているものに何があるのか具体的に教えてほしい

コーチング研修の概要

コーチング研修とは、マネージャーやリーダーが部下を育成していく上で必要とされるコーチングスキルを習得するための研修です。

そもそもコーチングとは

コーチングは人を伸ばすスキルです。多くの企業でマネージャーや上司に求めらるスキルになります。

コーチングは部下や後輩の指導においてティーチングといった言葉も聞きますが、下記の点で異なります。

ティーチングの目的

指示通りに仕事ができるように教えることがティーチングの目的です。特にボトムアップのときには必要な行為であり、「一定のレベルにない状態から、一定のレベルまで早く引き上げる」際には重要な方法論です。

一方で「考える」という行為をどうしても奪ってしまうため、主体性を発揮し、より高いの仕事を柔軟に行うためにはコーチングが必要となってきます。

コーチングの目的

コーチングでは、「やる気や主体性を引き出し、自ら行動できるように支援すること」が目的と言えます。教えると促すの違いとも言えます。

双方向のコミュニケーションによって、考えさせ、相談する側がもともと持っている答えを引き出し、行動に繋げていきます。

コーチングとティーチングの違い

コーチングが必要な理由

コーチングスキルを発揮することで部下の自発的な成長を促せます。

ティーチングもコーチングも企業ではいずれも重要ですが、時間がかかっても部下を育成する必要がある際、コーチングは大きな武器になります。

コーチング研修で期待できる効果

コーチング研修では、コーチング技術とその周囲にある全般的な部下育成のためのスキルを習得していきます。

育成を担当するマネージャーやリーダーによる部下のモチベーションや目標設定、行動計画の管理など、コーチングスキルとして必要な要素を伸ばすことを目的としています。

コーチング研修イメージ

コミュニケーションスキルが伸ばせる

部下や後輩の主体性は、コミュニケーションによって引き出していきます。
コーチングに有効なコミュニケーションを学び実践を繰り返していくことで、コーチングが身につきます。

部下が自ら考え行動できるようになる

上司がコーチングスキルを身につけると、部下が自ら考え行動できるようになっていきます。企業全体が考える集団になっていくための一助となります。

コーチング研修イメージ②

リカレントコーチング研修の特徴

リカレントのコーチング研修には次のような特徴があります。

即実践可能なコーチングスキルが習得できる

コーチングの基礎知識から学び、目標達成に必要な知識の補強や考え方を効率よく部下に教えることができるようになります。部下が主体的に行動するためのサポートのコツを含めて、即実践可能なコーチングスキルが習得を目標にしています。

コーチングの様々な段階を理解・習得

コーチングにあたっては関係構築、状況把握、目標設定、行動計画づくりや行動管理など、さまざまなプロセスが存在します。それぞれ段階を踏んで学習することで目標達成を容易にします。

研修カリキュラムの流れ

コーチング研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。

  1. 01コーチングの理解

    ゴール

    コーチングの基礎を理解する

    • 【オープニングワーク】現状の課題把握
    • コーチングとは
    • 【ワーク】コーチングとティーチング
    • コーチングにおける上司の役割 
    • コーチングには「部下との信頼関係」が必須
    • コーチングの流れ
  2. 02コーチングプロセス

    ゴール

    目標達成に向けたコーチングプロセスを理解する

    • コーチングプロセスの全体像
    • 現状の明確化 
    • 目標の明確化
    • 部下が設定してしまいがちな目標(Hope to/Have toではなくWant toの目標を立てる)
    • 行動の把握と自身の評価
    • 行動計画の作成
    • フォローアップ
    • 【ワーク】コーチングプロセスを自分に当てはめてみる
  3. 03コーチングスキル(双方性)

    ゴール

    具体的なコーチングスキル(双方性)を習得する

    • コーチングの3原則 
    • 双方向のコミュニケーション
    • 【ショートワーク】部下の発言を聞き、会話を通して原因を探る
    • 傾聴 
    • ペーシング 
    • 質問力 
    • 【ワーク】相手が話したくなる質問の仕方
  4. 04コーチングスキル(継続性・個別対応)

    ゴール

    具体的なコーチングスキル(継続性・個別対応)を習得する

    • 継続性 
    • 【ショートワーク】3つの承認
    • フィードバックとフィードフォワード 
    • 【ワーク】フィードフォワードでコメントする
    • 人材育成のための褒め方
    • 個別対応
    • 【ワーク】あなたの部下を4つのタイプに分ける
  5. LASTまとめ

    ゴール

    コーチングについてまとめて考える

    • コーチング時の本質的な考え方 
    • 【重要】自責の感覚
    • 【ケーススタディ】言われたことだけしかやらない部下に対して
    • 【ケーススタディ】提出書類が必ず遅れる部下に対して

コーチング研修参加者からの声を一部ご紹介します

電気設備製品生産企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 具体的な声掛け方法などがためになりました
  • 新しい気づきが多くあり、実践してみようと思います。正解がないと思いますが自分のやり方を確立できるよう試行錯誤してみます
  • 理解はできても実行に移すことはなかなか難しい内容ではあったと思います。繰り返しテキストを見直して少しずつでも実行できるようにしたいと思います。
  • 今まで自分が行っていた考え方や実行が部下のためになっていなかったことに気づけた

環境調査会社様

内容: 満足・良かった

92.3 %

講師: 満足・良かった

92.3 %

研修参加者の声

  • 自分の不得意な所がわかり、よかった
  • コーチングについては言葉は知っていたが内容については細かく知らなかったので勉強になった。既に意識している部分もあるが足らない部分もあったので上手く自分に取り入れていきたい。
  • とても分かりやすく、ディスカッションも楽しく臨めました。
  • ショートワークや分科会で普段あまり接触の無い他部署の人とコミュニケーションが取れてよかった。
  • 現代の会社では、価値観が異なる多様な人が働いているため、気持ちよりも行動を変えさせることを大切にするということや人ではなく行動にフォーカスすることが大きな学びでした。

環境コンサルティング企業様

内容: 満足・良かった

95.7 %

講師: 満足・良かった

95.7 %

研修参加者の声

  • 管理者として、大変有意義となる内容であった。自分主体でなく、チームメンバー主体を意識し、指示するのではなく、考えさせることを意識していきます。
  • コーチングという考え方を理解して、最初の一歩を踏み出す講習として大変素晴らしい内容だと思います。
  • 比較的高い年齢層に寄り添ったメッセージと、旧来のマネジメントではいけないというお言葉は本当にありがたかったです。企業文化の改革はマネジメントの考え方の変更が重要だと思っておりますので、研修実施の背景をご理解いただいた上でのメッセージで大変助かります。
  • 体系的にコーチングを学んだのは初めてでした。多くの気付きがあり大変参考になりました。
  • コーチングとティーチングの違い、部下への具体的なアプローチ方法等について学ぶことができ、大変良かったと感じています。また、実践してみることで自分自身が今できていること、できていないことに気づくことができる機会になったと思います。

自動車・化学関連商社労働組合様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • コーチングの基礎を丁寧に説明されておりわかりやすかった。
  • 自分に足りていないスキルが分かったので、来週から改善アクションを取れそうです。
  • 開催ありがとうございました。できているつもり、寄り添っているつもりでもワークを通じて体験することで、聞き方の難しさも感じつつ、こう聞いたら伝えやすいと感じることがありました
  • インプットとワークが丁度良いバランスだったと思います。
  • 座学、個人ワーク、ペアワーク、グループワークとやり方が変わることで頭が切り替わり、飽きることなく研修時間があっという間に感じました。また研修内で人と話す、伝えると言うアウトプットを行う時間があることでより理解が深まったと思います。

よくあるご質問

コーチングという言葉はよく聞きますが、社員の間ではあまり理解されていないようです。

はじめにコーチングとは何かというところから理解していく内容になっています。そのため、今まで知らなかった方でも納得感を持って進めていくことができます。
基礎となる考え方、コーチングプロセス、スキルと順を追って身につけていきます。

コーチング以前にコミュニケーションにも問題がありそうなのですが、どちらの研修にするのが良いでしょうか?

コーチングの第一歩として、コミュニケーションの研修を行い、その上でコーチングをテーマにした研修を行うことをおすすめしています。
社員の方々の現状等をお聞かせいただいて、最適な研修プランをご提案させていただきます。

コーチング研修を受けるべきなのはどのような人ですか?

コーチング研修を受けるべきなのは部下・後輩とコミュニケーションを取る機会がある人、全員となります。

コーチングを身につけることで日々のコミュニケーションが変わってきます。

豊富な研修実績

リカレントのコーチング研修は多くの企業様よりお問い合わせいただいております。

実際に研修を受講された方からは、習った知識やスキルをすぐに実践することが出来るような、体系的なカリキュラムで学習出来たとご好評を頂いております。

対象問わずお問い合わせいただければ、最適な提案をコンサルタントがさせていただきます。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

お見積もり、お問い合わせはこちらから

お見積もり、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:00-19:00/土日祝9:30-18:00