コーチング研修 【コーチングで必要な要素を伸ばす】

部下育成にとって必要な、モチベーション管理、目標設定、行動計画の管理などコーチングスキルとして必要な要素を伸ばす研修です。

部下育成に効果的なコーチングスキルを身につける

本研修の対象

中堅社員 管理職

  • 部下や後輩など、育成対象を持つ方
  • 部下に育成を円滑に行うための基本的なポイントを知りたい方
  • 管理職としてのコミュニケーションのあり方について確認したい方

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • コーチングについての基本的な知識を会社として学びたい
  • 新入社員や若手社員の育成がうまくいかない
  • 部下を育成する立場の社員が、理論的な育成方法論を身につけていない
  • コーチングスキルとして求められているものに何があるのか具体的に教えてほしい

コーチング研修の概要

コーチング研修とは、マネージャーやリーダーが部下を育成していく上で必要とされるコーチングスキルを習得するための研修です。
リスキルのコーチング研修では、対面研修、オンラインの研修、対面とオンラインを同時に行うハイブリッド形式などの種類を提供しています。

コーチングとは何か

コーチングとは、対話によって部下の中にある考えや意見を引き出し、目標達成を支援することです。
教えるのではなく、部下から考えを引き出すことにより

  • 部下に考える力を身に付けさせる
  • 部下の問題解決力を高める
  • 部下とコミュニケーションを取る機会を設ける などの効果があります。多くの企業でマネージャーや上司に求められるスキルになります。

コーチングをするには資格が必要かと疑問に持つ方がいるかもしれませんが、資格がなくてもコーチングは可能です。

コーチングとティーチングの違い

コーチングとティーチングはよく誤って理解されてしまいがちです。2つの違いについては以下の通りです。

コーチングとティーチングの違い

コーチング

コーチングでは、「やる気や主体性を引き出し、自ら行動できるように支援すること」が目的と言えます。教えると促すの違いとも言えます。
双方向のコミュニケーションによって、考えさせ、相談する側がもともと持っている答えを引き出し、行動に繋げていきます。

ティーチング

指示通りに仕事ができるように教えることがティーチングの目的です。特にボトムアップのときには必要な行為であり、「一定のレベルにない状態から、一定のレベルまで早く引き上げる」際には重要な方法論です。一方で「考える」という行為をどうしても奪ってしまうため、主体性が求められる仕事を柔軟に行うためにはコーチングが必要となってきます。

コーチング研修の目的

コーチング研修を実施することには、以下の目的があります。

コーチング研修の目的

部下のモチベーション向上

コーチングは部下のモチベーション向上に効果的な手段の一つです。たとえば、部下の悩みの原因を見極め、それに焦点を当ててケアするコーチングを実施することで、部下のモチベーションを高めることができます。

リーダーのマネジメント力向上

コーチングを受ける部下だけではなく、コーチングを行うリーダーのマネジメント力向上にもつながります。コーチングスキルを磨くことで、部下の人柄、価値観などを的確に把握し、部下に対する理解を深め、必要なリーダーシップ力を養うことが可能となります。

組織の生産性向上

コーチング研修を実施することで、上司と部下の信頼関係を築くことができるため、業務が円滑に進みやすくなります。これにより、組織内や現場の雰囲気が改善され、従業員が力を存分に発揮しやすくなり、結果として生産性の向上に繋がります。

コーチングに必要な3つのスキル

コーチングの三大スキルは、「傾聴」「質問」「承認」と言われています。

「傾聴」

コーチングは、話を適切に聴くことで相手の考えや気持ちを引き出すスキルです。そのため、コーチングを行う際は聞き上手になる必要があります。人はどうしても自身が話すことに焦点をあてがちのため、正しく聴くということにはトレーニングが必要です(聴いていると思っていても、次に自分が何を話すかを考えている場合が多い)コーチング研修では、「正しく相手の話を受け入れ、聴く」スキルを強化していきます。

「質問」

聴く力を高めるためには「質問」していくスキルも必要です。相手の中にある考えや意見を引き出すような質問の仕方や話し方をしていくことが求められます。より良い質問は、相手も気づいていなかった考えを引き出すことに繋がります。コーチング研修では、部下に適切な質問をすることで、人が自力で答えを見付けられるように導くことを目的として、ワークを活用しながら学んでいきます。

「承認」

話を聴いた上で、相手を承認することや、実践したことへのフィードバックとして承認・褒めるという行動もコーチングに必要な要素です。
部下の存在を承認することで、「関心を持ってくれている」と安心感が部下に生まれ仕事へのモチベーションに繋がります。適切な承認の仕方についても研修内で扱っていきます。

コーチング研修を実施することで期待できる効果

コーチング研修を実施することで、上記3つのスキルを習得できる他、以下のような効果があります。

コミュニケーションスキルが向上する

部下や後輩の主体性は、コミュニケーションによって引き出していきます。
コーチングに有効なコミュニケーションを学び実践を繰り返していくことで、コーチングが身につきます。

自ら考え行動できるようになる

上司がコーチングスキルを身につけると、部下が自ら考え行動できるようになっていきます。企業全体が考える集団になっていくための一助となります。

コーチング研修のラインナップ

一社研修  自由度が高い一社で実施する研修
公開講座  日程が決まった参加型研修
eラーニング動画講座  見る時間が自由な動画研修

コーチング研修

部下育成にとって必要な、モチベーション管理、目標設定、行動計画の管理などコーチングスキルとして必要な要素を伸ばす研修です。

研修タイトル想定研修時間
コーチング研修 公開講座 コーチング研修 - 部下の主体性を育てる 6時間
コーチング研修 一社研修 コーチング研修【部下が育つ実践的なスキルを】 6時間 (変更可)
コーチング研修 半日編 一社研修 コーチング研修 半日編【双方向のコミュニケーション】 3時間 (変更可)
コーチング研修 eラーニング動画講座 コーチング研修 80分
速習版:コーチング研修 eラーニング動画講座 速習版:コーチング研修 19分

マネジメント研修

管理者として、チーム全体の目標達成や組織力を向上させるための業務改善・コミュニケーション方法等が学べる研修です。マネジメントの役割を持つ方が対象です。

研修タイトル想定研修時間
管理職向け コーチングスキル向上研修 一社研修 管理職向け コーチングスキル向上研修【部下の考えと行動を引き出す】 6時間 (変更可)
管理職向け 部下育成研修 一社研修 管理職向け 部下育成研修【信頼関係構築と部下の成長支援を】 6時間 (変更可)
管理職向け コミュニケーション強化研修 一社研修 管理職向け コミュニケーション強化研修【実践的に理解する】 6時間 (変更可)

褒め方研修・叱り方研修

正しく、効果的な褒め方・叱り方を理解し実践することで、相手の成長やハラスメント予防を目指す研修です。

研修タイトル想定研修時間
褒め方・叱り方研修 一社研修 褒め方・叱り方研修【適切なフィードバック方法を習得する】 3時間 (変更可)

アンガーマネジメント研修

怒りという強い感情を正しく理解した上で、自身の中でコントロールしながら上手く対応していく方法を学ぶ研修です。

研修タイトル想定研修時間
アンガーマネジメント研修 一社研修 アンガーマネジメント研修【怒りをコントロールしながら相手に伝える】 6時間 (変更可)

部下育成研修

部下が更に成長するために、部下の成長段階を理解し、割り当てるべき業務を与え、支援し、より効果的な育成を目指す研修です。

研修タイトル想定研修時間
部下育成・後輩指導研修 一社研修 部下育成・後輩指導研修【適切な指導ができるようになる】 6時間 (変更可)

OJT研修

OJT担当者(トレーナー)が、OJTをより効果的に行うために必要なスキルや考え方を学ぶ研修です。

研修タイトル想定研修時間
OJT研修 コーチング・ティーチング強化編 一社研修 OJT研修 コーチング・ティーチング強化編【適切なアプローチ方法を磨く】 6時間 (変更可)

評価者研修

個々人のやりがいや組織の成長を目指し、目標設定から成果の評価、その過程など正しい評価方法を理解する研修です。

研修タイトル想定研修時間
評価者基本研修 一社研修 評価者基本研修【管理サイクルと方法論を理解する】 6時間 (変更可)
評価者面談研修 一社研修 評価者面談研修【短時間集中】 4時間 (変更可)

アサーティブコミュニケーション研修

主張と尊重を両立するアサーティブコミュニケーションの方法を学び、社内での良好な人間関係構築を目指す研修です。

研修タイトル想定研修時間
アサーティブコミュニケーション研修 一社研修 アサーティブコミュニケーション研修【企業での良好な関係を作るために】 6時間 (変更可)

リスキル研修の特徴

リスキルのコーチング研修には次のような特徴があります。

即実践可能なコーチングスキルが習得できる

コーチングの基礎知識から学び、目標達成に必要な知識の補強や考え方を効率よく部下に教えることができるようになります。部下が主体的に行動するためのサポートのコツを含めて、即実践可能なコーチングスキルの習得を目標にしています。

コーチングの様々な段階を理解・習得

コーチングにあたっては関係構築、状況把握、目標設定、行動計画づくりや行動管理など、さまざまなプロセスが存在します。それぞれ段階を踏んで学習することで目標達成を容易にします。

見積りを10秒作成 お問い合わせはこちら 研修資料を請求する

研修カリキュラムの例

次のカリキュラムはコーチング研修に属するコーチング研修【部下が育つ実践的なスキルを】のカリキュラムです。研修の流れの例としてご参考ください。

  1. 01コーチングの理解

    ゴール

    コーチングの基礎を理解する

    • 【オープニングワーク】現状の課題把握
    • コーチングとは
    • コーチングにおける上司の役割
    • 適切な質問を与える専門家
    • 成果を出し続けるための能力開発を目指す
    • コーチングの流れ
  2. 02コーチングプロセス

    ゴール

    目標達成に向けたコーチングプロセスを理解する

    • 目標の明確化
    • 現状の明確化
    • 行動の把握と自身の評価
    • 行動計画の作成
    • フォローアップ
    • コーチングプロセスを繰り返す
    • 【ワーク】自身を振り返り、課題点を洗い出す
  3. 03コーチングスキル(傾聴)

    ゴール

    具体的なコーチングスキル3つのうち、傾聴のスキルを磨く

    • コーチングに必要なスキル
    • 傾聴
    • かかわり行動
    • 基本的傾聴技法
    • 質問
    • 目的を持って質問をする
    • 【ロールプレイ】傾聴を実践する
  4. 04コーチングスキル(承認)

    ゴール

    コーチングで効果的な承認の仕方・褒め方を理解し身に付ける

    • 承認の重要性
    • 【ワーク】3つの承認
    • 褒める
    • 行動を褒める
    • シェイピングを用いる・リフレーミングで伝える
    • 【ケースワーク】事例を読み、褒め方を考える
  5. 05部下に合わせた対応方法

    ゴール

    部下の特性をタイプ分けしタイプに合った適切な対応ができるようになる

    • 部下一人ひとりに合わせた対応
    • タイプ別の対応方法
    • コントローラー・アナライザー
    • プロモーター・サポーター
    • 対応時の注意点
    • 【ワーク】自チームについて考える
  6. LASTコーチング実践

    ゴール

    ロールプレイを通して、コーチングを実践する

    • ロールプレイでコーチングスキルを磨く
    • ルール説明
    • ロールプレイ準備
    • ロールプレイを実施する
    • フィードバックを受ける
    • 【ワーク】研修を振り返り、課題点を洗い出す

コーチング研修参加者(受講者)の声

研修を受講した方から、研修後のアンケートにて以下の感想をいただいております。

京銘茶加工・製造会社様

内容: 満足・良かった

91.7 %

講師: 満足・良かった

91.7 %

研修参加者の声

  • 資料は後で繰り返し見ることができる内容で大変ありがたいと思います。いろいろなスキル、気をつける事など参考になりますので自分なりに練習して身につけたいと思います。
  • 知っている内容は多かったのですが、部下や後輩の為にそれほどまでに時間を割けていなかったと改めて認識しました。自身でもしっかり傾聴できていないな、と自覚はありましたので、これを機に意識していきたいと思います。
  • コーチングの基本的なテクニックが学べ、わかっていても実践するのは難しい内容だと改めて感じました。すぐに活用できる実用的な学びでした。

ITソリューション開発・導入支援企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 恐らく普段無意識にやっているであろう判断を体系的に学ぶことで、教えることの難しさを実感しました。多くの気づきを得られたと思います。
  • 教え方を見つめ直す良い機会になりました。自分自身で考える内容が多くて勉強になりました。
  • 研修ありがとうございました。聞きやすく、随時「承認」を挟んだ形で実施いただき、研修自体はもちろんのこと、大人数に向けたファシリテート観点でも参考になりました。
  • 来期より1on1を実施することになったので、今欲しい内容とマッチしていました。

CNC旋盤・レンズ加工製造企業様

内容: 満足・良かった

93.8 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 他人のアプローチ方法などを勉強できよかった。部下の気持ち、思いを引き出しきれていないのかもしれないと考えさせられました。
  • 知らないことが多く、またはじめての内容での実践形式のワークは難しかったです。自分に置き換えた時に、自分ならどうするか、逆に部下の立場ならどう思うかを考えさせられました。
  • web上の研修でしたが、メリハリがあり、緊張感をもって受講できました。
  • 日頃のコーチングになっているか分からない自分の行動や言動を見直す機会となりました。研修中のワークの時は、ある程度流れ・結果が決まっているので、実際に課員と向き合う際にはうまくいくか不安ですが、内容を思い出しながらコーチングできるようにしたいと思います。

工作機械製造・販売企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • メモ取れて、考えを残したので、良かったです。内容もシンプルでした。
  • 分散、WEBミーティング等で対話が少なくなった中、他部署のメンバーと話しできてので大変楽しかった。年配社員へのアプローチをあらためて考える機会となりました。
  • グループワークは他メンバーの意見も聞けるため自身で考えて出した答え以外の気づきが生まれるような進め方が良かった。
  • 理解しているつもりでも、実践できてない部分の再認識が出来ました。難しい面もありますが、出来るまで繰り返してやるだと思います。ワークも多く実体験できたのがよかったです。

電気設備製品生産企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 具体的な声掛け方法などがためになりました
  • 新しい気づきが多くあり、実践してみようと思います。正解がないと思いますが自分のやり方を確立できるよう試行錯誤してみます
  • 理解はできても実行に移すことはなかなか難しい内容ではあったと思います。繰り返しテキストを見直して少しずつでも実行できるようにしたいと思います。
  • 今まで自分が行っていた考え方や実行が部下のためになっていなかったことに気づけた

環境調査会社様

内容: 満足・良かった

92.3 %

講師: 満足・良かった

92.3 %

研修参加者の声

  • 自分の不得意な所がわかり、よかった
  • コーチングについては言葉は知っていたが内容については細かく知らなかったので勉強になった。既に意識している部分もあるが足らない部分もあったので上手く自分に取り入れていきたい。
  • とても分かりやすく、ディスカッションも楽しく臨めました。
  • ショートワークや分科会で普段あまり接触の無い他部署の人とコミュニケーションが取れてよかった。
  • 現代の会社では、価値観が異なる多様な人が働いているため、気持ちよりも行動を変えさせることを大切にするということや人ではなく行動にフォーカスすることが大きな学びでした。

コーチング研修に関するよくあるご質問

コーチング研修ではどのようなことが学べますか?

コーチングの基礎から始まり、コーチングのプロセス、コーチングに必要なスキル、部下の特性をタイプ分けしタイプに合った適切な対応について学べる内容となっています。受講するメリットとしては、部下をマネジメントする立場の方が、部下の意見を引き出す力や面談時の対応力を向上することが期待できるという部分です。現場で使えるスキルを定着させるために、ロールプレイなどのワークの場で学んだ内容を実践できるようなカリキュラムとなっています。

コーチング以前にコミュニケーションにも問題がありそうなのですが、どちらの研修にするのが良いでしょうか?

ビジネスシーンにおいてコミュニケーションスキルは全ての土台となります。そのため、コーチングスキルの前にコミュニケーション研修を受けることを推奨しています。意味のある有意義な研修時間にするために、社員の方々の現状等をお聞かせいただいて、最適な研修プランをご提案いたします。

コーチング研修をオンラインで実施することは可能ですか?

はい、可能です。リスキルのコーチング研修は、対面・オンライン・対面とオンライン同時のハイブリッド式からお選びいただくことができます。お気軽にお問合せください。

リスキルのコーチング研修では、事前・事後の課題提出はありますか?

いいえ、ございません。リスキルのコーチング研修では事前の課題提出や、事後の感想・レポート・報告書の提出などはございません。研修時間内で完結します。なお、研修終了後3~5分で終わるアンケートについては実施いたします。

コーチング研修の費用を知りたい・見積りを取りたいのですが、どうすれば良いですか?

お見積りは各研修ページより請求できます。簡単な情報だけ入力いただければ、メールアドレス宛にすぐに届くため、手軽に利用できます。 なお、研修時間や日程を増やした場合の費用感や短くした場合の価格については個別にお問い合わせください。

セミナー形式など、短時間で研修はできますか?

はい、可能です。研修実施可能時間に合わせて、1時間~6時間内での調整が可能です。研修時間があまりとれないという企業様におすすめです。

なお、短い時間のため、既存の研修プログラムからどれを選出し編成するか、ご相談しながら組み立てていきます。短い時間にするためグループワークなどは個人ワークに変更していく場合がございます。短時間にしたことよる研修費用についてはお問合せください。(無料でご相談お受けしております)

介護や医療分野でも、コーチング研修を受講することはできますか?

はい、可能です。どの業種でも部下をマネジメントするために必要なスキルとして扱うことができます。介護・医療・看護の分野でも問題なくご対応できます。なお、事例を業界向けに変更したいという場合は別途お問い合わせください。

よくあるご質問の一覧>

豊富な研修実績

リスキルのコーチング研修は多くの企業様よりお問い合わせいただいております。

実際に研修を受講された方からは、習った知識やスキルをすぐに実践することが出来るような、体系的なカリキュラムで学習出来たとご好評を頂いております。

対象問わずお問い合わせいただければ、最適な提案をコンサルタントがさせていただきます。

リスキルの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

お見積り、お問い合わせはこちらから

お見積り、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リスキルの社員研修に関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-299-194

0120-299-194

電話受付:月〜金 9:00-19:00(土日祝も研修実施)