テーマ別研修

5S研修

5S研修のまとめページです。
詳細情報を確認するにはラインナップの各研修ページをご確認ください。

5Sの重要性を理解し、業務効率化のために実践する

本研修の対象

若手社員 中堅社員 管理職

  • 5Sの考え方を導入したいと考えている職場の社員・管理職の方
  • 5S活動や片付けがなぜ必要か、どんなメリットがあるかといった基礎的な内容から知りたい方
  • 身近なところから職場環境の改善や業務の効率化を行いたいと考えている方

5S研修のラインナップ

5S研修

5Sがどのように業務効率化に関わるのかを理解し、職場に導入・実現するための研修です。

業務効率化研修

現在の業務を見直し、業務時間の短縮・生産性を向上させるために出来る具体的な改善案を見つける研修です。

生産性向上研修

現在の業務実績を把握して、業務成績を上げるためにどのような改善を行えるかを考え、生産性を向上させる研修です。

新入社員研修

新入社員研修では、新入社員が社会人としての常識や必要な技術を理解し、習得します。

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • 5Sの考え方を組織に定着させるために何から始めればよいかわからない
  • 職場環境の改善や業務効率化への大幅な取り組みに抵抗感があり、身近なところから始めたい
  • 5Sを中心として、業務の整理、品質の向上などを行いたいと考えている
  • 5Sを徹底するために自分に何ができるか、チームメンバーをどのように動かせばよいか学びたい

5S研修の概要

5Sとは、職場環境改善のため5つの要点をまとめたものです。Sはそれぞれ、「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「しつけ」を表していますが、この5Sの意識を導入・実現し、業務効率化に繋げていくためにどういった取り組みが必要なのかを理解する研修です。

5S研修イメージ

5Sを推進する意義

片付けについては、子どもの頃に親から怒られた思い出があるかもしれません。片付けがしてあったほうがいいことは誰でもわかっていますが、「企業として推進していくメリットは?」と聞かれたら、答えることができますか。

5Sは仕事を上手く進めるための基本である

社内では、共有で使っているものや在庫の管理をしているものが多くあります。それがどこにあるか、いくつあるか、管理できているでしょうか。PC上のファイルや共有のフォルダなどきちんと整理されて、誰もがわかりやすい状態になっているでしょうか。

探しものや在庫の過不足は仕事の効率を低下させます。

また、モノだけの話ではありません。
個々人やチームの仕事についても何をすべきか整理されていることで業務の効率を上げることができます。

5S研修イメージ②

リカレント5S研修の特徴

リカレントの5S研修には次のような特徴があります。

段階に合わせた指導内容

本研修では、もっとも重要な「なぜ5Sが必要なのか」の理解と5Sのもたらす効果の理解に時間を使い、その上で「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「しつけ」、それぞれの詳細と5S活動の流れ、導入方法についてしっかりと学びます。

実践のための学習を

5Sを組織へスムーズに導入するための準備、導入研修、ルールの作り方から起こりうる問題への対応まで、研修で学習したことをそのまま実践できるようなカリキュラム構成になっています。

研修カリキュラムの流れ

5S研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。

  1. 015Sの必要性の理解

    ゴール

    5Sがなぜ必要か徹底的に理解する

    • 5Sの概要
    • 5Sの必要性
    • 整頓とは・整頓の必要性
    • 整理とは・整理の必要性
    • 清掃をすることの効用
    • 清潔であることの意義
    • しつけによってできること
  2. 025Sの効果・ケーススタディ

    ゴール

    実例とともに5Sの効果の大きさを知る

    • 5Sによる時間短縮
    • 5Sによる成果向上
    • 5Sによるクオリティアップ
    • 5Sによるコストダウン
    • 【ケーススタディ】2つの成功事例
  3. 035Sの具体的な活用方法

    ゴール

    実際の現場での5Sの活かし方がわかる

    • 整理の方法・ものの捨て方
    • 整頓の方法・ものの置き方
    • 清掃の習慣化
    • 清潔の意識とルール作り
    • しつけの徹底
    • 【ワーク】自社で5S導入できる場所を考える
  4. 045Sの導入方法

    ゴール

    5Sの導入についての施策を学び、実行できるようになる

    • 5Sの導入方法
    • 5S導入のための研修
    • 導入において予期されるトラブルや反対意見
    • ルールのつくり方
    • 【ケーススタディ】導入施策の実際
    • 【ワーク】自社への5S導入プランを考える
  5. LAST5Sの運用方法

    ゴール

    5Sの運用についての施策を学び、実行できるようになる

    • 5S運用の一月の流れ
    • 運用において予期されるトラブルや反対意見
    • 5Sの目標設定
    • 定期チェックの運用
    • 5Sの目標向上のための施策
    • 5Sと人事評価

よくあるご質問

5S自体に馴染みがないのですが、定着するでしょうか?

明日から使うことを目指し、導入プランの考案も研修内で行います。
なぜ必要か、取り入れるメリットを感じ、具体的な活用方法、運用の流れまでを理解した状態で研修を終えるため、日々の業務に活かしやすくなっています。共通で使っている物の置き方など、一人では実行が難しいことについては、複数人で実行する時間を別途設けていただけるとより効果が上がります。

様々な役職や年齢の社員に一緒に受けてもらうことはできますか?

もちろん可能です。
会社の備品や仕事をするオフィスに関しては皆が共通言語を持って整備を進めていくことが必要です。
研修で共通言語を認識する機会とすることで、その後、社内の皆様で5Sを意識して取り組めるようになることが期待されます。

豊富な研修実績

リカレントの5S研修は多くの企業様よりお問い合わせをいただいております。

5Sの意識を組織へスムーズに導入・浸透させるために、市販の書籍に書かれている事を実行するだけではなかなか上手く行きません。まとまったカリキュラムと共に実践の手法を学ぶことにより、その負担を軽減することが出来ます。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

お見積もり、お問い合わせはこちらから

お見積もり、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:00-19:00/土日祝9:30-18:00

お見積り
お見積り