テーマ別研修

本研修の対象
若手社員

  • 主に入社5年以下の方(それ以上の年数を就業されている方でも参加可能です)
  • 与えられた仕事をこなすことができるようになってきた若手社員の方
  • 受身の姿勢をやめ、職場で主体性を発揮したいと感じている方

よくあるお悩みや課題

  • 若手であってもチームの一員として職場でもっと主体性を発揮してほしい
  • 周りの状況に流されやすく、仕事へのモチベーションがうまく保てていない
  • 与えられた仕事をこなすだけで、自ら考えて取り組む意欲がない
  • 今後の目標をより明確に設定し、その達成のために行動を続けてほしい

若手研修の概要

若手研修とは、入社からある程度の期間が経過した方向けの研修です。

入社からある程度の就業期間を経た中で累積してきた課題や、より効率的に業務を進める上での手法を模索する必要があるなど、解決するべき事項が次から次へと出て来る中で、その対応策を学ぶことが出来る内容となっています。

若手社員に身につけてほしいスキル

下記のようなスキルを身につけることで、若手社員がより活躍できるようになります。

主体性

業務がある程度できるようになったら、指示通りにこなすだけの仕事から脱することが求められます。
一歩先を見据えて、自ら考えて取り組んで行く力が必要です。

論理的思考

仕事を効率化するためのスキルです。論理的な考え方により思考が整理され、上仕事の仕方や他者への伝え方にも良い影響を与えます。
若いうちから学習を始め、習得することで効果的な成長に繋がります。

コミュニケーション

新入社員だけでなく若手社員も例外なく、コミュニケーション能力が求められています。後輩との関わりも増えてきて、OJT担当やメンターを務めることもあるでしょう。目的や場面に応じたコミュニケーションの技術を身につける必要があります。

若手研修イメージ

リカレント若手研修の特徴

リカレントの若年層研修には次のような特徴があります。

目的別の課題解決に対応

ビジネスフレームワーク「PDCA」を活用するための研修や業務において主体性を発揮するための研修など、目的に応じたメニューを用意しており、ご要望に合わせたご提案が可能です。

若手研修のラインナップ

若手研修

業務の中で出てきた様々な課題への対応方法を学び、今後主体性を持って行動していけるようにするための研修です。

新入社員フォローアップ研修

仕事に慣れてきた新入社員に向けて、コミュニケーションの図り方やチームとしての働き方の再確認など個人にあわせた課題解決と、今後の目標意識を促す研修です。

中堅研修

中堅社員が会社に求められていることを理解し、会社の課題について考え行動すると共に、部下の育成の方法論を習得していくための研修です。

モチベーションアップ研修

自身でモチベーションをコントロールし、より良い目標設定、成長を目指すための研修です。

中堅社員リーダーシップ研修

リーダーシップを立場や役割を超えた行為であると考え、チームで成果を上げるためにはどうすればよいのか原理原則を知り、リーダーシップを磨く研修です。

ロジカルシンキング研修

ロジカルシンキングを身につけ、論理的に問題発見・解決ができる人材になるための研修です。

問題解決研修

一人一人が主体的に問題を発見し、解決できる組織づくりを目指すために、具体的な手順を学ぶ研修です。

研修カリキュラムの一例

若手研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。詳細は、こちらからご確認ください。若手社員主体性発揮研修【自ら動く社員を】詳細ページはこちら。

1. 主体性を理解する 【ゴール】主体性を理解して、発揮する必要性を知る
  • 【ワーク】自主性と主体性の違いを考え、主体性を理解する 
  • 求められる役割を理解する 
  • 主体性がない社会人の特徴 
  • 【ワーク】あなたが上司だったらどんな行動を期待するか 
  • 作業と仕事に対する姿勢 
  • 【ワーク】新入社員にとってあなたはどんな存在であるべきか 
2. 主体的に行動するための目的と目的意識 【ゴール】主体性の本質となる目的・目的意識を強化する
  • 目的意識の重要性 
  • 【ワーク】普段行っている業務の目的を書き出す
  • 【ワーク】会社の目的を再確認する
  • 【ワーク】その目的の中で自身に何ができるかを確認する
  • 目標を立てることの大切さ 
  • 目標達成のステップ 
3. 主体的に行動するために問題を発見する 【ゴール】主体性を発揮するために問題の発見が行えるようにする
  • どこに主体性を発揮していいかわからない場合 
  • 問題発見のためのマインド 
  • 【ケーススタディー】あるべき姿の想像 
  • 問題発見のためのスキル 
  • 【ワーク】現時点の問題発見 
4. 主体的に行動するための判断力 【ゴール】判断の軸を理解して、主体的に行動できるようにする
  • 主体的行動には判断が伴う 
  • 目的・目標による判断 
  • ビジネスの基本となる判断基準(SQCDR) 
  • 【ワーク】SQCDRを元にした検討 
  • 優先順位の判断基準(時間管理のマトリクス)
  • 【ワーク】時間管理のマトリクスに当てはめる 
5. モチベーションのセルフコントロール方法 【ゴール】モチベーションのコントロールノウハウを学ぶ
  • 主体性を発揮するためのセルフコントロール 
  • 内的動機づけのために 
  • 自律性による動機づけ 
  • 有能感による動機づけ 
  • 関係性による動機づけ 
  • 【ケーススタディ】モチベーションへの考え方 
6. ケーススタディとまとめ 【ゴール】ケーススタディを元に理解を進め、明日からの行動に落とし込む
  • 【ケース1】客からのクレームを受けたとき
  • 【ケース2】競合他社をまとめる仕事を依頼された
  • 【ケース3】会議に参加した際
  • ※時間次第で実施の数は変わります
  • 【ワーク】気づきと行動の落とし込み 
見積りを作成(所要時間10秒)

よくあるご質問

複数の研修テーマを組み合わせて、1日の研修にできますか?

はい、可能です。

例えば、午前と午後のカリキュラムをアレンジして、別テーマにて研修実施が可能です。

習熟度を高めるためにも、親和性が高いテーマの組み合わせをおすすめしています。お気軽にご相談ください。

参加者によって業務内容が異なりますが、若手共通の研修で良いのでしょうか?

参加者の業務内容に依存せず、汎用性の高いカリキュラムになっております。

どの業務にも共通する、仕事のノウハウや考え方をワークを通じて体得することが可能です。

自身の業務に置き換えて考える事ができるようなテーマを準備していますので、「明日から使える研修」というお褒めの言葉を多数いただいています。

研修参加者からの声を一部ご紹介します

書籍関連企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

96.4 %

研修参加者の声

  • こちらでメモをあまり取らなくても研修内容が落とし込まれていて使いやすかったです。
  • リーダーシップの考え方、どう行動に移すべきかを、グループワークを通じて様々な意見が聞けたのが良かったです。
  • 全部腑に落ちた内容で、行動してみようと思える内容だった。
  • 最後グループで感想をシェアした際、それぞれ刺さった内容が異なっていたのか印象的でした。それぞれにとって良い学びとなった場だと感じました。
  • リーダーシップ を漠然とした概念や先天的なものとこれまで捉えていたが、実はそうではなく、後天的な「行動」で身につけることができることを学んだ。
  • 業務が忙しい中、時間をとって受けるだけの価値がある研修だと感じました。リーダーシップという言葉の偏ったイメージを直すことができました。

システム構築・運用企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 段階的に主体的ということに対する本質を深めることができたのでよかった。ディスカッションで新たな気づきもあった。
  • 講義だけではなく、グループ活動もあったおかげで深く考えることができました。反応して欲しい時を明確に言ってくださったのも良かったです。
  • 主体性について普段の業務で考えることは少ないので、良い機会となった。グループワークが多く、他の人の意見を多く聞けたのが良かった。
  • 働く目的、会社の目的など考えることで、初心に戻り、社会人としての意識を再度持ち直すことができた。
  • 言葉におこすワークを通して、自分が本当に理解、意識をしていたのか確かめることができ、自分を振り返る機会になった。

出版販売企業様

内容: 満足・良かった

89.5 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 手を挙げる人がチャンスを掴めるというのは納得感があり、今後、自分が大切にしている価値を広める上でも積極的になりたいと思いました。
  • 自分の業務の内省に役立てられ、かつ同期からの刺激を受けることができて、大変有意義な時間でした。
  • リーダーシップとは何かという点では、自分が思っていなかった他人を巻き込む力などもリーダーシップに含まれるなど、発見がありました。1日を通して発見が多かったです。
  • リーダーシップは若手社員の役割ではないという考えがあったが、仕事をしていく上で、リーダーシップの考え方は年次や年齢は関係ないと知ることができた。リーダーシップの考え方を意識することの重要性を認識することができた。
  • リーダーシップなど、言葉の定義が曖昧な認識だったものを、具体的に理解出来てよかった。日々の業務で役に立つ考え方の提示が多かったので明日から意識していきたいと思えた。
  • リーダーは、若手の自分にはまだ無縁と思っていたことに気付かされた。リーダーは肩書きではなく、マインドなのだと感じた。

食品物流企業様

内容: 満足・良かった

93.8 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 自分に今なにが足りていないのか学ぶことが出来た
  • 主体性や自責を持つことの大切さを知ることができました。
  • グループワークをする事で色々な人の意見を聞くことができ、新しい考えを知る事ができたことが良かった。
  • 主体性は総合職として活躍する上で必須事項だと思うので、それについて学べて良かった。
  • 主体性というところに観点を置き深く考えることができた

ITシステム関連企業様

内容: 満足・良かった

95.6 %

講師: 満足・良かった

96.5 %

研修参加者の声

  • ロジカルシンキングについて基礎から実践まで通して研修を行ったため、実践しながら学習することができた。
  • ロジカルシンキングに関してわかりやすく学ぶことができ、かつ明日から実践できる内容だったため大変勉強になりました。
  • 内容一つ一つに具体的な例を提示してくださり深く理解することができました。
  • ディスカッションや自分で考える機会が都度与えられていたので、研修内容が頭に入ってきやすかった。
  • オンラインでの受講だったが、グループディスカッションなども実施されて身に付きやすかった。
  • 講義とグループワークの割合がちょうどよく、聞く時は聞く、話す時は話すとメリハリをつけて取り組むことができた。
  • 受け身というよりも思考しながらの研修だったのので、内容も身につきやすかったように思う。特にロジックツリーやピラミッドストラクチャーについては理解が深まった。今後意識して使っていくことで身につけたいと思う。

情報サービス企業様

内容: 満足・良かった

96.7 %

講師: 満足・良かった

93.3 %

研修参加者の声

  • わかりやすく、自分が話す機会も多かったので頭に入った
  • PDCAサイクルは長期的なイメージがあったが、短期的なものもあり、習慣づけることによってより活かす事ができると理解できたから。
  • 各種フレームワークの説明が例付きで記載されており、理解しやすかった。
  • PDCAノートを作成するなど、書き出すことでより思考が整理され、対策を考える際に有効であることに気付かされました。
  • PDCAサイクルは知っていたが、目標設定におけるSMARTについての理解が深まり、目標を明確にすることの大切さを学べました。
  • ビジネスパーソンとして基礎中の基礎となる行動のため再確認ができた。また、今後チームをまとめる立場となった時に円滑にチームを回すためにも必要だと感じた。

豊富な研修実績

リカレントの若手研修は多くの企業様にご好評をいただいています。

書籍による自学自習や、自社内研修などが難しい事項について、体系立てたカリキュラムによる学習の必要性を感じていらっしゃった企業の方から喜びの声を多数頂戴しております。

リカレントの研修は様々な企業様に
ご利用いただいています

研修実績

関連リカレントコラム

関連研修カテゴリ

関連研修の中身やカリキュラムをまとめて確認できます

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お見積り
お見積り