テーマ別研修

若手研修

若手研修のまとめページです。
詳細情報を確認するにはラインナップの各研修ページをご確認ください。

業務で出てきた課題に対応する方法を身につける

本研修の対象

若手社員

  • 主に入社5年以下の方(それ以上の年数を就業されている方でも参加可能です)
  • 与えられた仕事をこなすことができるようになってきた若手社員の方
  • 受身の姿勢をやめ、職場で主体性を発揮したいと感じている方

若手研修のラインナップ

若手研修

業務の中で出てきた様々な課題への対応方法を学び、今後主体性を持って行動していけるようにするための研修です。

問題解決研修

一人一人が主体的に問題を発見し、解決できる組織づくりを目指すために、具体的な手順を学ぶ研修です。

ロジカルシンキング研修

ロジカルシンキングを身につけ、論理的に問題発見・解決ができる人材になるための研修です。

中堅社員リーダーシップ研修

リーダーシップを立場や役割を超えた行為であると考え、チームで成果を上げるためにはどうすればよいのか原理原則を知り、リーダーシップを磨く研修です。

中堅研修

中堅社員が会社に求められていることを理解し、会社の課題について考え行動すると共に、部下の育成の方法論を習得していくための研修です。

新入社員フォローアップ研修

仕事に慣れてきた新入社員に向けて、コミュニケーションの図り方やチームとしての働き方の再確認など個人にあわせた課題解決と、今後の目標意識を促す研修です。

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • 若手であってもチームの一員として職場でもっと主体性を発揮してほしい
  • 周りの状況に流されやすく、仕事へのモチベーションがうまく保てていない
  • 与えられた仕事をこなすだけで、自ら考えて取り組む意欲がない
  • 今後の目標をより明確に設定し、その達成のために行動を続けてほしい

若手研修の概要

若手研修とは、入社からある程度の期間が経過した方向けの研修です。若手社員は今後中堅社員になっていくために、成長を求めたい段階です。

そのためには自らの意思で問題を発見し、それを改善や解決することで業務をより良いものにしていくことが求められます。

若手社員教育の課題

若手社員教育の課題としてよく上げられるスキルは共通しています。まずは「主体性」。そもそもの意思としてより良い仕事をする意思がなければ始まりません。

また、自身やチームの仕事の中で問題や改良点を見つけた後に、それらを論理的に解決する能力、それらをチームで共有するコミュニケーション能力などが求められています。

若手社員に身につけてほしいスキル

そのため下記のようなスキルを身につけることで、若手社員がより活躍できるようになります。

主体性

業務がある程度できるようになったら、指示通りにこなすだけの仕事から脱することが求められます。

一歩先を見据えて、自ら考えて取り組んで行く力が必要です。

論理的思考

仕事を効率化するためのスキルです。論理的な考え方により思考が整理され、仕事の仕方や他者への伝え方にも良い影響を与えます。

若いうちから実践を始め、習得することで効果的な成長に繋がります。

コミュニケーション

新入社員だけでなく若手社員も例外なく、コミュニケーション能力が求められています。後輩との関わりも増えてきて、OJT担当やメンターを務めることもあるでしょう。目的や場面に応じたコミュニケーションの技術を身につける必要があります。

若手研修イメージ

リカレント若手研修の特徴

リカレントの若手研修には次のような特徴があります。

目的別の課題解決に対応

ビジネスフレームワーク「PDCA」を活用するための研修や業務において問題発見力を発揮するための研修など、目的に応じたメニューを用意しており、ご要望に合わせたご提案が可能です。

主体性発揮に注力した研修が多数

各種ある若手研修の目的の中で、求めたい要素として大きいのは主体性です。リカレントでは若手が主体性を発揮し活動してもらうための研修を多数用意しています。

研修カリキュラムの流れ

若手研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。

  1. 01主体性を理解する

    ゴール

    主体性を理解して、発揮する必要性を知る

    • 【ワーク】自主性と主体性の違いを考え、主体性を理解する 
    • 求められる役割を理解する 
    • 主体性がない社会人の特徴 
    • 【ワーク】あなたが上司だったらどんな行動を期待するか 
    • 作業と仕事に対する姿勢 
    • 【ワーク】新入社員にとってあなたはどんな存在であるべきか 
  2. 02主体的に行動するための目的と目的意識

    ゴール

    主体性の本質となる目的・目的意識を強化する

    • 目的意識の重要性 
    • 【ワーク】普段行っている業務の目的を書き出す
    • 【ワーク】会社の目的を再確認する
    • 【ワーク】その目的の中で自身に何ができるかを確認する
    • 目標を立てることの大切さ 
    • 目標達成のステップ 
  3. 03主体的に行動するために問題を発見する

    ゴール

    主体性を発揮するために問題の発見が行えるようにする

    • どこに主体性を発揮していいかわからない場合 
    • 問題発見のためのマインド 
    • 【ワーク】現時点の問題発見 
  4. 04主体的に行動するための判断力

    ゴール

    判断の軸を理解して、主体的に行動できるようにする

    • 主体的行動には判断が伴う 
    • 【ワーク】ビジネスの基本となる判断基準(SQCDR) 
    • 優先順位の判断基準(時間管理のマトリクス)
    • 【ワーク】時間管理のマトリクスに当てはめる 
  5. 05モチベーションのセルフコントロール方法

    ゴール

    モチベーションのコントロールノウハウを学ぶ

    • 主体性を発揮するためのセルフコントロール 
    • 内的動機づけのために 
    • 自律性による動機づけ 
    • 有能感による動機づけ 
    • 関係性による動機づけ 
    • 【ケーススタディ】モチベーションへの考え方 
  6. LASTケーススタディとまとめ

    ゴール

    ケーススタディを元に理解を進め、明日からの行動に落とし込む

    • 【ケース1】客からのクレームを受けたとき
    • 【ケース2】競合他社をまとめる仕事を依頼された
    • 【ケース3】会議に参加した際
    • ※時間次第で実施の数は変わります
    • 【ワーク】気づきと行動の落とし込み 

若手研修参加者からの声を一部ご紹介します

大手システムキッチンメーカー様

内容: 満足・良かった

95.7 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 若手社員ができること、できるようにならなければならないことについて考える良い機会になりました。そのために目標を立て、具体性についても考え、先輩にアドバイスを堂々ともらおうと思えるようになりました。
  • 主体性について内容理解が出来ました。コロナの影響で、同期とのコミュニケーションも薄くなっていたため、今回の研修で意見交換を行ったため、他の人の意見も知ることが出来たので、良かったです。
  • 日々の業務では気づけない事に気づく機会となりました。ありがとうございました。今後、仕事をするうえで大事なこと思いますので今後に生かしていきます。
  • 70名という大人数での研修でしたが、グループを変えながら発言の機会をできるだけ設けて下さり、なかなか会う機会のない同期との時間を作っていただけたのですごく有意義な時間でした。研修の内容としても日常業務の中でどう時間を使い何を意識するとより成長につながるのかというアプローチの仕方を教えていただき、明日から早速チャレンジできるような易しいものも多かったので直ぐに取り入れていきたいと思います。

ITエンジニアリング企業様

内容: 満足・良かった

90.5 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • ワークが都度都度設定されており、イメージがつきやすかった。また、グループで意見交換できたのもよかった。
  • 新入社員のころからPDCAについては、いろいろな研修で説明があったが、今回の講座が一番わかりやすかった。はじめて、本質を理解できた。
  • どのような観点で仕事を行うかを確認することができ、自分に何が足りなかったか再認識できてよかった。
  • 普段の業務で忙しく意識があまりできていなかったことを改めて気づく機会をくださりありがとうございました。

LPガス製造・輸送企業様

内容: 満足・良かった

92.1 %

講師: 満足・良かった

94.7 %

研修参加者の声

  • 一方的な受講でなくワークショップがあるのが刺激になった
  • ビジネスマナーを過去に学んだとしていても勉強になります。マニュアル通りだけでは難しい部分においての解説もあり、参考になりました。
  • 事務方のしている事、マナー、確認事項に加え、他の営業の方の気をつけているマナー等を知ることが出来ました。
  • 尊敬語と謙譲語、無意識のうちの二重尊敬語など意識していなかった事を意識するいい機会になりました
  • マナーを守ることによってより良い人間関係を築く事ができでき 仕事もスムーズに行なうことが出来ると思いました

コンサルティングファーム様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 自分の目標に向けて行わなければいけないことを、やりたい事をゴールに順を追って振り返ってみることで、自分の今やらなければいけないことを、かなり具体的にすることが出来ました
  • 頭の中で曖昧に「こうならなければ」と考えはあったが、ワークの中で実際に紙に書き出すことでより具体的に見える化出来ました。
  • 話の引出が多くどんな回答も受け止めプラスにする能力がすごいなと思いました。ありがとうございました。
  • 教材の内容について、自分でコメントを書く欄があり発表する場をいただけたことで、周りの方々のお話も聞ける良い場になりました。

法律事務所様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • ハキハキしてて、親しみやすく、質問にも丁寧に答えて頂きましたありがとうございました
  • 電話応対が苦手だったので勉強になりました。
  • 疑問に思っていたことが解決できたことや、みんなで話し合いなど出来て面白かったです。
  • 今まで漠然となんとなくやっていた事が、正しかったり間違っていたり確認できてよかったです。
  • マナーに関する基礎知識はもちろん、具体的な解決法を教えていただき、とても実り多い内容でした特に、クローズドクエスチョンと、クッション言葉の有効性に感嘆しました早速実務に役立てていきたいと思います
  • 即活かせる内容で良かったです。

ソフトウェア開発企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • OJT実施のために必要なタスクだけではなく、考え方や行動についても教材や講師から話があり、認識を再確認したり、改め考える機会があったのでよかったです。
  • ワークショップが適宜あり、ペアとなった方や発表していただいた内容から様々な意見を聞くことが出来ました。中々、社員同士で意見交換や部下へのアプローチの手法を話すことがないので学びのある時間となりました。
  • OJTに対して抱いていた不安や疑問等について、かゆいところに手が届くような様々な内容が網羅されていたほか、演習(ケースワーク等)も充実しており、非常にためになる研修でした。
  • OJT対象者への具体的な対応方法が学べ、また受講者とワークをする事で自分にない視点が有り、勉強になりました。

よくあるご質問

複数の研修テーマを組み合わせて、1日の研修にできますか?

はい、可能です。

例えば、午前と午後のカリキュラムをアレンジして、別テーマにて研修実施が可能です。

習熟度を高めるためにも、親和性が高いテーマの組み合わせをおすすめしています。お気軽にご相談ください。

参加者によって業務内容が異なりますが、若手共通の研修で良いのでしょうか?

参加者の業務内容に依存せず、汎用性の高いカリキュラムになっております。

どの業務にも共通する、仕事のノウハウや考え方をワークを通じて体得することが可能です。

自身の業務に置き換えて考える事ができるようなテーマを準備していますので、「明日から使える研修」というお褒めの言葉を多数いただいています。

よくあるご質問の一覧>

豊富な研修実績

リカレントの若手研修は多くの企業様にご好評をいただいています。

書籍による自学自習や、自社内研修などが難しい事項について、体系立てたカリキュラムによる学習の必要性を感じていらっしゃった企業の方から喜びの声を多数頂戴しております。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

お見積もり、お問い合わせはこちらから

お見積もり、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

電話受付:月〜金 9:00-19:00(土日祝も研修実施)