階層別研修 【目的・ニーズに合わせた最適な研修内容を】

リスキルが用意する階層別研修一覧です。新入社員・若手・中堅・管理職研修まで様々な研修が揃っています。

階層別研修のカテゴリ一覧

新人研修 若手社員研修 中堅社員研修 管理職研修

情報更新

階層別研修のカテゴリ一覧

新人研修

カテゴリ 対象
新入社員研修 新入社員研修 【社会人に必要な基礎力を高め、即戦力へ】 新入社員
新入社員フォローアップ研修 新入社員フォローアップ研修 【目的を再確認することで、成長に繋げる】 新入社員
内定者研修 内定者研修 【マナーや仕事における目的意識を醸成する】 新入社員
インターンシップ研修 インターンシップ研修 【実習や体験を通して、早期戦力化を図る】 新入社員

若手社員研修

カテゴリ 対象
若手研修 若手研修 【育成をテーマとした若手研修】 若手社員
第二新卒研修 第二新卒研修 【自己理解を図り即戦力となるために】 新入社員 / 若手社員

中堅社員研修

カテゴリ 対象
主任研修 主任研修 【管理力・課題解決力を学ぶ】 中堅社員
中堅研修 中堅研修 【会社の主軸としてスキルアップを図る】 中堅社員
中堅社員リーダーシップ研修 中堅社員リーダーシップ研修 【部下育成や管理能力を磨く】 中堅社員

管理職研修

カテゴリ 対象
係長研修 係長研修 【役割理解から管理力強化まで】 管理職
プレイングマネージャー研修 プレイングマネージャー研修 【マネジメント能力を強化する】 中堅社員 / 管理職
店長研修 店長研修 【店舗経営に必要な管理能力を身に付ける】 管理職
マネジメント研修 マネジメント研修 【管理能力の底上げを図る】 管理職
マネージャー研修 マネージャー研修 【チームの管理・マネジメント力を磨く】 管理職
課長研修 課長研修 【業務管理力・部下育成力を強化する】 管理職
労務管理研修 労務管理研修 【労務知識を習得するために】 管理職
新任管理職研修 新任管理職研修 【企業での役割理解と部下のマネジメントスキル強化】 管理職

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • 自社に合わせた、階層別の社内研修マップを作成したい
  • ゼロから階層別研修を構築したいが、方法がわからない
  • 新人から管理職まで人数もバラバラだが研修体系を作りたい
  • eラーニング動画講座も活用して研修の全体像を作りたい

階層別研修の概要

階層別研修では、企業の階層ごとに求められているスキルや考え方を身に付けるための研修です。

階層別研修とは

リスキルにおける階層別研修とは、ビジネスパーソンとしてのステージが変わるタイミングで必要なスキルを身に付ける研修内容のことを意味・定義しています。新入社員研修、中堅社員研修、新任管理職研修など、昇格に伴いステージが変化すると、活用するべき考え方やスキルは変わってきます。

階層別研修を活用することで、ステージの変化に対応しやすくなり、それぞれの課題に合わせたスキルや考え方を強化することができます
リスキルの階層別研修でも、課題や目的に合わせたスキルや考え方を身に付けることが目的に多様な種類のカリキュラムをご用意しています。

階層別の研修種類

具体的には、階層別に次の種類に分かれて研修が行われます。階層別に様々な目的があり、扱いたいテーマも様々です。

階層別研修の種類

階層別研修における体系図・スキルマップ(一例)

階層別研修を実施する際は、「企業として、各階層にどのような役割を求めるか」を考え、そこに適した研修テーマを実施することが推奨されます。

研修テーマは無数にあるためです。自社の社員にどのような姿になってほしいかを明確にすることで、明日から職場で使えるスキルを研修で身に付けることが期待できます。研修の体系図としての一例は以下の通りです。

また、リスキルで扱う主な研修と階層別におすすめの内容は、研修体系図・コースマップに記載しています。リンク先よりPDFにてご覧ください。

企業側が求める役割・スキル おすすめの研修        
新入社員
(1年目)     
- 社会人として必要なビジネススキルの基礎を身に付ける
- 業界・担当業務に関する知識を習得する
- 企業文化や価値観を正しく理解し、行動する
- 自己管理能力(タイムマネジメント、報連相など)ができる
- 自身のストレスに対して、上手く発散・解決することができる
- 新入社員ビジネスマナー研修
- 新入社員 社会人基礎研修
- 新入社員向けコンプライアンス研修
- タイムマネジメント研修
- 新入社員向け ストレスマネジメント研修     
若手社員
(2年目~)
- 担当業務に関して、自分一人で完遂できる
- 新しいことを学びつつ、後輩に教えることでスキルや考え方を磨く
- 上司や後輩、チームメンバーとの円滑なコミュニケーションがとれる
- チーム内で発生した問題を自ら解決するもしくは取り組む
- 部下育成・後輩指導研修
- 若手社員向け 仕事の取り組み方研修
- 若手社員向け 伝える力向上研修
- 若手社員向けフォロワーシップ研修
中堅社員
(6年目~)
- リーダーや管理職をサポートする
- 後輩や部下へ適切な指導やアドバイス、フィードバック(褒める・叱る)ができる
- 会議や取引先、社内で発生する衝突などのコンフリクトについて自ら解決に導くことができる
- 担当業務に関してより専門的な知識や提案、交渉できるスキルを持つ
- フォロワーシップ研修
- 中堅社員向け 部下育成研修
- コンフリクトマネジメント研修
管理職 - 部下をマネジメントすることができる
- 多様性を受け入れ、一人ひとりに向き合ったマネジメントができている
- リーダーシップを持ち、目標に対して具体的な行動を自ら示すことができる
- 評価面談、1on1ミーティングなどで、適切に部下の意見を引き出すコーチングスキルを持つ
- 労務管理に必要なスキルを持ち、部下が心も身体も健康に働ける環境を整えている
- 部下に対して適切な評価を行い、部下の目標達成を支援している
- 管理職リーダーシップ研修
- 管理職向けマネジメント研修 基礎編
- 管理職向け チームマネジメント研修
- 労務管理研修
- コーチング研修
- 評価者研修

その他、詳細は「カテゴリ一覧」をご確認ください。

階層ごとに研修を行うメリット

階層別研修を行うことで、以下4つのメリットがあります。

階層ごとに求められる役割・スキルが把握できる

階層別研修を実施することで、以下に気付き、必要なスキルや考え方を習得することが可能となります。

  • 役割理解(企業は、今の自分に何を求めているのか)
  • 求められるスキルとその意味、強化・改善すべきスキルの把握
  • 目的意識を持って仕事をすることの重要性
  • 明日からの職場でどのようにスキルを活かしていくか

階層別に必要なスキル一例

特に、新人、若手、中堅、管理職それぞれの階層において、社員一人ひとりが「自身の役割は何か」「今の自分に足りないスキルは何か」ということを客観的に把握することは難しく、研修を通して気づかせることが効果的です。

社員のモチベーションを維持することができる

新人や若手のうちは研修の機会に恵まれていたものの、ある程度年次が上がると研修の機会が失われるということが少なくありません

企業として階層別研修を定期的に実施することで、全社員がモチベーションを維持しつつ業務をこなすことができるようになります。モチベーションを維持・高めることは研修を実施する目的の一つでもあります。

階層別研修の内容を充実することで、職場での育成負担の軽減に繋がる

階層ごとに必要なスキルを研修を通して身に付けることで、職場での育成負担を軽減することにも繋がります

仕事に付随する技術的な学びは職場で行われるべきですが、ロジカルシンキングなどの考え方に関わるや、部下育成やマネジメントに関する研修を職場でいちから学ぶことは時間も手間もかかってしまいます。階層別研修にて学ぶ場を定期的に設けることで、必要なスキルを身に付けることができます。

人材採用に活用できる

現状、新入社員が企業に求めるものの一つに「入社後に適切な研修が行われるかどうか」というものがあります。新人が自ら学ぶことはもちろん重要ですが、ある程度の系統だった階層別研修が用意されていることは、企業としても魅力に感じられるのです。

新しい人材を活かし、企業に貢献できる人材にするためにも、階層別研修で定期的に学びの機会を提供することは効果的です。

リスキル研修の特徴

リスキルの階層別研修には以下の特徴があります。

研修カリキュラムの種類が多い

リスキルの階層別研修は、豊富な研修内容・カリキュラムを用意しています。
どの階層へも研修が用意されており、毎年違った研修を年次別で実施することも可能です。

例:新入社員研修カリキュラム

・ビジネスマナーの基本
・コミュニケーションスキル
・電話の受け方、かけ方
・文章コミュニケーションスキル

目的やニーズ、目標に合わせて研修をカスタマイズできる

企業様の目的やニーズに合わせて、リスキルでご用意している階層別研修を組み合わせることが可能です
目的やニーズをヒアリングさせていただいた上で、適切な研修内容・カリキュラムをご提案いたします。
また、6時間の階層別研修を半日にしたいなどのニーズにも対応可能です(新入社員研修など、研修内容によっては時間を短くすることで学習効果が落ちる場合もありますので、合わせてご説明します)

研修実施までがスムーズでシンプル

全ての階層別研修において、研修価格は同一料金です
システムによる管理も自動で行われ、使い勝手の良さでも評価いただいています。

ケースワーク(事例検討)やロールプレイなど、ワークで実践的に学べる

リスキルの階層別研修では、知識やスキル、心構えを理解した上で、ワークやケースワークを通して実践的に学ぶことができます

例えば、管理職向けのコミュニケーション研修であれば、コミュニケーションスキルを学んだ上で「部下への指示の出し方」「部下からの相談の受け方」「話の聴き方」についてワークやロールプレイでスキルを試します。

頭では理解できていてもスキルが定着しない、ということを防ぐ効果と、研修時間を充実したものにするという効果があります。

研修構築支援

リスキルは、ゼロから研修体系を整えていく企業様からも選ばれています。
0から企業内で実施する研修内容を構築することは難しいものがあるため、体系図作成のお手伝いをすることが可能です。

  • 「今まで、全社員向けの研修しか実施したことがない」
  • 「階層別の研修の作り方、組み合わせ方がわからない」
  • 「課題感はあるものの、どの階層から研修をさせれば良いかわからない」などのニーズに対しても対応可能です。

階層別に身に付けておきたいスキルや、それに該当する研修カリキュラム・研修体系図などをご提案いたします。

お問い合わせはこちら 研修資料を請求する

階層別研修に関するよくあるご質問

階層別研修とは何ですか、またその目的は何ですか?

各階層に求められる必要なスキルを身につけ、安定感のある人材を育成すること目的としています。スキルを身に付けるために必要な研修内容やカリキュラムをご用意しております。

また、階層別にどのような教育をしていけば良いかについてもご提案することが可能です。お気軽にお問合せください。

オンラインでの階層別研修を実施することは可能ですか?

はい、公開講座・一社研修いずれもオンラインでの開催を積極的に行っています。

対面・オンラインいずれの研修形式であっても、研修内容は同じですのでご安心ください。

何人から階層別研修を受講できますか?

公開講座は1名から、一社での研修は自由に人数を設定できます。それぞれの研修の推奨人数はお伝えできますので、お問い合わせよりご連絡ください。

eラーニングや動画により、階層別研修を受講することは可能ですか

はい、可能です。隙間時間でもご覧いただけるものです。「個人情報に関する研修について、短い時間しか確保できない」「全社員に実施しなければならない」という企業様におすすめです。詳しい内容については、リスキルのeラーニング動画講座よりご確認ください。

階層別研修を英語で実施していただくことは可能ですか?

現状、英語での研修実施はご対応範囲外となっております。テキストや動画についても英訳のものはご用意がございません。ご希望に沿ったご対応ができず申し訳ございません。

医療期間(病院)や介護施設などでの階層別研修の実施は可能ですか?

はい、可能です。専門的な手技などではなく、その階層ごとに求められている役割や必要なビジネススキルを磨く内容をご用意しております。

複数の階層から人材をピックアップして研修を実施することは可能ですか?

はい、可能です。選抜研修のような形で、例えば「次世代リーダー研修」として若手、中堅から5名ずつ選抜し実施するなどは可能です。詳細についてはお問い合わせください。

研修名などを変更することは可能ですか?

はい、可能です。研修名(ネーミング)などはアレンジ可能です。例えば「マネージャー」「リーダー」などと呼んでいる企業様では「管理職研修」を「マネージャー向け研修」等に変更することも事例としてございます。カリキュラムに合わせて提案も可能です。お気軽にご相談ください。

階層別研修の必要性とは何ですか?

階層別研修の必要性は、社員一人ひとりに役割と責任を明確に示すためです。普段働いている中では感じづらい「新人・若手・中堅・管理職」など、階層別に求められている役割を再認識する効果があります。

階層別研修のデメリットは何ですか?

企業や組織様の動きとして、階層ではなく全ての人材に多くのことを学んでほしい(自律型人材の育成など)というニーズがあるため、「階層別に学べることを限定する」という枠組みがデメリットと感じる場合もあります(企業様の状況にもよりますので、これは一例です)リスキルの階層別研修は、例えば管理職向けの研修内容であったとしても、次世代の管理職(これから管理職になる方、なって欲しい方)や若手社員にレベルの高い内容を提供するという意図で実施することも可能です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

階層別研修のメリットは何ですか?

階層別研修のメリットは多くありますが、大きなメリットの一つに「各段階・レベルに合わせた学習ができること」が挙げられます。階層別教育をすることで、その階層にいる社員一人ひとりが「自分が今企業から求められているものは何か」「自身のスキル・能力が求められている水準に達しているのか」に気づくきっかけとなります。

「階層別」とはどういう意味ですか?

階層別とは、企業や組織内での階層・ポジションのことです。新入社員・若手社員・中堅社員・リーダー・管理職などに分かれます。それぞれの役割や責任に応じた教育を提供することで、役割への再認識や必要なスキル・知識を習得することが期待できます。

よくあるご質問の一覧>

豊富な研修実績

リスキルの階層別研修は、多くの企業様よりご利用いただいています。

リスキルの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

お見積もり、お問い合わせはこちらから

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リスキルの社員研修に関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-299-194

0120-299-194

電話受付:月〜金 9:00-19:00(土日祝も研修実施)