テーマ別研修

コンフリクトマネジメント研修【社内調整力を強化する】

社内で起きるさまざまな問題を解決するための調整力を強化する

コンフリクトマネジメント研修では、個人間・部門間での社内調整力を養います。自身の責務を果たすために、社内で利害関係が発生するという場面は非常によく見受けられますが、それによって業務が滞ってしまうといった事態を防ぐために、調整力は重要です。
全員が納得して業務推進ができるようなポイントを知ることのできる研修です。

リカレント研修の3つの特徴

研修準備フルサポートで良質な研修を

研修日の運用のみではなく、研修準備のサポートも受けることができます。例えば、研修で使う教材・備品は一式郵送で手元に届きます。そのため、研修の準備時間を減らしながらも良質な研修が実施できます。

明瞭価格で10秒見積り

「もっと研修を」をコンセプトとしたリカレントでは、研修がしやすい環境づくりのために一社研修であっても明瞭価格で研修ができるようにしています。

オンラインLIVE研修無料対応

研修は集合型でも、オンラインLIVE研修でも、集合型をメインとして一部オンラインLIVE配信でも、どのような形態でも対応できるようになっています。研修形態もお気軽にご相談ください。

研修コード:100128

コンフリクトマネジメント研修とは?

コンフリクトマネジメント研修とは、個人間や部門間の利害関係を把握し、問題を解決するための調整力を身につけるための研修です。

個人のノルマや部門の目標を達成するために、日々の仕事をしていく中で社内で利害関係が発生し、反対を受けて業務が進まなくなることはよくあることです。そのため、個人間や部門間の調整をする能力は、一般社員から管理職まで幅広く必要とされています。

特に部門を統括するリーダーには欠かせない技術です。本研修では、会社の最大利益を考えて社内調整ができる人材を育成します。

本研修の狙い

本研修では、社内の個人間や部門間で起きるさまざまな問題を解決するために、社内調整に必要な知識と技術について学習します。

本研修の対象

基本的な研修対象は以下のとおりです。研修によって調整できるため、まずはお問い合わせください。

すべての従業員

本研修を実施すると

  1. 社内でなぜコンフリクト(対立)が起きるのか、その仕組みについて理解できます
  2. 個人間の社内調整をするための交渉力(協調力)を強化することができます
  3. 部門間の社内調整をするためのファシリテーション力を身につけることができます

研修概要

本研修は、社内での調整力を強化し、自身の動きを成果につなげられるようにする研修です。

従業員が、自身に課された責任を果たすために、社内の利害関係が発生してしまうことはとてもよくあることです。しかし、会社の最大利益のためには、個人間や部門間の問題で業務が停止してしまうことは大きな問題です。

本研修では、個人間の問題を抱えがちな一般社員から、部門間の問題を抱えやすい管理職まで、社内調整を必要とする幅広い層を対象に、社内調整のための基礎知識から、個人間調整のための交渉力、部門間調整のためのファシリテーション力などについて学習します。また、相互の利害関係を把握し、全員が納得して議論をうまく着地させるための社内調整のポイントについても学びます。

3つの特徴

問題が起きる理由を理解し、調整に必要な知識をつける

社内でなぜ衝突が起きるのか、社内調整に必要なものにはどんなものがあるのかについて学びます。

個人間の社内調整力(交渉力)を高めることができる

個人間の問題を調整するために必要な交渉力(利害関係の把握・情報収集・ネットワーク構築・効果的な交渉手法)について学びます。

部門間の社内調整力を高めることができる

部門間の問題を調整するために必要なファシリテーション力(利害関係の把握・パワーバランス・効果的な議論の進め方)について学びます。

想定研修時間

5時間 (変更が可能です)

研修カリキュラム

下記、研修カリキュラムを元に、他研修を組み合わせてのアレンジにも対応しています。別途料金はかかりませんのでご安心ください。

1. 社内調整の基礎知識 【ゴール】社内調整の基礎知識を知る
  • 社内調整力とは [必要なシーンでどのように対応したら良いか考える]
  • 社内調整のための前提 [ワークも踏まえて、なぜ必要なのか、対立を解決する5つの方法を理解する]
  • 有効な基本スキル概要(参考) [コミュニケーション能力を始めとするスキルを知る]
  • ファシリテーションスキル [ファシリテーションの基本を解説する]
2. 個人間の社内調整力 【ゴール】個人間の交渉のポイントを知る
  • 相手の立場の理解 [相手の情報を集め、利害関係を知る]
  • 相手の立場を理解した上での対応 [ワークを通して、対立を解消する方法を確認する]
  • ゴールから逆算した交渉の進め方 [ゴール設定を行い、解決方法を使っていく]
  • 社内コミュニケーションによるネットワークを構築(参考) [対立構造を作らないための事前のコミュニケーション]
3. 部門間調整の基礎知識 【ゴール】主として会議における部門間のファシリテーションのポイントを知る
  • 良い会議の基本的な特徴
  • ゴールから逆算した議論の進め方 [目的を明確化、共有し会議をスタートする]
  • 終了状態と進め方の確認(重要ポイント) [会議をいい方向に導き、不必要に延びることを防ぐ]
  • 決定事項とタスクの確認(重要ポイント) [結果の残る会議にする]
  • グランドルールの設定 [会議を進めるにあたり、前提となるルールを作る]
  • 会議の設計と準備 [生産性向上のための適度な準備]
  • 会議の進め方
  • 人が納得するためのポイント
  • 参加者のコントロール(事前回避)
  • 参加者のコントロール(対立が起きたとき)
  • 参加者のコントロール(参加者の中の「問題児」)
  • 参加者のコントロール(絞り込み決議のとり方)
4. 実践ファシリテーション 【ゴール】ファシリテーションを実践する
  • ワーク:ファシリテーション演習
  • 部署間対立のファシリテーションを複数回実施

研修金額

アレンジ無料の明瞭価格で一社研修を実施することができます。研修時間と概算人数の情報のみで見積りをすぐにお送りします。

参加者の必須条件

どなたでもご参加いただけます。

リカレントの研修は様々な企業様にご利用頂いています

研修実績

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お問い合わせ
お問い合わせ
0120-80-9217 メールでのお問い合わせ