0120-80-9217
お問い合わせ
テーマ別研修

アサーティブコミュニケーション研修【良好な人間関係を実現する】

アサーティブコミュニケーションを身につけ、社内の仕事効率向上を促す

本研修では、自他ともに尊重し、ストレスのない自己主張をするためのアサーティブコミュニケーションを習得します。
ほとんどの業務は、組織に所属する多種多様な人とのコミュニケーションの中で進みます。
その際にアサーティブなコミュニケーションをとることで、個人としても周囲としても前向きな環境の中で仕事ができるようになります。

リカレント研修の3つの特徴

研修準備フルサポートで良質な研修を

研修日の運用のみではなく、研修準備のサポートも受けることができます。例えば、研修で使う教材・備品は一式郵送で手元に届きます。そのため、研修の準備時間を減らしながらも良質な研修が実施できます。

明瞭価格で10秒見積り

「もっと研修を」をコンセプトとしたリカレントでは、研修がしやすい環境づくりのために一社研修であっても明瞭価格で研修ができるようにしています。

オンラインLIVE配信無料対応

研修は集合型でも、オンラインLIVE配信でも、集合型をメインとして一部オンラインLIVE配信でも、どのような形態でも対応できるようになっています。研修形態もお気軽にご相談ください。

研修コード:100059

アサーティブコミュニケーション研修とは?

アサーティブコミュニケーション研修とは、お互いを尊重し合いながら、自己主張や自己表現を行う、アサーティブコミュニケーションの方法を学び、社内の人々との良好な人間関係を築いていくための研修です。

職場にはさまざまな人がおり、その中で、「上司に言うべきことが言えなかった」「頼まれた仕事が断れず、他の仕事に影響が出てしまった」「ハラスメントが怖くて部下への指導がうまくいかなかった」等、多くの問題が生じてきます。

アサーティブコミュニケーション研修を行うことで、社内の人との人間関係を良好にするためのコミュニケーションスキルを身につけることができます。

本研修の狙い

アサーティブコミュニケーションの方法を学ぶことで、業務がスムーズに進むような良好な人間関係を築くコミュニケーションや、ストレスを溜めない自己表現とはどのようなものかが理解できるようになります。場面ごとの演習を数多く行うことで、職場で実践できるようになることを狙いとします。

本研修の対象

基本的な研修対象は以下のとおりです。研修によって調整できるため、まずはお問い合わせください。

人とコミュニケーションをとることや関係を作るのが苦手な人、コミュニケーション能力を向上させたい方、管理職など

本研修を実施すると

  1. 自他を尊重したアサーティブなコミュニケーションができるようになります
  2. 自分の伝えたいことを上手に伝えれられるようになることで、精神的ストレスが軽減します
  3. 職場やチームのコミュニケーションギャップやミスコミュニケーションが減り、効率や生産性が向上します

研修概要

本研修は、相手も自分も尊重し、良好な人間関係づくりや、ストレスを溜めない自己主張をしていくアサーティブコミュニケーションを身につけることを目的とします。

組織には多様な人が所属し、多くの業務は周囲とコミュニケーションをとって進めていかなければなりません。職場の人間関係やコミュニケーションは、個人の仕事の効率やメンタリティに大きな影響を与え、それはチームの生産性にも直結します。

職場におけるアサーティブなコミュニケーションができるようになることで、個人にとっては、周囲の協力や理解を得やすい環境が得られることで仕事の効率が上がったり、メンタルヘルスの予防にもなります。チームにとっては、職場の雰囲気や人間関係がよくなり、生産性が向上したり、ハラスメント問題の予防にも役立ちます。

3つの特徴

コミュニケーションの本質的に大切なことが理解できる

そもそもコミュニケーションとは何かを改めて学ぶことで、周囲とコミュニケーションをとることの必要性や重要性について再度認識することができます。

アサーティブコミュニケーションの基礎スキルを叩き込む

アサーティブコミュニケーションがどのようなものかの知識をつけ、基本的な「聴く」と「伝える」というコミュニケーションの基盤から、しっかりと理解することができます。

アサーティブコミュニケーションの実用スキルが身につく

場面ごとの実践演習で、アサーティブコミュニケーションの具体的な利用方法について学び、アサーティブコミュニケーションを明日から使えるレベルで身につけます。

想定研修時間

6時間 (変更が可能です)

研修カリキュラム

下記、研修カリキュラムを元に、他研修を組み合わせてのアレンジにも対応しています。別途料金はかかりませんのでご安心ください。

1. アサーティブ・コミュニケーションの基本 【ゴール】アサーティブ・コミュニケーションの基本とその必要性を理解する
  • 【ワーク】現状の課題 [コミュニケーションについて課題に思っていることを把握する]
  • アサーティブ・コミュニケーションとは何か [相手も尊重しながら自己表現すること]
  • アサーティブであることのメリット [職場で求められる理由]
  • コミュニケーションをとる上で必要なマインド [誠実・対等・率直・自己責任]
2. コミュニケーションタイプを知る 【ゴール】自己チェックにより、コミュニケーションタイプを知る
  • 自己チェック [チェック項目を元に自己のパターンを確認する]
  • コミュニケーションタイプを理解する [アサーティブ・攻撃的・受身的・作為的]
  • 【ワーク】自分と職場のメンバーのタイプを考える
  • 【ワーク】コミュニケーションスタイルの理解 [お客様の発言内容をコミュニケーションタイプに当てはめる]
3. 整理して伝える 【ゴール】自分の意見を整理し、伝えられるようにする
  • DESK(デスク)法 [伝えたいことを整理する方法]
  • 【ワーク】DESC法を身につける [後輩や部下、上司、メンバーに対してDESC法を用いて伝える]
  • 職場でDESC法を利用する際の留意点 [ポイントを絞って伝える]
4. 伝え方と聴き方 【ゴール】自分の意見が適切に伝えられ、相手の意見も傾聴できるようになる
  • 言葉でどれだけ伝わるか [言葉だけで図形を伝えるショートワークをする]
  • アサーティブな対応に必要な「傾聴」 [傾聴とは、「聞く」と「聴く」の違い]
  • 相手の話を聴く姿勢とは [無条件の肯定的配慮、共感的理解、自己一致]
  • 積極的傾聴(アクティブリスニング) [質問を上手に使う]
  • 【ワーク】傾聴の実践 [話し手、聞き手、オブザーバーに分かれて、傾聴の実践をする]
  • 相手の信頼を獲得する態度とは [相手に表現や態度を合わせる]
  • アイメッセージで伝える [アイメッセージとユーメッセージ]
  • 【ワーク】アイメッセージで伝える [気にかけている後輩にうまく伝える言葉を考える]
5. 関係の質を向上させる 【ゴール】5つのモチベーションソースを理解し、相手に合わせた伝え方で関係の質を向上させる
  • 組織の成功循環モデル [アサーティブコミュニケーションを使って、関係の質を向上させる]
  • 5つのモチベーションソース [各人が求めるものを知り、コミュニケーションに活かす]
  • 【ワーク】異なるモチベーションソースをもつ人にサブリーダーをお願いする
6. 人材育成に関わるコミュニケーション、実践ワーク 【ゴール】モチベーションソースと仕事の習熟度を掛け合わせて、部下に対して適切なコミュニケーションが取れる
  • タイプ別部下マネジメント [部下のタイプに合わせて4つのマネジメント方法を使い分ける]
  • 【ケーススタディ】上司・部下に対するアサーティブなコミュニケーションを実践する [シナリオを書いて、実践してみる]
  • 職場で実践するために [小さなコミュニケーションから始めてみる]
  • 【ワーク】気づきと行動の落とし込み [感じている課題を解消するための行動目標を考える]

研修金額

アレンジ無料の明瞭価格で講師派遣型研修を実施することができます。研修時間と概算人数の情報のみで見積りをすぐにお送りします。

参加者の必須条件

コミュニケーションを円滑にしたい方、すべての従業員

リカレントの研修は様々な企業様にご利用頂いています

研修実績

研修のお問い合わせはこちら

リカレントのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

受付時間:平日9:30-21:30/土日祝9:30-18:30

お問い合わせ
お問い合わせ
0120-80-9217 メールでのお問い合わせ